三毛猫ホームズの駈落ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三毛猫ホームズの駈落ち』(みけねこホームズのかけおち)は、日本の小説家赤川次郎1981年に発表した長編推理小説である。

あらすじ[編集]

大富豪の片岡家と山波家は代々対立していた。片岡家の長男と山波家の長女が駈落ちをし、事態は泥沼化。それから12年経ち、今度は片岡家の三男と山波家の息子が刺し違えて死亡。だが、2人とも何者かに殺された疑いが浮上した。一方東京に派遣された両家の使用人は、片山義太郎と晴美を、12年前に駈落ちした義太郎と晴美だと勘違い。

主な登場人物[編集]

  • 片山義太郎 - 捜査一課のダメ刑事
  • 片山晴美 - 義太郎の妹
  • 石津刑事 - 晴美に恋をする猫嫌いで力持ちの刑事
  • ホームズ - 三毛猫

書誌情報[編集]