2017年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2017年のテレビでは、2017年テレビ分野(主に日本)の動向についてまとめる。

テレビ番組関係の出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 1日 - 【バラエティ】TBS系『水曜日のダウンタウン』の2016年12月21日に放送された内容で、石川啄木の「ひ孫」と紹介した人物は「遠縁」であったことが判明し、この日放送の番組の最後にお詫びのコメントを発表した[53]
  • 2日 - 【ドキュメンタリー・人物】NHKは、松方弘樹の追悼番組として、この日放送の『ファミリーヒストリー』(NHK総合、19:30 - 20:15)を「松方弘樹・目黒祐樹〜芸能一家の歳月〜」と題し、松方兄弟の実父である近衛十四郎(俳優)と実母の水川八重子(女優)の生涯を振り返った。ゲストとして松方の実弟で俳優の目黒祐樹が出演[54]
  • 3日 - 【バラエティ・追悼】TBS系『ぴったんこカン・カン』に2003年4月15日の番組開始から6年間レギュラー出演し、前身番組『ぴったし カン・カン』にもレギュラー出演していた俳優でタレントの藤村俊二が去る1月25日に病没したことにより、この日放送の『ぴったんこ〜』のエンディングで、司会の安住紳一郎(TBSアナウンサー)が藤村が出演した映像を流しながら、彼を追悼するコメントを伝えた[55]
  • 4日
    • 【紀行・追悼】日本テレビ土曜午前の旅番組『ぶらり途中下車の旅』(ローカルセールス枠、一部地域を除く)の2代目ナレーターを務めた藤村俊二が病没したことにより、同日放送のエンディングで3代目ナレーターを務める小日向文世(俳優)が藤村を追悼するコメントを読み上げ、最後は生前の藤村の名調子が流れる中、「さようならおヒョイさん 天国でもいい旅を」と記された彼の追悼テロップが表示された[56]
    • 【紀行・バラエティ】フジテレビ土曜18:30枠の旅バラエティ番組『もしもツアーズ』(ローカルセールス枠、一部地域を除く)に2011年10月から第2代ツアーガイド役でレギュラー出演していた平愛梨(女優・タレント)が、この日の放送をもって卒業[57]
  • 5日
  • 10日
  • 12日
    • 【報道・音楽】 この日の午前8時前に発生した朝鮮民主主義人民共和国による日本海弾道ミサイル発射事案を受け、本件報道及び日米両国首脳による緊急声明発表が実施されたことなどから、NHK総合は正午のニュースを13時まで放送を延長した。これにより『NHKのど自慢』(岡山県高梁市からの公開放送)を当初の予定から45分繰り下げて13時〜13時45分に放送した[63]
    • 【バラエティ】日本テレビの日曜昼のティーン向けバラエティ番組『スクール革命!』(関東ローカル)にレギュラー出演していた平愛梨(女優・タレント)が、この日の放送をもって“一時休学”としての形で降板[64]
    • 【音楽】 NHK総合の音楽番組『シブヤノオト』の同日生放送では、レギュラーMCの清水富美加(女優・タレント)が一身上の都合により出演を辞退することを申し出たことを受け、同番組のインターネット配信限定「Sトークコーナー」担当者の渡辺直美[注 12] が急遽清水の代役MCとして登板し、渡辺が通常担当している「Sトークコーナー」の代打にはピスタチオ(お笑いコンビ)が起用された[65]。なお、渡辺は5月より正式に後任MCに就任。
    • 映画枠】テレビ朝日系『日曜エンタ日曜洋画劇場』(単独枠としては、『土曜洋画劇場』時代からの通算で1966年10月1日 - )が終了、『土曜洋画劇場』時代および『日曜エンタ』の一企画扱いに降格する前との通算で、50年4か月あまりの歴史に幕。なお、『日曜エンタ』枠自体は3月19日まで放送された。
  • 13日
    • トーク・情報・復帰】NHK総合の生放送トーク・情報番組『スタジオパークからこんにちは』の同日放送にて、女優の高畑淳子が約半年ぶりにテレビ復帰。高畑は2014年4月から同番組の日替わりMC陣の一人として出演しているが、前年8月の長男・高畑裕太の不祥事で同番組を含む全てのテレビ出演を控えていた。なお、当初は7日に予定されていたが、国会中継により休止となったため、6日遅れる形となった[66]。ちなみに同日のゲストには連続テレビ小説べっぴんさん』に出演の女優・宮田圭子が出演した。
    • 【バラエティ】テレビ朝日系『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺』が、この日の『ぶっちゃけ寺&Qさま!!豪華2本立て3時間SP・第1部』(19:00 - 19:50)をもって終了[67]。火曜未明(月曜深夜)での放送時代からの通算で、2年4か月半の歴史に幕。
  • 15日 - 【報道・情報・復帰】2016年11月に執行猶予中に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されるも、不起訴で釈放されたシンガーソングライターASKAが、この日放送のテレビ西日本の夕方の報道・情報番組『ももち浜ストア夕方版』(福岡県ローカル)に生出演し、自らの最新楽曲「FUKUOKA」を披露した[68]
  • 17日 - 【トーク・バラエティ・進退関西テレビは、自社製作(フジテレビ系列)の生放送トークバラエティ番組『にじいろジーン』のレギュラー出演者:清水富美加(女優・タレント)について、「所属事務所からの申し入れにより番組降板となった」ことを発表[69]。なお同社は清水の代役出演者について、2月18日の放送では招聘せず、「今後については検討の上で決める方針」とした[69]
  • 18日 - 【スポーツ】NHK BS1のサッカー情報番組『Jリーグタイム』のメインMCを2013年3月から担当した宮崎瑠依(タレント)が、同日放送分を最後にMCを卒業[70]
  • 19日
    • 【スポーツ・ドキュメンタリー】女優の清水富美加がナビゲーターとして出演していたBS日テレのスポーツドキュメンタリー番組『アスリートの輝石』(日曜17:30 - )は、清水が同番組を降板したことに伴い、この日の放送分から清水の出演部分をカットして放送された[71]
    • 【音楽・追悼】BSジャパンは、去る16日に病没した作曲家船村徹(享年84)の緊急追悼企画として、2015年4月8日に放送された『武田鉄矢昭和は輝いていた 作曲家・船村徹 2時間スペシャル』(19:00 - 20:54)を再放送した[72]
  • 21日 - 【バラエティ】TBS系『この差って何ですか?』のサブMCを2015年4月のレギュラー放送開始から担当した赤江珠緒(フリーアナウンサー、元朝日放送アナウンサー)が、この日放送の2時間SPで産休のため、番組を休演することを発表[73]。赤江の後任は川田裕美(フリーアナウンサー、元読売テレビアナウンサー)が務めることが3月21日放送の同番組のエンディングで発表された[74]
  • 25日
    • 【スポーツ】NHK BS1『Jリーグタイム』、宮崎瑠依の後任となる第5代女性MCに、中川絵美里(フリーアナウンサー)がこの日の放送から就任[75]
    • 【報道】テレビ朝日系にて同日の『土曜プライム』を急遽休止し、朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮金正男暗殺事件について検証する『緊急報道特番"悲運のプリンス"はなぜ、殺されたのか!?金正男氏暗殺の真実』(21:00 - 23:06)を放送した[注 13]。同番組のセットは『報道ステーション』のものを使用、司会も報ステのキャスターである富川悠太小川彩佳(ともにテレビ朝日アナウンサー)が務めるなど、事実上「報ステ」をベース番組として進行。なお、この日の『土曜プライム・土曜ワイド劇場』で放送予定だった『おとり捜査官20』は『土曜プライム』そのもの(その一企画扱いである『土曜ワイド劇場』も)が既に終了したため、7月6日の『ミステリースペシャル』にて短縮版で振替放送された。
  • 27日
    • 【情報・不祥事】NHK総合の生活情報番組『ガッテン!』で22日に放送された「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」について、放送内容の趣旨とは異なる表現であることが視聴者からの指摘で発覚したことが、この日までに明らかになった。NHKは同番組の公式ホームページで「この混乱を招いてしまった原因は、ご出演していただいた専門家ではなく番組にあります」と問題の経緯についての詳細を説明するなどの謝罪文を発表した[77][注 14]。また、3月1日放送の同番組の冒頭で、司会の小野文惠アナウンサーがその問題について説明し、「今後は一段と正確な情報の収集に努め、皆様のお役に立つ番組を目指して参ります」と謝罪した[78]
    • 【報道・情報】読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(関西ローカル)がこの日からリニューアル。1月27日に降板した清水健(当時同局アナウンサー)の代行として1月30日からメインキャスターを務めていた中谷しのぶ(同局アナウンサー)が、正式にメインに昇格し、サブキャスターに、前年入社の黒木千晶(同)が登板。またフィールドキャスターとして大田良平(同局報道部記者・元同局アナウンサー)を新たに起用[79]
  • 28日 - 【お笑い】関西テレビ・フジテレビ系にて、毎年恒例のピン芸人日本一決定戦『R-1ぐらんぷり2017』が生放送され、第15代王者にアキラ100%SMA NEET Project所属)が輝いた。

3月[編集]

