やっぱり猫が好き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

やっぱり猫が好き』(やっぱりねこがすき)は、1988年昭和63年)10月11日から1991年平成3年)9月21日まで、フジテレビ系列で放送されていた日本のコメディドラマである。

当初の第1シーズンでは深夜枠での放送だったが、好視聴率を得ていた。人気番組となり、1989年(平成元年)のフジテレビの年末年始キャンペーンには主演を務めた3人が起用されたほか、同年の大晦日には逸見政孝の名前を冠した生放送版、『やっぱり逸見と猫が好き』も放送された。

概要[編集]

いわゆるシチュエーション・コメディの形式であり、マンションの一室を舞台に恩田家の三姉妹が繰り広げる騒動を一話完結(二話続きの例外もあり)で描いていた。

基本的に、舞台はマンションの一室、出演者は三姉妹と飼いのみという設定である。しかし、初期はスタッフ(「イースト」の衣装や、火事の際の取材陣役)が出ていたり、屋外ロケが数回ある。スペシャル版では逸見政孝三谷幸喜大高洋夫西村雅彦らがゲスト出演した。

台本はあるもののアドリブもかなり多く、その過程で急遽生まれた新しい設定なども存在する。また、失敗やハプニングが起こってもそのまま放送されることも多く、男性スタッフの笑い声が時々入る。 脚本は数人がローテーションで担当していたが、三谷幸喜が担当していた話は特に人気がある。第1シーズン後半に移ってからは、話数のほぼ全てを三谷幸喜が担当している。これが縁で三谷は三女・きみえ役の小林聡美と結婚することになる(2011年離婚)。同番組内では共演シーンが2回ある(やっぱり猫が好き殺人事件&年またぎスペシャル)。

クールの節目にはセットを模様替えするため、引越したり泥棒に入られたり、バザーに品物を出したり、という回が挿入される。 B.G.M.には、当時流行したニュー・ミュージックの曲が(佐野元春の"Someday"が、特によく)流れていた。極たまに、オリジナル・ヴァージョンの曲が使われていた事もある。

劇中登場人物[編集]

3人の年齢は各女優の実年齢。かや乃とレイ子は8つ、レイ子ときみえは5つ歳が離れている。

恩田かや乃[編集]

もたいまさこ

  • 血液型B型
  • あだ名は「かーや」。
  • 長女。普段はしっかり者であるが、いったん壊れるととことん壊れてしまう悪癖あり。また、市の絵画コンクールできみえの作品が入選した際に、その時の応募用紙の「年」(応募者の年齢を書く項目である)の項目を勝手に「絵画教室に通っていた年数」と解釈してしまい、「6年」(当時、きみえは既に20歳を過ぎていた)と書いてしまったりするなど、少し抜けた部分もある。
  • 一貫してもの静かな感じではあるが、極初期には絶叫するシーンもある。
  • 本職は謎。レイ子でさえ、かや乃の詳細な職業を知らないが、本人ときみえは「夜の仕事」とチラッと言っている。丸の内の会社と言っていたこともある。銀行員であったこともあり、株式(具体的に名前が挙がったのはNTTの株)や国債取引にも手を出している。会社の備品や、文房具を持ち帰る癖があり、結婚式の引き出物がなくなった時に、上司からそれとなく疑いをほのめかされ、会社を辞めると宣言(妹達にとりなされ、事なきを得る)。ただはっきりしているのは、レイ子ときみえが学生時代のときは、二人の学費を支払うために歌舞伎町の裏路地のクラブで働いていたこと。また、昔世話になったオカマママがおり、彼の事故の際ピンチヒッターを頼まれ、ゲイバーに勤めたこともある。
