欽ちゃんの仮装大賞の作品一覧 (31回-40回)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

萩本欽一(欽ちゃん)が司会を務めた『欽ちゃんの仮装大賞』の第31回から第40回までの概要と作品の一覧。

第31回[編集]

欽ちゃんの爆笑仮装コンテスト! 第31回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 4132組
  • 出場 - 40組
  • 合格 - 27組
  • 満点 - 2組
  • 合格率 - 67.50%
  • 満点率 - 5.00%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 6点
  • 平均点 - 15.10点


第31回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 花火大会 16点
2 シンデレラ 19点
3 ピッチングマシーン 16点
4 引越し 16点
5 アヒル 15点
6 野生の王国 10点
7 忍者 16点
8 ポチャン 18点 アイデア賞
9 ポラロイドカメラ 20点 準優勝
10 イルカの曲芸 10点
11 ムカデ 15点 努力賞
12 私のお気に入り 10点
13 花物語 20点 優勝
14 クモの巣 18点
15 おもち 16点
16 タコとイカ 19点
17 魔法のランプ 6点
18 カモの引越し 11点
19 鳳仙花 18点 ファンタジー賞
20 ワニのくしゃみ 16点
21 こんな夢を見た 15点
22 コアラ 19点 演技賞
23 ハンフリー・ボガート 14点
24 ほたる 18点
25 晩秋 12点
26 名画「富士山」 11点
27 夕焼け小焼け 13点
28 天使 15点
29 鵜飼い 9点
30 透明人間 11点
31 ドライブ 16点
32 UFO空中停止 16点
33 ストレッチング 18点 ユーモア賞
34 スポーツの秋 13点
35 小錦若花田 18点 第3位
36 ホエール・ウォッチング 16点
37 蜂の巣 16点
38 熱気球 11点
39 修行 19点 技術賞
40 合格ライン 19点 出演:ダウンタウン
優勝 - 13番 花物語
4歳の少女が様々な花をラップ調の唄に乗せて表現。ちなみに演じた彼女は最年少優勝者である。
準優勝 - 9番 ポラロイドカメラ
仮装大賞史上初の水を使った作品。枠に皮膜を張り、そこへ水を流してボラロイド写真が完成するまでの過程を描く。演技中、写真の少年役の鼻と口が皮膜でふさがり呼吸が出来ず、途中で自ら皮膜を取ってしまったことで審査員の喰始がそれを指摘し、19点だったが、欽ちゃんのフォローで20点に。
第3位 - 35番 小錦対若花田
一人の人間が横向きの状態で2人の力士の取り組みをリアルに表現。
技術賞 - 39番 修行
読経・座禅などの修行をしても駄目な坊さんが最後に強烈な滝に打たれる。
努力賞 - 11番 ムカデ
10名の小学生が指をムカデの足に見立てて葉の上を行き来する様を表現。演技直後はその努力が表側から一切見ることが出来ず、11点で不合格だったが、その後15点で合格。
ファンタジー賞 - 19番 鳳仙花
鳳仙花がしぼみ種が次々に飛び出す様をでんぐり返しで表現。最後は見事に発芽し花が開く。
演技賞 - 22番 コアラ
一人の少女が登場するや否や、足を上げると一瞬にして樹につかまるコアラに変身。
ユーモア賞 - 33番 ストレッチング
背筋運動。背筋を二度失敗した人が、三度目で体が真っ二つに折れてしまう…。
アイデア賞 - 8番 ポチャン
井戸に小石を落として井戸の底の水しぶきを1円玉で表現。視点を変える作品の秀作。
40番 合格ライン ※出演-ダウンタウン
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画において、ガキの使いのトークの中でこの企画が浮かび、「カメレオン」という作品で第30回大会の予選に出場。しかし仮装大賞をなめていた二人は、その予選の厳しい雰囲気に飲まれ、またネタ自体もグダグダだったため本選に出場することなく不合格となった。今大会でリベンジを誓った二人は浜田雅功が欽ちゃんに扮し、松本人志がぶら下がり健康器につかまり、得点パネルの点数の上がっていく様を表現するネタで、一般出場者として予選に挑戦。見事に予選を突破し、本選で40組中40番目に登場し、19点を獲得した。番組の企画として芸能人初の出場者となり(第6回で素人時代のイジリー岡田が出演している)、以後多くの芸能人や番組がこの企画を真似た。特徴をよく捉えた、浜田による欽ちゃんのモノマネが冴え渡る秀作であった。ちなみに予選での作品のタイトルは「よかったよ~ん!」
  • その他備考
    • 同年9月15日の収録当日は大雨のため新幹線がストップ、そのため新幹線の中で8時間も缶詰状態だった間寛平は番組後半でようやく後楽園ホールに到着。その後、高尾友幸と1点ずつの持ち点で勝手に審査をするが、欽ちゃんの指摘で結局最後まで口頭だけでの審査を行った。
    • この回より第33回まで、提供テロップ挿入時のテーマ曲ブリッジに乗せて、野球拳の動きを取り入れた振り付けをエスコートガールが披露している。

第32回[編集]

平成3年おめでとうスペシャル! 欽ちゃんの新春爆笑仮装コンテスト! 第32回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 11736組
  • 出場 - 52組
  • 合格 - 38組
  • 満点 - 3組
  • 合格率 - 73.08%
  • 満点率 - 5.77%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 8点
  • 平均点 - 14.96点