  • 2日3日17日 - 【情報・ワイドショー】 NHK総合にて4月開始の新番組『ごごナマ』が正式スタートに先立ってパイロット版を放送。2日・17日は東京、3日は大阪より生放送された[80]
  • 2日 - 【スポーツ】日本テレビ系のプロボクシング中継番組『ワールドプレミアムボクシング』にて、WBC世界バンタム級タイトルマッチ「山中慎介帝拳ジム)VSカルロス・カールソン(メキシコ)」戦(東京・両国国技館)の模様を生中継した。
  • 3日
    • 【情報・トーク】NHK総合の朝の情報番組『あさイチ』金曜日のトークコーナー「プレミアムトーク」のこの日のゲストとして、小池百合子東京都知事が生出演。
    • 【報道】NHK総合にて14時50分より、元東京都知事石原慎太郎(作家・元衆議院議員)の記者会見の模様を生中継。なお同会見は民放で同時間帯に放送されたワイドショー番組内でも、同日14時より開かれた小池百合子現東京都知事の定例記者会見とともに生中継された[注 15]
    • ワイドショー・不祥事】TBS系『白熱ライブ ビビット』にて1月31日に放送された多摩川河川敷のホームレス問題について、取材したホームレスの男性を中傷するなどの表現や不適切な取材方法があったとして、同局はこの日、同番組のエンディングで吉田明世アナウンサーが謝罪し、番組公式ホームページでもその問題についての経緯と謝罪文を発表した[82]
  • 4日18日 - 【アニメ】テレビ朝日にて、2016年公開の大ヒットアニメ映画『君の名は。』の監督を務めた新海誠(映画監督)が過去に手掛けたアニメ作品2本を深夜枠(関東ローカル)で放送。4日(3日深夜)は『言の葉の庭』、18日(17日深夜)には『秒速5センチメートル』をそれぞれ放送した[83]
  • 4日 -【映画】フジテレビ系『土曜プレミアム』にて、2014年に日本公開され興行収入255億円を記録、第86回アカデミー賞長編アニメーション映画賞・歌曲賞を受賞したディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』が地上波初放送[84][85]。平均視聴率は19.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。
  • 5日 - 【キッズ】フジテレビ系の子供向け番組『Go! Go! チャギントン』の女性ナビゲーターが交代、4代目を務めた宮司愛海(フジテレビアナウンサー)に代わって、5代目として鈴木唯(同)が同日放送分より就任[86]
  • 7日 - 【バラエティ】日本テレビ系『解決!ナイナイアンサー』(2012年10月23日 - )がこの日の2時間スペシャルをもって最終回を迎え、4年6か月の歴史に幕[87]
  • 7日〜23日 - 【スポーツ】野球の国際大会『2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™』をテレビ朝日系とTBS系にて中継[88]。なお、両局での放送は2006年の第1回大会から4大会連続となった。同大会はアメリカが優勝、小久保裕紀監督率いる日本代表(侍ジャパン)は2大会連続で準決勝敗退に終わった。
  • 8日19日 - 【スポーツ】テレビ東京系にて、国際スキー連盟(FIS)主催によるスキースノーボード国際大会『スノーボード&フリースタイルスキー世界選手権2017』(スペインの旗 スペインシエラネバダにて開催)を地上波独占中継放送[89]
  • 11日 - 【報道・災害東日本大震災から6年となる同日、14時台を中心に各局で特別番組を編成(詳細は特別番組一覧を参照)。
  • 15日 - 【バラエティ・お笑い】この日放送のフジテレビ系『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』(19:00 - 20:54)にて、志村けんの呼びかけにより、志村が所属するザ・ドリフターズメンバーの加藤茶高木ブー仲本工事の3人がゲスト出演し、最新コントを披露。ドリフメンバーが全員出揃ってのテレビ出演は2005年10月放送のTBS系『中居正広のテレビ50年名番組だョ!全員集合』以来、実に12年ぶりとなった[90]
  • 16日 - 【トーク・追悼】テレビ朝日系『徹子の部屋』は、14日に俳優の渡瀬恒彦(享年72)が逝去したことを受け、当初予定の宮川大助・花子(漫才コンビ)ゲストの回を変更[注 16]、『追悼 渡瀬恒彦さん』と題し、渡瀬が生前に同番組へ出演した映像などを交えて放送した[91]
  • 17日
    • 【情報・料理】日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』で、速水もこみち(俳優)が料理の腕を披露する名物コーナー「MOCO'Sキッチン」の料理レシピ数がこの日の放送で通算1500レシピを達成。
    • 【トーク・情報】NHK総合の生放送トーク・情報番組『スタジオパークからこんにちは』(1995年3月22日 - )が終了、22年に亘る歴史に幕[92][93]。なお、第2部(14:05 - 14:50)は当日『ごごナマ』プレ特番放送のため、前日16日をもって終了。
  • 19日〜4月1日
  • 19日
    • 【アニメ】フジテレビ系の長寿アニメ『ちびまる子ちゃん』がこの日『連載30周年記念!1時間スペシャル』として放送(18:00-19:00)。脚本は原作者・さくらももこが自ら執筆した[24]
    • 単発枠】テレビ朝日系、日曜夜の『日曜エンターテインメント』(2013年4月7日 - )が4年の歴史に幕。上述の通り『日曜エンタ』の一企画扱いの『日曜洋画劇場』は2月12日をもって終了済み。
  • 20日
  • 22日 - 【単発枠】テレビ東京系『水曜エンタ』が終了。1年半の歴史に幕。なお、同枠の一企画扱いである『水曜エンタ・水曜ミステリー9』は2月8日をもって終了済み。
  • 23日 - 【報道・ワイドショー】この日行われた、学校法人森友学園大阪市)の国有地払い下げ問題に関連する同学園理事長・籠池泰典衆議院参議院予算委員会での証人喚問の模様を、NHK総合と各局のワイドショーが生中継した他、各局の夕方のニュース番組も放送枠を拡大するなどの対応をとった。このうちNHKでは、選抜高校野球の大半をEテレに、大相撲春場所はBS1にてそれぞれ放送[96]
  • 24日(23日深夜)〜9月(予定) - 【スポーツ】テレビ朝日系にて2018年FIFAワールドカップロシア大会・アジア地区最終予選を、日本代表戦5試合(対UAE戦(現地時間23日、日本時間24日未明)〜対サウジアラビア戦(9月5日))の生中継を中心に放送。
  • 24日 - 【報道・近畿広域圏】関西テレビの夕方の報道番組『みんなのニュース ワンダー』(関西ローカル、2016年4月 - )が終了、前身番組『ゆうがたLIVE ワンダー』(2015年3月 - 2016年3月)から加算して2年の歴史に幕[97]
  • 25日
    • TBS系
    • テレビ東京系
      • 【紀行】人気シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が、この日の『土曜スペシャル』(臨時に60分後拡大)での放送から『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』としてリニューアル、新たな旅人は田中要次(俳優)と羽田圭介(作家)が務め、初回マドンナはIMARU(タレント・歌手)が出演。なお前回まで旅人を務めた太川陽介(俳優)はキートン山田(俳優・声優)とともにナレーターとして出演する[100]
      • 【バラエティ】さまぁ〜ずの冠バラエティ番組『超ポンコツさまぁ〜ず』(2016年4月2日 - )がこの日で最終回[101]。後番組には4月1日より同じくさまぁ〜ず冠番組でありスポーツバラエティ『さまスポ』を放送開始している。
  • 26日
    • 【教養・動物】朝日放送制作・テレビ朝日系日曜9時30分枠の動物をテーマとした教養番組『ペットの王国 ワンだランド』(2014年10月 - )が終了、2年6ヶ月の歴史に幕。
    • 【アニメ】フジテレビ系の長寿アニメ『サザエさん』がこの日放送2400回を記念し、18時より「春休み1時間スペシャル」を放送。放送エピソードは、磯野一家が九州を旅行する「夢いっぱいの春休み〜熊本・大分旅行〜」をはじめ全4話を放送した[102]
    • 【音楽・追悼】この日、船村徹(作曲家、2月16日没)の追悼特番として、TBS系にて『追悼特別番組・作曲家 船村徹さんを偲んで』(16:00 - 17:00)を、NHK BSプレミアムにて『昭和の歌人たち 船村徹』(19:30 - 21:00)をそれぞれ放送した[81]
  • 27日30日 - 【キッズ】NHK Eテレにて、2020年東京オリンピックが開催されるまでの4年間、日本の素晴らしさを発信していく子供向け教養番組『JAPANGLE』(第1シリーズ)を放送(9:30 - )。同番組内の人形劇コーナーでは、「アロー教授」の声を笹野高史(俳優)、「ベクター助手」の声を(女優)がそれぞれ担当する[103]
  • 27日
    • ・紀行・バラエティ】NHK総合で2011年から関東甲信越地方を中心に放送開始し、2016年3月のレギュラー放送終了後も断続的に特番として放送されていた『キッチンが走る!』(ナビゲーター:杉浦太陽)がこの日19:30 - 20:43の枠で放送のスペシャル版をもって最終回を迎え、約6年の歴史に幕。最終回では、同番組のナレーションを務めた高橋克実(俳優)らが熊本県天草市を訪れた。
    • 【報道・近畿広域圏】関西テレビの平日夕方の報道番組『みんなのニュース 報道ランナー』(関西ローカル)放送開始。メインキャスターは同局アナウンサーの新実彰平が担当[97]
    • 【ドキュメンタリー・人物】NHK総合の異色ドキュメンタリー番組『ノーナレ』(不定期放送)でこの日、将棋棋士加藤一二三九段に密着した「諦めない男〜棋士 加藤一二三」を放送(22:00 - 22:25)。なお、加藤が現役引退を決めた翌月の7月1日にはEテレ『ETV特集』にて、同番組を再編集し、加藤の引退までを追った再編集版で『加藤一二三という男、ありけり。』(23:00 - 0:00)を放送した[104]
  • 29日 - 【トーク】テレビ朝日系『マツコ&有吉の怒り新党』(2011年4月 - )が終了、6年の歴史に幕[105]
  • 30日 - 【報道・不祥事】29日放送されたTBS系『NEWS23』にて、栃木県那須郡那須町のスキー場で27日に発生した登山講習会の際に起きた雪崩事故で犠牲になった栃木県立大田原高等学校の男子生徒の顔写真を、別の人物の写真と間違えて放送したことがこの日発覚。同局広報部は同日、この問題について「集合写真から犠牲者の顔写真を抜き出そうと加工する際にミスがあった」と説明し、同日放送の同番組内でキャスターが「ご遺族をはじめ関係者の皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪した[106]
  • 31日
    • 【情報】日本テレビ系『ZIP!』の旅コーナー「あおぞらキャラバン」がこの日で最終回を迎え[107]、ゴール地点となった東京都世田谷区の商業施設、二子玉川ライズから生中継を行った。旅人として1年間「そら」とともに旅をしたセレイナ・アン(シンガーソングライター)が、学業に専念のため、同日の放送を最後に卒業。
    • 【報道】テレビ朝日系『スーパーJチャンネル』平日版のサブキャスター・フィールドリポーターを2011年より担当してきた加藤真輝子(テレビ朝日アナウンサー)が、第1子妊娠による産前産後休業入りのため、この日を以て番組を勇退[108]
    • TBS系
      • 【報道】平日夕方の報道番組『Nスタ』キャスター陣の一人であった加藤シルビア(TBSアナウンサー)が、自身の妊娠などを理由としてこの日限りで番組を離任[109]
      • 【トーク】金曜23時台前半のトーク番組『A-Studio』(笑福亭鶴瓶司会)の9代目アシスタントとして、emma(モデル・タレント)がこの日から登板[110]
    • テレビ東京系
    • 【音楽・バラエティ】テレビ神奈川(tvk)で2000年10月から放送の音楽バラエティ番組『saku saku』がこの日を以て放送を終了、前身番組『saku saku morning call』(1997年4月 - 2000年9月)から換算して20年の歴史に幕[113][114]

4月[編集]