  • 特技は素潜り(ただし、きみえからはエアロビクスだと思われていた)。
  • 留守番電話に対して、批判的な考えの持ち主。
  • 手タレをやっていたことがある。
  • 古風だが井上陽水(会員番号は4002、LPを『一枚残らず』持っている)、舟木一夫中村吉右衛門 (2代目)、永ちゃん、舛添先生のファンを公言するなど意外にミーハーな面もある。他方、小柳ルミ子は嫌いだそうである。
  • 武田鉄矢(レイ子と)、丹波哲郎の物真似を披露した事がある。また特番(2003)では、ビートたけし氷川きよし物真似をやらされ、浜崎あゆみまでさせられそうになる。
  • 大学在籍時は『英米科』だった。
  • 大学4年の頃、文科系同好会のミュージシャンと藁葺き屋根の中で契りを交わした。
  • 見かけによらず、学生時代は「ヘビメタ同好会」に入っていた。同系統のボーイフレンドにビニールのギター・ケースを使用していた人や、『ロビー(ロミー?)』と名前が出てくる事もあった。
  • 高校時代は奇術部に所属し、「クイーンかや乃」と呼ばれていた(姉妹間で才能が認められるようになったのは、賭けトランプのエピソード "楽しい夜遊び"で、である)。水球部に入部していたというエピソードもある。
  • 同じく高校時代にハープ同好会に所属し、会計係を担当していた模様。ちなみにハープは現在も所持しており、普段は箪笥の裏で靴下を干したりゆで卵を切るのに使用されている。
  • 中学生時代に浦安で番を張っていた(いわゆるスケバン)頃もあり、「吹き矢のおかや」と呼ばれたらしい。
  • 昔、バイトで画廊に務めていたことがある。
  • あまり他人を家に上げたがらない。
  • 酢豚オカルトが大嫌い。
  • 火事にあった人のことをリアルに話す。
  • 恩田家10代目の当主である。そのため結婚の際には婿養子が条件になる。
  • 「ディ」の発音に弱く、よく「ディズニーランド」を「デズニーランド」と発音し、レイ子・きみえに指摘される場面が見られる(後年、もたいは、ほかの2人と違い、既に30代の後半であったために長いカタカナ表記が既にこのときには発音しづらくなっていたり、覚えにくくなっていたと回顧している)。
  • 義侠心が強く、家事全般に加え、近所づきあい、地域活動、婦人会も務め上げる。「浦安おしるこ娘」として沿道に立ち、バザー、地域清掃、果ては姉妹を巻き込んでの人形劇に至った。万引きの疑惑を抱かれたときは、川に落ちた児童を助けて警察から表彰を受けた。
  • 九十九里第三中学校卒業。校歌は滝廉太郎作。
  • 赤ん坊の乳臭さが苦手。
  • 福島スペシャルでは、野良ヒコーキを100円入れたらプロペラが回る位の飛行機だと解釈して勝手に操縦している。
  • 「お猿日記」の話が何故おかしいのか、終ぞわからないまま、放送を終える(その後でもこのエピソードは語り継がれていく)。
  • 姉妹中一番一貫性がない(仕事・性格においても)、不思議な人。(次女・三女)の性格を両面持ち合わせ、+αの自己性格をも持つ、いわば恩田三姉妹中で最強である。

