篠田三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しのだ さぶろう
篠田 三郎
本名 大塚 晴生
生年月日 (1948-12-05) 1948年12月5日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都港区麻布
身長 178 cm[1]
血液型 O型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間 1966年 -
活動内容 1966年大映ニューフェイス
1970年:映画初主演
配偶者 既婚
事務所 田上事務所
主な作品

テレビドラマ
シルバー仮面
ウルトラマンタロウ
天下堂々
TOKYO DETECTIVE 二人の事件簿
水色の時
花神
草燃える
新・部長刑事アーバンポリス24
ピュア・ラブ


映画
金閣寺
大日本帝国
ゴジラvsモスラ
ゴジラvsデストロイア
さくら


舞台
真夜中のパーティー

篠田 三郎(しのだ さぶろう、1948年12月5日[1][2][3][4] - )は、日本俳優。本名、大塚 晴生(おおつか はるお)[2][3][4]

東京都港区麻布出身[2][3]日本大学第二高等学校中退[2][3][4]。 田上事務所所属[5]

来歴[編集]

サラリーマンの父と母の長男で、弟が二人いる[3]。豊島区立道和中学校を経て、1964年に日本大学第二高校に進学するが、翌年に大映第18期ニューフェース合格を機に高校を中退[2][3]。養成所期間を経て大映東京撮影所に入社し、1966年に映画『雁』でデビュー[2][3]

1970年、帯盛廸彦監督の『高校生番長』で初主演を果たし、以後、全4作までつくられたシリーズに男優のエースとして出演[3]1971年、関根恵子(現・高橋惠子)と共演した『高校生心中・純愛』のヒットによって、『樹氷哀歌』『成熟』と関根とのコンビ作が続くが、この年末に大映は倒産したために活躍の場をテレビへと移す[3]

テレビでは、TBSのプロデューサー・橋本洋二からの誘いで『ガッツジュン』で初レギュラーを得て、同じく橋本がプロデューサーを務めた『シルバー仮面』にも春日兄妹の三男・光三役でレギュラー出演した[6]1973年ウルトラシリーズウルトラマンタロウ』(TBS)では、主人公・東光太郎役を演じる[3]。同年のNHK天下堂々』でも主演し、幅広いお茶の間の支持を得た[3]

1975年大映テレビ制作の刑事ドラマTOKYO DETECTIVE 二人の事件簿』に主演[7]。夜10時台のドラマとしては高視聴率を獲得したため、翌年(1976年)には8ヶ月のブランクを経て、続編『新・二人の事件簿 暁に駆ける!』も制作された[7]。この間、映画でも複数の作品に助演したのち、高林陽一監督『金閣寺』で主人公・溝口を演じている[3]1977年には、大河ドラマ花神』でさらに広範な人気を得るとともに、ドラマ人間模様夫婦』(1978年)でも忘れ難い印象を残す[3]

以後は活動の中心をテレビに置きながら映画や舞台にも出演し、さわやかな個性で人気を得ている[3][8]1990年には、長寿ドラマ『部長刑事』シリーズの『新・部長刑事アーバンポリス24』に主演[9]2000年代に入ってからは、映画『忘れられぬ人々』などで悪役も積極的に演じている[9]。また、『ピュア・ラブ』シリーズや、野島伸司脚本の『ゴールデンボウル』などで印象的な役柄を演じた[9]

人物・エピソード[編集]

趣味は、ゴルフ[10]旅行[4]特技は、乗馬[11][10]ボクシング[11]

1975年に結婚し、一男一女がいる[2][12]

『二人の事件簿』以降も、『兄弟刑事』『Gメン'82』などの刑事ドラマにレギュラー出演したが、いずれも短命に終わってしまった[9]。『Gメン』に関しては、番組の知名度の低さから「ホントに出てたの?」と言われたことがあるという[9]

『シルバー仮面』 関連[編集]