  • 1日
  • 2日
  • 3日
    NHK
    日本テレビ系
    • 【報道・情報】早朝の報道・情報番組『Oha!4 NEWS LIVE』(日テレNEWS24制作)は、この日よりスポーツ&エンタメコーナー担当キャスターに中川絵美里(フリーアナウンサー)を起用する[135]
    • 【情報】朝の情報番組『ZIP!』において年度恒例のリニューアルを実施。まず、お天気キャスターには、6代目を1年間担当した長沢裕(タレント、2016年3月28日より在任)に代わり、7代目として貴島明日香(ファッションモデル)が就任[136]、長沢は「SHOWBIZ」コーナー担当リポーターとして引き続き出演。また、旅シリーズの新企画として「TOKYOキャラバン そらMAP」を開始、新旅人に小野匠(タレント・俳優)が就任、「そら」とともに東京近郊を散策する[107][137]。さらに、産休のため卒業した小熊美香(日本テレビアナウンサー、2014年3月31日より在任)の後任のニュース担当アナウンサーには徳島えりか(同局アナウンサー)が2012年6月以来、約5年ぶりとなる同番組復帰の形で登板[138]
    • 【情報】昼前の情報番組『PON!』(日テレ・中京テレビ)も各曜日レギュラー出演者を一新。新たな月曜日レギュラーに澤部佑(ハライチ)とお笑いコンビのカミナリ、同じく火曜日レギュラーにお笑いコンビ銀シャリ、同じく木曜日レギュラーにブルゾンちえみ with Bが加わるほか、各曜日お天気担当キャスターは、木曜日担当の西岡健吾MAG!C☆PRINCE)に加え全員が男性となり「お天気お兄さん」体制となった[139][140]
    • 【報道】夕方の報道番組『news every.』、前身番組『NNN Newsリアルタイム』からの通算で9年半担当したカルチャーキャスター[141]伊藤綾子と2年3か月担当したスポーツキャスターの川畑一志(同局アナウンサー)の後任としてカルチャーキャスターに寺田ちひろ、スポーツキャスターに山崎誠(同局アナウンサー)が登板[142]
    • 【改編】月 - 木曜日20:54 - 21:00に放送のミニ枠『ZERO MINUTE』(関東ローカル)が3月2日をもって終了[143]。火 - 木曜日の後番組として4月6日から『日テレ+』を開始。同番組では通常時には各曜日とも19:56 - 20:54に放送している前座番組(『踊る!さんま御殿!!』『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』『ぐるぐるナインティナイン』)の『まだまだ』枠を放送する[143] が、まれに21:00開始番組(それが通常放送のみならず、2時間SPの場合を含む。)の事前枠に充当することがある。月曜ゴールデン帯の3番組(『有吉ゼミ』『世界まる見え!テレビ特捜部』『人生が変わる1分間の深イイ話』)に関しては、4月3日から順次、いずれも正時スタートとなるよう、『有吉ゼミ』『まる見え!』のみ枠切り修正の上、放送枠拡大を行う[143]
    • 【報道】夜の報道番組『NEWS ZERO』月〜金曜の気象情報コーナー担当を交代。1年間担当した良原安美(月・火曜)と井上清華(水・木曜)に代わって、現役女子大学生でフリーアナウンサーの田中瞳を起用[144]
    テレビ朝日系
    TBS系
    • 【情報】 早朝の情報番組『はやドキ!』ではキャスターとして伊藤京子小野寺結衣堀口ミイナの3名が加入。担当曜日は小野寺が月曜・火曜、伊藤が水曜・木曜、堀口が金曜となる[145]
    • 【報道・情報】朝の報道・情報番組『あさチャン!』では新レギュラーコメンテーターとして、NHK総合『週刊こどもニュース』の2代目「お父さん」役で知られるNHK元NHK解説委員・報道記者の鎌田靖がこの日より加入する[146]
    • 【情報】朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』は『ビビット』に改題し、レギュラーコメンテーターに、NHK出身のフリーアナウンサーで、夕方ニュース『Nスタ』の第0・1部(ニュースワイド)のアンカーマンを務めた堀尾正明がこの日から登板[147]
    • 【料理】平日昼前の料理番組『おびゴハン!』がこの日から放送時間を10分繰り上げ、9時55分 - 10時25分の30分枠に拡大するが、3月いっぱいをもって金曜版の放送を打ち切る。同番組はこの日から、新MCに北斗晶(タレント、元女子プロレスラー)を起用[148]
    • 【報道】夕方の報道番組『Nスタ』は、堀尾が『ビビット』レギュラーコメンテーターに異動することに伴い、同番組のメインキャスターには『ビビット』を担当していた井上貴博(同局アナウンサー)が起用され[149]、脇を固めるサブキャスターにはホラン千秋(タレント)と国山ハセン(同局アナウンサー)が新たに起用される[150][151]。なお、第0・1部の『ニュースワイド』・第2部の『ニューズアイ』の大別は3月31日をもって終了した[152]
    テレビ東京系
    • 経済・情報】平日早朝の経済情報番組『Newsモーニングサテライト』がこの日から『モーニングチャージ!』と統合する形で、放送時間を7時5分までの25分延長拡大する[111][153]。出演者はメインキャスターの佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)は続投するが、3月までサブキャスターを務めた森田京之介(同)がニューヨーク支局へ異動して現地からアメリカ合衆国発経済情報を伝えることとなり、森田の後任のサブキャスターには秋元玲奈(同)が新たに起用される[153]
    • 【音楽】平日昼帯の新番組『月〜金お昼のソングショー ひるソン!』(月曜〜金曜 11:35 - 11:40)が放送開始。視聴者からのリクエストに応え、プロ歌手が渾身の一曲を披露するもので、番組で歌唱する曲のジャンルは問わず幅広く募集する。また司会は番組のオリジナルアニメキャラクター『ロマンスグレーひろし』(担当声優は未定)と『カナデちゃん』(声:岩佐美咲[154])が担当する[155]
    • 【情報】『L4 YOU!』の後継となる生活情報番組『よじごじDays』(月曜〜金曜15:55 - 16:54、関東ローカル)が放送開始。男性MCは日替わりで、月曜は石塚英彦ホンジャマカ)、火曜は上地雄輔(俳優)、水曜は長野博V6)、木曜は薬丸裕英(タレント)、金曜は小泉孝太郎(俳優)がそれぞれ務め、全曜日の女性MCを大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)が務める[156]
    フジテレビ系
    NHKおよび5大系列局のローカル編成・独立局・BS・CS
  • 4日
    • 【バラエティ】この日未明(3日深夜)から、フジテレビの火曜0:25 - 0:55(月曜深夜)枠にて、同局系『めちゃ×2イケてるッ!』や『はねるのトびら』といったバラエティ番組を誕生させるきっかけとなった深夜バラエティ『新しい波』シリーズの新作となる『新しい波24』をこの日から放送開始。なお、同番組にはレギュラーゲストとして岡村隆史ナインティナイン)も出演する[168][169]
    • 【バラエティ】日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』をこの日から枠移動(水曜21時→火曜21時枠)[170](枠移動後初回は19:00からの4時間SP)。
    • 【バラエティ】日本テレビ系深夜枠「プラチナイト」火曜日の新番組として、ヒロミ(タレント)と後藤輝基(フットボールアワー)がMCを務め、2015年から不定期特番で放送され好評を博したトークバラエティ『ウチのガヤがすみません!』がレギュラーに昇格する形で放送開始[143](後述の『今夜くらべてみました』ゴールデン進出に伴う)。
    • 【音楽】 NHK総合『うたコン』は、女性司会者としてこの日より小郷知子(NHKアナウンサー)が登板する[128]
  • 5日
  • 6日
    • 【バラエティ】NHK総合にて、古舘伊知郎(フリーアナウンサー・元テレビ朝日アナウンサー)の司会により2016年8月25日に単発特番として放送され好評を博した知的エンターテインメントバラエティ『人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!』がレギュラー番組に昇格し、この日より放送開始(毎週木曜 19:30 - 20:15)。古舘がNHKでレギュラー司会を務めるのは『(新)クイズ日本人の質問』(1993年 - 2003年)以来約14年ぶり[129][173]。またアシスタントには赤木野々花(NHKアナウンサー)が起用される[128]
    • 【バラエティ】日本テレビ系『あのニュースで得する人損する人』がタイトルを『得する人損する人』と改める。この日2時間SPとして放送された(19:00 - 20:54)。
    • 【音楽・アニメ】TOKYO MX1にて、地上波では初となるアニメソング専門ランキング番組『アニ☆ステ』(木曜22:30 - 23:00)が放送開始。MCは古坂大魔王(お笑い芸人)とリョウガ(超特急[174]
  • 7日
  • 8日
    • NHK総合
      テレビ朝日系
      • 【改編】土曜夜の『土曜プライム』(以下「土プラ」、2016年4月2日 - )が終了、1年あまりの歴史に幕。これに伴い、同枠の一企画扱いで放送していた『土曜ワイド劇場』(以下「土ワイ」、単独枠としては、1977年7月2日 - )も終了、『土プラ』の一企画扱いになってからも通算して、39年9か月あまりの歴史に幕[181]。『土プラ』としても『土ワイ』としても、いずれもの最終作品は、看板シリーズ『西村京太郎トラベルミステリー』の第67作『箱根紅葉・登山鉄道の殺意』(高橋英樹主演、)であった。なお、翌日からの後継番組『日曜ワイド』については後述。
    • 【スポーツ】テレビ東京系のスポーツニュース番組『追跡LIVE! Sports ウォッチャー・週末版』のキャスターはこの週から、ニューヨークに活動拠点を移すため降板した綾部祐二(ピース)の後任として、ビビる大木(タレント)が登板、続投する又吉直樹(ピース)とのコンビで進行する[182]
  • 9日
    • NHK総合
      • 【バラエティ】視聴者参加型番組『着信御礼!ケータイ大喜利』はこの日未明(8日深夜)で最終回を迎え、単発時代より約12年、300回に亘る放送に幕[183][184]
      • 【ドキュメンタリー】ドキュメンタリー番組『目撃!日本列島』は、この日より『目撃!にっぽん』に番組タイトルを改題して日曜6時15分 - 6時50分枠に放送時間を移動。
      • 【情報・食】日本各地からの食にまつわる文化を紹介する情報番組『うまいッ!』は、放送枠を前年度までの日曜6時15分 - 6時50分枠から8時25分 - 8時55分枠に時間を移動すると共に、サブ司会者も塚原愛(アナウンサー)に交代する[128]
      • 討論】政治討論番組『日曜討論』はサブ司会者の一人に松村正代(NHKアナウンサー)を起用[128]
    • 芸術】お笑いタレントで司会者・映画監督の北野武(ビートたけし)が、この日放送のNHK Eテレ『日曜美術館』に初出演、パブロ・ピカソの世界観を北野独自の目線で辿る「ピカソ×北野武」と題した特集を放送[185]
      日本テレビ系
      • 【情報】日曜朝の情報番組『シューイチ』がこの日放送300回を達成。同番組の新レギュラーに上重聡(同局アナウンサー)が同日から加入[186]
      テレビ朝日系
      • 【ドラマ・単発枠】前述の『土曜プライム』(同枠の一企画に降格済みの『土曜ワイド劇場』も。)終了から一夜明け、同日より毎週日曜日10時 - 11時50分の枠に2時間ドラマ枠『日曜ワイド』を新設[123][181]。同枠では新作のみならず、『土曜プライム・土曜ワイド劇場』(『土曜プライム』の一企画扱いに降格前の『土曜ワイド劇場』も含む。)や『土曜ワイド劇場』ではない『土曜プライム』のスペシャルドラマなどの過去作品も『ミステリー傑作選』として放送される[187]。開始当初は『ミステリー傑作選』が主であったが、新作は6月11日から放送開始した。また、『日曜ワイド』以外にも新作を放送する枠として、同年3月16日から改編期末期首期間中に放送される『ミステリースペシャル』枠も用意されている。
      • 【バラエティ】上述の『日曜ワイド』の新設に伴い、後続の討論バラエティ番組『ビートたけしのTVタックル』は同日から5分縮小して12時開始となったほか、前週まで午前10・11時枠にあった『帰れまサンデー』は6時間30分繰り下げて16:30 - 17:30枠へ移動となり、ローカルセールス枠に降格となった。
      TBS系
      • 【音楽】日曜未明(土曜深夜)の音楽情報番組『COUNT DOWN TV』は、この日から放送時間を拡大し、通常時は2:08までの70分番組となった(枠拡大後初回は17分繰り下げ)。また、前週まで出演したキャラクター「マーキー」(声:新井麻希)の後任として、この日から新キャラクター「メイプル」が登場、同社2年目アナウンサーの伊東楓がメイプルの声を担当する人物として登場[188][189]
      • 【バラエティ】毎日放送制作日曜17時台前半枠「日5アニメ枠」の後番組として、2016年12月24日に特番として放送され好評を博した、あらゆる“物”を紹介する、所ジョージの冠番組『所さんお届けモノです!』がレギュラー番組に昇格してこの日から放送開始。