恩田レイ子[編集]

室井滋

  • 次女。三姉妹1番のトラブルメーカー(と言われているが、同じ様なトラブルは他姉妹からもみられる)、寂しがりやで憎めないキャラクター。
  • 通称「水戸様」という既婚男性と不倫の関係にある。水戸様は週末、家族サービスをするためレイ子とは会わない。そのためレイ子は週末、水戸納豆を見られない。水戸様には猫目石の指輪を買ってもらった(水戸様はカメラマンの社長をしている)。その他、若手歌舞伎俳優と出会って一週間で結婚したが、水戸様を忘れられず新婚旅行に出発する直前に水戸様の元へ走ってしまった。
  • 学生時代から(国学院の)教生の先生と不倫するなど、いい恋愛をしていない、と男運が一番なさそうで実は一番男暦が長い姉妹であり、その点でおいては一番幸せな恋愛を継続している。
  • 幼少期、姉や妹とは別に、一人だけ富山の親戚のもとで育った。これは、子供時代の思い出を語るシーンなどで、実際は富山出身である室井だけが、他の二人(東京出身)とはかなり違う記憶を持っていたことが多いため、アドリブから生まれた設定であろうと推測される。すごろくなど、時々変わったイントネーションで言う。
  • 学生の頃、東京ボンバーズ佐々木陽子に憧れ、プロ・スケーターになりたがり、かや乃に叩かれる(墓参りの回想シーンにて)。
  • 本職は(売れない)女優。しかし、女優だけでは食べていけないため「赤さそり」でホステスや、水戸様の秘書、人形作家、新聞チラシの広告モデル、レンタル「おつむ」屋(おむつ屋)など色々なバイトをしている。第二話(実質第一話)でアドリブで女優と言う事になった。本人は最初教師のつもりだったらしく、アガリ症であるにも関わらず「銀座でアルバイトしている」「女優の卵」という設定は現場でもたい直々にセリフ内で言い渡され、うろたえている姿を確認できる。ちなみに長姉が一番乗り気できみえが便乗する(この図式は多用されていく事になり、レイ子が巻き込まれる事になる)。この"クイズ出演"では、各自のポジションが設定されていくという重要なエピソードである。『女ねずみ小僧』の第二話「月がとっても青いから」(1989年4月19日)に腰元・すずな役で出演した室井は、恩田レイコ名義でクレジットされた。なお、女優という比較的非現実的な職業に対して両姉妹とも芸能界に手を染めているので(かや乃→手タレ、きみえ→イースト勤務)、特別扱いされない。
  • いきなり、きみえから「姉ちゃん(レイちゃん)は、何で女優になろうとしたの?」と訊かれ、視線がかや乃にすがることもあった(「しいて言えば、漢字が読めなかった事かな?」と答えている)。結構な頻度で姉妹に振り回されている。
  • 十年間無事故無違反で生まれてはじめての表彰状を貰っている(その間運転していないため)。
  • 時折姉妹中誰よりも一般常識を発揮する(面接の仕方など)。
  • (性格・キャラクターなど)振り幅が大きい。
  • キャンプ(福島スペシャル)では8トラックのカラオケ機を背負ってやってくる、など突出した性格を露見する(このカラオケセットは、浦安のマンション居住時にかや乃が404号室のヒゲの人の家から火事の際に火事場泥棒してきたものと同一であるようである。この際にその家から仏壇も持ち出している)。
  • 「赤さそり」のママはケチであると、「赤さそり」のお客の「栗山さん」(相模大野在住)に愚痴をこぼしていた。
  • 恩田家を(公私混同で)連絡網にしていたようである。
  • できるモノマネ十勝花子奥田瑛二名取裕子(きみえによると、モノマネ三原則)。かや乃と武田鉄矢の歌真似をしたこともあるが、時代的に違うため却下された。
  • 姉・妹とは別のアパートに住んでいるが、ほぼ毎日のように姉妹のマンションへやってきて、食事をしたり風呂などに入ることも多い。寝具など常置しているようである幕張での自分の部屋(セリフの上でしか登場しない)は、風呂がなくトイレが共同の、「ゴーストキャッスル堂(?)アヤ」というアパート。他の場所でのアパート名は不明。
  • ゴーストキャッスル堂にはベータ方式のビデオしか無いので、恩田家でレンタルビデオVHS)を観るという設定になっている(これは、一般的でなかったベータ方式に対して、放送当時急普及し始めていたレンタルビデオ(VHS)を観る、という、業界内外の設定に則したエピソードである)。
  • ヘビースモーカーで、劇中も煙草を吸うシーンが多い。
  • 深夜時代の飼い猫「サチコ」を拾ってきたのはレイ子である。
  • 幕張の駅前でシャネルのニセモノ(チネル)のバッグを売りつけられた。ちなみに、キミエに有償で貸している。
  • ビヤ・ガーデンで「泥レス」のアルバイトをやっていたようである(レイ子本人は否定したが、自分から振った話である)。
  • 牛柄のパジャマを愛用している。この衣装は室井自身が買い取り、長年愛用していた(1stシーズンDVD19巻全巻購入特典ディスク内で語られている)。
  • お粥が死ぬほど嫌いで、激しい拒否反応を起こす。好物は肉まん基本的に肉食を好む。
  • 水っぽいカレーと子供も嫌いで子供に接すると蕁麻疹が出るらしい。また、「ワインを飲むとプツプツが出来る」らしい。
  • カレーにコーラを入れると言ったところ、姉妹に否定され、スタッフに「カレーにコーラを入れるよねぇ?」と同意を求めたことがある。
  • 斉藤由貴ちゃんからお守りをもらったらしい(ニューヨーク編)
  • 蟹を食べるとカニ病を発症するおそれがある。
  • 餃子の皮をつつむのが苦手で、舌でなめて皮をくっつけていた。本人いわく「赤さそり」では、そうやって作っていたとのこと。
  • 全大学連盟サンバコンクールで2年連続で優勝した経験を持つ。
  • セリフでは、あまり姉妹に協調されない、そのせいか、浮世離れた印象を受ける。
  • 小林聡美のことは「さとちゃん」と呼んでいるらしく、本番中もうっかり「さとちゃん」と呼びかけてしまうことが何度かあった。唯一「しげるちゃん」と名前をフルネームで捻られずに呼ばれている。
  • ヒステリー作家の墓守しょうたろう(新人賞を連続3年受賞)の作品を愛読している。
  • 以前自作自演のコミックバンドをやっていたらしい。電話口で井上陽水に「大仏」と「ごぼう」と言う二曲をカシオトーンを用いて披露している (なお、メロディラインは判りにくいが、オープニング・テーマである矢野顕子の"David"である)。

恩田きみえ[編集]

