火曜ミステリー劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火曜ミステリー劇場』(かようミステリーげきじょう)は、かつてテレビ朝日系で放送されていた、サスペンス主体の長時間ドラマ番組である。

概要[編集]

1990年4月1991年9月にかけて毎週火曜日夜8時~9時48分に放送されていた。前番組「火曜スーパーワイド1988年4月から1990年3月までテレビ朝日系列で放送されていたスペシャル番組。)」は当時これ以外の2時間スペシャル番組がなかったため、水曜スペシャルから引き継いだドキュメンタリーや音楽番組などと交互に2時間ドラマを放送していたのに比べて「火曜ミステリー劇場」はサスペンスドラマ主体の番組のため、小さい子供を持つ親や「フイクションとノンフイクション」の区別が判断できない家庭から放送当時、テレビ朝日や朝日放送など系列各局から「火曜日の夜8時にサスペンスドラマを編成していいのか!?」という問い合わせが多かった。ちなみにこの時にエンディングテーマ曲を作ったことが後に同じような形式の土曜ワイド劇場のエンディングテーマ曲採用へと繋がっていった。

なお、週により、朝日放送が製作した回[1]もあったり、1990年、1991年のナイターシーズン中夜8時台が野球放送になり、放送できない時は夜9時~9時54分で「火曜ミステリー劇場ミニ」として、1時間用の単発作品を放送したこともあった。しかし夜9時54分まで試合が延長した場合は番組自体は休止する。

  1. ^ これは、2代前の番組まで21時からの枠がABC制作枠であったという事情による。この番組が解消され1時間ごとの枠になってからも、21時台は引き続きABCの制作枠に充てられた

テーマ曲[編集]

スポンサー[編集]

テレビ朝日 火曜20:00~21:48枠
前番組 番組名 次番組
火曜ミステリー劇場
和田アキ子アワー
(20:00~20:54)
※テレ朝制作
ANNニュース
(20:54~21:00)
※テレ朝制作、54分繰上げ
必殺仕事人・激突!
(21:00~21:54)
ABC制作