第32回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 初荷 16点
2 日本のお正月 16点
3 カルタ取り 18点
4 魚河岸 17点
5 動物の赤ちゃん 18点 ユーモア賞
6 バトンタッチ 8点
7 モグラたたき 15点 ハワイからの出場
8 アンパンマン 15点
9 うさぎとかめ 12点
10 えのぐ 17点 演技賞
11 正義の味方 16点 出演:たむらけんじ
12 火の用心 16点
13 夢の絵本 16点
14 タコつぼ 11点
15 コップの水 17点
16 気球 15点
17 頭突き 18点 アイデア賞
18 そろばん 20点 優勝
19 切れ味 14点
20 日本列島の四季 11点
21 Mr.マリック 15点
22 もうすぐ春 15点
23 キングコング 16点
24 チューリップ 17点
25 テレフォンカード 15点
26 とび箱 15点
27 柿ドロボー 15点
28 打ち上げ花火 15点
29 打ち上げ花火 15点
30 アイススケート 18点 ファンタジー賞
31 コブラ 8点
32 お花畑 8点
33 コピー 18点
34 がい骨のダンス 20点 準優勝
35 おにぎり 15点 ニューヨークからの出場
36 お歳暮 15点
37 福岡名産 15点
38 コピー 20点 第3位
39 オランウータン 12点
40 お風呂 9点
41 ダンス人形 14点
42 インディ・ジョーンズ 14点
43 11点
44 超高速エレベーター 19点 技術賞
45 くじゃく 16点
46 フレッシュミルク 11点 ハワイからの出場
47 バナナ 16点
48 ガラス 15点
49 ジャンプ中継 11点
50 換気扇 17点 努力賞
51 雪だるま 15点
52 空気入れ 17点
優勝 - 18番 そろばん
少年少女が顔を白く塗った上にパンストを被り、顔をそろばん玉に見立て、上下に顔を動かして優勝賞金である100万円の計算をする。
準優勝 - 34番 がい骨のダンス
スプーンやフォークを使って体に貼り付け、骸骨に見立てユーモラスなダンスをする。
第3位 - 38番 コピー
コピー機にサラリーマンが乗っかり、大量のサラリーマンのコピーが出てくる作品。
技術賞 - 44番 超高速エレベーター
500階から超高速で下降するエレベーターで無重力になる様子を作り物の脚を使って表現。
努力賞 - 50番 換気扇
鉄棒の連続前回りで換気扇の羽根が回る様を表現。以後、この作品の模倣作品が続出しているが(第42回『換気扇』ほか)、この作品が元祖である。
ファンタジー賞 - 30番 アイススケート
氷のないステージで紐を使って少女がリンクの上で華麗に舞う。
演技賞 - 10番 えのぐ
絵の具チューブの端を畳んでグニュッと出てくる絵の具の様子を、足や手に赤い布を巻いて表現。
ユーモア賞 - 5番 動物の赤ちゃん
少女が一人で様々な動物の親子に扮し、最後はブリッジの要領でキリンを表現。
アイデア賞 - 17番 頭突き
空手家が頭突きで一瞬にしてステージの床を割る。
11番 正義の味方 ※出演-たむらけんじ
当時高校生だったたむらけんじが友人と出場。合格はしたが、仮装をちゃんと作っていなかった事を山本監督に厳しく突っ込まれた。なお、この模様はたむらがゲスト出演した『嵐の宿題くん』(2007年11月12日放送)でも紹介された。
  • その他備考
    • 不合格者・子供にお年玉が配られたがこの大会が最後の大会となった。(以降2001年の例外を除いて本番でのお年玉は消滅)
    • ポスト型の台の形状がこの回だけ若干変更。
    • 中央幕奥のホリゾント幕に初めてカラー照明が使用される。
    • この回は不合格者に動物ネタが続出、6番『バトンタッチ』の羊役の男性がその容姿から欽ちゃんに『ブタさーん!』と呼ばれる羽目となった。以後、不合格者のエスコートのほとんどはエスコートガールではなく動物ネタ集団によって行われた。
    • 生放送で時間もなかったのだが、全作品終了後第31回優勝の『花物語』が放映された。
    • 前回に引き続き、エスコートガールが振り付けを披露。

第33回[編集]

欽ちゃんの爆笑仮装コンテスト! 第33回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 3365組
  • 出場 - 43組
  • 合格 - 26組
  • 満点 - 0組
  • 合格率 - 60.47%
  • 満点率 - 0.00%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 19点
  • 最低点 - 1点
  • 平均点 - 14.19点