小林聡美

  • 三女。サバサバした性格で、機転がきく。
  • 本職は、株式会社イーストのAD(第1シーズン)。化学実験キットの訪問販売のバイトなどもやっていた(講習会には出たが、実際に訪問販売をしたかは不明)。転職を考え、西条(西城?)バーモントコーポレーションへ面接に行き即採用となるが、帰宅後、会社が摘発された。
  • モノマネ好きで武田鉄矢桜田淳子斉藤由貴富田靖子幸田シャーミン藤純子松田聖子黒木香など多数のレパートリーを持つ。モノマネは、本人いわく「身内芸」のようなものでひっそりやっていたが、しだいに表に出てきたそう。桜田淳子においては、細部にわたって楽曲を知っており、「この曲は皆さん(スタッフに向かって)ご存知ないですか?」と反応を伺い尋ねたこともある(天使のくちびるにおいて)。
  • 酒に酔うと居酒屋の看板からサーカスで芸をするカンガルー、挙句の果てには、所有者不明の1億円が入ったバッグなど、色々と奇妙なものを拾って持って帰る癖がある。
  • 寝言が多く、寝言でモノマネをしたり、おやじや歴史上の人物になったりすることも。
  • 嫌いな食べ物はマトンカレー。
  • 子供の頃から賭け事に弱い。にも関わらず、「お金のない週末」では、なけなしの小銭を自分に預けさせ、朝一番のパチンコで一発当てよう、という無謀を思いつき、かや乃・レイ子から却下される。
  • 金貸しやヤクザを演じるときはなぜか関西弁である。
  • 姉妹喧嘩から家出し幸木・黒田先輩の家に泊まっていたが、その家(ベイエリアのロフトだと聞かされていた)がただの倉庫だったため、耐え切れずすぐ戻ってきた。
  • 当時、もたいまさこのことを「まこちゃん」と呼んでいたらしく、本番中もうっかり「まこちゃん」と呼びかけてしまうことが何度かあった。
  • きみえという名前は「玉子の黄身のように可愛く女の子が美味しく育つように」と父親からつけられた。
  • クラリネットフルートを嗜んでいる模様。また、打楽器ボンゴも所持しておりサンバのリズムを演奏している。
  • ボーイフレンドは度々変わっているようであるが、約束をすっぽかされたり浮気されたりとあまり一番男運には恵まれていない。
  • かなりオシャレには気を遣っており、よく丸井のローンで洋服を購入している。
  • 時折芸能界の裏情報(ピンクレディ{振付で渚のシンドバッドだと解る}などの)をかや乃の耳に入れては喜ばせる技を持っている。ただし週刊誌などを観ていれば誰もが知ってる位の情報。
  • 2003年頃には仕事を辞めフリーターになっている。93年以降に婚約をしたものの、相手が結婚詐欺師だったらしく相当な物品を購入させられた模様。

3姉妹に共通する事柄[編集]

  • 最初は「安藤」姓だったようであり、クイズ出演の回では、会社からの電話を取ったきみえが直々に「はい、安藤ですけど…」と応答している。その後ぼやかしていたが、表札(玄関の移るシーン)で「恩田」に落ち着いていったようである。
  • 一旦同時に壊れだすと、怒涛の如く崩壊していく。ストッパーのいない姉妹である。ただし、協調しない場合は果てしなく協調しない。
  • 火事の際、真下まで火の気が上がる部屋で火事場で回したヴィデオを観ながらしゃぶしゃぶを食べる。
  • かや乃が(エピソード中で)骨折する、という回を収録前に、『暑い』外国(バリ)にもたい・小林が旅行しており、同行しなかったレイ子がひがむ。
  • 独特の『単位』として、「中尾彬百発」と当時使っていた。
  • 親類に新小岩の本間のおばちゃんがいる。レイ子も引く程のお調子者。
  • それぞれが男運に恵まれていない。
  • 揃って、家族の記念日(お誕生日など)や行事歳時記クリスマスなど)を重んじる姉妹である。
  • 共通したステップを持っている。ただし同時には披露されない。
  • お隣が「入江さん」だった時期がある。
  • 音楽にまつわるエピソードが多い。特にモノマネの話で、それぞれ得意技を出して競い合う。かや乃が唄う「王将村田英雄の歌)」では独自なメロディー・ラインでハモり合った。ポジションとしては、かや乃→演歌系、レイ子→70's歌謡曲、きみえ→アイドル全般といった分別である。きみえはかなり長いスパンでアイドルを知っており、エピソード中でも70's〜80'sのアイドルの曲が混在し、レアな曲も披露する。

[編集]

  • サチコ - 深夜時代の猫。非常におとなしく本編で出演者と共演する場面は少ない。地上げ屋に誘拐される、レイ子に首輪を付けられる、タバコを吸わせられる、コタツの中で踏まれるなど散々な目に遭う。台本では「幸子」表記。ゴールデンタイム移行時、サチコは後番組、「子供、ほしいね」の久保田夫妻に貰われた。
  • カズちゃん、ユキちゃん、セッちゃん
  • ナガヤマ - 乳牛のような白黒斑があり、黒い鼻が特徴。人なつこく出演者にじゃれたり、鳴きやまなかったりする性格。流しの三味線造りに捕らわれ、危うく三味線に姿を変えたかと間違えられそうになる、など迷惑被っている。
  • ヨシダ