      テレビ東京系
  • 10日 - 【バラエティ・特番】フジテレビ系にて、明石家さんま・木村拓哉(元SMAP)のコンビによる冠バラエティ特番『さんタク』がこの日21:00 - 23:18枠で放送。2003年から毎年正月(1月1日ないし1月3日)に放送されてきたが、15回目となったこの回は春の改編期に放送時期を移し、シリーズ初のゴールデン・プライム枠での放送となった[192]
  • 11日
    • 【スポーツ・ドキュメンタリー】テレビ朝日系では前日のフィギュアスケート選手・浅田真央中京大学)の現役引退表明を受けて、この日の19:00 - 21:48枠にて『緊急スペシャル生放送「ありがとう!真央ちゃん」独占映像で振り返る完全保存版!』(テレビ朝日制作)を急遽編成[193][194]。なお、この特番の視聴率は5.7%であった(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[195]。これにより、当初同時間帯に放送を予定していた『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学3時間スペシャル』(朝日放送制作)は5月16日19:54 - 21:48の同番組の2時間スペシャルの全編および6月6日19:00 - 21:48同番組の3時間スペシャルの一部において、3時間分の内容を2回に分割して振替放送した。
    • 【バラエティ】テレビ朝日系「ネオバラエティ」火曜日の新番組として、1月29日の『日曜エンタ』で単発放送されたワールドドキュメントバラエティ『陸海空 地球一周するなんて(笑)アマゾンから突入SP』を『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』のタイトルでレギュラーに昇格する形で放送開始、MCは小峠英二バイきんぐ)と大石絵理(モデル・タレント)が登板[196]、この番組でディレクターを務める友寄隆英が「ナスD」というキャラクターで大ブレイクすることになる[197]
  • 12日
    • 【スポーツ・報道・情報】NHK総合では11:25 - 11:54に特設の『NHKニュース』を設け、浅田真央(フィギュアスケート選手)の現役引退記者会見を生中継した[198]。テレビ朝日系では『ワイド!スクランブル』の「第1部」に引き続き、「拡大」(12:00 - 12:30、当初予定より15分延長)を別途設けて、これに対応[注 24]。この他、TBS系では『ひるおび!』の「午前」・「午後」内で、フジテレビ系では『FNNスピーク』・『バイキング』内で生中継され、有料CS放送の日テレNEWS24とTBSニュースバードでも通常の放送枠内で生中継された(このうち日テレNEWS24については『NNNストレイトニュース〈平日版〉』を通常通り番組冒頭部を日本テレビ系地上波とサイマル放送とした)。また、フジテレビ系では19:00 - 20:54に『引退特別番組 浅田真央26歳の決断〜今夜伝えたいこと〜』を急遽編成、司会は三宅正治(フジテレビアナウンサー)が務めた。これにより、同時間帯に放送予定だった『おじゃMAP!!SP』を19日に延期し(19日はSPではなく通常放送を予定していた)、玉突きで『世界の何だコレ!?ミステリー』以降の番組が55分繰り下げとなった。
  • 13日(12日深夜) - 【バラエティ】フジテレビ系にて木曜0:25 - 0:55(水曜深夜)枠にて、これまで特番として放送され人気を博したトークバラエティ『もろもろのハナシ』がレギュラー放送開始。出演はバナナマンおぎやはぎ、オードリーのお笑いコンビ3組[169]
  • 14日
    • 【報道】熊本地震から1年となるこの日、各局で報道特別番組を編成した。
      • NHK総合では9:58 - 10:25に熊本県主催で行われる震災犠牲者追悼式の模様を生中継した。
      • テレビ朝日系では、この日の『スーパーJチャンネル』の通常放送とは別枠で『スーパーJチャンネルスペシャル〜相次いだ震度7〜熊本地震から1年』(15:50 - 16:50)を放送した。
      • 【ローカル・九州】NHK総合(九州・沖縄ブロック)では16:50 - 19:00の枠で報道特別番組『熊本地震から1年』を放送した。
      • 【ローカル・熊本県テレビ熊本(TKU)では『TKU みんなのニュースSP ふるさとは負けない 熊本地震から一年』を編成、18:14からのローカル枠を19:57まで拡大して放送した。
    • 【バラエティ】フジテレビ系金曜23時台後半にて、土曜19時枠で放送されていた『超ハマる!爆笑キャラパレード』を発展解消する形の新バラエティ番組『ネタパレ』を放送開始。司会は前番組から南原清隆(ウッチャンナンチャン)が続投[169]
  • 15日
  • 16日
    • 【バラエティ】テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』がこの日から放送枠を月曜20時枠→日曜21:58 - 23:05枠へ移動・拡大[201][207]。枠移動・拡大後初回となる同日は20:58 - 23:10に2時間SPとして放送(同第2回は24分繰り下げの22:22 - 23:29に放送)。枠移動・拡大後初回は、森脇健児(タレント)と中田敦彦オリエンタルラジオ)がそれぞれ異なるテーマで授業を行った(後者は「しくじり偉人伝」と題し、エイブラハム・リンカーンについて講義した)( - 9月24日)。
    • 【スポーツ】フジテレビ系にてこの日、横浜アリーナで開催の総合格闘技イベント『RIZIN 2017 in YOKOHAMA-SAKURA-』の模様を19時 - 20時54分の枠で生中継。
    • 【スポーツ】東海テレビではこの日の13時45分から浅田真央(フィギュアスケート選手)の引退特別番組『浅田真央 〜ラスト・メッセージ〜』を東海3県ローカルで放送[193]
  • 17日(16日深夜) - 【音楽】フジテレビ系『Love music』は、この日から放送枠を、これまでの金曜23時30分枠から毎週月曜0:30 - 1:25(日曜深夜)枠に移動、放送枠も30分枠から55分枠に拡大。
  • 18日 - 【バラエティ】TBS系『この差って何ですか?』、産休のため降板した赤江珠緒の後任のサブMCとして、川田裕美(フリーアナウンサー)が同日から登場。
  • 19日
    • 【バラエティ】水曜21時枠にて、3月まで『プラチナイト』火曜版にて放送されていた、徳井義実、後藤輝基、SHELLY(タレント)、指原莉乃HKT48)がMCを務めるトークバラエティ番組『今夜くらべてみました』を枠移動、ゴールデンタイムに進出する(枠移動・縮小後初回は19:56 - 21:54に2時間SP)[208]
    • 【バラエティ】テレビ東京系のリアリティバラエティ番組『家、ついて行ってイイですか?』を土曜20時枠→水曜21時枠に移動、2時間に拡大の上、ネットワークセールス枠に昇格。
    • 【バラエティ】フジテレビ系水曜22時枠にて、1月に特別番組として放送し好評を博したトークバラエティ番組『良かれと思って!』をレギュラー放送開始。レギュラーにはバカリズム(お笑い芸人・脚本家)、劇団ひとり(お笑い芸人・作家)、ハライチ(お笑いコンビ)の澤部佑メイプル超合金(お笑いコンビ)のカズレーザーの4名が出演[169][209]
  • 21日 - 【不祥事・バラエティ】同日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)にて、お笑いコンビ・トータルテンボス(よしもと所属)の大村朋宏不倫に関する報道がなされ、大村本人も事実と認める[210]。同日放送予定の『華丸・大吉のなんしようと?』(テレビ西日本)にトータルテンボスがゲスト出演していたが、同番組は「都合により番組の内容を変更し」1年前の再放送に急遽差し替えて放送した。
  • 22日 - 24日5月1日
    • テレビ朝日系
      • 【報道】土・日曜日20:54 - 21:54にいずれも1時間枠の新報道番組『サタデーステーション』・『サンデーステーション』(以下、『サタステ』・『サンステ』と略記。)をそれぞれ放送開始[注 27]。『サタステ』は高島彩(フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー)が、『サンデー〜』は長野智子(同)がそれぞれMCに就任。これに合わせ、上述の通り『報道ステーション SUNDAY』は終了しており、日曜夕方枠は同月9日から『ANNスーパーJチャンネル』(日曜版)が復活した[123]。また、俳優・歌手のディーン・フジオカが『サタステ』のインフルエンサーとして不定期出演し『サタステ』『サンステ』共通のエンディングテーマ曲も担当[211]。なお、『サタステ』初回・『サンステ』初回24分後拡大版の視聴率は、それぞれ8.7%・8.0%だった(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[212]
      • 【改編】『サタステ』『サンステ』以外にも、前述の『あるある』『しくじり先生』および新ドラマ『サヨナラ、えなりくん』(5月1日から月曜0:40 - 1:10)も含めた今回の改編により、テレビ朝日の土曜20:54 - 翌1:00枠・日曜20:54 - 翌2:40枠の編成が大きく変わり、改編後も継続される番組に枠移動(一部は枠の拡大または縮小も。)が発生する。土曜の香取慎吾(元SMAP)司会の情報バラエティ『SmaSTATION!!』は22日からは15日までより10分繰り上げの23:05 - 23:59での放送になり、日曜の音楽バラエティ『関ジャム 完全燃SHOW』は23日から16日までより5分繰り上げの23:10 - 翌0:05での放送となった(枠移動後初回は25分繰り下げの23:35 - 翌0:30に放送)。日曜未明の深夜ドラマ『豆腐プロレス』は23日から16日までより30分繰り上げの0:05 - 0:35の放送となり、月曜未明のスポーツ2番組『やべっちFC』は24日から17日までより5分繰り上げの0:05 - 0:40での放送となり(枠移動後初回は25分繰り下げの0:30 - 1:05に放送。)、『GET SPORTS』は24日より全編ローカルセールス枠に復し、17日をもって打ち切ったネット局が多数出た上、17日までより25分繰り下げ・縮小の1:10 - 2:40での放送となる(枠縮小後初回は5分繰り上げ・25分拡大の1:05 - 3:00に放送となり、2:35に飛び降り点あり)。なお、22日の『Sma〜』には、中居正広(元SMAP)がゲスト出演し、解散後初となる共演が実現した[213][214]
  • 22日 - 【クイズ】フジテレビ系土曜19時枠にて、これまでに2回スペシャル番組として放送された『クイズ!金の正解!銀の正解!』をこの日からレギュラー放送開始[169]。司会は榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)と加藤綾子(元・同、フリーアナウンサー)[215]
  • 24日 - 【バラエティ】テレビ朝日系にて、4日まで『ネオバラエティ』火曜版(火曜23:15 - 翌0:15、朝日放送のみ水曜未明に時差ネット)に放送されていた中居正広の冠番組『中居正広のミになる図書館』が、月曜20:00 - 20:54枠のゴールデンタイムに放送枠を移動[207][216] し、毎回生放送に移行する(枠移動後初回・第2回は19:00からの2時間SP、同第3回は関東ほか一部地域のみ6分前拡大)[217]。1月16日(月曜日)19:00 - 21:48に放送したこの番組のスピンオフ特番『中居正広VS芸能人50人! 世代別クイズバトル ジェネレーションチャンプ』が枠移動後のメイン企画となるほか、過去数回放送してきたこの番組のスピンオフ特番『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』もレギュラー化[216][218]。これによりテレビ朝日の月曜ゴールデン枠は、後述する『世界ルーツ探検隊』そして『中居〜』と続けてジャニーズ事務所所属タレントの司会番組が連続して編成されることとなった。
  • 25日 - 【クイズ】フジテレビ系火曜20時枠にて、新クイズ番組『潜在能力テスト』(19:57 - 20:54)をレギュラー放送開始[169]
  • 30日
    • 【クイズ】 TBS系日曜19時枠、1月22日に打ち切り終了した『クイズ☆スター名鑑』の後番組として、2016年10月19日に単発特番で放送され好評を博した、東京大学の現役大学生が一般人とクイズで挑むクイズ番組『東大王』をレギュラー番組に昇格し放送開始。司会はヒロミ(タレント)と山里亮太南海キャンディーズ)を起用(初回は2時間SP)[219][220]
    • 【バラエティ】テレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず2』は、2007年の番組放送開始から10周年を迎えることを記念してこの日、3時間30分の記念スペシャルを放送。スペシャル版では初代アシスタント:大江麻理子(テレビ東京報道キャスター)、2代目アシスタントの狩野恵里(テレビ東京アナウンサー)の2名も特別出演し、3代目アシスタントの福田典子(同)の歴代アシスタント3人の共演が実現した[221]