第33回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 いつもの朝 13点
2 日本昔ばなし 15点
3 スキあり! 16点
4 歯みがき 15点
5 あした天気になーれ 15点
6 ドロボー猫 15点
7 おとぎの国 12点
8 たこ 18点 演技賞
9 チェーンソー 16点
10 ボウリング 15点
11 ナメクジ 10点
12 黄色い箱 15点
13 ぼくの好きな「か」のつく物 15点
14 オーイ!新聞 13点
15 セサミストリート 14点
16 一陣の風 7点
17 富士山 16点
18 足あと 17点 技術賞
19 必殺拳 19点 ユーモア賞
20 ぼくの彼女 19点 準優勝
21 あなたが私にくれたもの 17点
22 ヒュードスン! 11点
23 80秒間世界一周 19点 第3位
24 ミステリーサークル 16点
25 宇宙で食事 15点 アイデア賞
26 あざらしショー 10点
27 助けてェ! 9点
28 黒板消し 1点
29 朝ですよー 15点
30 大根泥棒 13点
31 打ち上げ花火 10点
32 スカート 17点 努力賞
33 風速40メートル 16点
34 犬のお散歩 18点 ファンタジー賞
35 プレゼント 12点
36 童謡 13点
37 赤と赤 15点
38 ザ・手ぬぐい 15点
39 ペンキぬりたて 15点
40 バスケットボール 14点
41 ゴールキーパーロボ 13点
42 水上スキー 12点
43 放送終了 19点 優勝
優勝 - 43番 放送終了
背面を灰色に塗った男性が手足をジタバタさせることで、放送終了後の砂嵐を表現。第26回「無法松」に続いて2度目のラスト作品が優勝。
準優勝 - 20番 ぼくの彼女
中学生の男の子がナンパしようと女の子(人形)に話しかけるがビンタを食らい続ける。
第3位 - 23番 80秒間世界一周
80秒間の間に世界の様々な名所の仮装を表現。第31回優勝作品の「花物語」を演じた少女による作品。
技術賞 - 18番 足あと
足の裏を黒く塗り廊下に見立てた板についた穴から順番に足裏を出して足跡を表現。最後は猫の足跡も登場。
努力賞 - 32番 スカート
髪の毛をスカートに見立てて吹き上げてスカートがめくれる様を表現。
ファンタジー賞 - 34番 犬のお散歩
犬用散歩ひもに針金を入れて架空の犬がいるように散歩するパントマイムのような作品。
演技賞 - 8番 たこ
二人の子供が一瞬にしてタコに変身、タコの顔役の男の子がタコ顔を表現。
ユーモア賞 - 19番 必殺拳
空手家が人の背中に一発かますと貫通してしまう瞬間ネタ。
アイデア賞 - 25番 宇宙で食事
宇宙遊泳を黒子で表現しラーメンを食べる。
  • その他備考
    • 後楽園ホールの大規模改修前ということで、正月以外では6年ぶりの生放送を実施。春大会では最後の生放送となった。
    • 青島幸男が癌闘病のため出演を辞退、急遽岡田眞澄が審査員長を務めた。
    • 16番『一陣の風』の演技後、演者がコンタクトレンズがないと言い出し会場が大パニック、合格者&エスコートガールが捜索したが、『(生放送を)やりながら探すとするか?』という結論に至り、進行を続行。その後演者のまぶたにくっついていたことが発覚。
    • 21番『あなたが私にくれたもの』では小学4年生女子が衣装チェンジの際、中の衣装まで一緒に脱いで白パンツを出した瞬間が全国放送され、会場もパンツが見えた瞬間騒ついた。
    • 28番『黒板消し』で史上初めて0点で不合格の鐘が鳴る。しかし演技終了後のインタビュー中に審査員の松本健男(スポーツニッポン)が「0点自体が大変珍しくユニークな出来事。新聞記事としても面白い」という理由により1点加点。そのため、真の0点(サービスポイント無く0点のまま退場)は2018年の第95回を待つことになる。
    • 第18回以来5年ぶりの満点0組。
    • 現在のところ1番が不合格になった最後の回。
    • エスコートガールの振り付けが観られるのは今回が最後。

第34回[編集]

欽ちゃんの爆笑仮装コンテスト! 第34回全日本仮装大賞
  • 放送日 - 1991年10月5日(土)19:00 - 20:54
  • 会場 - 東京・後楽園ホール
  • ナレーター(仮装) - 堀敏彦(ラガーマン)
  • 欽ちゃんの仮装 - 相撲の行司
  • 審査員(太字は審査員長) - 仮装(テーマ「スポーツ選手」)

作品について

  • 応募総数 - 3209組
  • 出場 - 43組
  • 合格 - 31組
  • 満点 - 0組
  • 合格率 - 72.09%
  • 満点率 - 0.00%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 19点
  • 最低点 - 9点
  • 平均点 - 14.86点


第34回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 ジェットスキー 15点
2 ぞうきん 15点
3 かき氷 19点 ファンタジー賞
4 天気予報 17点 第3位
5 ジェットコースター 10点
6 ぶぅ〜ん 15点
7 ウルトラマン 15点
8 ザリガニとり 9点
9 無公害車 17点
10 だんご虫 16点 努力賞
11 日焼け 15点
12 いそぎんちゃく 17点
13 TVショッピング 11点
14 八百屋さん 16点
15 ルアー・フィッシング 13点
16 手あそびの歌 19点 優勝
17 家&ヘイ 19点 ユーモア賞
18 今どきの子供 11点
19 ヘアースタイル 10点
20 リンゴ村から 17点 演技賞
21 竹の子 15点
22 通行止め 16点
23 ジョーズ 16点
24 ジュークボックス 16点
25 ネコの目 11点
26 目玉焼き 16点
27 さぼるな! 18点 アイデア賞
28 柔道一直線 9点
29 宇宙ロケット「日本号」 16点
30 あったらこわい慣用句 14点
31 お手! 17点
32 火災報知機 16点
33 河童 19点 準優勝
34 線香花火 13点
35 観察日記 15点
36 上下関係 16点
37 アリとイモ虫 11点
38 赤富士 16点 技術賞
39 老人と海 17点
40 オー!グリーングリーン 15点
41 稲妻 15点
42 マリンスポーツ 15点
43 大都会は眠らない 11点
優勝 - 16番 手あそびの歌
複数の家族が足を上げて手のひらに見立て、グー・チョキ・パーのほか、かたつむり、ヘリコプター、そして蛸を表現。
準優勝 - 33番 河童
磁石を使って河童の頭の皿を操作し、池で河童が泳ぐ姿を表現。
第3位 - 4番 天気予報
顔を使って晴れ・曇り・雨・雪・台風などの気象マークを表現。
技術賞 - 38番 赤富士
大勢の中学生が手を使って掛け声と共に赤富士を表現。
努力賞 - 10番 だんご虫
二人の女の子がダンゴムシに扮し、坂道から転げ落ちる様をでんぐり返しで表現。
ファンタジー賞 - 3番 かき氷
唇に手のひらをつけ勢い良く動かしながら息を吐いてかき氷の音を出しかき氷機を表現。
演技賞 - 20番 リンゴ村から
『今日のおやつなあに?』の言葉にお母さんが登場、お腹でリアルなリンゴを表現。
ユーモア賞 - 17番 家&ヘイ
サザエさんのエンディングテーマ「サザエさん一家」に併せて家とヘイが「イェイ!」「ヘイ!」と言うだけの作品。審査員や会場の客はアンコールで盛り上がり、退場の時もテーマに併せて退場した。欽ちゃん曰く「かなりただのダジャレ」。第6回38番「明治神宮」を思い起こさせるような作品。
アイデア賞 - 27番 さぼるな!
剣道の稽古をサボっている少年に、少女剣士が胴を御見舞すると少年の胴体が真っ二つに…。
  • その他備考
    • 後楽園ホール改修後初の大会、セットも色がやや濃くなった。
    • 審査員長にはクレイジーキャッツメンバーから植木等が初登場、以後第45・48回でも務めた。
    • 2大会連続の満点0組。これは第33・34回の1例のみ。
    • 再放送時には田中美佐子と当時の欽塾生だったTake2が第35回大会の東京予選で『洗車機』という作品で参加した模様が放映された。しかし結果は不合格、後にTake2は、第63回大会でリベンジを果たすべく再挑戦をしている。また、田中美佐子は2005年夏の『史上最大の生・仮装大賞』でドキュメントVTRのナレーションを担当した。