放送[編集]

幻の第1話[編集]

第1話放送分の「かや乃おばさんが来た」は、広く知られているシチュエーションとは異なっている。出演者は小林聡美森下愛子もたいまさこの3人で、室井滋は出演していなかった。設定は、安藤きみえ(小林)と安藤さやか(森下)の姉妹が住むマンションに、伯母の恩田かや乃(もたい)が訪れるというものであった。

しかし、第2話放送前に森下愛子が急病のため降板、当時フリーで活動していた室井滋が代役としてレイ子役を演じるようになった。

このような事情からもたい・森下・小林のトリオで放送された第1話は「幻の第1話」として扱われている。「見たい!!」という視聴者・ファンの声は多いにもかかわらず、CSのフジテレビ721においても再放送されたことはなく、ビデオ化・DVD化もされていない。

この第1話は、深夜放送であるにも関わらず、記憶に残るシチョエーションだったからか、次週の視聴に繋がっており、その点でももう一度観てみたいエピソードという声も大きい。

オープニング・テーマの矢野顕子の"David" の部分で、出演者表記順が毎エピソード入れ替わる。①もたい→室井→小林②室井→小林→もたい③小林→もたい→室井の三パターン繰り返し。そのエピソードの主役、重要度とは関連無い。

第1シーズン[編集]

放送時間帯:深夜枠

各話 放送日 サブタイトル 演出
1 1988年
10月11日
かや乃おばさんが来た 清水東 波多野健
2 10月18日 クイズ出演 廣岡豊
3 10月25日 カラスの襲来とかや乃のお見合い 大岩賞介
4 11月1日 隣に引っ越してきた男とブラバン 清水東
5 11月8日 レイ子の誕生日と謎の男 廣岡豊
6 11月15日 首つった部屋とお猿日記 清水東
7 11月22日 裏切られたハワイ旅行と英会話ビデオ 廣岡豊
8 12月6日 きみえF・Fされる 清水東 田邊勝弘
9 12月13日 バナナの皮とかや乃の超能力 廣岡豊 大下広
10 12月20日 クリスマス 山田あかね
11 1989年
1月10日
伊豆のお墓参り 廣岡豊
清水東
波多野健
12 1月17日 地上げ屋こわい 廣岡豊
13 1月24日 幸運のペンダントとありがとう 清水東
14 1月31日 自動車教習所と車のインテリア 廣岡豊
15 2月7日 しゃぶしゃぶと火事ノンノンよ 清水東
16 2月14日 まみ子が結婚!? 廣岡豊 次廣靖
17 2月21日 かや乃の失恋とレイ子のカニ病 森山京子
18 2月28日 居候は受験生 廣岡豊 波多野健
19 3月7日 ニューヨークスペシャル 森山京子
20 3月14日 赤ちゃん大好き 廣岡豊 次廣靖
21 3月21日 ご近所付き合いときみえのへそくり 清水東 波多野健
  • 1989年4月 - 1990年3月(幕張編):火曜24時40分 - 25時10分
各話 放送日 サブタイトル 演出
22 1989年
4月11日
予告どおり引越し 廣岡豊 次廣靖
23 4月18日 悲しき御高祖頭巾 三谷幸喜 武部真子
24 4月25日 楽しいG・W 清水東 次廣靖
25 5月2日 はまぐりペペちゃん 三谷幸喜 武部真子
26 5月9日 ギョーザがいっぱい 次廣靖
27 5月16日 ベランダロックアウト 武部真子
28 5月23日 きみえの拾い物 清水東
29 5月30日 相撲部屋がやって来た 三谷幸喜 次廣靖
30 6月6日 ゲージュツは爆発だ 武部真子
31 6月13日 幕張恋物語 加藤千恵 次廣靖
32 6月20日 一緒に寝ようよ 三谷幸喜 武部真子
33 6月27日 梅雨の恐怖 次廣靖
34 7月4日 あこがれのフリオ
35 7月11日 めざせ女流小説家 森山京子 武部真子
36 7月18日 留守電ルンルン 三谷幸喜 次廣靖
37 7月25日 鴨田さんの秘密 加藤千恵 武部真子
38 8月1日 姉妹げんか
39 8月8日 真夏の夜の大運動会 森山京子
40 8月15日 福島スペシャル(前編) 三谷幸喜 武部真子
次廣靖
41 8月22日 福島スペシャル(後編)
42 8月29日 わたし転職します 西条昇 次廣靖
43 9月5日 楽しい夜遊び 三谷幸喜
44 9月12日 パーティーは終わった 洪龍吉
45 9月19日 お金のない週末
46 9月26日 肉まんが食べたい 次廣靖
47 10月10日 化粧で勝負 洪龍吉
48 10月17日 カンガルーのホリちゃん
49 10月24日 どーゆーことだ 岩川千秋
50 10月31日 ブン・ブン・ブン ハエが飛ぶ 加藤千恵 洪龍吉
51 11月7日 すばらしい日曜日
52 11月14日 かや乃怒る 三谷幸喜 岩川千秋
53 11月21日 そっくりさん 洪龍吉
54 11月28日 ビデオ鑑賞会 岩川千秋
55 12月5日 ひい爺さん・いい爺さん・異人さん
56 12月12日 猿の手 洪龍吉
57 12月19日 クリスマス・スペシャル 岩川千秋
SP 12月31日 やっぱり逸見と猫が好き 波多野健
上野修平
58 1990年
1月9日
鴨田さんが死んだ日 岩川千秋
59 1月16日 ブジラVS恩田三姉妹 洪龍吉
60 1月23日 プップッピ プップッピ プッピー プッピー 岩川千秋
61 1月30日 大利根さんの秘密 洪龍吉
62 2月6日 スキーで骨折 岩川千秋
63 2月13日 きみえのアルバイトと豆腐実験 洪龍吉
64 2月20日 焼肉パーティー 岩川千秋
65 2月27日 銭湯へ行こう 洪龍吉
66 3月6日 結婚式の朝 岩川千秋
67 3月13日 恩田家サスペンス劇場 洪龍吉
68 3月20日 うちら陽気な三人姉妹 岩川千秋
69 3月27日 さよなら恩田三姉妹 洪龍吉