  • 篠田が演じた春日光三は、五人兄妹の中でも、一番無鉄砲で血の気の多い役柄であり、監督の実相寺昭雄からは「どんどん暴れろ」と言われたという[6]。感情をストレートにぶつけ、また人間くさいところもあり、非常に魅力的なキャラクターだったと述べている[6]
  • 1987年のインタビューでは、主演の柴俊夫とは、その後も親交が続いていることを語っている[6]。作品については、本当に楽しくやれた作品の一つとして思い出深いと述べている[6]
  • 『シルバー仮面』で殺陣師を務めた高倉英二は、台詞を完全に覚えてくるために現場で台本を見ることはなかったと証言しており、真面目で俳優として素晴らしかったと評している[13]。同じく『シルバー仮面』で共演した夏純子からも、落ち着いた人物だったと評されている[14]

『ウルトラマンタロウ』関連[編集]

  • 『タロウ』出演前、『ウルトラマンA』第20話で船乗りを目指す篠田一郎青年役でゲスト出演したのは、ウルトラマンシリーズの新たな主役に篠田がふさわしいと考えたプロデューサー・橋本洋二が、篠田に撮影現場の雰囲気を知ってもらうためだった[15][16]
  • 『タロウ』出演が決定して『A』の撮影現場を見学した時、北斗星司役の高峰圭二が白いマフラーを巻いているのを見て自分も使用したくなり、高峰に申し出て『タロウ』の撮影でもマフラーを使用することになった[17]
  • 撮影所には電車で通っていたが、いつのまにか眠り、目を覚ますとファンの子供達が集まって真剣な眼差しで自分を見つめていた[18]
  • 『タロウ』に登場する怪獣の中では、デッパラス[注釈 1]が印象に残っている。
  • 『タロウ』の最終回(第53話)で東光太郎は人間として生きることを選び、雑踏の中に消えていったが、このラストには驚いたし考えもしなかった[19]
    • また、東光太郎のその後について「人間として平和のために頑張っている」と考えている[20]が、このラストを尊重している訳でないという[21]
  • 『タロウ』終了後に息子が生まれ、物心付いたら観せてやろうと、恐らく再放送時に1本だけビデオに録画した。しかし、それが2話完結の前編でタロウが苦戦して次回に続く終わり方だった。これを観てからというもの、息子は『タロウ』をまったく観てくれないという[22]
  • ウルトラシリーズで共演したことはないが、次作『ウルトラマンレオ』で主人公・おおとりゲンを演じた真夏竜やその妻子とは家族ぐるみの親交があり(篠田の息子と真夏の息子は同級生である)、彼の舞台の陣中見舞に訪れたことがある[20]。真夏が2004年に胃癌に罹患した際、セカンドオピニオンを紹介するなどして治療に協力した。

『タロウ』終了後のシリーズへの携わり[編集]

番組対抗スターお年玉大会』(日本テレビ系・1986年1月5日)に『妻たちの課外授業』チームで出演した時、『タロウ』に登場する宇宙科学警備隊ZATの隊員服を着用し[注釈 2]、タロウの変身ポーズを披露したことがある。

他の昭和ウルトラシリーズの主演俳優と異なり、ウルトラシリーズに再び出演していない。その理由を『スポーツ報知』の「円谷プロ創立50周年記念特別号(2013年7月10日発売)内の『タロウ』40周年記念インタビューで「東光太郎は自分の中での青春の良き思い出としてとっておきたい」と話した[注釈 3][注釈 4]

ただし、『タロウ』を嫌ってはおらず、特撮誌などのインタビューでも『タロウ』撮影当時のエピソードを披露することは多い。「1年間も主役を演じられるから張り切っていたのを思い出す」「『タロウ』は自分にとって財産」「撮影することも撮影所に通うことも楽しかった」「東光太郎を演じるに当たって特別に意識したり心がけたことはなく、役の一環として捉えていた」などと語っている。