5月[編集]

  • 1日
    • 【ドキュメンタリー】NHK総合『超絶 凄ワザ!』(名古屋局制作)がこの日の放送より前年度までの毎週土曜20時15分 - 20時45分枠から月1回月曜22時25分 - 23時15分枠へ月あたりの放送回数減少・枠変更となるが、1回の放送時間は50分に拡大する(ただし、放送枠変更後初回は25分繰り上げ)[222]。またアシスタントアナウンサーも池田伸子から副島萌生(2017年3月に名古屋放送局異動)に交代[128][222]
    • 【バラエティ】 テレビ朝日系月曜19時台にて、中丸雄一(KAT-TUN)と若林正恭(オードリー)がMCを務めるワールド情報バラエティ番組『世界ルーツ探検隊』を開始[223](初回は20:54までの2時間SP。 - 8月21日)。
  • 4日 - 【動画配信・バラエティ】 テレビ朝日系で2004年2008年にレギュラー番組として放送され、またスペシャル番組としても数度放送されたくりぃむしちゅー(上田晋也・有田哲平)の冠番組『くりぃむナントカ』の最新作がこの日にインターネットテレビAbemaTV開局一周年記念特番として21:00 - 23:00枠にて配信された[224]
  • 5日
    • 【スポーツ・バラエティ】NHK総合にて、明石家さんま司会のスポーツバラエティ特番『明石家スポーツ』をこの日19:30 - 20:43枠にて放送。『第1回明石家紅白!』(2016年11月24日放送)に続くNHKでのさんま冠スペシャル番組の第2弾で、さんまがスポーツの名場面や決定的瞬間の映像を紹介しながらトークを展開。本番組ではさんまの他、アシスタントを新井恵理那(フリーアナウンサー)が務め、ゲストパネラーとして真野恵里菜(女優)、遠藤章造澤部佑ダレノガレ明美(いずれもタレント)などが出演した[225]
    • 【バラエティ・北海道】北海道文化放送にて、タカアンドトシの冠バラエティ番組『発見!タカトシランド』(北海道ローカル、金曜19時枠)放送開始[226]
  • 6日
    • 【バラエティ】フジテレビの土曜2:00 - 2:30(金曜深夜)枠にて、指原莉乃(HKT48/STU48)がメインMCを務めるアイドルバラエティ『この指と〜まれ!』が同日未明(5日深夜)から放送開始[227]
    • 【料理】日本テレビ系地域限定スポンサードネット番組『キユーピー3分クッキング(日テレ版)』にて、毎週土曜日に趣向を凝らした企画の日を設け、同局アナウンサーの杉上佐智枝が担当として登板する[228]
  • 16日 - 【音楽・芸能】EXILEなどが所属する芸能プロダクションLDHは、7人組ダンスパフォーマンスユニット『FANTASTICS』ボーカルとしての新メンバーを加入させるに当たり、「VOCAL BATTLE AUDITION 5」の開催を同日未明にTBSで放送された『週刊EXILE』の中で発表[229]
  • 17日 - 【報道・皇室秋篠宮文仁親王の長女・眞子内親王国際基督教大学(ICU)時代の同級生の男性との婚約が内定したとの報道から一夜明けたこの日午前、テレビ東京系と独立局を除く各局にて、男性の会見の模様を生中継した[230]。NHK総合は10時の『ニュース・気象情報』を5分繰り上げ・15分拡大して対応。日本テレビ系とフジテレビ系は通常番組[注 28]内で対応し、テレビ朝日系とTBS系は通常番組を休止し[注 29]、報道特別番組を放送した。
  • 20日21日 - 【スポーツ】フジテレビ系にて、プロボクシングの世界タイトルマッチイベント『ボクシングフェス2017 SUPER 2 DAYS』(江東区有明コロシアム)を2夜連続で生中継(両日とも19:00 - 20:54)[231]
  • 22日28日 - 【キャンペーン】日本テレビ系にて、恒例となった大型キャンペーン『7daysTV かぞくって、なんだ。』を3年連続で実施。メインパーソナリティは高畑充希(女優)と笑福亭鶴瓶(タレント・落語家)、キャンペーンサポーターは桝太一(同局アナウンサー)がそれぞれ務めた[232]。なお目玉番組として、26日には『金曜ロードSHOW!』枠でドラマ特別企画として『帰ってきた家売るオンナ[注 30] が、最終日の28日には特別番組『かぞくヒストリー〜写真から始まる物語〜』がそれぞれ放送された。
  • 27日 - 【バラエティ】NHK総合『バラエティー生活笑百科』(大阪局制作)相談室長(司会)の笑福亭仁鶴(上方落語家)が、体調不良の為同日放送の番組を欠席、1986年4月の同番組初出演以来、番組出演32年目にして初めて番組を休み、室長補佐(サブ司会)の桂南光(上方落語家)が代理司会を務めた[233]
  • 30日〜6月12日 - 【スポーツ】テレビ東京系にて、同時期に開催の世界卓球選手権ドイツの旗 ドイツ、現地時間28日 - 6月5日)と全仏オープンテニスフランスの旗 フランス、現地時間28日 - 6月11日)の2大会を『テレ東スポーツ祭』と銘打ち、両大会を期間中連日にわたり中継放送した[234]
  • 29日7月27日 - 【情報】日本テレビ・中京テレビ『PON!』が、通常生放送を行っているゼロスタジオの改修工事のため、この期間に限り日本テレビスタジオからの放送となった(7月31日放送よりゼロスタジオに復帰)。

6月[編集]

