北村兼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北村兼子
きたむら かねこ
北村兼子.jpg
大阪朝日新聞記者時代
生誕 北村兼子
(1903-11-26) 1903年11月26日
日本の旗 日本大阪府
死没 (1931-07-26) 1931年7月26日(27歳没)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 記者、作家、女性運動家

北村 兼子(きたむら かねこ、1903年11月26日 - 1931年7月26日 )は、大阪生まれのジャーナリスト。女性の権利運動に関心を寄せて執筆をする。日本飛行機学校に入学、パイロットを志すが病いで果たせなかった。

来歴[編集]

北村佳逸と勝野の娘として生まれる。梅田高等女学校(現大阪府立大手前高等学校)卒業後、大阪外国語学校(現大阪大学外国語学部)卒業後、関西大学法学部法学科にて聴講生として学ぶ。同校の初の女子学生である。大学在学中に大阪朝日新聞記者として勤務する。退社後、ベルリンで開かれた万国婦人参政権運動英語版[1]の国際大会(1929年)に参加。のちに日本飛行機学校に入学、訪欧準備中に腹膜炎が悪化し、死去。享年28。

文献・資料[編集]

自伝に『婦人記者廃業記 : 伝記・北村兼子』(改善社昭和3年刊)[2]、北村を主題とした研究に大谷渡『北村兼子—炎のジャーナリスト』(東方出版, 1999.12.)、同じく『大正・昭和初期日本女性史と台湾 : 北村兼子と〈婦人毎日新聞〉〈台湾民報〉』](関西大学, 2006.3.)などがある。

参考文献[編集]

書籍[編集]

自伝[編集]

  • 北村兼子 『婦人記者廃業記 : 伝記・北村兼子』 改善社、1928年(昭和3年刊) 著者の肖像がある[2]
  • 北村兼子 『大空に飛ぶ』 改善社、東京、1931年NCID BA316327822016年12月5日閲覧。 (昭和6年刊) 著者の肖像がある

著作[編集]

  • 北村兼子 『ひげ』 改善社書店、1926年NCID BN13990749 (大正15年2月)
  • 北村兼子 『短い演説の草案』 改善社書店、1926年NCID BA71629182 (大正15年4月)
  • 北村兼子 『竿頭の蛇』 改善社書店、1926年NCID BA59743203 (大正15年5月)[3]
  • 北村兼子 『戀の潜航』 改善社書店、1926年NCID BA31534397 (大正15年10月)
  • 北村兼子 『怪貞操』 改善社書店、1927年NCID BA71102037 (昭和2年)[3][4]
  • 北村兼子 『私の政治観』 改善社書店、1928年 (昭和3年)[5]
  • 北村兼子 『女浪人行進曲』、1929年NCID BA32822808OCLC 703979622 (昭和4年2月)
  • 北村兼子 『情熱的論理』、1929年NCID BN05658383 (昭和4年)
  • 北村兼子 『表皮は動く』 平凡社、1930年NCID BN05658463OCLC 674155840 (昭和5年2月)
  • 北村兼子 『新臺灣行進曲』 婦人毎日新聞臺灣支局、1930年NCID BA6722275X (昭和5年4月)[6]
  • 北村兼子 『地球一蹴』 改善社書店、1930年NCID BN13974899 (昭和5年)[7]
  • 北村兼子 『子は宝なりや』 万里閣、1931年NCID BN05658157 (昭和6年)
  • 北村兼子、丹稲子、平林たい子他「問題の女性の貞操観」、『「婦人雑誌」がつくる大正・昭和の女性像』第7巻2 セクシュアリティ・身体、ゆまに書房、2015年
  • 北村兼子「欧州まで一飛びに」、『「婦人雑誌」がつくる大正・昭和の女性像』第23巻職業、2016年

冊子[編集]

但馬丹後大震災をはさみ、大阪朝日新聞社発行の「全関西婦人連合会」(第2巻2-3号より)、「婦人倶楽部」[8]「藝術」[9]「法律春秋」[10]「芝居とキネマ」[11]「関西文芸」[12]「植民」[13]「女人藝術」[14]「平凡」[15]「実業時代」[16]「文学風俗」[17]「サラリーマン」[18]「三越」[19]「新使命」[20]「スバル」[21]「文藝春秋」[22]「海」[23]「冨士」[24]「近代庶民生活誌」[25]他に寄稿している[26]

全関西婦人連合会[編集]

1925年[27]、 1926年[28]、 1927年[29]に寄稿した。

北村兼子を採り上げた研究論文[編集]

