1956年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1956年のテレビ(1956ねんのテレビ)では、1956年昭和31年)の日本におけるテレビジョン放送全般の動向についてまとめる。

NHK放送博物館開館(東京愛宕山、2005年撮影)
中部日本放送(CBC)テレビ放送開始(12月1日。写真は放送開始前日に完成したCBC会館(名古屋市新栄)、2005年撮影)
『テレビぴよぴよ大学』(KRテレビ)

できごと[編集]

開局・放送開始[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティなど諸分野[編集]

参考[編集]

など

脚注[編集]

  1. ^ 開局当初の呼出符号は「JOBX-TV」で、朝日放送への合併とともに「JONR-TV(現:JONR-DTV)」へ変更された(なお「JOBX-DTV」は2015年現在大分朝日放送が使用している。
  2. ^ 2014年4月1日に中部日本放送が放送持株会社に移行したのに伴い、テレビ放送事業を株式会社CBCテレビに承継。
  3. ^ 2013年4月1日より「JOGX-DTV」に変更。
  4. ^ 一方で中部日本放送は5年前の1951年9月1日に民放では最初にラジオ放送を開始しており、東海地区においてはテレビ・ラジオともに民放第1局であったが、ラジオ事業は2013年4月1日に株式会社CBCラジオに放送免許を承継。
  5. ^ のちの『春夏秋冬』。
  6. ^ 1954年から放送された『シルエットクイズ』が、三菱電機から花王石鹸(現:花王)に提供が変更されたのに伴い改題。
  7. ^ 初の牛乳石鹸共進社一社提供番組。