SUNDAY FLICKERS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SUNDAY FLICKERS
愛称 サンフリ
JFNの離れ島[1]
ジャンル バラエティ番組情報番組
放送方式 生放送
放送期間 2010年10月3日 -
放送時間 毎週日曜 6:00 - 7:30(90分)
放送回数 365
制作 ジャパンエフエムネットワーク
ネットワーク JFN
パーソナリティ 春風亭一之輔
出演 汾陽麻衣(アシスタント)
公式サイト 公式サイト
特記事項:
放送開始 - 2015年9月は6:00 - 8:30、同年10月 - 2016年3月は6:00 - 7:30、8:00 - 8:30にそれぞれ放送していた。
放送回数は2017年9月3日現在。
テンプレートを表示

SUNDAY FLICKERS』(サンデー・フリッカーズ)は2010年10月3日からJFN系列の一部の放送局で放送されているジャパンエフエムネットワーク(JFNC)制作のラジオ番組である。略称「サンフリ」。

概要[編集]

2006年から丸4年放送されてきた『梶原しげるのNEXT ONE』(ネクイチ)の次番組で、落語家の春風亭一之輔がパーソナリティを務めるバラエティ・情報番組。

番組名の「FLICKERS」とは、iPhoneiPadの画面などを「めくる」という意味を持つ「FLICK」(フリック)からきており、エンタメ・政治・スポーツなどの情報をめくっていくように紹介していく、という意味が込められている。

2017年4月現在の基本放送時間は毎週日曜日の6:00 - 7:30だが、過去に6:00 - 8:30まで放送されていた時期は『RADIO JAPAN on Sunday』・『ネクイチ』と同じく飛び降り・飛び乗り局[2]が多いため、フルネット局は1局もない状況だった。

更に、唯一7:30 - 8:00を放送していたFM GIFUが2015年9月をもって当該時間のネットを打ち切ったことにより、同年10月より発生する放送休止時間帯の模様をツイキャス配信で補完しつつ、8時台パートを『SUNDAY FLICKERS 2』(タイムテーブル上では『SUNDAY FLICKERS』)と称するリニューアルを実施したが、8時台パートのネット局はAFB・FM沖縄の2局のみとなったため大多数の地域では地上波での聴取が困難になってしまった。その後2016年3月27日放送分をもってツイキャス配信及び『SUNDAY FLICKERS 2』の放送を終了、翌週から放送時間が放送休止時間帯までの6:00 - 7:30に短縮されることが一之輔本人から当日の放送中に発表され、現在に至る。

放送時間短縮後、依然として改編毎に放送時間変更・ネット・打ち切りを繰り返す局が少なくない。2017年10月以降は7時台のネット局が減少およびFM GIFU以西の局で7時台をネットする局が消滅した。

パーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

  • 汾陽麻衣 (2014年10月5日 - 2015年6月28日、2016年2月28日[3]、2017年8月13日[4]、2017年10月1日 - )

(過去のアシスタント)

  • 青木真麻(2010年10月3日 - 2012年3月25日)
  • 番井奈歩(2012年4月1日 - 2014年9月28日)
  • 石田紗英子(2015年7月5日 - 2016年7月31日[5])
  • 阿部哲子(2016年8月7日 - 2017年9月24日)

放送時間[編集]

ネット局毎の放送時間は#ネット局を参照。

  • 2016年4月 - 現在:6:00 - 7:30

(過去の放送時間)

  • 放送開始 - 2015年9月:6:00 - 8:30
  • 2015年10月 - 2016年3月:6:00 - 7:30、8:00 - 8:30
    • 7:30 - 8:00は放送休止時間帯。

タイムテーブル[編集]

2017年10月現在のもので、日によって時間は前後する。
コーナーの合間にメッセージ紹介や曲がオンエアされる。
太字は後日音声配信されるコーナー(#音声配信を参照)。

6時台(20局)

  • 6:00 - オープニング、メッセージテーマ発表
  • 6:10 - 6時のストレートニュース

短いトークの後にアシスタントが4 - 5項目のストレートニュースを伝え、項目毎に切り替え音が挿入される。

  • 6:18 - モーニング・タブレット

一之輔とアシスタントが当日のメッセージテーマにまつわる話題についてトーク。

  • 6:32 - 街フェス・オン・サンデー

全国各地で行われる街のフェスティバルから毎週1つピックアップし、電話を繋いだ関係者から詳しく紹介してもらう。

  • 6:37 - ウェザー・ナウ

日本気象協会と繋ぎ、各地の天気(沖縄→九州・中国・四国→近畿→東海・関東甲信越→北陸→東北→北海道の順)と最高気温(那覇・福岡・高知・広島・大阪・名古屋・金沢・東京・仙台・札幌)を伝えてもらう。