第35回[編集]

日本のお正月・新春爆笑仮装コンテスト! 欽ちゃんの第35回全日本仮装大賞
  • 放送日 - 1992年1月1日(水)18:30 - 20:54 ※生放送
  • 会場 - 東京・後楽園ホール
  • ナレーター(仮装) - 堀敏彦(お年玉)
  • 欽ちゃんの仮装 - 出初め式の火消し
  • 審査員(太字は審査員長) - 仮装(テーマ「日本のおめでたいもの」)

作品について

  • 応募総数 - 15351組
  • 出場 - 52組
  • 合格 - 40組
  • 満点 - 4組
  • 合格率 - 76.92%
  • 満点率 - 7.69%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 11点
  • 平均点 - 15.58点


第35回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 スキーでお正月 16点
2 羽根つき 14点
3 綱引き 17点 努力賞
4 富士山 12点
5 連獅子 16点
6 初日の出 14点
7 大相撲初場所 18点 ユーモア賞
8 ちょうちょ 16点
9 松竹梅 15点
10 にわとりの一家 15点 ロサンゼルスからの出場
11 こんにちは赤ちゃん 16点
12 台風19号 16点
13 年末宝くじ 15点
14 ピラニア 12点
15 ジェットコースター 13点
16 突風 16点
17 昇り龍 16点 第3位
18 木魚 12点
19 ミラー 16点 ハワイからの出場
20 なめくじ 17点 アイデア賞
21 自動改札機 16点
22 おにぎり 19点 出演:有川周一 ※放送作家
23 雨の日のおむかえ 20点 準優勝
24 だるまさんが転んだ! 11点
25 電車の連結 18点
26 日が暮れて 12点
27 浮輪 15点
28 カワセミのダイビング 15点
29 ハワイに四季があったなら… 11点 ハワイからの出場
30 雨もり 14点
31 パパ気をつけて! 15点 演技賞
32 切り絵で遊ぶ十二支 20点
33 桃太郎 17点
34 月食 15点
35 窓を開ければ… 12点
36 何だコリャ!? 16点
37 スポーツニュース 17点
38 誕生 19点 ファンタジー賞
39 ボウリング 20点 優勝
40 OH!宝塚 11点
41 オーイ!帰ったぞ 19点
42 水たまり 15点
43 ファラオの呪い 20点 技術賞
44 門松ショー 15点
45 ブロードウェイへの道 15点 ロサンゼルスからの出場
46 柿泥棒 17点
47 人魚 16点
48 動物の謝肉祭 15点
49 スルメ 15点
50 ひらめいた! 16点
51 ブラック&ブラック 15点
52 びんビール 17点
優勝 - 39番 ボウリング
ピンの方がボールに寄って来ることでストライクを表現。逆転的な発想が高く評価された。
準優勝 - 23番 雨の日のおむかえ
バス停で父親を待つ子供へ一瞬にして水がはねて泥まみれになる様子をリアルに再現。当初は19点だったが、顔についた泥の正体がチョコレートだということがわかり20点に。
第3位 - 17番 昇り龍
雲間へ龍が昇る様子を表現。今大会は満点4組、19点3組出たにも関わらず、16点の本作品が3位入賞という珍しい結果となった。
技術賞 - 43番 ファラオの呪い
ミイラが復活する様子を人形と足の動きだけで表現。
努力賞 - 3番 綱引き
沢山の小学生たちが腕を使って綱引きを表現。
ファンタジー賞 - 38番 誕生
サナギから蝶へ成長する様子をリアルに表現。
演技賞 - 31番 パパ気をつけて!
赤ん坊を抱っこしている父親が転倒し赤ん坊が下敷きになるが、何と赤ん坊が父親を担ぐ様子を腕を使って表現。14点で不合格だったがその後15点で合格、入賞を果たした。
ユーモア賞 - 7番 大相撲初場所
行司が一瞬にして二人の力士になり一人相撲を演じる。
アイデア賞 - 20番 なめくじ
顔と上半身を青く塗り背景に同化し、唇をナメクジに例えてガラス戸に吸い付き、口に含んだ歯磨き粉を吐き出しなめくじの通り跡をコミカルに表現。
  • その他備考
    • 番組史上最高の応募総数を記録、これをピークに以後応募総数は減少。
    • コント55号の番組として企画された仮装大賞だが、この回で放送開始から13年目にして初めて欽ちゃんの相方である坂上二郎が出演。
    • 野球選手の落合博満が審査員として初登場。以降第56回まで正月大会限定で審査員を務める。
    • 青島幸男が番組復帰。OP直後の欽ちゃんとのトークでは、変わらぬ健在ぶりを見せた。
    • 本番でのお年玉が消滅。
    • 22番「おにぎり」は、TBSラジオ小堺一機関根勤の番組「コサキン快傑アドレナリン」(のちの「コサキンDEワァオ!」)の企画として、放送作家の有川周一が挑戦し、19点を獲得した。
    • 結果発表時の合格者の早口での読み上げが生放送ギリギリのため省略。