  • 5日
    • 【料理】 日本テレビ系地域限定スポンサードネット番組『キユーピー3分クッキング(日テレ版)』は、産休のため前月30日放送で卒業した小熊美香(同局アナウンサー、2012年7月より在任)[235] に代わる新アシスタントとして、同局入社2年目のアナウンサー佐藤真知子がこの日から登板[228]
    • 【情報・宮城県東日本放送(テレビ朝日系)は宮城県ローカルでの自社制作夕方帯枠生ワイド『夕方LIVE!キニナル』(月 - 金曜15:50 - 16:50)を開始[236]。これにより、既存の後続2番組『スーパーJチャンネル』『スーパーJチャンネルみやぎ』と合わせ、3時間超の連続した生番組編成となる[236]
  • 7日 - 【スポーツ】日本テレビ系にて、サッカーの国際試合『キリンチャレンジカップ2017「日本VSシリア」』を生中継(19:20 - 21:24。19:00 - 19:20に事前枠を別途放送)。試合本編の平均視聴率は13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。
  • 9日 - 【教養・芸能】NHK Eテレの伝統芸能番組『にっぽんの芸能』にてこの日、中村獅童(歌舞伎俳優)と初音ミクボーカロイド)の共演による歌舞伎VR技術を融合させた「超歌舞伎」の最新作となる公演『花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)』をテレビ初放送[237]
  • 10日17日 - 【紀行・バラエティ】NHK総合『ブラタモリ』で2週に亘り「名古屋」編を放送。1週目(10日)は名古屋城を、2周目(17日)は熱田神宮等をそれぞれ紹介。"名古屋嫌い"を公言していた同番組司会のタモリ(お笑いタレント・司会者)が初めて名古屋を来訪し話題となった[238]こちらも参照)。なお、東海地区の視聴率は10日が17.5%、17日は18.3%(ビデオリサーチ調べ、世帯・リアルタイム)とそれぞれ最高を記録した[239](関東地区は13.9%・11.9%(同))。
  • 16日18日 - 【追悼】女優の野際陽子13日没、享年81)の訃報を受け、テレビ朝日系の一部番組において、当初の予定を変更(他局についてはこちらも参照)。
    • 16日放送分の『徹子の部屋』は野際の追悼特集を急遽放送[240]。続けて、野際の遺作となった昼帯の『帯ドラマ劇場・やすらぎの郷』(第11週・第55話)冒頭に追悼の旨を表すテロップが表示された[241]
    • 17日の『サタデーステーション』は急遽30分後拡大( - 22:24)とし、野際の追悼特集を放送した。
    • 18日の『日曜ワイド』も当初予定の『司法教官・穂高美子6』を後日に振り替えとし、『特別編 追悼特別番組 野際陽子さんを偲んで』を急遽編成した[242][注 31]。また、『サンデーステーション』も急遽30分後拡大( - 22:24)。
  • 16日 - 【バラエティ】NHK総合で3月までレギュラー放送された、内村光良(ウッチャンナンチャン)ら出演のコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』が2017年度は不定期放送となり、この日、Season-4終了後初めて特集番組として放送(22:00 - 22:48)[243]。特集初回ゲストには菅田将暉(俳優)、斉藤由貴(女優)、葵わかな(女優、今年度後期朝ドラ『わろてんか』ヒロイン)らが出演[244]。以後、1〜2ヶ月に1回のペースで放送されている。
  • 17日 - 【芸能・音楽】 フジテレビ系にて、AKB48グループのシングル曲選抜メンバーを決定する『AKB48 49thシングル選抜総選挙〜まずは戦おう!話はそれからだ〜』を沖縄県豊見城市の中央公民館大ホール[245]から生放送(19時 - 21時24分)[注 32]。9回目の開催となった同選挙では、指原莉乃(HKT48・STU48兼任)が史上初の3連覇(自身、史上最多を更新する3年連続4回目の女王)を達成した。なお、番組平均視聴率は第1部(19:00 - 20:49)で6.1%、第2部(20:49 - 21:24)で13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)で、2012年の中継開始以来最低となった[246]
  • 17日、21日24日 - 【特集・人物】NHK BSプレミアムでは、1987年の没後から30周年になる石原裕次郎の追善特集編成を合計5日間に亘って放送。期間中には裕次郎主演の映画(『嵐を呼ぶ男』など)やテレビドラマ『西部警察 PART-III』(石原プロモーション制作、テレビ朝日系)の最終回『さよなら西部警察 大門死す! 男達よ永遠に…』(1984年10月22日放送)の完全再放送(21日)などが編成された。初日となった17日にはビートたけし冠司会の芸能教養バラエティ『たけしの“これがホントのニッポン芸能史”』(19:30 - 21:00)を「刑事ドラマ」をテーマに放送し、続いてドキュメンタリー『裕次郎は死なない〜心に刻まれた5つの物語〜』(21:00 - 22:29)、さらに『ビッグショー』の裕次郎出演回の永久保存版(22:30 - 23:16)の順に放送された。21日には、かつて石原軍団に所属した峰竜太(タレント・俳優)をナビケーターに『西部警察』ロケ地を巡るドキュメンタリー『石原裕次郎の旅〜日本縦断“西部警察”の舞台裏紀行〜』(20:00 - 21:09)、そして最終日の24日にはフィナーレ特番『スーパープレミアム「日本人が最も愛した男・石原裕次郎」』(19:30 - 22:29)[247]、といった番組が放送された[248]
  • 23日
  • 25日 - 【報道】 BS朝日『いま世界は』のサブキャスターを2017年1月から務めていた青山愛(テレビ朝日アナウンサー)が、7月末に同社を退職することにより、同日の放送を以て番組を降板した[255]
  • 26日
    • 【情報・バラエティ】日本テレビ系『ヒルナンデス!』にて新プロジェクト「ヒル活!」を立ち上げ、この日より始動。各曜日、日替わりでレギュラー出演者が新たな趣味にチャレンジする企画を実施[256]
    • 【追悼・ドキュメンタリー・人物】 日本テレビ系にて、22日に急逝した小林麻央(フリーキャスター)の追悼緊急特別番組としてこの日『小林麻央さん追悼番組〜優しく強く生きた34年〜』を生放送(21:00 - 22:54)。番組には、麻央が立ち上げ時から約3年半キャスターを務めた『NEWS ZERO』のレギュラー陣である村尾信尚(ジャーナリスト、『ZERO』アンカーマン)、ラルフ鈴木鈴江奈々(同局アナウンサー)が出演した[257]。なお、この特番の視聴率は15.4%であった(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[258]

7月[編集]

  • 1日 - 【情報・バラエティ】関西テレビ制作・フジテレビ系『にじいろジーン』の新レギュラー陣に、飯豊まりえ(女優)がこの日から加入[259]
  • 2日3日 - 【報道】2日投開票の2017年東京都議会議員選挙の開票特別番組を、NHK総合と在京民放各局(日本テレビを除く)にて放送。なお、テレビ朝日では『サンデーステーション』の通常放送内で、フジテレビでは『Mr.サンデー』(フジテレビ・関西テレビ共同制作)を「超拡大スペシャル」として、放送時間を拡大し、それぞれ対応した。
  • 3日
    • 【スポーツ】テレビ東京系『追跡LIVE! Sports ウォッチャー・平日版』月曜担当キャスターとして、6月1日付で同局に中途入社したアナウンサー竹崎由佳が登板[260]
    • 【報道】BS日テレ『深層NEWS』のメインキャスターがこの日から交代(近藤和行(読売新聞東京本社編集委員)→丸山淳ー(同、元熊本県民テレビ取締役報道局長))[261]
  • 3日〜16日(日本時間) - 【スポーツ】NHK総合にて『ウィンブルドン2017』と題し、プロテニスのメジャー大会・ウィンブルドン選手権イギリスの旗 イギリスロンドン)を中継放送。大会期間中、男女シングルス決勝戦の実況生中継や深夜枠での大会ハイライトなどを放送した[262]
  • 4日 - 【報道・BPO】BPOの放送人権委員会は、フジテレビ系『Mr.サンデー』において舛添要一東京都知事(当時)の政治資金流用疑惑に関する問題を取り扱った中で、肖像権を侵害されたなどと舛添夫人らが申し立てていた問題で、「侵害は認められない」とする決定を発表した[263]。ただし、放送倫理上も問題なしとしたが、「誤解を生じさせないための工夫の余地があった」との要望を付記した。
  • 5日 - 【人形劇・キッズ】1979年4月から1982年3月まで通算656回に亘り、NHK総合で放映された人形劇『プリンプリン物語』(15分番組)の全収録回ビデオテープが発見されたことを受け、NHKではこの日よりBSプレミアムにて、同作を本放送終了以来、35年ぶりに毎週水曜日23:00 - 23:30枠にて2話ずつ再放送開始[264]
  • 6日 - 【報道】NHK総合では、福岡県及び大分県に大雨特別警報が気象庁より発令された(詳しくは平成29年7月九州北部豪雨を参照)ことを受け、両県の豪雨災害関連のニュース・情報を伝えるため、この日の8:15 - 16:00(連続テレビ小説『ひよっこ』の再放送〈12:45 - 13:00〉は予定通り実施)まで特別報道編成を行った。これに伴い当日の『あさイチ』[265] と『ごごナマ』を休止[266]。また『ニュース7』を20時まで延長して放送し『人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!』は30分繰り下げて20:00 - 20:45に放送、この為『所さん!大変ですよ』は休止、さらに『SONGS』(22:50 - 23:15)も休止したほか、翌7日未明も4時過ぎまで大雨関連ニュースを伝えた。
  • 9日
    • 【報道・討論】NHK『日曜討論』(総合テレビ・ラジオ第一同時放送)の女性司会者が交代(松村正代(NHKアナウンサー)→牛田茉友(同)[267])。
    • 【スポーツ】日本テレビ系『Going!Sports&News』の日曜日担当アシスタントとして、2017年入社の新人アナウンサー佐藤梨那が登板[268]
  • 11日
  • 12日 - 【情報】NHK総合『ごごナマ』1時台(13:05 - 14:00)のトークゲストとして堀江貴文(実業家、ライブドア元社長)が出演したが、堀江が着用したTシャツナチス・ドイツ独裁者アドルフ・ヒトラーを想起させるイラストが描かれていた為視聴者から批判が集中し、これを受け、同番組MCの一人である阿部渉(NHKアナウンサー)が「不快な思いを抱かれた方にお詫び申し上げます」と謝罪した[271]
  • 14日・16日 - 【アニメ・映画】アメリカ・ピクサー製作のアニメ映画『カーズ』シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』の日本公開に合わせ、フジテレビ系にてシリーズ前2作品を2夜連続で放送。14日は第1作『カーズ』を「金曜プレミアム」枠(19:57 - 22:19(30分拡大))にて、16日は地上波初放送となる第2作『カーズ2』を19:00 - 21:04枠にてそれぞれ放送した[272]
  • 15日8月6日(日本時間) - 【スポーツ】テレビ朝日系にて、 ハンガリーブダペストで開催の「世界水泳2017 ブダペスト」の模様を連日中継放送[273](BS朝日は30日まで、シンクロ競泳の各予選のみを放送)。
  • 17日 - 【報道・不祥事】神戸市北区で16日に発生した5人殺傷事件で、毎日放送がこの日の『ひるおび!』内のニュースと、午後の情報番組『ちちんぷいぷい』で容疑者の顔写真を誤って別人の写真を放送していたことが判明し、同局は同日夕方の『VOICE』等で謝罪すると同時にお詫びのコメントを発表した[274]
  • 22日 - 【教養・科学】NHK総合『NHKスペシャル』で人工知能をテーマとした新シリーズ『AIに聞いてみた〜どうすんのよ!?ニッポン』(全7回)を開始、その初回となる「プロローグ」を同日放送(19:30 - 20:45、21:00 - 21:49)。司会はマツコ・デラックス(コラムニスト)と有働由美子(NHKアナウンサー)のコンビが担当、マツコはNHK番組で初めて司会を務めた[275]
  • 23日
  • 29日 - 【音楽・追悼】 NHK BSプレミアムにてこの日、7月21日に逝去した作曲家・平尾昌晃の追悼番組としてこの日の13:30 - 15:00の枠で、2010年11月3日BS2(当時)で放送された『昭和歌謡黄金時代 作曲家・平尾昌晃の世界』を再放送した[278]

8月[編集]