やっぱり猫が好き殺人事件[編集]

  • 1990年3月29日(木) 22:00-23:24に放送。脚本は三谷幸喜、プロデュースは関口静夫、演出は福本義人
  • 製作は共同テレビ

第1シーズン終了後に製作された2時間ドラマ。かや乃ときみえの住んでいるマンションで殺人事件が発生し、三姉妹と頼りない刑事が迷推理で事件を解決するストーリー。本編冒頭は犯人が殺害するシーンを見せる「倒叙」ものとなっており、三谷が後に担当する古畑任三郎に近い。

共演者は萩原流行宍戸開森口瑤子など。三谷幸喜もレンタルビデオ店の店員として出演している他、西村雅彦など東京サンシャインボーイズの俳優、レポーター役で軽部真一が出演している。深夜帯制作時に小林聡美に惚れてしまった三谷幸喜が、彼女と再会する為に書いたと後に語ったことがある。

第2シーズン[編集]

放送時間帯:ゴールデンタイム

3人の住んでいるところは渋谷区

  • 1990年10月 - 1991年9月(新猫編):土曜19時30分 - 19時58分
各話 放送日 サブタイトル 演出
1 1990年
10月20日
2台のテレビ 三谷幸喜 波多野健
2 10月27日 松茸が食べたい!
3 11月3日 万引きはわきの下で 善本真也
4 11月10日 お見合い 波多野健
5 11月17日 ベタベタはイヤよ 木皿泉 善本真也
6 11月24日 洗面器占い 平光琢也 波多野健
7 12月1日 クーポン券は誰のもの 下等ひろき 善本真也
8 12月8日 エレキで停電 三谷幸喜 波多野健
9 12月15日 英語 小山真弓 善本真也
10 12月22日 クリスマスはマントラで 三谷幸喜 波多野健
11 1991年
1月12日
わたしの恥ずかしい写真 善本真也
12 1月19日 怒りはパワーだ 木皿泉 波多野健
13 1月26日 夢はピンク色・・・ 善本真也
14 2月2日 エコロジー植木 小山真弓 波多野健
15 2月9日 テープの中身は 三谷幸喜 芳住昌之
16 2月16日 もらわれっ子は誰だ 木皿泉 善本真也
17 2月23日 うらまれた三姉妹
18 3月2日 生意気な子役 芳住昌之
19 3月9日 これらは何に使うのか 根本晃 善本真也
20 3月16日 視聴率測定機さま 木皿泉 芳住昌之
21 3月23日 王女カテリーナ 善本真也
22 4月20日 酔っぱらいの黒岩君 三谷幸喜 芳住昌之
23 5月4日 ヤクザ撃退作戦 永山謙二
24 5月11日 よくわからないX 木皿泉 芳住昌之
25 5月18日 空飛ぶエビフライ
26 6月1日 結婚式のスピーチ
27 6月8日 ゲイボーイかや乃 永山謙二
28 6月15日 卵の恩返し(前編) 吉田秀穂
29 6月22日 卵の恩返し(後編)
30 6月29日 マムシのきみちゃん 木皿泉 芳住昌之
31 7月6日 シャイなくの一
32 7月13日 時をかける三姉妹 吉田秀穂 永山謙二
33 8月3日 かや乃の悪いクセ 妻鹿年季子
34 8月10日 ナガヤマちゃんがいなくなった日 吉田秀穂 芳住昌之
35 8月17日 本人が言ってます間違いありません 木皿泉 永山謙二
36 8月24日 夏休みの宿題うけおいます 吉田秀穂
37 8月31日[1] 奇怪! ゴマスリ症候群 木皿泉
38 9月7日 ホクロ 三谷幸喜 芳住昌之
39 9月14日 女の幸せか家族の愛か 吉田秀穂 永山謙二
40 9月21日 最後の恩田三姉妹 三谷幸喜 芳住昌之