本編以外の行動に関しては、インタビュー以外にも積極的な姿勢を見せている。2011年3月11日に発生した東日本大震災を受けて開設されたHP「ウルトラマン基金」にも、「タロウからウルトラの父やウルトラの母への願い」としてメッセージを寄せている。前述のスポーツ報知の特集記事や、『極上空間』(BS朝日)の2013年8月10日放送分ではウルトラバッジを持って変身ポーズも披露した他[23]、主題歌を歌ったり、同行した真夏とともに『レオ』第7話のブーメラン特訓を再現したり、『タロウ』が「ウルトラマンジャック」や「ウルトラマンスター」といったタイトルで企画が進められていたことを話した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 雁(1966年、大映
  • 赤い天使(1966年、大映)
  • 砂糖菓子が壊れるとき 1967年、大映) - ホテルのボーイ
  • ガメラ対宇宙怪獣バイラス(1968年、大映) - ボーイスカウトA
  • ジェットF104脱出せよ(1968年、大映) - 学生
  • 不信のとき(1968年、大映) - 社員
  • 女賭博師 花の切札(1969年、大映) - 兼松の子分
  • ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども(1969年、大映) - 若者
  • 女賭博師 壷くらべ(1970年、大映) - 竹中稔
  • 高校生番長(1970年、大映) - 柴田勇治
  • 太陽は見た(1970年、大映) - 山村
  • 夜のいそぎんちゃく(1970年、大映) - 志村茂
  • 十代の妊娠(1970年、大映) - 中原英彦
  • 高校生ブルース(1970年、大映) - 五十嵐
  • 高校生番長 棒立て遊び(1970年、大映) - 工藤力哉
  • 高校生番長 深夜放送(1970年、大映) - 塩田直之
  • 高校生番長 ズベ公正統派(1970年、大映) - 香川雄一
  • 高校生心中 純愛(1971年、大映) - 主演・丘谷由夫
  • 樹氷恋歌(1971年、大映) - 主演・米沢信一
  • 成熟(1971年、大映) - 笹尾隆二
  • 哥(1972年、ATG) - 主演・淳
  • あさき夢みし(1973年、ATG) - 庶民の男
  • 吾輩は猫である(1975年、東宝) - 越智東風
  • 妻と女の間(1976年、東宝) - 研一
  • 金閣寺(1976年、ATG) - 主演・溝口
  • 愛の嵐の中で(1978年、東宝)- 佐伯次郎
  • ひめゆりの塔(1982年、東宝) - 玉井先生
  • 大日本帝国(1982年、東映) - 江上孝
  • ふるさと(1983年、松竹富士) - 伝三(青年時代)
  • OKINAWA BOYS オキナワの少年(1983年、東宝) - 鑑察医務院職員
  • あいつとララバイ(1983年、東宝) - 島英彦
  • 千羽づる(1989年、共同映画) - 藤井医師
  • あーす(1991年、『あーす』上映委員会) - 良平の父
  • 遠き落日(1992年、松竹) - 二瓶連一郎
  • ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 深沢重樹
  • さくら(1994年、ヘラルド・エース) - 主演・佐藤良次
  • ヤマトタケル(1994年、東宝) - ケイコウ
  • ゴジラvsデストロイア(1995年、東宝) - 国友満
  • ちぎれ雲 いつか老人介護(1998年、フィルム・クレッセント) - 三井勝彦
  • 破線のマリス(2000年、アスミック・エース) - 倉科
  • 郡上一揆(2000年、映画『郡上一揆』製作委員会) - 秩父屋半七
  • 忘れられぬ人々(2001年、ビターズ・エンド=タキコーポレーション) - 阿久津覚
  • 森の学校(2002年、森の学校上映委員会) - 主演・河合秀雄
  • 十三通目の手紙(2004年、『十三通目の手紙』製作委員会) - 和田
  • IZO(2004年、チームオクヤマ) - 学界のドン
  • 接吻(2008年、ファントム・フィルム) - 坂口の兄
  • 山桜(2008年、東京テアトル) - 浦井七左衛門
  • 白夜行(2011年、ギャガ) - 篠塚一成の父
  • TAKAMINE 〜アメリカに桜を咲かせた男〜(2011年、ムービートマト) - 桜井錠二