第36回[編集]

欽ちゃんの爆笑仮装コンテスト! 第36回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 6447組
  • 出場 - 43組(内1組欠場)
  • 合格 - 31組
  • 満点 - 1組
  • 合格率 - 72.09%
  • 満点率 - 2.33%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 9点
  • 平均点 - 15.26点


第36回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 飛べ!アンパンマン 17点
2 痛いの痛いのとんでけ〜 12点
3 金太郎だーっ! 9点
4 ピアノ 18点 ファンタジー賞
5 子泣きじじい 17点
6 いもほり 11点
7 おもち 18点 演技賞
8 磁石 17点 アイデア賞
9 雨あがり 16点
10 バランスボール 19点 優勝
11 魔法の森のお姫様 風疹のため欠場。第37回で再挑戦。
12 フランクフルトソーセージ 15点
13 何だろう? 15点
14 赤富士 15点
15 ホタル 18点
16 お父さんの時間 12点
17 ゴキブリ 12点
18 きもだめし 15点
19 シーソー 16点
20 カクテル 12点
21 ぶきみな穴 17点
22 サワガニの親子 17点 努力賞
23 UFOキャッチャー 16点
24 電卓 15点
25 カルシウムでできている 17点
26 ピッカピカ 16点
27 宇宙ロケット 14点
28 朝顔 16点
29 たそがれて 14点
30 ターミネータースーパーロボ 19点 第3位
31 お好み焼き 18点 ユーモア賞
32 プロレス 15点
33 頭上に注意 17点 技術賞
34 大津波 15点
35 ゾンビの館 20点 準優勝
36 おやすみ前に 17点
37 くぎ 11点
38 ビールのあわ 10点
39 ミルククラウン 16点
40 新幹線「のぞみ」名古屋駅通過 16点
41 ホームラン 9点
42 青ちゃいまんねんアホでんねん 15点
43 パチスロ 17点
優勝 - 10番 バランスボール
逆さ吊りの状態で体を左右に揺らし、バランスボールを表現。
準優勝 - 35番 ゾンビの館
部屋でくつろぐ女性がゾンビ(人間の腕が壁中から出てくる)に襲われ、首を掴まれ宙づりにされる様を表現したトリック仮装。
第3位 - 30番 ターミネーター対スーパーロボ
ターミネーターとロボットが戦うが、最後はターミネーターの下半身がちぎり取られるグロテスクなロボット作品。
技術賞 - 33番 頭上に注意
高層マンションのベランダから植木鉢が落ちる様を風船で表現、地上にいる男目がけて落下するが見事にキャッチし『ビックリしたなぁ〜もう!』とひと言…というコミカルな作品。
努力賞 - 22番 サワガニの親子
川辺でのサワガニの出産シーンを表現。
ファンタジー賞 - 4番 ピアノ
大勢の小学生が顔を白く塗りピアノの鍵盤の一部に扮し『かっこう』『天国と地獄』を演奏、終盤ピアノの前が外れて脚線を露にし、ラインダンス風の演奏を行う。第34回の第三位「天気予報」を演じたチーム。
演技賞 - 7番 おもち
七輪で餅が焼ける様子を少年一人で表現。着火から餅が膨らんで蒸気が抜け、火の粉が徐々に消えていく様子を表しながら、消火を表現するため残り火に扮していた赤塗りの顔を素早く黒く塗り暗闇へと扮す、その際体育座りになり腕や足などの上に顔を傾けて笑顔を見せ開いた白い歯や目で七輪の中で僅かに上がる鎮火の煙を表現する。
ユーモア賞 - 31番 お好み焼き
お好み焼きの上のソースと鰹節が絡まる様子をエロティックに表現。
アイデア賞 - 8番 磁石
巨大な棒磁石に大量の空き缶が一瞬でひっつく。
  • その他備考
    • エスコートガールの衣装色がレッドからビリジアンに変更。
    • 27番『宇宙ロケット』で鼻に差し込むための噴射口がなかなか入らず、最終的に演技できたものの不合格。
    • 欽ちゃんと岡田眞澄の意見の食い違いから20点がなかなか出ず(現に前年の春・秋大会は20点が無かった)、岡田が1点入れず19点だった35番『ゾンビの館』で、欽ちゃんが採点のやり直しを要求。番組史上初の採点のやり直しが行われ、この作品は20点を獲得した。その後の仮装大賞でも意見の食い違いがあり、最終的に岡田の番組降板へ発展していく。
    • 42番『青ちゃいまんねんアホでんねん』は色コンビの第6作目。この大会のトーク時に欽ちゃんから『最終1つ前の作品は彼らの番ということで』とレギュラー化を宣言。
    • この大会から全作品の演技終了後に合格作品のダイジェストを流す。

第37回[編集]

欽ちゃんの第37回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 3782組
  • 出場 - 42組
  • 合格 - 25組
  • 満点 - 2組
  • 合格率 - 59.52%
  • 満点率 - 4.76%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 8点
  • 平均点 - 14.14点