  • 6:39 - トラフィック・ナウ

日本道路交通情報センターと繋ぎ、全国の幹線道路の交通情報を伝えてもらう。

  • 6:41 - メッセージ紹介

[岩手、飛び降り]

  • 6:46 - 落語ショート・オン・ショート

一之輔が落語のショートバージョンを生放送で披露するコーナー。ただし時間(4 - 6分)の関係で2 - 3週に分けて放送されるため基本的に2 - 3週完結(ただし落語の長短によるためか『初天神』は4週完結、『無精床』は1週完結というケースも存在する)となる。アシスタントが阿部に替わって以降は、一之輔の落語を向かい側で聴いているアシスタントの笑い声が被さることが多くなった。最後に1曲オンエア[6]される場合がある。

  • 6:53 - 6時台エンディング

メッセージを数通紹介後、降りコメント(後述)とは別に飛び降り局へ向けてのお別れの言葉を述べつつ、7時台の予告を行う。

[山形・群馬・富山・石川・福井・三重・滋賀・兵庫・山陰・岡山・山口・徳島・高知・佐賀・大分・沖縄、飛び降り]
[青森(第2・3・5日曜のみ)、飛び乗り]

7時台(青森(第2・3・5日曜のみ)・秋田・栃木・長野・岐阜)

  • 7:00 - 7時台オープニング
  • 7:02 - 7時のストレートニュース

6時台と同内容。

  • 7:06 - 一之輔のそこがしりたい

一之輔が毎日流れてくる情報の中から気になるトピックをその道の専門家にお伺いする、いわゆるゲストコーナーでバックにBGM[6]が流れている。
生放送中にゲストを迎えるのが基本だが、事前収録[7]の場合がある。
2016年4月よりコーナー放送時刻が若干早まり、途中でCMをまたぐようになった。コーナーの締めにゲストから曲をリクエスト[6]されることがある。

  • 7:28 - エンディング

かつて放送されていた8時台と異なり、本番組最後のオンエア曲が事実上のエンディングテーマとなる。


(過去のタイムテーブル)

  • 7:30 - 8:00 放送休止時間帯

2015年10月4日 - 2016年3月27日。2人のオフショット(食事風景など)が公式Twitterアカウントからツイートされていた。
2016年1月17日放送分以降[8]は、放送休止時間を利用してツイキャス[9]が配信されていた。
2015年9月までは、この時間帯に「サンデー・ジュークボックス」・「ウチきて!アイドル観光協会」・「インスゥルメンタルワールド」の各コーナーが放送されていた。

  • 8時台 『SUNDAY FLICKERS 2[10]』(青森・沖縄)
  • 2015年10月4日 - 2016年3月27日。
  • 8:00 - 8時台オープニング

「ちょっと変わった情報をお伝えします」のコメントからスタートし、ネット局である青森・沖縄を意識した話題を話すこともある。

  • 8:05 - 今朝の最新ニュース

6・7時台からニュースの内容(一部)・タイトルが変更される。また、8時台のみ項目の切り替え音がある場合とない場合がある。

  • 8:08 - 週替わり企画(2016年1月からの内容)

日本全国”丼”百景(2016年1月17・24日、2月7日[11]) - ディレクター吉岡のイチオシ企画で、全国丼連盟事務局長のドン波房氏(電話出演)からお勧めの丼を紹介してもらう。
ゲストコーナー(2016年1月31日、2月14日、3月20日)
春風亭一之輔の今日の予定(2016年2月7日) - この日の日本全国”丼”百景が途中打ち切りになったため、余った尺の穴埋めに急遽その場で企画されたコーナー。一之輔が「放送する必要あるのか」とボヤきつつ、放送終了後のスケジュールを伝えた。ポッドキャスト未配信。
トーク&メッセージ紹介(2016年2月21・28日、3月6日)
Good Time Sunday(2016年3月13日) - 忙しい毎日の中、唯一安らげる日曜日に友人や家族と一緒に、もしくは一人でも楽しめる「最新の遊び」を紹介するコーナーで、一之輔は「TOKYO FMの週末に放送してそうなタイトルだな」とツッコんでいた。第1回は紹介した野球盤[12]エポック社)を利用して、「石田紗英子のベースボール占い[13]」も行われた。
8時だョ!全員解散!(2016年3月27日) - 8時台の最終回ということで、6年半の放送内容(石田曰く「やりっぱなしのコーナー」)を振り返り、没になった企画も紹介された。「豪華ゲスト」として本番組の放送作家である小林哲也が登場し、さよならスタジオライブで「青空」(THE BLUE HEARTS[14]を弾き語りしたが、途中で本人曰く「間違えて」しまい、サビに入る前に強制終了させられてしまった。

