一月一日 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出雲大社神楽殿横に設置されている歌碑

一月一日(いちげつ いちじつ)は、元旦にちなんだ歌曲。稲垣千頴作詞によるものと、千家尊福(せんげ・たかとみ)作詞によるものの2曲があり、後者のほうがよく知られている。

千家尊福作詞、上眞行(うえ・さねみち)作曲による「一月一日」は、明治期から戦前にかけて唄われた小学唱歌。フジテレビ系列で新春に放送されていた「新春かくし芸大会」のテーマソングの原曲として有名である。歌い出しから「年の初め」がタイトルだと思っている人が多い。歌詞は千家尊福の項目を参照されたい。

なお、作詞の千家尊福は出雲大社第80代出雲国造であり、出雲大社神楽殿の東側には「一月一日」の歌碑が建っている。