第37回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 バルセロナの夏 20点 技術賞 初のトップバッター20点満点
2 一本背負い 15点
3 ネコと魚 15点
4 線香花火 19点 準優勝
5 エアコンの故障 15点
6 ホールインワン 15点
7 タバコ 10点
8 スーパーマン 15点
9 10点
10 海亀の産卵 20点 優勝
11 見えるかな? 16点 ファンタジー賞
12 こわい夢 15点
13 魔法の森 15点 第36回の欠場作品。改題して出場。
14 ホチキス 12点
15 地球 16点
16 綿飴 16点
17 野菜炒め 18点 努力賞
18 北風と太陽 8点
19 荷物運び 16点
20 サーフィン 10点
21 ゴキブリ 18点 演技賞
22 激流下り 15点
23 人間ドック 10点
24 眠る前にアメリカン 12点
25 洗濯物 15点
26 芽が出た 16点
27 稲刈り 15点
28 仁王様 17点 第3位
29 液体金属サイボーグ 12点
30 ロングシュート 10点
31 タコ 10点
32 音符 18点 アイデア賞
33 ホエールウォッチング 15点
34 まりつき 14点
35 バナナ 10点
36 福の神 11点
37 消火器 10点
38 ストローの袋 14点
39 納豆 16点 ユーモア賞
40 駐車券 14点
41 銀と銀 10点
42 ねずみ花火 16点
優勝 - 10番 海亀の産卵
親亀に扮し、体を逆向きにして顔を黒く塗り総排出腔の部分となり、口の中からスポンジを複数吐き出し産卵を表現、その後沢山の亀たちが海へ帰っていく。
準優勝 - 4番 線香花火
傘を使って線香花火の火花をリアルに表現。
第3位 - 28番 仁王様
仁王様が威風堂々と歩く様を表現。
技術賞 - 1番 バルセロナの夏
バルセロナオリンピックにまつわる様々なセレモニーを表現。番組史上初のトップバッター20点満点を獲得。しかし、10番の「海亀の産卵」が2組目の満点になったことで、演者が寂しそうにしていると欽ちゃんが言及していた。
努力賞 - 17番 野菜炒め
鍋の中の野菜の動きと皿に盛られた野菜炒めの湯気を表現。
ファンタジー賞 - 11番 見えるかな?
黄色と白の布をそれぞれ被った親子が、目玉焼きやドナルドダックなどを表現。
演技賞 - 21番 ゴキブリ
ステージから幼児が大量のゴキブリ(翅を背負い、逆向きに体を配置)に扮し、殺虫剤をまかれ裏返って腹部や肢に扮した姿が現れて暴れることで苦しむ様子を表現。
ユーモア賞 - 39番 納豆
二人の女性が納豆に扮し混ぜてご飯の上に掛けるプロセスをユーモラスに表現。
アイデア賞 - 32番 音符
男性が一人で様々な音楽記号を体で表現するが、最後は32分音符・64分音符などをありえない形で表現。ト音記号を表現する際段取りを間違える一幕も。
  • その他備考
    • この回より、タイトルテロップが「欽ちゃんの第○回全日本仮装大賞」表記になり、従来の「爆笑仮装コンテスト」が無くなる。(ナレーションや新聞等のラテ欄では第59回まで従来通りのフルタイトルを使用)
    • この回のみエスコートガールが過去最多の6人に。

第38回[編集]

日本のお正月・新春爆笑仮装コンテスト! 欽ちゃんの第38回全日本仮装大賞
  • 放送日 - 1993年1月1日(金)18:30 - 20:54 ※生放送
  • 会場 - 東京・後楽園ホール
  • ナレーター(仮装) - 堀敏彦(メキシコのポンチョ)
  • 欽ちゃんの仮装 - 火消し頭
  • 審査員(太字は審査員長) - 仮装(テーマ「世界の民族衣装」)
    • 岡田眞澄 - 韓国のパクチョゴリ
    • 酒井法子 - インドのサリー
    • 鹿取義隆 - スペインのマタドール
    • 鈴木京香 - フィリピンの晴れ着
    • 青島幸男 - 日本の紋付羽織袴
    • 藤田弓子 - 日本の芸者
    • 石田純一 - トルコの武装着
    • 中山秀征 - アラブの大富豪
    • 山本晋也 - スコットランドのキルト
    • 国分敦報知新聞 - ロシアのルバシカ

作品について

  • 応募総数 - 13821組
  • 出場 - 51組
  • 合格 - 43組
  • 満点 - 3組
  • 合格率 - 84.31%
  • 満点率 - 5.88%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 9点
  • 平均点 - 16.06点


