町あかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
町 あかり
生誕 (1991-05-28) 1991年5月28日(26歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル 歌謡曲J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ヴォーカルギター
活動期間 2010年 -
レーベル タウンレコード
(2013年)
ビクターエンタテインメント
(2015年 - )
事務所 アワーソングス
公式サイト http://akrmc.blog135.fc2.com/

町 あかり(まち あかり、1991年5月28日 - 、女性)は、東京都出身の日本シンガーソングライタータレントアワーソングス所属。

作詞・作曲・楽器演奏・衣装まで自身でプロデュースしている。

来歴[編集]

2010年8月、新横浜BeLL'sにてライブ活動開始。以降、東京都・神奈川県のライブハウス中心に定期的にライブ活動を行う。

2011年9月、漣研太郎とピストルモンキーズ 漣の妹オーディション準グランプリ。以降たびたびライブに参加した。

2012年10月、ポップフェスin町田2012 学生部門グランプリを受賞した。

2012年12月、1次および2次オーディションを通過し、ニコニコ動画生うたオーディション決勝大会に進出した。

2013年5月、主題歌および出演した学生映画『ぽんぽん』が、第25回東京学生映画祭にて実写部門グランプリを受賞した。

2013年5月、テレビ朝日musicる TV』の「もしかしたら売れるかもしれないメジャーデビューしてないアーティストが見れる店」のコーナーに初登場。

2013年8月、秋葉原パセラリゾーツ7F P.A.R.M.Sで開催されたイベント「musicるフェス〜もし売れ祭〜」に出演。大トリを務める。

2013年10月、デジタルシングル『もぐらたたきのような人/コテンパン』、1stアルバム『町あかり全曲集 その1』をリリース。JOYSOUNDDAMにて、楽曲のカラオケ配信開始。

2013年10月、『musicるマンディ』に出演、ヒャダインとトーク&セッション[1]宝塚大学東京新宿キャンパス学園祭〈第七回 宝翔祭〉に出演した。

2013年11月、タワーレコード渋谷店・秋葉原店、HMV大宮店の各所にてインストアイベント開催。以降定期的に各所にてインストアイベントを開催する。カラオケJOYSOUND品川港南口店1日スタッフとしてイベントを開催した。

2014年1月、『町あかりオフィシャルYouTubeチャンネル』を開設し、町あかり情報局をスタートした。

2014年3月、フランスのテレビネットワークNolifeにて、「もぐらたたきのような人」のPVがオンエアされた。

2014年7月、楽曲提供および出演した映画『あんこまん』がmoosic lab 2014に出品され特別賞とミュージシャン賞を受賞した。

2014年7月、恵比寿LIQUIDROOMにて行われた電気グルーヴ25周年記念ワンマンライブにフロントアクトとして出演した。

2014年9月、生フルーツ専門店『フルフール御殿場』のラジオCM曲を提供した。

2015年4月、タワーレコード横浜店のイベントにおいて、2015年初夏にビクターエンタテインメント VERSIONMUSICよりアルバムをリリースすることを発表した[2]

2015年6月、「ア、町あかりメジャーデビュー前夜祭 in タワー渋谷!」と銘打って、ミニライブ&サイン会が行われた。当日、フジテレビめざましテレビ』の取材が入った。

2015年6月、フジテレビ『めざましテレビ』の「ど~YOU KNOW?」のコーナーで特集された。

2015年6月、「祝!本日メジャーデビュー記念日ライブ! in タワー渋谷」と銘打って、メジャーデビューアルバム『ア、町あかり』発売日に、ミニライブ&サイン会が行われた。以降各所にて、メジャーデビュー記念日ライブが行われた。

2015年8月、日本テレビ24時間テレビ」のチャリティーイベントとして、イオンモールとなみ富山県砺波市)でミニライブが行われた。

2015年9月、メジャー初シングル『もぐらたたきのような人』のフラゲ日に、新天町ミュージックプラザインドウ(福岡県福岡市)でインストアライブが行われ、インストアライブ異例のアンコールもあった。