  • 『新聞集成昭和編年史—昭和3年度版』2、明治大正昭和新聞研究会、明治大正昭和新聞研究会、1988年
  • 大谷渡 『北村兼子—炎のジャーナリスト』 東方出版、1999年NCID BA44403369
  • 大谷渡「国際婦人平和主義北村兼子—〈途上を生きた人々の系譜〉(第5回)」第49巻、神奈川大学、2004年
  • 大谷渡「北村兼子と林献堂」、『關西大學文學論集』第54巻第4号、関西大学、2005年、 121-143頁、 NAID 110001244683
  • 大谷渡、関西大学 『大正・昭和初期日本女性史と台湾 : 北村兼子と〈婦人毎日新聞〉〈台湾民報〉』 関西大学、2006年NCID BA77678511[30]
  • 石月静恵「知識人女性の台湾訪問と台湾認識」、『桜花学園大学人文学部研究紀要』第8巻、桜花学園大学、2006年3月31日、 1-16頁、 NAID 110006199435[31]
  • 楊智景「女性作家の植民地台湾への行進—〈婦人文化講演会〉とその文芸的所産をめぐって (PDF) 」 、『F-GENSジャーナル (公募研究特集号)』第6号、2006年、 103−110頁、2017年3月10日閲覧。 [32]
  • 出久根達郎「榻下 (とうか) の人—〈知る人ぞ知る人〉伝『大空に飛ぶ』 北村兼子」第59巻第6号、Kadokawa、2014年

その他[編集]

  • 菅原寬他「東西・女性腕角力・ひがし生田花世=にし北村兼子」、『新聞集成昭和編年史 昭和4年度』第2巻4月-6月)、明治大正昭和新聞研究会、1989年、 401頁。
  • 大谷渡「北村兼子小伝」、『歴史と神戸』第31巻617 (5)、神戸史学会、1992年、 10-20頁。
  • 大谷渡「北村兼子の生涯—性差別とのたたかい」、『大阪の歴史』第39号、大阪市史料調査会、1993年、 33-56頁。
  • 小山仁示「図書紹介—-日本女性史上忘れてはならない人物:大谷渡著「北村兼子炎のジャーナリスト」」、『ヒューマンライツ = Human rights』第148巻、解放出版社、大阪、2000年、 70-73頁。

脚注[編集]