第38回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 白黒写真 15点
2 カエルの演奏会 16点
3 ヘイ!お待ち 19点 準優勝
4 たんぽぽ 18点
5 アリ地獄 10点
6 スピードレントゲン 15点
7 ぼくらのゴジラ 17点
8 ピロピロ笛 15点
9 アニメの目 15点
10 ジャングル探検 15点
11 砂時計 15点
12 雪山 10点
13 梅ぼし食べたら 17点
14 インディアンファミリー 14点 ハワイからの出場
15 不思議なボール 16点
16 朝顔 15点
17 くっつくかな? 20点 アイデア賞
18 人造人間の逆襲 14点
19 サンドバッグ 9点
20 火の用心 16点
21 各地の名産 15点
22 信号機 15点
23 がんばれ!ライン引き 16点
24 入浴剤 19点
25 雲仙の霧氷 18点
26 ズワイガニ 14点
27 タンチョウヅル 20点 優勝
28 おばあちゃん 17点
29 魚釣り 16点
30 オセロ 18点 技術賞
31 クモ 15点
32 ユニセフから 18点
33 ニワトリ 18点 演技賞
34 ウナギのつかみ取り 17点
35 よくある話 13点
36 透明人間を追え! 18点
37 メロン 17点
38 夜道 19点 第3位
39 ビデオ再生 19点 ユーモア賞
40 宇宙授業 20点 ファンタジー賞
41 レスキューロボ 18点
42 ブギウギガールズ 17点 ハワイからの出場
43 七輪 17点
44 洗濯機 19点 努力賞
45 ドロボー 16点
46 木枯らし 16点
47 静電気 9点
48 火の鳥 18点
49 高層建築現場 15点
50 トーテムポール 16点
51 5時から男のネクタイ 15点
優勝 - 27番 タンチョウヅル
鶴が卵から孵り、最後は夕景をバックに飛び立つ感動作。
準優勝 - 3番 ヘイ!お待ち
3人兄弟がリズムに併せて様々なすしネタを表現。
第3位 - 38番 夜道
全身を使って夜道をびくびくしながら歩く人の横顔を男性一人がコミカルに表現。
技術賞 - 30番 オセロ
オセロ盤の各マスにピースに扮した少年らが配置し、白塗りの顔をオセロの白・頭の髪の毛を黒のピースに見立て展開に応じて穴から出し(ピースを打たれる前は穴を塞いでマスになっている)、オセロ遊びを展開する。
努力賞 - 44番 洗濯機
洗濯機の中の洗濯物の動きを歌舞伎に見立てて表現。
ファンタジー賞 - 40番 宇宙授業
スペースシャトル内部からの中継映像をリアルに表現。
演技賞 - 33番 ニワトリ
複数の家族が手足を使って、養鶏場にいる大勢のニワトリを表現。
ユーモア賞 - 39番 ビデオ再生
ドミノ倒しの様子を再生、巻き戻し、スローモーションなどで表現。
アイデア賞 - 17番 くっつくかな?
大量の空き缶がゴミ箱から転げ落ち棒磁石にくっつく。
  • その他備考
    • 得点音を改定、今までより低めの音階に(以降第50回まで使用)。
    • テロップサイズと書式を変更(ただし第39回のテロップは元に戻っている)。

第39回[編集]

欽ちゃんの第39回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 3856組
  • 出場 - 34組
  • 合格 - 19組
  • 満点 - 2組
  • 合格率 - 55.88%
  • 満点率 - 5.88%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 5点
  • 平均点 - 14.15点


第39回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 大リーグボール 15点
2 子供の日 16点
3 ヒヤシンス 16点 ファンタジー賞
4 白鳥 15点
5 怪奇現象 16点
6 修業 17点
7 金魚鉢 17点
8 踏み切り 16点
9 名人芸 13点
10 90m級ジャンプ 19点 技術賞
11 いわしの缶づめ 13点
12 オナガドリ 15点
13 新幹線のすれちがい 10点
14 孔雀 12点
15 海の仲間たち 18点 第3位
16 にらめっこ 13点
17 ポラロイドカメラ 16点 アイデア賞
18 明日は我が身 5点
19 心電図 20点 優勝
20 メロン 11点
21 ゲゲゲの鬼太郎 18点
22 なんでしょう? 14点
23 やっこダコ 15点 努力賞
24 ハト時計 17点 ユーモア賞
25 クレーター 13点
26 ドラゴンボールZ 10点
27 なめくじ 8点
28 かっぱ 10点
29 絶叫マシーン・フリーフォール 15点
30 不沈戦艦大和 9点
31 ジェラシー 20点 準優勝
32 ピンクとピンク 9点
33 ことわざでイエー! 18点 演技賞
34 ボッコボコ 12点
優勝 - 19番 心電図
バタフライの要領で心電図の波を再現。最後はパタリと動かなくなり、医者に扮したもう一人の演者が一言「ご臨終です」。場内の爆笑をさらった。
準優勝 - 31番 ジェラシー
着火から餅の空気が抜けるまでをジェラシーという形に置き換えて表現。赤く塗った足の裏で着火を表し、七輪の上で餅が膨らんで絡み合う紅白の餅に遅れて膨らんできたもう一つの餅(白塗りの女性)が焼きもち(=ジェラシー)を焼き、その後空気が抜け3つの普通の餅に戻っていく。第37回の準優勝「線香花火」を演じたチーム。
第3位 - 15番 海の仲間たち
海中の様々な生き物を腕で表現。
技術賞 - 10番 90m級ジャンプ
スキー選手がジャンプして着地するまでの様子をてこを使って表現。
努力賞 - 23番 やっこダコ
空高く上がるたこが空中散歩を楽しむ。空中の高さを建物や風景で表現。
ファンタジー賞 - 3番 ヒヤシンス
ヒヤシンスが花を咲かせるまでの様子を表現。
演技賞 - 33番 ことわざでイエー!
常連の色コンビをまねたことわざによる駄洒落ネタ。『本物喰っちまったよ!』と欽ちゃんや審査員からも大絶賛。「目の上のたんこぶ」→「目の上の看護婦」など。
ユーモア賞 - 24番 ハト時計
脚の開脚を鳩が出てくる扉に見立て、鳩時計が1時・3時・6時・12時を告げる様をユーモラスに表現。このチームは後に第52回『あん馬』第69回『ピンポン』をはじめとする名作で、優勝7回という大記録を打ち立てる。リーダーは、週刊少年ジャンプ読者投稿コーナーの常連でもあった。
アイデア賞 - 17番 ポラロイドカメラ
絵の上に貼り付けた毛糸を解き、ポラロイド写真が出来上がる様子を表現。
  • その他備考
    • 通常の木曜スペシャル枠のため3年ぶりに1時間半放送。
    • 5番『怪奇現象』の演技の際、演技の道具が破けてしまうハプニングが起き、当初は不合格だったが予備を用意していたため、急遽やり直し合格。
    • 28番の演技終了後のインタビューで、ワイドショーでも取り上げられた「欽ちゃんの自宅火災」もトークのネタに登場した。
    • 1993年8月24日に放送された日本テレビ開局40周年記念ドラマゴールデンボーイズ 1960笑売人ブルースのオープニングではこの第39回大会のリハーサル(ヒヤシンス)中の欽ちゃんに欽ちゃん役の小堺一機と恋人役の財前直見が挨拶する様子が登場するこの時に欽ちゃんが『3番の方ですか?』と小堺一機に振り、『そうです、3番ボタンの穴!』と言って自分の顔を指差すというやり取りを見せている。このドラマがきっかけかは不明だが、小堺は次の第40回記念大会で審査員を務めた。欽ちゃんファミリーであり、仮装大賞の物まねも見せる小堺だが、今のところ審査員として登場したのは第40回だけである。
    • 合格組数が、史上最も少ない19組。出場者が少なかったこともあるが、当時の審査の厳しさも窺える。

