京、ふたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京、ふたり
ジャンル ドラマ
放送時間 15分
放送期間 1990年10月1日 - 1991年3月30日(全151[1]回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK大阪放送局
脚本 竹山洋
出演者 山本陽子
畠田理恵
茂山逸平
伊原剛志
津島恵子
東千代之介
篠田三郎
中条静夫
ナレーター 野際陽子(語り)
テンプレートを表示

京、ふたり』(きょう、ふたり)は、1990年10月1日から1991年3月30日まで放送されたNHK連続テレビ小説第45作である。

解説[編集]

京都の老舗の漬物屋を舞台に、舅、嫁、娘三世代にわたる葛藤を描く。畠田理恵山本陽子による、ダブル・ヒロイン。

朝の連続テレビ小説では珍しく、10月1日に一回目が放送された。

それまでのテーマ曲は、割合小編成の器楽曲が多かったが、このドラマで管弦楽を使用してシンセイザーなどを使わなかったことは突出していた。

本作品以降の大阪制作の朝ドラでは、1995年度後期の『走らんか!』まで現代劇が続いた(その後も「現代劇部分が中心」の作品が相次いだ)。

1990 - 91年の平均視聴率は35.6%、最高視聴率は41.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]。全151回。

解説放送導入初の現代劇であり、大阪放送局制作作品でもある。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

エピソード[編集]

  • 主舞台となった「漬物屋」は、実は京都地方裁判所近くの空き地に作られたオープンセットで、高視聴率もあって当時は京都の観光名所となった。撮影終了後にこのセットは壊されたため現存していない。
  • オープンセットの他には、京都で最古の漬物屋と言われる「赤尾屋」の御池店でもロケーションが行われた。
  • 野際陽子は、2001年度下半期の『ほんまもん』、2010年度上半期の『ゲゲゲの女房』でも語りを担当しているが、本作とは異なり、登場人物として出演している。

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
京、ふたり