赤富士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
葛飾北斎の作品『凱風快晴』

赤富士(あかふじ)は、主に晩夏から初秋にかけて、早朝に富士山朝日に染まって起こる現象。青い富士山が朱色に染まることが語源。

古くから絵の題材としても知られ、数々の画家による作品が残されている。明和8年(1771年)には文人画家鈴木芙蓉が『赤富士に昇竜龍図』を描いている。文政4年(1821年)には野呂介石が「紅玉芙蓉峰図」において赤富士を描いている[1]浮世絵師葛飾北斎天保元年(1830年)から天保5年(1834年)にかけて刊行した富嶽三十六景凱風快晴』において赤富士を描いている。なお、『凱風快晴』の描く赤富士は駿河国側であるか、甲斐国側の裏富士であるのかは不明。

一般に縁起の良い事として知られ、夏の季語にもなっている[2]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 須藤(2010)、p.175
  2. ^ 「赤富士」は晩夏・地理に分類される季語である。- 齋藤慎爾・阿久根末忠編『必携季語秀句用字用例辞典』柏書房、1997年、P.13

参考文献[ソースを編集]

  • 山下善也「描かれた富士—イメージ変遷と諸相」『富士信仰研究』第2号、岩田書院、2001年
  • 須藤茂樹「文人画に見る富士山の絵画表現」『甲斐 第121号』山梨郷土研究会、2010年

関連項目[ソースを編集]