火曜スーパーワイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火曜スーパーワイド』(かようスーパーワイド)は、1988年4月から1990年3月までテレビ朝日系列局が編成していた単発特別番組枠である。編成時間は毎週火曜 20:00 - 21:48 (日本標準時)。

概要[編集]

1987年9月末に『新水曜スペシャル』が終了して一時途絶えていた2時間単発番組枠が、翌1988年4月に曜日を変えて編成し直されたものである。放送番組の製作も、『新水曜スペシャル』及び土曜の2時間ドラマ枠『土曜ワイド劇場』と同様にテレビ朝日朝日放送が交互に担当していた。

本枠は、1986年9月まで月曜夜に編成されていた2時間ドラマ枠『月曜ワイド劇場』から引き継いだサスペンスドラマ時代劇(朝日放送製作分も含む)を中心に放送され、『新水曜スペシャル』から引き継いだドキュメンタリー番組や音楽番組も時々放送していた。また、それまで毎年10月に一度土曜 19:00 - 20:54 (日本標準時)に放送されていた『ヤング歌謡大賞・新人グランプリ』が『歌謡ゴールデン大賞・新人グランプリ』に改称された上で1988年と1989年については本枠で放送されたが[要説明]、その際にはテロップその他の表記が「火曜スーパーワイド・スペシャル」に変更されていた。

ゴールデンナイター』(巨人戦)や『パワーアップナイター』(巨人戦以外)の放送がある日には、21時台のみの1時間編成にして1時間の単発ドラマを放送するか、編成そのものを休止するかしていた。なお、1時間編成になった場合には、タイトルを『火曜スーパーワイド・ミニ』に変更していた。

本枠はその後、1990年春の改編を機に『火曜ミステリー劇場』と改題、以後はサスペンスドラマを中心に放送するようになった。

朝日放送が製作に携わっていたのは、前枠まで21時台で同局製作番組が放送されていたためである。同じように、『土曜ワイド劇場』も土曜22:30枠で朝日放送製作番組が放送されていたことから、同局が製作に携わっていた[独自研究?]

ネット局での扱い[編集]

当時ANNにも加盟していたテレビ信州(TSB、日本テレビ系列)は、開局当初からテレビ朝日火曜20:00枠の番組の同時ネットを行っていたが、本枠に関しては日本テレビ製作番組『火曜サスペンス劇場』などの編成上の都合から同時ネットせず、代わりに同時間帯で『クイズMONOものがたり』などの日曜20:00枠の番組を放送していた。この状況は1991年4月の長野朝日放送開局まで続いた。また、山形放送(YBC、日本テレビ系列)などでもこの番組が時差ネットで放送されていた。

ANN非加盟の山陰中央テレビ(TSK、フジテレビ系列)は、本枠を『土曜ワイド劇場』(前述の同名ドラマ枠とは無関係)と改題した上で時差ネットしていた。

テレビ朝日系列 火曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
別れてもダメなひと
(1988年3月1日 - 1988年3月22日)
※20:00 - 20:54
ANNニュース
※20:54 - 21:00、平日21:48枠へ移動
旅はデリシャス
(1988年1月12日 - 1988年3月22日)
※21:00 - 21:54
火曜スーパーワイド
(1988年4月 - 1990年3月)
火曜ミステリー劇場
(1990年4月 - 1991年9月)