  • 4日13日 -【スポーツ】TBS系にて、ロンドンで開催の『世界陸上ロンドン2017』を独占中継放送。メインキャスターは織田裕二(俳優)と中井美穂(フリーアナウンサー)が1997年アテネ大会から通算11大会連続で務めた[279][280]。今回もロンドン・オリンピックスタジアムにオープンスタジオを設け、2007年は大阪大会以降、6大会連続でオープンスタジオが設置された。
  • 7日 - 【情報】テレビ東京『よじごじDays』(関東ローカル)の放送時間がこの日から平日に限り15分繰り上げ拡大となる、15時40分 - 16時54分での放送に移行[281](月 - 金曜日が祝日と重なった場合は従前通りで変更なし)。
  • 8日23日 - 【スポーツ】阪神甲子園球場にて開催の第99回全国高等学校野球選手権大会をNHK総合・Eテレと朝日放送(関西ローカル)、BS朝日で実況生中継し、CS放送のスカイAで録画中継を実施。8日にはテレビ朝日系でも開会式のみ放送した(8:59 - 9:30)。また、朝日放送・テレビ朝日系では、23時台にハイライト番組『熱闘甲子園』を編成、本年もキャスターは古田敦也(テレビ朝日野球解説者、元ヤクルト捕手・選手兼任監督)とヒロド歩美(朝日放送アナウンサー)が担当、本年度の同番組テーマソングおよび朝日放送の高校野球キャンペーンソングは、シンガーソングライターの高橋優の曲「」が採用された[282]
  • 11日14日 - 【スポーツ】米国PGAツアーメジャー最終戦『第99回全米プロゴルフ選手権』(ノースカロライナ州・クエイルホローC)をフジテレビが1996年大会以来21年ぶりに生中継。予選ラウンド2日間はBSフジ、決勝ラウンド2日間は地上波フジテレビ系列で放送され、BSフジでは4日間とも夕方にダイジェスト放送を実施した[283][284]
  • 13日(12日深夜) -【芸能】テレビ朝日にて、秋元康総合プロデュースによるアイドルオーディション番組『ラストアイドル』(0:05 - 0:30、初回・第2回は30分繰り下げ)を放送開始[285]
  • 15日
    • 【報道】終戦記念日のこの日、TBS系『NEWS23』は放送時間を30分拡大(23:00 - 16日0:26)し、恒例の終戦特集企画『綾瀬はるか「戦争」を聞く』シリーズ第7回目となる「地図から消された秘密の島」を放送。綾瀬はるか(女優、広島県出身)が同県大久野島を訪れ、同島での旧日本軍の毒ガス製造についての事実を取材。同島で毒ガスを製造した人々の苦しみ、そして平和への思いを伝えた[286]
    • 【スポーツ】日本テレビ系『ワールドプレミアムボクシング』にて、WBC世界バンタム級タイトルマッチ「山中慎介(帝拳ジム)VSルイス・ネリ(メキシコ)」戦(島津アリーナ京都)の模様を生中継(19:56 - 20:54)。
  • 25日
    • 【情報】 NHK総合『ごごナマ・金曜日』(大阪局制作)のレギュラーMC陣の一部が交代(一柳亜矢子(NHKアナウンサー、大阪局所属)→北郷三穂子(同))[287]
    • 【報道】 NHK総合『ニュースチェック11』の気象情報を担当していた気象予報士の三宅惇子が同日の放送をもって降板[288]
  • 26日27日 - 【特番】日本テレビ系にて毎年夏恒例、記念すべき40回目となった大型チャリティ特別番組『24時間テレビ40 愛は地球を救う』を生放送。テーマは「告白」で、メインパーソナリティーは櫻井翔(嵐・4年ぶり5回目)、小山慶一郎NEWS・2年連続3回目)、亀梨和也(KAT-TUN・11年ぶり2回目)の3名[289]、チャリティーパーソナリティーは石原さとみ(女優)[290]、スペシャルサポーターは東野幸治(お笑いタレント)、宮迫博之雨上がり決死隊)、後藤輝基(フットボールアワー)、渡部建(アンジャッシュ)(以上、同局系『行列のできる法律相談所』レギュラー出演者)と、梅沢富美男(俳優・歌手)、ブルゾンちえみ(お笑い芸人)がそれぞれ務めた[291]。また、24時間マラソンランナーは史上初の当日発表となり[292]、ブルゾンちえみが90Kmのマラソンに挑戦[293]、見事完走を達成した。なお、視聴率は、番組平均[注 37]では歴代2位タイとなる18.6%であり、瞬間最高視聴率は、27日20時47分に記録した40.5%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[294]
  • 26日
  • 29日 - 【報道】 この日早朝に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射したのを受け、NHK総合および民放5大ネットワークは、朝の報道番組の内容をすべて差し替え、北朝鮮のミサイル関連のニュースを速報扱いで報道[298]
    • このうちNHK総合は、『NHKニュースおはよう日本』を6:03をもって打ち切り、『あさイチ』を放送休止して、北朝鮮関連のニュースを6:03 - 10:20に放送[299]。『ひよっこ』に関しては本放送を臨時に4時間45分繰り下げの12:45 - 13:00(本来の再放送時間帯)に放送した[注 38]
    • 一方、テレビ東京系列は、通常は7時05分で終了する『NEWSモーニングサテライト』を、後番組の『おはスタ』を休止する形で、放送時間を延長し7時30分まで北朝鮮関連のニュースを報じた後、7時30分開始のアニメ『けものフレンズ 最終回[注 39]』以降、通常の編成に戻った[300]
    • BS各局も6時台を中心に地上波放送をサイマルする形で放送された[要出典]
  • 29日(28日深夜)〜9月4日(3日深夜) - 【スポーツ】フジテレビ系にて、 ハンガリーブダペストで開催の『柔道世界選手権2017』の模様を生中継。今大会では男女7階級個人戦のほか、男女混合団体戦を実施[301]
  • 31日 - 【教育】NHK Eテレではこの日の夜に『8月31日の夜に。』と題し、19時台の『Rの法則』から22時台の『ハートネットTV』(2部構成)まで新学期前日のジュニア世代向けに生放送を編成し、SNSなどを通じて幅広く若者たちの声を拾うなどして、ジュニア世代たちへ明日を開くヒントを見つけていく番組編成を実施[302]

9月[編集]

  • 1日 - 【クイズ】日本テレビ系ではこの日『日テレ系 クイズの日』と題して、ゴールデン・プライム枠でクイズ特番を2本放送。19:00 - 21:00[注 40]には『超問クイズ!真実か?ウソか?超人気司会者は○×が解けるのかSP』を、続く21:00 - 23:24には夏恒例の『ライオンスペシャル 第37回全国高等学校クイズ選手権』(21:00 - 23:24)をそれぞれ放送した。
  • 3日
    • 将棋】NHK Eテレでこの日放送の『NHK杯テレビ将棋トーナメント』にて、藤井聡太四段と森内俊之九段(永世名人)の対局の模様を生中継にて放送した(10:00 - 12:00)。藤井の対局が地上波で生中継されたのは史上初[303]
    • 【報道】この日15時より秋篠宮眞子内親王の婚約内定記者会見が開かれ、NHK総合と民放各局(テレビ東京系と独立局除く)で会見の模様を報道特番として放送した[注 41][注 42]
    • 【報道】TBS系『Nスタ・日曜版』のサブキャスターに、入社1年目の喜入友浩(同局アナウンサー)がこの日から登板。
  • 4日
    • 【情報】CBCテレビ制作・TBSをはじめとする一部の同系列局で放送の『ゴゴスマ-GO GO! Smile!-』が、この日からテレビ山口(tys)での番販ネットを開始。
    • 【報道】テレビ東京系『ゆうがたサテライト』がこの日からリニューアル、サブキャスターの交代(進藤隆富池谷亨<テレビ東京報道局経済解説委員>)とともに、スタジオセットなどを一新。
  • 5日17日 - 【スポーツ】日本テレビ系列でワールドグランドチャンピオンズカップを放送。女子大会は東京・名古屋、男子大会は名古屋・大阪でそれぞれ開催、放送協力は中京テレビ・読売テレビが担当。番組メインキャスターはお笑いコンビ・チュートリアル徳井義実、また佐藤栞里(タレント)が応援サポーターを務める[304]
  • 9日(9月8日深夜) - 【トーク・特番】3日に放送された日曜朝のトーク番組『ボクらの時代』(出演:北野武<ビートたけし。タレント・俳優・映画監督>、星野仙一<プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルス副会長、元プロ野球選手・監督>、松尾雄治<ラグビー解説者・スポーツコメンテーター、元ラグビー選手>)の特別編として、この日3:10〜3:30枠にて『27時間テレビ直前! ボクらの時代 未公開スペシャル』を放送、3日の通常枠(30分)に収まらなかった北野・星野・松尾の3人のトークが延長バージョンの形で追加放送された[305]
  • 14日 - 【スポーツ】NHK総合にてこの日、広島東洋カープセ・リーグ優勝が懸かった「広島対DeNA」戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)を当初予定の中国地方の各放送局でのみの放送から急遽全国中継に格上げして放送(19:30 - 20:45。これとは別に18:00 - 19:30・20:45 - 22:00にマルチ編成を実施し、サブチャンネルで野球中継を21:56まで放送)[注 43]
  • 15日 - 【報道】 この日早朝に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射したのを受け、NHK総合ならびに民放5大ネットワークは、朝の情報番組の内容を大幅に差し替え、北朝鮮関連のニュースを速報扱いで放送。
    • このうちNHK総合は、第一報と同時に『おはよう日本』を7:01をもって打ち切り、10:15まで臨時ニュースを放送。この影響により同日の『あさイチ』は休止。『ひよっこ』第143話に関しては、本放送を臨時に4時間45分繰り下げの12:45 - 13:00(本来の再放送時間帯)に放送した[注 44][306]
    • また民放各局も、各番組の予定されていた内容を大幅に差し替えL字型テロップなどを用意したり、テレビ東京では『おはスタ』を休止し『Newsモーニングサテライト』を延長するなど対応に追われた[307]
  • 16日17日 - 【スポーツ】プロ野球・福岡ソフトバンクホークスがこの日行われた対埼玉西武戦(メットライフドーム)に勝利し、パ・リーグ優勝を達成。なお、この試合はNHK BS1で緊急生中継したほか、九州朝日放送でも福岡県ローカルで生中継された。在福のNHK・民放各局(NHK福岡放送局・九州朝日放送・RKB毎日放送福岡放送TVQ九州放送テレビ西日本)は16日の夕方・深夜または17日未明に優勝特番を放送した。
  • 17日
    • 【報道】NHK総合はこの日早朝から、台風18号の九州など西日本に上陸する恐れがあるとして、『NHKのど自慢』などの通常の番組を休止して、台風関連の特設ニュースを放送。なお、『のど自慢』は、この日は山口県下関市からの公開生放送を予定していたが、16日に行われる予定だった予選会が台風上陸を考慮して中止となったため、生放送も休止となった[308]
    • 【バラエティ】フジテレビ系日曜19:00 - 20:54枠の、古舘伊知郎司会の大型バラエティ番組『フルタチさん』(2016年11月6日 - )が視聴率低迷のため、この日の放送を以て僅か10ヶ月足らずで終了。
  • 18日 - 【報道】この日午前、台風18号の北海道地方接近ならびに上陸に伴い、在道のNHK・民放各局ではL字型テロップを使い情報を流した他、北海道内のNHK各放送局および札幌テレビ北海道文化放送では報道特別番組を編成した。
  • 18日〜19日 - 【スポーツ】広島東洋カープがこの日行われたVS阪神戦(阪神甲子園球場)に勝利し、2年連続のセ・リーグ優勝を達成。この試合は中国放送(RCC、広島県ローカル)と毎日放送(関西ローカル)、NHK BS1、スカイAで生中継[注 45]を行った他、在広のNHK・民放各局(NHK広島放送局・中国放送・広島テレビ広島ホームテレビテレビ新広島)は18日の夕方・深夜または19日未明に優勝特番を放送した。
    • なお、中国放送が広島県ローカルで放送した生中継の視聴率は、平均視聴率は35.9%・瞬間最高は55.1%を、それぞれ記録(ビデオリサーチ調べ、広島地区・世帯・リアルタイム)[309]
  • 19日 - 【バラエティ】毎日放送制作・TBS系火曜20時枠(19:56 - 20:54)、爆笑問題太田光田中裕二)MCのワールドドキュメントバラエティ『世界の日本人妻は見た!』(2013年4月 - )が終了、4年半の歴史に幕。
  • 22日
    • 【経済・報道】テレビ東京系平日早朝の経済ニュース番組『モーニングサテライト』サブキャスターの秋元玲奈(テレビ東京アナウンサー、2017年4月3日より在任)が、産前産後休業入りに伴いこの日の放送を最後に退任[310]。なお、秋元の後任として9月最終週以降、10月第1週から正式に番組に加入する(後述)ことになる西野志海(同局アナウンサー)が、月・火曜日を、角谷暁子(同)が火〜木曜日を代理の形でそれぞれ担当[311]
    • 【アニメ】TBSは、10月から地上波とBS-TBSの両局で放送開始を予定していたアニメ『されど罪人は竜と踊る』について、「制作上の都合により2017年10月からの放送を見送ることとし、年を改めて2018年4月より放送開始を予定している」ことを発表した[312][313]。TBSでは代替番組として10月6日(5日深夜)から『中二病でも恋がしたい!』(第1期)を放送開始している[314]
  • 23日 - 【情報・バラエティ】香取慎吾(俳優、元SMAP)の司会で親しまれてきたテレビ朝日系土曜23時台の情報バラエティ番組『SmaSTATION!!』(2001年10月 - )が終了、16年、699回に亘る歴史に幕[315]。なお当日、最終回放送に合わせ、東京タワーが青色にライトアップされる演出が行われた[316]
  • 24日
    • 【教養・バラエティ】日本テレビ系の教養バラエティ番組『所さんの目がテン!』(日曜7:00 - 7:30、一部地域除く)が、2018年に放送開始30年目を迎えるに当たりテーマ曲を一新。番組MCの所ジョージ書き下ろしによるエンディングテーマ「未来」をこの日から使用[317]
    • テレビ朝日系
      • 【改編】10月から日曜日朝の改編を行うことに伴い(後述)、メ〜テレ制作のアニメヘボット!』(7:00 - 7:30)と、朝日放送制作の教養・情報番組『住まいのダイエット』(9:30 - 10:00)の2番組を終了[318]。本改編に伴い、1977年10月開始のロボットアニメ『無敵超人ザンボット3』( - 1978年6月)に始まり、その後『機動戦士ガンダム』(1979年)が大ヒット、以後も放送時間移動を繰り返しつつ約40年に亘り続いたメ〜テレ制作のアニメ枠の歴史に幕[注 46][注 47]。また、1989年4月開始の『住めば地球』以来28年半続いた朝日放送制作日曜9時30分枠も、この日で終了した。
      • 【教養・バラエティ】『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(2014年10月 - 、日曜21:58 - 23:05)がレギュラー放送を終了、金曜未明(木曜深夜)時代から換算して3年で幕[319]。レギュラー最終回は、ゲスト講師に亀田史郎(ボクシングトレーナー、元ボクシングジム経営者)とその長男の亀田興毅(元プロボクサー)が登場した。
  • 25日
    • 【情報】日本テレビ・中京テレビ『PON!』月曜日レギュラーの華原朋美(歌手)がこの日の放送をもって卒業、2年半のレギュラー出演に幕[320]
    • 【バラエティ】テレビ朝日系「ネオバラエティ・月曜」(23:15 - 翌0:15、朝日放送に限り火曜未明に遅れネット)枠、橋下徹弁護士、元政治家)の政界引退後初のテレビレギュラーとなった討論バラエティ番組『橋下×羽鳥の番組』(2016年4月 - )が終了、わずか1年半で幕[321]
    • 【経済・ドキュメンタリー】テレビ東京系『日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜』は、進行役担当の秋元玲奈(テレビ東京アナウンサー)が産休の為に11日の放送で番組を降板したことに伴い、この日の放送から秋元の後任として入社2年目の片渕茜(同)が起用された[322]
  • 28日 - 【報道】日本テレビ系『NEWS ZERO』は、月〜木曜のニュースリーダー及び「ZERO CULTURE」コーナー担当の久野静香(日本テレビアナウンサー、2014年4月4日より在任)がこの日の放送を以て卒業[323]
  • 29日
    • 【情報・ワイドショー・バラエティ】日本テレビ系では、『スッキリ!!』のアシスタントMC・岩本乃蒼(日本テレビアナウンサー、2015年3月30日より在任)[324][325]、『ヒルナンデス!』のサブMCを2011年3月28日放送開始から6年半担当してきた水卜麻美(日本テレビアナウンサー)が、それぞれこの日の放送を以て各番組を卒業[326]。後述の通り、岩本は10月より『NEWS ZERO』[323]、水卜は『スッキリ』へそれぞれ異動する[324][325]
    • 【報道・情報】TBS系『あさチャン!』の気象情報担当キャスターを2016年3月より務めて来た井田寛子(気象予報士)が、第1子妊娠に伴い、産前産後休業に入るため同日を最後に卒業[327]
    • 【情報】テレビ東京系『よじごじDays』(関東ローカル)で4月の番組開始から司会を務めてきた大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)が同年12月に退職することが決まったことから、この日の放送を最後に同番組を卒業[328]
    • フジテレビ系
      • 【情報・ワイドショー】平日朝のワイドショー番組『とくダネ!』のサブキャスターを2012年7月より担当してきた菊川怜(女優)が、この日を以て卒業[329]
      • 【報道】平日深夜の報道・スポーツニュース番組『ユアタイム』(2016年4月 - )が終了、1年半の歴史に幕[330]。なお、関連ミニニュース番組『ユアタイム クイック・あすの天気』は翌々日(10月1日『ニチファミ!・逮捕の瞬間〜』番組内)まで放送された。
    • NHKおよび5大系列局のローカル編成・BS・CS
      • 【情報】毎日放送『ちちんぷいぷい』(北海道放送・南日本放送にもネット)のニュース解説を1999年10月の番組開始から務めた石田英司(毎日放送社員・元同社報道局社会部デスク)が、この日を以て同番組を卒業。
  • 30日
    • 【バラエティ】関西テレビの土曜0:55 - 1:25(金曜深夜)枠[注 48]で放送していたジャルジャル(お笑いコンビ)の冠バラエティ番組『ジャルやるっ!』(2010年10月 - )が終了、7年の歴史に幕。最終回は大阪・扇町同局本社スタジオから生放送された。
    • 【情報・バラエティ】TBS系『王様のブランチ』のリポーターを2007年2月から約10年7ヶ月にわたって担当した鈴木あきえ(タレント、女優)が、この日を以て卒業[331]
    • 【スポーツ】テレビ東京系、土曜午前10時台後半のゴルフ番組ゴルフの真髄』(2009年4月 - )が終了、8年半の歴史に幕。
    • 【教養・科学】NHK総合『NHKスペシャル』で人体の神秘に迫る新シリーズ『人体〜神秘の巨大ネットワーク〜』を開始(全7回、2018年3月まで予定)。司会はタモリと山中伸弥京都大学iPS細胞研究所々長、2012年ノーベル生理学・医学賞受賞者)が務める。翌日の「第1集」放送を前にこの日は「プロローグ」として放送した(21:00 - 21:59)[332]