  1. ^ 人権、平等、平和、女性の社会進出および経済的自立の促進に寄与する国際的な市民活動組織。アメリカに本拠地を置き、加盟団体は41 (2015年)。国連の経済社会理事会で発言権を持つ。欧州理事会の参加組織であり、アラブ連盟、アフリカ連合およびその他の国際機関に代表を送るIAWとは”. The International Alliance of Women (IAW). 2016年12月6日閲覧。
  2. ^ a b 改善社昭和3年刊の複製は北村兼子 『婦人記者廃業記 : 伝記・北村兼子』 大空社、1992年ISBN 4-87236-393-02016年12月5日閲覧。 (伝記叢書 ; 94)
  3. ^ a b 再録した文献。井上章一, 編纂.『近代日本のセクシュアリティ—風俗からみるセクシュアリティ』第19巻、ゆまに書房、2007年
  4. ^ 「北村兼子著『怪貞操』・広告」、『新聞集成昭和編年史 昭和2年度』第1巻1月-3月、明治大正昭和新聞研究会、1984年、 622頁。
  5. ^ 大正末に発表した著述を書籍化したものか北村兼子「私の政治観」、『小冊子合綴集 (第12冊)』、1925年 (大正14年)。
  6. ^ 再録した文献。竹松良明, 編纂.「新台湾行進曲」、『文化人の見た近代アジア』第13巻、ゆまに書房、2002年
  7. ^ 再録した文献。北村兼子「女高師問題の真相と批判 . 地球一蹴」、『近代日本のセクシュアリティ—女性の描かれ方にみるセクシュアリティ〈躍動する女性たち〉』第26巻第2号、ゆまに書房、2008年
  8. ^ 北村兼子「吾等女性は何を一番痛切に要求するか」、『婦人倶楽部』、講談社、1926年、 16-19頁。
  9. ^ 北村兼子「にせもの禮讚」、『藝術』、藝術通信社、1927年、 13-13頁。
  10. ^ 北村兼子「夫婦の貞操義務」、『法律春秋』、南郊社、1927年、 62-65頁。
  11. ^ 北村兼子「舊劇危し」、『芝居とキネマ Stage and screen』第4巻第10号、大阪毎日新聞社、1927年、 14頁。
  12. ^ 北村兼子「秋雲」、『関西文芸』第3巻第12号、関西文芸協会、1927年、 30頁。
  13. ^ 北村兼子「汎大平洋婦人會議と植民問題」、『植民』第7巻第11号、日本植民通信社、1928年、 82-83頁。
  14. ^ 北村兼子「大阪から東京まで」、『女人藝術』12月號(6號記念)、女人藝術社、1928年、 84-86頁。
  15. ^ 北村兼子「私の見た名士菊池寬と中村鴈治郞」、『平凡』第2巻第2号、1929年、 164-165頁。
  16. ^ 北村兼子「私の見た小林一三氏」、『実業時代』第6巻第3号、実業時代社、1929年、 64-67頁。
  17. ^ 北村兼子「都鳥」、『文学風俗』第2巻第3号、文学風俗社、1929年、 53-54頁。
  18. ^ 北村兼子「失戀流浪の婦人群」、『サラリーマン The salaried man—経済評論誌』第2巻-3、サラリーマン社、1929年、 24-26頁。
  19. ^ 北村兼子「歐洲の百貨店」、『三越』第19巻第9号、三越呉服店、1929年、 13頁。
  20. ^ 北村兼子「宗敎の科學的脅威」、『新使命』第6巻第9号、新使命社、1929年、 30-31頁。
  21. ^ 北村兼子「生蕃の歌」、『スバル』第2巻第4号、相聞社、 31-33頁。
  22. ^ 江木鐵相、北村兼子「纒るものなら纒めて見たい-- P・Q・R」、『文藝春秋』第9巻第5号、1931年、 216頁。
  23. ^ 北村兼子「廣東丸」、『海』第28号、大阪商船株式会社、1931年、 36-39頁。
  24. ^ 北村兼子「ロンドンの夫婦喧嘩」、『冨士』第2巻第11号、講談社、1929年、 260-264頁。
  25. ^ 北村兼子、南博責任編集『近代庶民生活誌』第1号、三一書房、1985年
  26. ^ 不二出版より復刻版[1巻]1號 (大13.12)–14卷1號 (昭12.1)として発行 (1996.5-1997.12)全関西婦人聯合會(復刻版)”. 不二出版. 2016年12月5日閲覧。
  27. ^ 「全関西婦人連合会」1925年に寄稿した記事
    • 北村兼子「法律を學ぶ私」、『全関西婦人連合会 (The Federation of Women's Societies of Western Japan)』第2巻2-3、大阪朝日新聞社大阪1925年、 41−43頁。 (大正15年2月)
    • 高濱トモ子、北村兼子「廢娼運動を評す」、『全関西婦人連合会』第2巻3-4、大阪朝日新聞社、1925年、 18−20頁。 (大正15年3月)
    • 北村兼子「婦人問題を鷲攫みにして」、『全関西婦人連合会』第2巻4-5、大阪朝日新聞社、1925年、 33-35頁。 (大正15年4月)
    • 北村兼子「配給品を積んで震災地を巡る」、『全関西婦人連合会』第2巻6-7、大阪朝日新聞社、1925年、 12-16頁。 (大正15年6月)
    • 北村兼子「震災エピソード」、『全関西婦人連合会』第2巻6-7、大阪朝日新聞社、1925年、 25-26頁。 (大正15年6月)
    • 北村兼子「貞操の所有權と處女の賭博」、『全関西婦人連合会』第2巻7-8、大阪朝日新聞社、1925年、 48-50頁。 (大正15年7月)
    • 北村兼子「關所爭奪リレーの選手としての體驗」、『全関西婦人連合会』第2巻8-9、大阪朝日新聞社、1925年、 32-36頁。 (大正15年8月)
    • 北村兼子「第一線に立つ婦人 (武藤千世子夫人)」、『全関西婦人連合会』第2巻8-9、大阪朝日新聞社、1925年、 37頁。 (大正15年8月)
    • 北村兼子「禁酒と頭の長短論」、『全関西婦人連合会』第2巻12-13、1925年、 43-45頁。 (1925年12月)
  28. ^ 「全関西婦人連合会」1926年に寄稿した記事
    • 北村兼子「國產奬勵と主婦の務」、『全関西婦人連合会』第3巻1-14、大阪朝日新聞社、1926年、 56-57頁。
    • 北村兼子「中山歌子の迪つた路」、『全関西婦人連合会』第3巻4-17、1926年、 39-40頁。
    • 北村兼子「公娼問題研究會」、『全関西婦人連合会』第3巻8-21、1926年、 34-39頁。
    • 北村兼子「美容術」、『全関西婦人連合会』第3巻12-25、大阪朝日新聞社、1926年、 38-39頁。
  29. ^ 「全関西婦人連合会」1927年に寄稿した記事
    • 北村兼子「職業婦人百態」、『全関西婦人連合会』第5巻5-30、1927年、 34-37頁。
    • 北村兼子「職業婦人百態」、『全関西婦人連合会』第5巻7-32、大阪朝日新聞社、1927年、 35-37頁。
  30. ^ 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書、科研費課題番号=16520401 (研究種目 基盤研究(C))、出版年月日等=2004-2005
  31. ^ 平成16年度・17年度の科学研究費補助金による共同研究「大正・昭和初期日本女性史と台湾-北村兼子と〈婦人毎日新聞〉〈台湾民報〉」の調査
  32. ^ お茶の水女子大学21世紀COEプログラム「ジェンダー研究のフロンティア」

外部リンク[編集]