2016年6月、Eggman tokyo eastのワンマンライブで、同年8月24日にビクターエンタテインメントよりNewアルバム『あかりの恩返し』をリリースすることを発表した。

2016年9月、Eggman tokyo eastのワンマンライブで、アルバム『あかりの恩返し』収録「嫌われたくない」が、同年10月4日よりテレビ東京系開運!なんでも鑑定団」のエンディングテーマに決定したことが発表された。

2017年2月、ビクターエンタテインメントよりスペシャル映像入りビデオカメラ(GZ-E109-R)が限定発売された。

2017年3月、Eggman tokyo eastのワンマンライブ他で、FM NACK5町あかりの町のどうぶつ園』のレギュラーパーソナリティーが決定し、4月4日より毎週火曜日(21:45-22:00)に生放送されることが発表された。

2017年4月、同年5月31日にビクターエンタテインメントより2ndシングル『YABOったい』のリリースが決定したことが発表された[3]

2017年4月、同年6月3日に公開の中村祐太郎監督の映画「女流闘牌伝 aki -アキ-」の主題歌を担当することが発表された[4]

2017年6月、FM NACK5『町あかりの町の動物園』のオンエアで、同年7月26日にビクターエンタテインメントよりNewアルバム『EXPO町あかり』をリリースすることを発表した。

楽曲[編集]

平成生まれながら、音楽性は1970年代 - 1980年代頃の歌謡曲に影響を受けており、楽曲のスタイルは、ジャズテクノロックアイドルポップラテン等幅広いジャンルを取り入れている。

人物・エピソード[編集]

  • 影響を受けたアーティストとしてサザンオールスターズ沢田研二岩崎宏美筒美京平森雪之丞等を挙げている[5]
  • 旧芸名は、雨いずみと言う名義であったが、姓名判断で良くないと言われ改名した[6]
  • タイトルから曲を作る事が多く、歌謡曲を作ろうとして作っている訳ではなく、曲を作ると自然と歌謡曲テイストになっている[7]
  • 2014年5月5日、東京都心地震の街頭インタビューを町あかりと認識されずに受け、日本テレビZIP!』等で放送された[8]
  • 学園祭出演をきっかけに、宝塚大学とコラボしたフリーペーパー『町×ヅカ』が定期的に発行されていた。
  • 幼少期から動物好き[9]。特に鳥が好きで無類の文鳥好き。

ライブ[編集]

  • 毎月『神楽坂劇場「星組公演」』と銘打って投げ銭ライブを行っていた。
  • 不定期に『町あかりの発散会』と銘打ったDJライブを行っていた。
  • 隔月でEggman tokyo eastにてライブを行っており、自らがDTMで製作した打ち込み音源またはカラオケに合わせによる歌唱、バラード等ではアコースティック・ギター等で弾き語りもする。
  • 隔月(上記と交互)で新横浜ベルズにてライブを行っており、当初は前述と同じ様な内容であったが、現在は町あかりガールズバンドでの歌唱となっている。
  • 不定期的に和ラダイスガラージでのゲストライブに出演している。
  • 不定期的にバックバンド池尻ジャンクションでのライブを行っている。
  • 定期的に『あかりちゃんまつり』という、自身が曲を提供した人物や関係のある人物をゲストに呼んで主催イベントを行っている。
  • 定期的に『町あかりのチュンチュン日記』という鳥好きのアーティストをゲストに迎えたイベントを行っている。
  • 定期的に『町あかりのばぶばぶランド』という赤ちゃん&ママのためのライブをばぶばぶランドというユニットを組んで行っている。
  • 不定期に『町の流し』というラジカセのオケと拡声器で歌うというミニライブを行っている。
  • その他不定期に関東を中心とした対バンライブに出演している。

CD・DVD・レコード・デジタル配信[編集]

7インチアナログドーナツ盤[編集]

DVD[編集]

  • 町あかりの絵の出るレコード?(2016年2月21日リリース)
    • 町あかりのカランコロン日和 有楽町・日比谷編
    • 町あかりのチュンチュン日記
    • 町あかりのカランコロン日和 高円寺編

CDシングル[編集]