  • 8:27 - エンディング

エンディングテーマは「天使の休息」(久松史奈)。

音声配信[編集]

上記タイムテーブルに太字で記載された3コーナーは2016年3月までは公式サイト(「JFN Online」)及びポッドキャストで配信[6]されていたが、その後2016年4月より「JFN Online」に代わるJFNC新公式アプリ「JFN PARK」内の音声コンテンツでの配信に切り替えられ、放送では聴けない音声コンテンツオリジナルの「週刊サンフリ大衆EX」(内容は放送の振り返りおよび翌週のメッセージテーマの予告)も追加された。音声コンテンツの聴取には無料の会員登録が必要で、アプリ版のみの提供となる。

ネット局[編集]

現在のネット局[編集]

(2017年10月現在、22局ネット)

一部を除く6時台のみのネット局向けにアシスタント(斜字の箇所のみ一之輔)が読み上げる「お送りしてまいりました『SUNDAY FLICKERS』、今週はこの辺でお別れです。お相手は春風亭一之輔と、(アシスタントの氏名)でした。素敵な日曜日を!」という降りコメント(事前収録)が挿入される。ちなみに8:30終了時代には7時台で飛び降りるネット局向けにこのコメントが使用されており、6時台のみのネット局向けでは一之輔単独で別内容の降りコメントを読み上げていた。
途中飛び降り局・未ネット局は「ドコデモFM」・「LISMO WAVE」・「radiko.jp」(同プレミアム含む)(★印、2017年10月現在)で補完可能。

放送対象地域 放送局名 放送時間 備考
青森県 AFB 7:00 - 7:30 2017年10月現在、毎月第2・3・5日曜のみ放送(第1日曜:『申吾のほっとチャンネル』・第4日曜:『小野寺あきひこのスクラム!』放送のため休止[15])。
2012年4月 - 9月には6時台、放送開始 - 2016年3月は8時台もネットしており、2017年までは第1日曜のみ・同年9月までは第1・2[16]・4日曜に休止が発生していた。ネット局中唯一、6時台を未ネット
岩手県 FM岩手 6:00 - 6:45 以前の放送時間は6:00 - 6:55だったが2015年9月27日放送分をもってネット打ち切り後、2017年4月2日放送分より前述の時間でネットを再開した。「トラフィック・ナウ」→メッセージ紹介後のCMに入るタイミングで飛び降りる(パーソナリティからの案内および降りコメントはなし)
秋田県 AFM 6:00 - 7:30 2017年4月2日放送分より7時台のネット開始
山形県 Rhythm Station 6:00 - 7:00
群馬県 FMぐんま
栃木県 RADIO BERRY 6:00 - 7:30
長野県 FM長野 2016年4月3日放送分より7時台のネット再開
2015年4月5日 - 12月27日放送分[17]は6:00 - 7:30、2016年1月3日 - 3月27日放送分[18]は6:00 - 7:00
富山県 FMとやま 6:00 - 7:00 2016年3月27日放送分をもってネット打ち切り。同年10月2日放送分 - 2017年3月26日放送分および同年10月8日放送分よりネット再開
石川県 HELLO FIVE
福井県 FM福井 2017年10月1日放送分をもって7時台のネット打ち切り
岐阜県 FM GIFU 6:00 - 7:30 放送開始 - 2015年9月は6:00 - 8:00
三重県 レディオキューブ FM三重 6:00 - 7:00 放送開始 - 2016年3月は6:00 - 7:30
滋賀県 e-radio 2014年8月31日をもって8時台のネット打ち切り
兵庫県 Kiss FM KOBE 放送開始 - 2015年9月は6:00 - 7:30
鳥取県
島根県
V-air
岡山県 FM OKAYAMA 2015年8月2日放送分をもって8時台のネット打ち切り
山口県 FMY
徳島県 FM徳島 2017年10月1日放送分をもって7時台のネット打ち切り
高知県 Hi-Six
佐賀県 FMS
大分県 Air-Radio FM88
沖縄県 FM沖縄 2016年2月21日は『コスモアースコンシャスアクト 野口健 トークセッション』(TOKYO FM制作)放送の為、8時台のみ休止。
2016年3月までは8時台もネット

