テレビスター劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テレビスター劇場』(テレビスターげきじょう)は、1969年10月7日から1975年3月25日までNET(現:テレビ朝日)系列の毎週火曜22時00分 - 22時56分(JST。1972年10月以降は22時55分まで)に放送された、毎日放送(MBS)制作のテレビドラマの枠である。

概要[編集]

MBSは1964年1月7日開始のドキュメンタリー番組『フィルムドキュメント 日本の魅力』(~1965年3月30日)から火曜日22時枠の全国ネット番組枠を手掛けていた。当初は前半枠(22時 - 22時30分)のみだったが、1966年4月26日開始のバラエティ番組『お笑いスター劇場』(かつて、日本テレビ系で放送していた『お笑いスター誕生!!』とは無関係)から後半枠(22時30分 - 23時)の制作を請負うようになった。その後1967年放送の『日本のおんな』(1967年5月2日~9月26日)『芸能わらいえて 目で見る百年史』(1967年7月4日~9月26日)を最後にNETに返上されるが(MBSとNETでそれぞれ別編成のローカルセールス枠となり、『芸能わらいえて』は関東地区では東京12チャンネルへ移行)、わずか半年後の1968年4月2日に始まった『テレビ文学館〜名作に見る日本人〜』(~1968年9月24日)から1時間に統合されて復活。その後はドラマ枠となり『剣は語らず』→『妻と女の間』→『恋歌』を経て、1969年10月より『テレビスター劇場』の名称が付いた。

おおむね1ヶ月から1クールの短期作品が多いが、末期の『唐変木に花咲けば』や『華麗なる一族』の様に約半年放送した作品も有る。

1975年4月のいわゆる腸捻転解消によって枠自体はTBS水曜22時枠に移動[1]、そしてNET火曜22時枠は朝日放送制作枠となり、ドラマ『TOKYO DETECTIVE 二人の事件簿』を8ヶ月間放送、そしてその後に『プロポーズ大作戦』が放送される事となる。

作品リスト[編集]

1969年[編集]

1970年[編集]

1971年[編集]

1972年[編集]

1973年[編集]

1974年[編集]

ネット局[編集]

参考資料[編集]

「キー局番組変遷編成ひょ~」

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ その後MBS制作全国ネット枠は木曜22時(1984年10月 - 1987年9月)→土曜23時(1987年10月 - 1988年3月)→水曜19時(1988年4月 - 1992年9月)→火曜22時(1992年10月 - 2005年9月)→水曜22時(2005年10月 - 2012年3月)→日曜20時(2012年4月 - 同年9月)→火曜20時(2012年10月 - 現在)と渡り歩き、現在放送中のバラエティ番組『世界の日本人妻は見た!』に引き継がれている。
  2. ^ 『気になる関係』の途中より同時ネット。中日新聞縮刷版1973年3月分、4月分にて確認。
NET(テレビ朝日)系列 火曜22時枠
【ここまで毎日放送制作枠】
前番組 番組名 次番組
テレビスター劇場
NET系列 火曜22:55 - 22:56枠
【ここまで毎日放送制作枠】
恋歌
(22:00 - 22:56)
テレビスター劇場
(1969年10月~1972年9月)
【1分縮小して継続】
ANNニュース
(22:55 - 23:00
【1分拡大して継続】