オリジナルビデオ[編集]

  • 風と大地と梨の木と 第1章〜第4章(1997年 - 2002年、オフィス・ヒューマンヒル) - 主演・牧村信彦 ※人権啓発用ビデオ

舞台[編集]

CM[編集]

ナレーション[編集]

  • HAYABUSA〜BACK TO THE EARTH〜「全天周プラネタリウム」[25]
  • ミステリアス 古代文明への旅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第10話「牙の十字架は怪獣の墓場だ!」(1973年6月8日放送)に登場。
  2. ^ 白いマフラーは着用せず。
  3. ^ その際、平成ウルトラ映画(作品名は話していない)で東光太郎役での出演を依頼されたが、時間が経過したことやそれを伝えて辞退したこと、そして今後もそれは変わらないとも話していた。
  4. ^ 以後の作品でタロウの声を石丸博也が担当している。
  5. ^ ウルトラ兄弟の掛け声も担当。

出典[編集]

  1. ^ a b c 篠田 三郎”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『日本映画俳全集〈男優編〉』 キネマ旬報社1979年、769-770頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本映画人名事典』男優編<上巻>、キネマ旬報社1996年、574頁。ISBN 978-4873761886
  4. ^ a b c d 『TVスター名鑑2005』 東京ニュース通信社2004年、226頁。ISBN 978-4924566354
  5. ^ 田上事務所”. ナロー. 2018年12月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e 「メインキャスト インタビュー 篠田三郎」『巨大ヒーロー大全集』 講談社〈テレビマガジン特別編集〉、1988年、207頁。ISBN 4-06-178410-2
  7. ^ a b 刑事マガジン 2003, p. 71
  8. ^ 『テレビ・タレント人名事典』第5版、日外アソシエーツ2001年、515頁。
  9. ^ a b c d e 刑事マガジン 2003, p. 73
  10. ^ a b 『TVスター名鑑1992』 東京ニュース通信社、1992年、92頁。
  11. ^ a b 『日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1982年、108頁。
  12. ^ 夏の秘密|トピックス|制作発表 - ウェイバックマシン(2009年5月29日アーカイブ分)
  13. ^ 宣弘社フォトニクル 2015, pp. 44-47, 「インタビュー高倉英二」.
  14. ^ 宣弘社フォトニクル 2015, p. 32, 「インタビュー夏純子」.
  15. ^ タロウタロウタロウ 1999, p. 39.
  16. ^ 『ウルトラマンTのすべて』(ファミリー劇場2007年4月)で初めて証言[出典無効]
  17. ^ タロウタロウタロウ 1999, p. 40.
  18. ^ タロウタロウタロウ 1999.
  19. ^ 『タロウ』のDVD第2巻(デジタルウルトラプロジェクト版)の特典映像「篠田三郎 青春のヒーロー」より。
  20. ^ a b 「特撮 NEW TYPE THE LIVE」(角川書店)の2007年7月号でのインタビュー[要ページ番号]
  21. ^ 兄弟激闘編 2013, p. 27.
  22. ^ タロウタロウタロウ 1999, p. 41.
  23. ^ BS朝日極上空間 2013年8月10日のアーカイブ
  24. ^ “長田育恵が柳宗悦の生涯描く「SOETSU」を民藝に書き下ろし、主演は篠田三郎”. ステージナタリー. (2016年9月13日). http://natalie.mu/stage/news/201495 2016年9月13日閲覧。 
  25. ^ 監督:上坂浩光 公式サイト  http://www.live-net.co.jp/hayabusa-movie/   Youチューブ予告編映像 http://www.youtube.com/watch?v=6tr2__Tv2I4&feature=player_em

参考文献[編集]

外部リンク[編集]