過去のネット局[編集]

放送対象地域 放送局名 放送時間 放送終了日 備考
福島県 ふくしまFM 6:00 - 7:00 2015年9月27日放送分
宮崎県 JOY FM
宮城県 Date fm 2016年9月25日放送分
鹿児島県 μFM 2017年3月26日放送分

脚注[編集]

  1. ^ https://twitter.com/SUNDAY_FLICKERS/status/650411259733504000
  2. ^ 未放送時間帯は『天使のモーニングコール』(幸福の科学出版制作)もしくは『いのちの森 voice of forest』(TOKYO FM制作)のどちらかをネットする局がほとんどだが、レディオキューブ FM三重(『秋元才加のWeekly Japan!!』)やKiss FM KOBE(『ブルボン presents Shining Star』)の様にTOKYO FM(前者)・JFNC(後者)制作の他番組ネットに切り替えた局もある
  3. ^ この日の放送は石田が体調不良により休演したため、代役を務めた。ちなみにフリーアナウンサーの原つとむによる小芝居(石田の休演を知らせる内容)がオープニング前に挿入されていた
  4. ^ アシスタント阿部の休演による。
  5. ^ この日の放送が最終日だったが、一之輔が本業の海外公演の関係で休演したため石田単独での出演となった。なお、一之輔は電話にて出演した
  6. ^ a b c d 原則翌日の月曜日(祝日の場合は火曜日)配信。また、「落語・ショート・オン・ショート」の出囃子やコーナー中バックに流れているBGM、オンエアされた曲はカットされる
  7. ^ 例えば、石田の代役で汾陽が出演した2016年2月28日放送分(ゲスト:温水洋一)は、本コーナーに石田が登場しているので事前収録であることがわかる。ちなみに一之輔は7時前の予告で「大人の事情でその時の声だけ石田紗英子になっています」とコメントしていた
  8. ^ 2月21日、3月13日は配信休止
  9. ^ 主な内容は、本番組放送作家の小林哲也がジグソーパズルなどのゲームやTwitterのアカウント作成にチャレンジするといった企画で、一之輔曰く「コバチャレ」
  10. ^ 2と書いて「リターンズ」と読み、タイトルコールは一之輔の声で「リターンズ!」と絶叫しているものが使用されている
  11. ^ この日はドン波房氏が電話出演キャンセル(急病のため)になったのでコーナーが途中で打ち切られ、ポッドキャストも未配信となった
  12. ^ 商品名は「野球盤 3Dエース」
  13. ^ 事前に募集したリスナーからの二者択一で悩んでいる相談メッセージに対して、野球盤をプレイした結果で判定するというもの。ちなみに、翌週のゲストコーナーでも行われた
  14. ^ 小林の弾き語りが強制終了させられた後に本家の曲がオンエアされたが、両方ともポッドキャスト未配信
  15. ^ いずれも自社制作番組で記載順に三村申吾・青森県知事、小野寺晃彦・青森市市長がそれぞれパーソナリティとして出演している
  16. ^ 宮下宗一郎・むつ市市長がパーソナリティを務めていた『宮下宗一郎のつながるラヂオ』を放送していたため休止
  17. ^ 2015年4月5日、12月27日 信濃毎日新聞 ラジオ欄
  18. ^ 2016年1月3日、3月27日 信濃毎日新聞 ラジオ欄

外部リンク[編集]

JFN 日曜 6:00 - 7:30
前番組 番組名 次番組
-
SUNDAY FLICKERS
-
JFN 日曜 6:00 - 8:30(2010.10 - 2015.9)
前番組 番組名 次番組
SUNDAY FLICKERS
-
JFN 日曜 8:00 - 8:30(2015.10 - 2016.3)
前番組 番組名 次番組
-
SUNDAY FLICKERS
-