スペシャル番組[編集]

1989年 - 1990年、前年までの全民放の「ゆく年くる年」に代わって、フジテレビ初の独自制作の年越し番組として、『年またぎ・猫が好き』が放送された。劇中でカウントダウンもしていた。全編を通じて、逸見政孝星野知子が司会をする『いけ年こい年』なる番組を三姉妹が鍋を囲みながら見ているという設定で話は進行しており、この架空番組のコーナーという設定で、それまでの「ゆく年くる年」と同様に、山本晋也東海林のり子稲川淳二斉木しげる相原勇らリポーターが各地の年末の風景を生中継で伝え、それを見ていた三姉妹が鍋を食べながら色々とリアクションを起こすというスタイルが採られていた。この放送で、初めて馬が登場している(ただし、猫以外の本物の動物は出ている)。 更に、小林聡美が夜食の買出しをしに行くシーンでは、近くのコンビニで実際に生放送で撮影し、客には脚本家・三谷幸喜の劇団「東京サンシャインボーイズ」の看板俳優である梶原善相島一之が出演し、店員役に西村雅彦を起用。三谷と小林が揉めている瞬間に年が跨ぐという構成であった。 また、オープニングではこのドラマのOPとEDを唄っている矢野顕子と忌野清志郎がドラマのテーマ「David」「サントワマミー」、「ホームスイートホーム」や「カラスの赤ちゃん」を熱唱するシーンも流れた。

また、このスペシャルの数日前には、逸見さんが隣人・鴨田さんを演じゲスト出演。ストーリーは、3人が大掃除をしながら今年の思い出を語り、その際、奥さんと喧嘩したと思われる鴨田さんが何度も家に訪ねてくるという総集編を放送した。また、エンディング終了後には、4人でドラマの感想と年またぎSPの告知をしている。

その後、1995年1996年に当時のフジテレビ昼のワイドショー番組「ビッグトゥデイ」の中で完全ロケの形式で復活。その後も1998年2001年2003年2005年2007年と、2〜3年に1回の割合で新作が制作されている。

エピソード[編集]

  • 小説家恩田陸の恩田はこのドラマの恩田三姉妹から取ったという。
  • 1回につき2週分を休憩を挟んで行うという形で毎回収録が行われていた。
  • 後に日曜朝に放送された、磯野貴理子森尾由美松居直美の「はやく起きた朝は…」の原案になったと言われている。
  • 演じた三姉妹のうち、小林聡美のみ三谷幸喜と結婚していたが、2011年に離婚したため、全員独身である。
  • アニメ『らんま1/2』の中で、乱馬が弱点である猫に接した時に錯乱して叫ぶ『やっぱり猫が好き〜!』も、このドラマが元ネタである。
  • テレビドラマ『ナニワ金融道2』にもたいまさこが詐欺師・青田久子役で出演したが、青田の逃亡先のマンションの名前は「ラ・セーヌ猫ヶ杉(ねこがすぎ)」であった。
  • 2007年(平成19年)8月14日Yahoo!ライブトークにて、恩田三姉妹を演じるもたいまさこ室井滋小林聡美が生出演。これは2007年(平成19年)7月4日に発売された「やっぱり猫が好き2007」DVD発売を記念した、スペシャルイベントとなっている。
  • 2007年(平成19年)9月より、サッポロビール生搾りみがき麦」のCMに、恩田三姉妹として出演。「ただいま篇」「マンボ篇」「笑い声篇」の3本が放映された。CM画面には「(C)フジテレビ/イースト」とコピーライト表記されている。
  • CS放送のフジテレビONEでは、2009年(平成21年)4月11日からの放送が開始される。また、以前にも前身のフジテレビ739で放送されていた。
  • 番組収録において台本がある回と、全く台本が無い出演者による完全なアドリブの回が演じられていた。
  • タイトルバック等のイラストは桜沢エリカ
  • 「ピンクの亀」は、京王百貨店新宿店の屋上園芸・ペットコーナーからスタッフAD氏が買ってきたもの。予備用に二頭いて動きの良い、元気な方を歩かせた。
  • 「結婚式の朝」の白無垢衣装一式は、収録前日に飛び込みで大手着付け教室に頼み込み間に合わせた。収録当日、着付け師の方に「大安吉日だったら無理だったわよ。」と言われスタッフ一同ゾッとした。
  • サブタイトルは、放送開始当初、新聞テレビ欄のスペースの都合(単純に「猫」とのみ記載される事もしばしば)であまり公表されず重要視されていなかったが、回が進むにつれ「放送回数と内容を判別しやすくするため」スタッフ目線で付けられたものが多く「ネタバレ的タイトル」が多い。
  • 深夜時間帯放送時の三谷氏の脚本には、サブタイトルの付いていない話が多く、大半はAD氏が「スタッフ向け」に仮に付けたものだったが、ビデオ発売時に他のサブタイトル同様に正式なサブタイトルになった。