  • YABOったい(2017年5月31日リリース、レーベル:ビクターエンタテインメント、品番:VICL37271)
    • YABOったい
    • 歌なんか歌ってる場合じゃない!
    • クリスマスをレンジでチン!
    • 1000000kcalの年末
    • YABOったい (Instrumental)
    • 歌なんか歌ってる場合じゃない! (Instrumental)
    • クリスマスをレンジでチン! (Instrumental)
    • 1000000kcalの年末 (Instrumental)
  • もぐらたたきのような人(2015年9月23日リリース、レーベル:ビクターエンタテインメント、品番:VICL37106)
    • もぐらたたきのような人
    • あのコは高画質
    • どっちでもいいヨ
    • ウットリしちゃう
    • もぐらたたきのような人(オリジナルカラオケ)
    • 朗読「もぐ吉ものがたり」

配信シングル[編集]

  • いちめんのコスモス - EP(2014年11月5日リリース)
    • いちめんのコスモス
    • アッチャ~
    • ウッソみたい!
    • おしゃべりお月さん
  • もぐらたたきのような人/コテンパン(2013年10月2日リリース、レーベル:タウンレコード、品番:TRMA-1001)

CDアルバム[編集]

  • 町あかり全曲集 その1(2013年10月30日リリース、レーベル:タウンレコード、ASIN B00FAKSHA0
    • コテンパン
    • とんでもない!結構です!大丈夫です!
    • ひょん!
    • 花婿をかえして
    • ほら、やっぱり
    • 堂々めぐり
    • もぐらたたきのような人
    • のっぴきならない事情
    • ピンポンがこわい
    • 電車はドラマティック
  • ア、町あかり(2015年6月24日リリース、レーベル:ビクターエンタテインメント、ASIN B00WQ2OPPG、品番:VICL64357)
    • ア、アイシャドウ
    • もぐらたたきのような人
    • それ分かる!
    • さっきも聞いたわその話
    • No Problem(お安い御用)
    • ちょっとここじゃあ言えません
    • 夢という小鳥
    • 横浜のすずめ
    • コテンパン
    • お悩み相談室
  • あかりの恩返し(2016年8月24日リリース、レーベル:ビクターエンタテインメント、ASIN B01HVZRK8Q、品番:VICL64612)
    • 最高のセットリスト
    • 嫌われたくない
    • 〇〇〇 〇〇
    • メモリーズメゾン
    • 言ってもいいこと悪いこと
    • いい子にしてたらこうなった
    • あなた普通のサラリーマンでしょ?
    • 優先席に座りたい
    • 夜は早く寝て
    • 追いかけられる夢
    • よくある質問Q&A
    • 東京名物・人混み
    • ビビッドなおしゃべり
    • カラフルあげます
  • EXPO町あかり(2017年7月26日リリース、レーベル:ビクターエンタテインメント、ASIN B072JS7ZSK、品番: VICL-64789)
    • アッチャ~
    • YABOったい(Album Version)
    • 素敵なフェリー2人旅
    • ちょっとバタバタしてまして
    • は!ction
    • わくわくインフルエンザ
    • たおやかだ~aki~(映画「女流闘牌伝 aki -アキ-」主題歌)
    • すれっ枯らしのショーガール
    • 自律神経乱れ節
    • お化粧室はWAR!
    • あ・と・で・ね(週刊ビッグコミックスピリッツ『スローモーションをもう一度』イメージソング)
    • ※の夏
    • ハイヒールが折れたわ
    • オツムがお留守なのかな?
    • お願い!刑事さん
    • 寄りかかってゴメンなさい
    • ごはんがおいしいナァ!

