雲のじゅうたん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
雲のじゅうたん
ジャンル ドラマ
放送時間 15分
放送期間 1976年4月5日 - 10月2日(156回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
脚本 田向正健
出演者 浅茅陽子
竜崎勝
志垣太郎
中条静夫
幸田弘子
高松英郎
馬渕晴子
戸浦六宏
船越英二
山田はるみ
ほか
ナレーター 田中絹代
時代設定 大正7年〜昭和28年
テンプレートを表示

雲のじゅうたん』(くものじゅうたん)は、1976年昭和51年)4月5日から10月2日まで放送されたNHK連続テレビ小説第17作目。

概要[編集]

浅茅陽子扮するヒロイン真琴が、大正昭和時代に飛行家(操縦士)という夢に向かって奮闘する姿を伸びやかに描いている。

中条静夫演じるヒロインの父・左衛門の、頑固親父ぶりも人気を博した。ナレーションの田中絹代は総集編の収録終了後の1976年12月27日に静養のため入院し、そのまま1977年3月に亡くなった[1]

全話現存する最古の連続テレビ小説作品であり、また民放でも再放送された初のNHKドラマでもある[2]

1976年の平均視聴率は40.1%、最高視聴率は48.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[3]。全156回。1976年12月20日から12月29日まで、45分の総集編全10回が放送された。

1976年当時、同タイトルで小説化本が発売された(田向正健・追島小葉・著、日本放送出版協会)。

1999年10月4日から2000年4月1日まで、NHK BS2で月 - 土午前7時46分 - 8時1分に全156回が再放送された。

2001年には、全5巻の総集編VHSビデオが発売された。 各地のNHKアーカイブスの番組公開ライブラリーで総集編全10回を視聴可能。

テーマ曲はCD「朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集」(2006年、ソニー・ミュージック、MHCL-722)に収録されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

モデル[編集]

その他[編集]

ふたりっ子』の初期では、主人公の野田家で朝、登場人物が「雲のじゅうたん」を視聴している設定のシーンがあった。

脚注[編集]

  1. ^ 下関市立近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館 名誉館長のつぶや記43
  2. ^ 1977年10月から1978年3月まで、東京12チャンネル(現:テレビ東京)の月 - 土8:30 - 8:55に放送(『風見鶏』放送直後)。東京12チャンネルはそれまで9:00から放送を開始していたが、この時より開始時刻が7:45と早くなったため、本作が編成された。
  3. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データより
  4. ^ NHKテレビドラマカタログ―ドラマ番組放送記録+カテゴリー小史 1953~2011

参考文献[編集]

  • 秦郁彦『太平洋戦争航空史話』下(中公文庫、1995年) ISBN 4-12-202371-8 第十六章 「雲のじゅうたん」考 女流飛行家第一号の周辺 11~31ページ

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
雲のじゅうたん
東京12チャンネル 月 - 土8:30 - 8:55枠
(休止中)
雲のじゅうたん
(再放送)
毎日が日曜日
(平8:30 - 9:00)
早指し将棋選手権
(土8:00 - 8:55)
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
雲のじゅうたん