スタッフ[編集]

  • 技術 : 岡本隆嗣、島方春樹
  • カメラ : 川崎昭、村瀬清、久坂保、鈴木富夫
  • 照明 : 佐藤浩栄、萩原文彦
  • 音声 : 小西幸久、渡辺利実、錦織雅彦
  • VE : 作田和矢、岩澤英二、平田稔、森村修、松田年世、中村宏
  • VTR : 船崎亮一、今村信男、星野晃、山本米勝
  • 音響 : 有馬克己(第1シーズン)、橅木正志(第2シーズン以降)
  • TK : 浜川久美
  • 演出補:芳住昌之(第1シーズン)、藤田直樹・笠原裕明(第2シーズン)
  • 編集 : 大内一学(2003年まで) → 石丸健一(2005年以降)
  • MA : 川原崎智史・林光伸(第1シーズン)、石塚宇生(第2シーズン)、松元祐二(第2シーズン - 2003年まで)→ 志村武浩(2005年以降)
  • 美術プロデューサー(特番以降):丸山覚
  • デザイン:今西真理子(第2シーズン)、坂根洋子(特番以降)
  • 美術:村田進(第1 - 2シーズン)
  • 美術進行:新藤裕之(第1 - 2シーズン)
  • 大道具:藤野路弘(第1シーズン)、渡辺恵司(第2シーズン)
  • 小道具:中島淳子(第2シーズン)
  • メイク:アートメイクトキ
  • スタイリスト : 杉野知佐(第1シーズン)、吉野千晶(第2シーズン)
  • タイトル画:桜沢エリカ
  • タイトルアニメ(第2シーズン):アニメーションスタッフルーム
  • 企画協力:シャシャコーポレーション
  • 技術協力:ビデオスタッフ、RVC(六本木ビデオセンター・2003年まで)、まるビデオ(2005年以降)、ヌーベルバーグ(2005年以降)
  • 美術協力:アックス(特番以降)
  • プロデューサー : 波多野健鈴木哲夫(フジテレビ)
  • 制作 : イースト、フジテレビ
  • オープニング曲:矢野顕子「DAVID」
  • エンディング曲:RCサクセションサン・トワ・マミー

ビデオ・DVD[編集]

2005年(平成17年)10月の時点で商品化されていない作品は1989年(平成元年)9月24日10月1日に放送された「やっぱりフジが好き」という特別番組、1990年(平成2年)10月13日に放送された「やっぱり猫が好きスペシャル」、ビッグトゥデイ編における1995年10月5日放送分1996年3月5日放送分、などである。なお、オリジナルビデオシリーズのうち4作品が2005年(平成17年)9月 - 11月の最終日曜日と12月18日の午後に放送された。

DVD「やっぱり猫が好き2007」が2007年(平成19年)7月4日に発売。「やっぱり猫が好き」の2007年(平成19年)3月に放送されたスペシャルドラマ版。おなじみの三姉妹が時代劇に登場する。

脚注[編集]

  1. ^ プロ野球中継のためフジテレビでは同日の放送ではなかった。
フジテレビ 火曜24:40枠
前番組 番組名 次番組
-
やっぱり猫が好き
(第1シーズン)
フジテレビ系 土曜19:30枠
やっぱり猫が好き
(第2シーズン)
たけし逸見平成教育委員会
※19:00 - 19:54
FNNニュース
※19:54 - 20:00
【4分拡大】
フジテレビ 年越し番組
やっぱり逸見と猫が好き
(1989年)
-