CDシングル(自主製作)[編集]

  • 町あかりのABC Ver.A(2012年9月16日リリース、完売)
    • ひょん!
    • ハイヒールが折れたわ
    • コテンパン
  • 町あかりのABC Ver.B(2012年10月13日リリース、完売)
    • もぐらたたきのような人
    • は!ction
    • ア、アイシャドウ
  • 町あかりのABC Ver.C(2012年12月16日リリース、完売)
    • 花婿をかえして
    • ピンポンがこわい
    • 電車はドラマティック
  • 町あかりのD(でぃーーーー!)(2014年5月25日リリース、完売)
    • アチャ~
    • ウッソみたい!
  • クリスマスをレンジでチン!(2016年11月27日リリース)
    • クリスマスをレンジでチン!
    • 1000000kcalの年末

コンピレーションアルバム[編集]

  • 新横浜BeLL's 15th アニヴァーサリー・コンピレーション・アルバム(2012年5月4日リリース)
    • 電車はドラマティック

トリビュートアルバム[編集]

  • ザ・ピーナッツ カヴァー・ソングス 愛しのピーナッツ 青盤(2016年12月14日リリース レーベル:ビクターエンタテインメント、品番:VICL-64687)
    • ふりむかないで

他アーティストへの提供曲[編集]

  • ミックスナッツハウス
    • 検索、検索!(作詞)
  • ばんびと薔薇
    • ハートが疲れてる(作詞・作曲)
    • 素敵なフェリー二人旅(作詞・作曲)
  • チャマタソ。
    • ヒントがほしい(作詞・作曲)
    • Sentimental Boy(作詞・作曲)
    • ごはんがおいしいナァ!(作詞・作曲)
  • 姫乃たま
    • たまちゃん!ハーイ(作詞・作曲)
    • おんぶにダッコちゃん(作詞・作曲)
    • ご褒美はなんだろう(作詞・作曲)
    • 脳みそをマッサージ(作詞・作曲)
    • 手弁当でまいります(作詞・作曲)
    • 好きになったらどうしましょう(作曲)
    • お母さん、たまが妖怪になってるよ(作曲)
    • バーヨコハマ(作曲)
    • やすらぎインダハウス(作曲)
    • ああ人生、迷子丸(作詞・作曲)
  • 紅茶パレット
    • かっとばせ~、み・ん・な!(作詞・作曲)
  • ブルートリップ.
    • アンタの友達じゃナイ!(作詞・作曲)
    • やさしい麦茶(作詞・作曲)
    • ホッカイロかよマスクかよ(作詞・作曲)
  • 痛ドル
    • ひびの入ったコーヒーカップ(作詞・作曲)
    • 街を歩けば(作詞・作曲)
  • アイハラミホ。
    • 防犯カメラが知ってる(作詞・作曲)
    • 静岡の激しいみかん(作詞・作曲)
  • インテグラル
    • お化粧室はWAR!(作詞・作曲)
  • ふわりふわり
    • 寄りかかってゴメンなさい(作詞・作曲)
  • 寺嶋由芙
    • 終点、ワ・タ・シ。(作詞・作曲)
  • ギャランティーク和恵
    • 夜に起きるパトロン(作詞・作曲)
  • 美広まりな
    • 激辛デスソースの人生(作詞・作曲)
  • ニュー昭和万博
    • ああ人生、迷子丸(作詞・作曲)
    • アチャラパ天国(作詞・作曲)

出演[編集]

テレビ[編集]

musicる TV[編集]

テレビ朝日musicる TV』の「もしかしたら売れるかもしれないメジャーデビューしてないアーティストが見れる店」のコーナーに、2013年5月27日放送回初登場。その後、たびたびおかわり(番組内にて司会のヒャダインと綾小路翔より追加情報を調査依頼されること)され、「待望の番組コーナー発となる有望な人材」と司会の2人より評価される[10]

その後もたびたび番組内で話題にされ「ミスもし売れ」の称号を得る[11][12]。以降、コーナーの冒頭において「今週の町あかり情報」としてライブやイベントの等の活動の情報が紹介されている。musicるアーティストエリアランキング全国1位を獲得(2013年6月より同年11月集計まで。※2013年11月現在)[13]。2014年1月6日放送回では、第1回輝け!もし売れ大賞にて大賞を受賞した。

2015年6月22日深夜放送回(関東他)のNewsるのコーナーで、番組が発掘「町あかり」がメジャーデビューとして紹介された。また、司会のヒャダインと綾小路翔より元カノと言われた。

ラジオ[編集]

インターネット番組[編集]

雑誌・新聞掲載[編集]

スマートフォンアプリ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]