手筒花火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
手筒花火
手筒花火の筒(豊橋市・吉田神社)

手筒花火(てづつはなび)は、1メートルほどの竹筒に火薬を詰め、それを人が抱えながら行う花火である。手筒花火は、打ち上げ式ではなく吹き上げ式の花火で、その火柱は大きいものだと10数メートルにもなる。 愛知県豊橋市吉田神社が手筒花火の発祥の地とも、豊川市の進雄神社が発祥の地ともいわれる。豊橋市のある愛知県東三河地方、および静岡県遠州地方西部で特に盛んである。

起源[編集]

日本で花火が製造されるようになったのは16世紀の、鉄砲伝来以降である。

『宮中秘策』(1741年)によれば、1613年に徳川家康が江戸城内で花火を見物したという。この花火の1種が、手筒花火である。

徳川の砲術隊が、三河岡崎にこの技術を持ち帰り、三河・遠州で、花火(手筒花火)が盛んになったともいう。

さらに古くは、豊橋の吉田神社に残る記録「三河国古老伝」には「永禄元年(1588年)天王祭礼祀ノ花火ト云フ事始メル」とあり、 また「吉田神社略記」においては、「花火ノ創始ハ羽田吉田綜録ニ永禄三申庚年(1560年)今川義元公吉田城城代大原肥前守知尚公[注釈 1]花火ヲ始ムトアリ、花火の尤古ヨリ用ヒラレシハ流星、手筒トス然レドモ其ノ大ナル者ナシ、次デ建物(仕掛花火)綱火等用ヒラルルモ亦然リ、建物ノ巨大ナリシハ元禄十三年(1700年)一シテ手筒ノ雄大トナリシハ正徳元年(1711年)ナリ云々」とある。

特徴[編集]

通常の打ち上げ花火などとは違い、花火師が製造を行うのではなく、資格を取った地元の男衆が、最初の竹を切るところから最後の火薬を詰めるところまで、全て自分自身の手によって行い、最終的に神社の祭りで打ち上げ奉納するのが一般的である。 点火すると、轟音と共にオレンジ色の火柱が上がり、仁王立ちの状態で放揚する。最後には「はね」と呼ばれる、衝撃音と共に手筒の底が破裂する爆発によって幕を閉じる。(ただし、遠州地方の物の一部には「はね」がない事もある。)

地域分布[編集]

伝統的に手筒花火が行われているのは、愛知県東三河地方とそれに接する静岡県遠州地方の浜名湖沿岸地域であり、同じ遠州地方でも、天竜川以東では伝統的なものは少なく、もし行われているとすれば、手筒花火が広く知られるようになった近年、伝統的に手筒花火を行っている団体を招くなどして新たにイベントとして打ち上げるようになったものがほとんどである。また同様のことが愛知県西三河地方にも言える。

手筒花火が見られる主な祭り・イベント[編集]

愛知県[編集]

東三河
西三河

静岡県[編集]

遠州
  • 諏訪神社祭典奉納煙火(湖西市
  • 三ケ日まつり(浜松市
  • 西美薗諏訪神社奉納手筒花火(浜松市)
  • HONDA夏祭り(浜松市)
  • 浜松七夕ゆかた祭り(浜松市)
伊豆
中部

岐阜県[編集]

手力の火祭・夏(手筒花火の火の粉の中で乱舞する裸男衆)(岐阜市))

千葉県[編集]

群馬県[編集]

北海道[編集]

注釈

  1. ^ 同時代史料の言継卿記には、弘治2年(1556)9月に、翌20日、吉田城に沢路隼人を派遣するが、城主伊藤左近は西三河に出陣して留守。という記述があることから、当時の吉田城の城主は大原肥前守ではなかったという説も存在している。江戸時代の編纂史料においても、桶狭間合戦後の三河統一戦において、吉田城を徳川家康が攻撃する際の城主は大原肥前守となってはいるが、1557(弘治3)年 正月十三日(言継卿記)には、今川氏真の歌会の取次ぎ役に大原伊豆守(大原肥前守と同一人物とされる)が登場しており、この場合今川氏真邸に詰めていたことになるため、吉田城主ではなかった可能性が生じる。

参考文献[編集]

  • 武藤輝彦;著作 日本の煙火史物語
※武藤輝彦;日本煙火芸術協会の創立者、花火著作物多数。

外部リンク[編集]

その他[編集]