第40回[編集]

欽ちゃんの爆笑仮装コンテスト! 全日本仮装大賞40回記念大会
  • 放送日 - 1993年9月30日(木)19:00 - 20:54 ※木曜スペシャル枠で放映
  • 収録日 - 1993年9月12日(日)
  • 会場 - 東京・後楽園ホール
  • ナレーター(仮装) - 堀敏彦(サッカー選手)
  • 欽ちゃんの仮装 - 野球のアンパイア
  • 審査員(太字は審査員長) - 仮装(テーマ「スポーツ選手」)

作品について

  • 応募総数 - 5736組
  • 出場 - 43組(内1組欠場)
  • 合格 - 29組
  • 満点 - 2組
  • 合格率 - 67.44%
  • 満点率 - 4.65%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 6点
  • 平均点 - 15.02点


第40回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 デジタル時計 19点 40回記念賞
2 飛び出す絵本 19点 ファンタジー賞
3 手筒花火 14点
4 サーフィン 16点
5 熱帯夜 9点
6 夏の思い出 15点
7 鵜飼い 16点
8 宅急便 12点
9 阿波のたぬき 18点
10 ネッシーのシンクロナイズドスイミング 20点 優勝
11 超音波検査 15点
12 ふんころがし 15点
13 鷹の親子 16点
14 風速計 17点
15 さらば大都会 15点
16 八百屋さん 17点 演技賞
17 胃かいよう 15点
18 現代版 浦島太郎 15点
19 メトロノーム 体調不良のため欠場。第41回で再挑戦。
20 ハチ 16点
21 産地直送 12点
22 アフリカより愛をこめて 18点
23 アラジン 10点
24 フィーバー 19点 第3位
25 心霊写真 17点 アイデア賞
26 カブト虫の旅立ち 15点 技術賞
27 でんでんむし 12点
28 ドライブ[要曖昧さ回避] 17点
29 古代ローマの船 20点 準優勝
30 のし袋 14点
31 千手観音 18点 ユーモア賞
32 ダンゴムシ 11点
33 二枚の絵画 16点
34 変身マシーン 13点
35 全日本花粉大賞 6点
36 ファクシミリ 15点
37 道路標識 11点
38 エキスパンダー 14点
39 ろくろ 17点 努力賞
40 後頭部に注目! 10点
41 清掃車 15点
42 月食 15点
43 マッチ 17点
優勝 - 10番 ネッシーのシンクロナイズドスイミング
深夜の湖を舞台に沢山のネッシーがシンクロを行なうミュージカル作品。
準優勝 - 29番 古代ローマの船
子供たちの足をオールに見立て、古代ローマの帆船が戦火の中に突入する様子をダイナミックに表現。
第3位 - 24番 フィーバー
玉状のクッキーをパチンコ玉に見立てそれをポケット役の少年が次々に食べていきフィーバーの様子を表現。
技術賞 - 26番 カブト虫の旅立ち
幼虫からさなぎ、そして満月の夜空へ飛び立つカブトムシの成長を表現。
努力賞 - 39番 ろくろ
巨大なろくろ台の上で布を使い壺を完成させる。
ファンタジー賞 - 2番 飛び出す絵本
魔女が主人公の童話を少女が一人で立体表現。最後は魔女が空を飛ぶ。
演技賞 - 16番 八百屋さん
3人兄弟がリズムに合わせて様々な野菜をユーモラスに表現。
ユーモア賞 - 31番 千手観音
扇風機の羽根状に組み合わせた回転盤の後ろで腕を動かし、残像で千手を表現。
アイデア賞 - 25番 心霊写真
川原で撮影した写真に写った霊をユーモラスに表現。
40回特別賞 - 1番 デジタル時計
デジタル表示を体で表現、最後は7時になり仮装大賞を見る子供たちがいるリビングに変身する。
  • その他備考
    • 当初は通常の木曜スペシャル枠として1時間半の放送を予定していたが、応募総数や第40回記念を考慮して出場枠を拡大し通常の2時間放送を決行。番組予告でも『放送時間を30分拡大!』を強調していた。
    • 15周年も重なり、放送直前には様々な番組で仮装大賞特集が組まれた。中でもTVおじゃマンボウでは第40回の舞台裏を紹介、さらに当時のエンディングコーナーだった『懐かしのあの番組』では第1回大会のダイジェスト版を放送している。
    • ザ・ドリフターズの加藤茶が審査員で初出演。
    • 第27回に『三面鏡』で日本テレビ社員で出場した米森麻美が審査員として出演。ルックルックこんにちはの司会も務めるなど女子アナとして順風満帆に見えたが、2001年に急逝。
    • 22番『アフリカより愛をこめて』は放送後、様々なイベントに招待を受け、放送当日のズームイン!朝!にも出演。
    • 第40回を記念し、第40回特別賞を設置。これまでの『記念賞』の賞金は10万円だったが『特別賞』では30万円に変更。
    • 同年12月25日に再放送されたが、放送中タレントの逸見政孝死去のニュース速報が入り、全作品終了の時点で放送を休止し、逸見の緊急追悼特別番組が放送された。