山下優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やました まさる
山下 優
本名 山下 優
別名義 高杉 優作
生年月日 (1967-10-26) 1967年10月26日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 石川県
身長 175 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
配偶者 既婚
主な作品
テレビドラマ
特警ウインスペクター
特救指令ソルブレイン

山下 優(やました まさる、1967年10月26日[1][2] - )は、日本の元俳優。本名同じ[1]。別名、高杉 優作

石川県出身[1][2]東京都立神代高等学校卒業[1]倉田プロモーションを経て[3]、オフィスランナーに所属していた[1]

来歴・人物[編集]

中学校3年生のとき、東京都へ転居[2]。倉田プロモーションから1988年小池達朗などともに独立し、アクションクラブを設立するが、数年で解散[3]。解散の理由はスタント派と俳優派にメンバーが別れ、それぞれしたい仕事に専念していくことになったためとされる[3]

1990年より放映開始の『特警ウインスペクター』(テレビ朝日)の出演者オーディションに合格し、主演の香川竜馬(ファイヤー)役を務めた[2]。当初はレギュラーメンバーの一人という話だったので、主役に決まったときは非常に驚いたという[2]。『ウインスペクター』に出演する前はスタントマンとしてアクション関係の仕事をしており、『仮面ライダーBLACK RX』のアトラクションでスーツアクターとして出演していた[2]。『ウインスペクター』では山下演じる香川竜馬が事件を解決しファイヤーのヘルメットを取り外した後に顔の汗を振り払う演出が行われているが、この顔を振る仕草は本人が顔を洗った後にする癖である[2]。『ウインスペクター』の続編である『特救指令ソルブレイン』にも同役でゲスト出演後、同作の後半以降に準レギュラー出演している[2]

アクション俳優としての活動が主体だったこともあり、『ウインスペクター』では激しいアクションシーンも自ら演じていた[2]。ただし、同作第13話での崖から車輌のウインスコードとともに落下するシーンは、唯一スタントマンを使ったシーンだという[2]。このシーンでも山下は吹き替えなしでやることを望んでいたが、「万が一、事故にでもなったら取り返しがつかないことになる」と現場から反対されて辞退したとのこと[2]。のちに俳優を引退し、ボウリングのピンの営業マンに転職。休日には息子が所属する少年野球チームのコーチをしている[2]

『ウインスペクター』『ソルブレイン』の主題歌を担当した宮内タカユキとは、『ウインスペクター』放送当時にほぼ毎週キャラクターショーを一緒に回っており、個人的な交友もあった[4]。宮内は2015年のインタビューで現在も付き合いが続いていると述べている[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ビデオ[編集]

  • 恋人達の神話

音楽[編集]

アルバム

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第21話、第22話、第23話、第34話、第35話、第37話、第40話、第42話、第45話、第46話、第47話、第51話、第52話、第53話

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'92』 VIPタイムズ社、1992年、316頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 「特撮キャッチアップ」『電撃ホビーマガジン』2008年8月号、角川グループパブリッシング2008年、230-232頁。ASIN B001B2CFU4。
  3. ^ a b c 坂本浩一 「プロモーション映画を撮る」『ハリウッドアクション! ジャッキー・チェンへの挑戦』 フィルムアート社1996年、52 - 53頁。ISBN 978-4492820469
  4. ^ a b 「特別対談 宮内タカユキ×野中剛」、『宇宙船』Vol.150(AUTUMN 2015.秋)、ホビージャパン2015年10月1日、 pp.158-159、 ISBN 978-4-7986-1099-3