ジェームス・ダグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームス・ダグラス
基本情報
本名 ジェームス・ダグラス
通称 バスター(Buster)
階級 ヘビー級
身長 192cm
リーチ 211cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1960年4月7日(55歳)
出身地 オハイオ州コロンバス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 46
勝ち 38
KO勝ち 25
敗け 6
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

ジェームス・ダグラスJames Douglas、男性、1960年4月7日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーオハイオ州コロンバス出身。“バスター”(破壊者)のニックネームで呼ばれる。

父:ビル・ダグラス(Billy Douglas)もミドル級の元世界ランカーで来日経験のある親子ボクサーでもあった。

1990年2月11日、東京ドームで当時無敗のWBAWBCIBF世界ヘビー級王者マイク・タイソンからKO勝ちで王座を奪取した。

来歴[編集]

1981年5月31日、プロデビュー。

1987年5月30日、空位のIBF世界ヘビー級王座をトニー・タッカーと争い、10回TKO負け。

1990年2月11日、マイク・タイソンの持つWBAWBC・IBF世界ヘビー級王座に挑戦し、10回KO勝ちで王座を獲得。リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤーに選出された。ロングカウントなど幸運もあったが強打で恐れられたタイソンに勇気を持って立ち向かった。

1990年10月25日、イベンダー・ホリフィールドに3回KO負けし、王座から陥落。引退を表明する。番狂わせで世界チャンピオンに上り詰めたことで環境が激変し、コンディション調整の失敗も理由であった。

1996年6月22日、6年ぶりに現役復帰し、復帰戦から6連勝を記録。糖尿病をわずらったことから運動不足解消のために再開したボクシングであった。

1998年6月25日、ルー・サバリースとのマイナータイトルのIBAヘビー王座決定戦で、3度のダウンを奪われ初回KO負け。

1999年、引退。

戦績[編集]

  • プロボクシング: 46戦 38勝(25KO) 6敗 1分 1NC

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マイク・タイソン
第35代WBA世界ヘビー級王者

1990年2月11日 - 1990年10月25日

次王者
イベンダー・ホリフィールド
前王者
マイク・タイソン
第13代WBC世界ヘビー級王者

1990年2月11日 - 1990年10月25日

次王者
イベンダー・ホリフィールド
前王者
マイク・タイソン
第5代IBF世界ヘビー級王者

1990年2月11日 - 1990年10月25日

次王者
イベンダー・ホリフィールド