1990年の文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1990年の文学では、1990年(平成5年)の文学に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

[編集]

芥川賞・直木賞[編集]

第102回(1989年下半期)
第103回(1990年上半期)

国内のその他の賞[編集]

1990年の本[編集]

小説[編集]

その他[編集]

  • 岩城宏之 『フィルハーモニーの風景』(岩波新書
  • 筒井康隆 『文学部唯野教授のサブ・テキスト』(文藝春秋)
  • 村上春樹 『遠い太鼓』(講談社)
  • 村上春樹・松村映三 『雨天炎天』(新潮社)

死去[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]