10月[編集]

  • 1日
    • 【改編・報道・情報】テレビ朝日系、日曜早朝の放送枠を大幅改編、新報道情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日・メ〜テレ・朝日放送共同制作。日曜5:50 - 8:30、一部地域では6:20飛び乗り)の放送を開始。メインキャスターには東山紀之(歌手・俳優〈少年隊〉)が就任[318][333][334][335]ほか、気象情報担当キャスターとして、同社入社1年目の新人アナウンサー・林美桜が起用される[336]。他に古田敦也(スポーツコメンテーター、元プロ野球選手)らもレギュラーとして出演する。同番組開始に伴い、日曜日朝に放送していた『ANNニュース』『TOKYO応援宣言』はいずれも同番組に入る形で1コーナーとして継続となり、東映制作の老舗特撮シリーズ「仮面ライダーシリーズ」で9月3日から放送中の新作『仮面ライダービルド[337] は8:00 - 8:30→9:00 - 9:30へ、同じく「スーパー戦隊シリーズ」の『宇宙戦隊キュウレンジャー』も7:30 - 8:00→9:30 - 10:00へ移動(順序入れ替え)。更に老舗音楽番組『題名のない音楽会』は1975年3月以来実に42年半振りとなる土曜日放送[注 49] へ枠を移動し、土曜 10:00 - 10:30に放送時間が変更となる[注 50][318]。民教協番組『日本のチカラ』については『サンデーLIVE!!』の共同制作局のいずれでも土曜5:20 - 5:50に枠移動する。
    • 【教養・ドキュメンタリー】TBS系の世界遺産を紹介する教養ドキュメンタリー番組『世界遺産』(日曜18:00 - 18:30)は、この日から8代目ナレーターを女優のが務める[338]
    • 【お笑い】TBS系にて、10回目の開催となるコント日本一決定戦『Cygames キングオブコント2017』決勝の模様を生放送(19:00 - 19:54・19:54 - 22:48)[339]、10代目王者にはかまいたち(よしもと所属)が輝いた。
    • 【特番・バラエティ・映画】テレビ東京系にてこの日、北野武(ビートたけし)監督・主演の劇場映画の最新作『アウトレイジ 最終章』の公開を記念して、たけしの冠バラエティ特番『たけしのよくできてるTV』(18:30 - 21:00)を放送。同特番ではお笑いコンビ・千鳥が進行を担当[340]。続く21:00 - 23:12には、北野監督・たけし主演映画『アウトレイジ ビヨンド』を地上波テレビ初放送[341]
    • 【単発枠】フジテレビ系日曜19:00 - 21:54に、3時間枠の大型単発特別番組枠『ニチファミ!』を新設、初回となる同日は『逮捕の瞬間!警察24時』が放送された。なお、同局系の日曜ゴールデン枠で単発枠が編成されるのは、『日曜ファミリア』(2015年10月〜2016年9月)以来1年ぶり(3時間枠は約1年半ぶり)となる。
  • 2日
    日本テレビ系
    • 【通販】通販番組レーベル『ポシュレ』が、同局通販サイト「日テレ通販」のリニューアルに伴い名称を変更、レーベル名もそれに倣って『日テレポシュレ』に改称。同日の『PON!』番組内(11時台)から(単体番組としては5日(4日深夜)〜)放送開始。
    • 【報道】日テレNEWS24制作・日本テレビほかで放送の『Oha!4 NEWS LIVE』では、この日より月・火のメインキャスターに郡司恭子(日本テレビアナウンサー)が就任。
    • 【情報】『ZIP!』ではこの日より、2017年入社新人アナウンサーの伊藤遼後呂有紗の2名が新レギュラーに加入。またSHOWBIZ(芸能情報)コーナーは尾崎里紗(日本テレビアナウンサー)がメイン担当に昇格、後呂はサブを担当。また、同日から13日まで2週に亘り、料理コーナー「MOCO'Sキッチン」では特別編「おでかけMOCO 秋の京都満喫SP」を放送、番組MCの川島海荷(女優)が同コーナー担当の速水もこみち(俳優)とともに京都を散策するほか、速水が京都の食材を使った料理を披露。
    • 【情報・ワイドショー】この日からタイトル変更される『スッキリ』では、MC陣に水卜麻美(同局アナウンサー)が加わる[324][325]とともにリニューアル。
    • 【情報】『PON!』(中京テレビへもネット)の月曜日レギュラー陣に、関根麻里(タレント)と、お笑いコンビ・ANZEN漫才あらぽんが新たに加入、隔週交代で出演[342]
    • 【情報・バラエティ】『ヒルナンデス!』は、この日よりサブMCとして入社2年目の梅澤廉と滝菜月(ともに日本テレビアナウンサー)が登板[343]
    • 【報道】『NEWS ZERO』は、岩本乃蒼(日本テレビアナウンサー)がこの日より月〜木のニュースリーダー担当及び「ZERO CULTURE」担当キャスターとして登板する[323][344]
    テレビ朝日系
    • 【紀行】高田純次(タレント・俳優)がナビゲーターを務める平日午前枠の散歩番組じゅん散歩』が、放送3年目に入るこの日(西銀座の回)よりメ〜テレ(東海3県)での同時ネットを開始、2局同時ネットとなる。
    • 【バラエティ】「ネオバラエティ・月曜」(23:15 - 翌0:15、朝日放送に限り火曜未明に遅れネット)枠にて『アップデート大学』を、木曜2:21 - 2:51(水曜深夜)枠から放送時間枠を移動する形で、タイトルを『激レアさんを連れてきた。』と改めて放送開始。司会は若林正恭(オードリー)と弘中綾香(同局アナウンサー)が現番組から引き続き担当[321][345]
    TBS系
    • 【報道・情報】『あさチャン!』は、この日より新気象情報担当キャスターとして、2017年入社新人アナウンサーの山本里菜山形純菜の2名が登板。山本は月〜水曜、山形は5日より木・金曜を担当する[346]
    • 【放送枠】この日から20・22時台番組はすべて正時スタートに移行する(20・22時台の番組で7月クールの時点でフライングスタートとなっているもの・19時台番組について、放送時間がそうなるよう変更される)[339][347]
    テレビ東京系
    • 【経済・報道】平日早朝の経済ニュース番組『モーニングサテライト』は月曜日・火曜日のサブキャスター兼コーナーリポーターとして、2017年新入社員の角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)をこの日の放送から正式に起用する[311][348]
    • 【情報】月 - 木曜午前枠『なないろ日和!』の事前番組として、9:11 - 9:21枠に『なないろ+』を放送開始。また、6日より同じく金曜午前枠『7スタライブ』の事前番組として『7スタ+』を開始。
    • 【情報】平日夕方の『よじごじDays』(関東ローカル)の2代目女性司会者として、竹崎由佳(テレビ東京アナウンサー)がこの日の放送より登板[349]
    フジテレビ系
    • 【情報】平日早朝の情報番組『めざましテレビ』は、2017年入社新人アナウンサーの久慈暁子をスポーツコーナー担当キャスターに起用[350]
    • 【情報・ワイドショー】 朝枠ワイドショー『とくダネ!』は、この日よりアシスタントMC兼フィールドキャスター・リポーターとして、海老原優香(フジテレビアナウンサー)が登板[351]
    • 【報道】夕方ニュース『みんなのニュース』のキャスター陣を一新、メイン女性キャスターには島田彩夏(フジテレビアナウンサー)が新たに就くほか、福井慶仁永尾亜子(いずれも同)がフィールドキャスターとして加入、また芸能・スポーツ担当キャスターを月〜水曜は西山喜久恵、木・金曜は榎並大二郎(いずれも同)がそれぞれ務める[352]
    • 【報道】平日深夜最終版のニュースとして、同日より月 - 木曜日23:40 - 翌0:25・土曜日0:10 - 0:55(金曜深夜)にて『ユアタイム』の後継となる新報道番組『THE NEWSα』を開始。メインキャスターは月〜木曜に椿原慶子(フジテレビアナウンサー)[353]、土曜は松村未央(同)がそれぞれ就くほか、サブキャスターとして新人アナウンサーの安宅晃樹を抜擢。また、スポーツキャスターは月〜木曜は中村光宏、土曜は鈴木唯(いずれも同)がそれぞれ務める[352][354]
    NHKおよび5大系列局のローカル編成・独立局・BS・CS
    • 【情報】TOKYO MX1『ひるキュン!』(平日12:00 - 12:55)は、この日より新サブMCとして徳光正行(タレント)が登板。徳光は『ザ・ゴールデンアワー』(2009年 - 2012年)以来、5年ぶりに同局でレギュラー番組を持つことになる[355]
    • 【報道】TOKYO MX1『TOKYO MX NEWS・夕方版』(平日)は、この日から放送開始時間を1分早め、17:59 - 18:30の放送となり、新キャスターに有馬隼人(フリーアナウンサー、元TBSアナウンサー、元アメリカンフットボール選手)が就任[356]、サブキャスターは9月末でメ〜テレ(名古屋テレビ)を退社したばかりの田中麻耶を起用[357]
    • 【情報】毎日放送(近畿広域圏、TBS系列)『ちちんぷいぷい (テレビ番組)』がこの日から宮崎放送(MRT、宮崎県、同)でネットを開始。これにより当番組は北海道放送(北海道)、南日本放送(鹿児島県)を含めた4局ネットとなる[358]。また毎日放送は、北海道などネット地域にもスタッフを駐在させ独自取材を行うほか、出演するレギュラー陣についても関西出身のタレントを中心とするメンバーから、北海道・鹿児島・宮崎の出身者をキャスティングするなど、抜本的なリニューアルを実施[359]
    • 【情報】テレビ静岡静岡県、フジテレビ系列)の『情報ワイド てっぺん静岡』はこの日から平日16:45 - 17:53に移動。
    • 【食】BS朝日の月曜21時枠にて、これまでに2回特番で放送された、土井善晴(料理研究家)がナビゲーターを務める冠グルメ番組『土井善晴の美食探訪!』がレギュラー昇格、この日から放送開始(21:00 - 22:54、2時間)[360]
  • 2日〜6日 - 【特番】テレビ東京系にて5日間に亘り、朝7時30分〜8時の時間帯にて、ビートたけし冠司会の生放送特番『おはよう、たけしですみません。』を放送[341][361]。しかし、4日の放送ではたけしが欠席し、共演の水道橋博士浅草キッド)と太田光(爆笑問題)が番組冒頭で謝罪する事態となった[362]
  • 3日
    • 【総合枠】フジテレビが火曜0:25 - 1:25(月曜深夜)に新たな実験番組枠として、ドラマ・バラエティなどジャンルを問わず放送する2部構成枠『ブレイクマンデー24』(0:25 - 0:55・0:55 - 1:25)を新設。第1弾はドラマ『アイ 〜私と彼女と人工知能〜』(香里奈主演、全2話、前編:3日0:25 - 1:25、後編:10日0:35 - 1:35)を放送[363]
    • 【アニメ】テレビ東京で2015年10月 - 2016年3月に放送され人気を集めた、赤塚不二夫の代表作『おそ松くん』の大人になってからの生活を描いたテレビアニメ『おそ松さん』の第2シリーズを放送開始[364]
    • 【トーク・バラエティ】日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』が番組開始20周年を迎え、この日『踊る踊る踊る!さんま御殿!!超豪華ゲスト夢の共演20周年危ない生放送祭』と題した3時間特番を放送(19:00 - 21:54)、番組史上初の生放送を実施。生放送パートのゲストにはナインティナイン[注 51]出川哲朗(お笑い芸人)らが出演した[365]
    • 【バラエティ】テレビ朝日系「ネオバラエティ・火曜」(23:15 - 翌0:15、朝日放送に限り水曜未明に遅れネット)枠にて、過去に3回単発特番として放送され好評を博した未来予想バラエティ『ソノサキ〜知りたい見たいを大追跡!〜』をレギュラーに昇格する形で放送開始。お笑いコンビ・バナナマン(設楽統日村勇紀)が司会を務める[345]
  • 4日 - 【経済・報道】 平日早朝の経済ニュース番組『モーニングサテライト』は水〜金曜日のサブキャスター兼コーナーリポーターとして、西野志海(テレビ東京アナウンサー)がこの日の放送から正式に登板[311][348]
  • 4日・19日23日(予定) - 【改編】テレビ東京系でゴールデン枠の番組放送枠を交換。月曜20時台(20:00 - 21:00)に放送していた『主治医が見つかる診療所』を木曜20時台(19:58 - 20:54、初回は21:48まで2時間SP)に、同じく木曜20時台にあった『世界!ニッポン行きたい人応援団』を月曜20時台へそれぞれ移動の他、水曜は18:55 - 19:00(第1部)・19:00 - 20:00(第2部)の『THEカラオケ★バトル』『ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜』の2番組の放送順を入れ替え[366]
  • 6日
    • 【バラエティ】フジテレビ系、月曜23時枠で放送されていたトークバラエティ『キスマイBUSAIKU!?』が放送枠を金曜0:25 - 0:55(木曜深夜)に移動、タイトルも『キスマイ超(スーパー)BUSAIKU!?』に改めリニューアル[367]、この日から放送開始。
    • 【報道】テレビ朝日系『報道ステーション』は、この日より毎週金曜日の気象情報担当キャスターとして、入社1年目新人アナウンサーの三谷紬が登板[336]
    • 【報道】BSフジの平日夜帯の報道番組『BSフジLIVE プライムニュース』は、地上波の『THE NEWSα』(金曜日担当)に異動した松村未央(フジテレビアナウンサー)の後任として、この日より竹内友佳(同)が毎週金曜担当キャスターとして登板[368]
  • 6日〜9日 - 【スポーツ】テレビ朝日系にて、カナダの旗 カナダモントリオールで開催の『世界体操2017』(現地時間:2日〜8日、オリンピック・スタジアムにて開催)を独占中継放送[369][370]。6日の男子個人総合決勝の模様はゴールデンタイム枠(19:00 - 21:48)にて放送された。
  • 6日・10日 - 【スポーツ】サッカーの国際試合『キリンチャレンジカップ2017』を生中継(6日・日本ニュージーランド戦、日本テレビ系、10日・日本対ハイチ戦、TBS系)。
  • 7日
    • 日本テレビ系
      • 【音楽】土曜未明(金曜深夜)枠に放送の、バカリズムの司会で人気の音楽番組『バズリズム』(0:30 - 1:30)がこの日より放送時間を29分繰り下げ(0:59 - 1:59)、『バズリズム02』と改題、リニューアル(初回は30分繰り下げの1:29 - 2:29)。
      • 【情報】土曜早朝の情報番組『ズームイン!!サタデー』は、この日の放送よりキャスター陣に長沢美月(ファッションモデル)が加入する[371]。また『ヒルナンデス!』へ異動した滝菜月(日本テレビアナウンサー)に代わり、同期入社の佐藤真知子(同)が『NNNニュースサタデー』などのニュースコーナーを担当する[372]
    • テレビ東京系
      • 【特番】この日未明(6日深夜)の『ソコアゲ★ナイト』枠にて、当初放送予定だった『山田孝之の演技入門』から急遽放送内容を変更し、当初と同様山田孝之(俳優)出演による『緊急生放送!山田孝之の元気を送るテレビ』(0:12 - 1:23)を生放送[373]
      • 【バラエティ】家族ドキュメントバラエティ『母ちゃんに逢いたい!』がこの週より放送枠を日曜夕方から土曜10:30 - 11:00へ移動。
    • フジテレビ系
  • 7日・14日 - 【トーク】毎日放送・TBS共同制作のトーク番組『サワコの朝』(土曜7:30 - 8:00)は、14日に放送300回を迎えるのを記念して、司会を務める阿川佐和子(エッセイスト・タレント)の友人として知られる檀ふみ(女優・タレント)とのトーク企画を2週連続で放送。
  • 8日
    • 【旅・バラエティ】TBS系の旅バラエティ『7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート』(日曜0:00 - 0:30〈土曜深夜〉)のアシスタントは、前週で卒業した茜音高嶋香帆栗咲寛子(いずれもタレント、女優など。2015年より在任)の3名に代わり、新たに宮沢セイラチェルシーリナ鈴川亜美(いずれもファッションモデル、タレントなど)の3名が登場。
    • 【報道】フジテレビ系日曜朝の『新報道2001』のMC陣に佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)が登板[注 52][352]
    • 【報道・選挙・討論】第48回衆議院議員総選挙(10日公示、22日投開票)の公示を前に、この日日本記者クラブにて行われた与野党8党の党首[注 53]による党首討論会の模様をNHK総合にて生中継した(13:05 - 15:00)。また、9日のTBS系『NEWS23』も公示前夜として放送時間を45分拡大(23:00 - 10日0:41)し、8党首が生出演しての党首討論を行った[374]他、11日のテレビ朝日系『報道ステーション』でも党首討論を実施。
    • 【クイズ】朝日放送制作・テレビ朝日系『パネルクイズ アタック25』にお笑いコンビ・ロザン宇治原史規が一般参加で挑戦。しかしパネルを1枚も獲得できずに惨敗した[375]
    • 【お笑い・バラエティ・再放送BSフジの日曜20:00 - 20:55枠にて、かつてフジテレビ系で1977年 - 1998年の21年間にわたって放送された、ザ・ドリフターズ出演のコントバラエティ番組『ドリフ大爆笑』をこの日から放送開始。同番組は、過去に放送された傑作コントを厳選・再編集した内容でおくる。
    • 【音楽・芸能】テレビ朝日系の日曜22時枠(21:58 - 23:05枠)にて、6月30日に放送された『次世代スター発掘オーディション!音楽チャンプ』をレギュラー化した音楽オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』を放送開始。司会は黒木瞳(女優)と村上信五(関ジャニ∞)のコンビが務める[319](15〜29日・11月12日は休止)。
  • 9日 - 【教養・バラエティ】TBS系月曜19:00 - 20:00枠にて、過去に5回単発特番で放送され好評を博した医療バラエティ『名医のTHE太鼓判!』がレギュラー放送開始(初回は20:54まで拡大の2時間SP)。司会は渡部建(アンジャッシュ)と山瀬まみ[注 54](タレント)が務め、児嶋一哉(アンジャッシュ)が毎週のスペシャルゲストとして出演する[376]
  • 11日 - 【バラエティ・旅】TBS系月 - 木曜日の深夜番組枠『テッペン!』(23:56 - 翌0:55、一部地域除く)枠で放送の旅バラエティ『クレイジージャーニー』が木曜日→水曜日に移動[339]
  • 14日〜23日(予定) - 【スポーツ】プロ野球クライマックスシリーズを、出場球団の地元局を中心にNHK(主にBS1)・地上波ならびにBSの民放各局で連日中継。うち、セ・ファイナルステージ「広島×DeNA」第3戦(20日)はフジテレビ系列で全国ネット放送予定[注 55]
  • 14日
    • 【スポーツ】日本テレビ系にて『第94回東京箱根間往復大学駅伝競走・予選会』(9:25 - 11:25、関東ほか一部地域のみ)を生中継。土曜日午前中の放送にもかかわらず10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)の好視聴率をマークした[377]
    • 【紀行・バラエティ】テレビ朝日系、4月から「ネオバラエティ・火曜」で放送していたロケバラエティ『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』が『陸海空 地球征服するなんて』に改題の上、土曜21:58 - 22:59に枠移動・拡大[197]。枠移動・拡大初回当日は通常放送とは別途に、18:30 - 20:54枠にも2時間半SPとして放送された。
  • 15日 - 【スポーツ】フジテレビ系にて、この日開催の総合格闘技イベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 1st ROUND -秋の陣-』を『ニチファミ!』(19:00 - 21:54)枠にて放送。
  • 16日
  • 17日 - 【情報・バラエティ】毎日放送制作・TBS系火曜20時枠にて、過去に2回特番として放送され好評を博した、滝川クリステル(フリーアナウンサー)がMCを務める情報バラエティ番組『教えてもらう前と後』をレギュラーに昇格する形で放送開始(初回は19:00開始の2時間SP)。滝川は『Mr.サンデー』(フジテレビ・関西テレビ共同制作)以来、4年半ぶりのレギュラーMCを務める[380]。第1回は、池上彰(フリージャーナリスト)をスペシャルMCに迎えておくる。
  • 19日 - 【バラエティ】TBS系『テッペン!』木曜日の新企画として、世界各国の風習・文化を紹介するバラエティ『世界くらべてみたら』(木曜23:56 - 翌0:55)が放送開始。MCは国分太一(TOKIO)と渡辺直美(お笑い芸人)が務める[381]
  • 20日22日(21日深夜)(予定)- 【スポーツ】テレビ朝日系にて、フィギュアスケートの国際大会であるグランプリシリーズ2017の第1戦・ロシア大会の模様を連日中継(以後、12月のグランプリファイナルまで全戦放送予定)[注 58]
  • 21日 - 【バラエティ】フジテレビ系、さまぁ〜ず冠司会の雑学バラエティ『さまぁ〜ずの神ギ問』が日曜13時枠からゴールデンタイムに昇格、土曜19時枠(19:00 - 19:57)に移動し放送開始。初回は2時間SP(19:00 - 20:54)で、ゲストに岡村隆史(ナインティナイン)を迎えておくる[382]
  • 22日(予定)
  • 22日〜23日(予定) - 【報道・選挙】第48回衆議院議員総選挙の開票特別番組をNHK総合と民放各局で放送(こちらを参照)。
  • 24日(予定) - 【バラエティ】テレビ東京系火曜19時台にて、特番で好評だった『ヒャッキン!〜世界で100円グッズを使ってみると?〜』をレギュラー化、同日より放送開始(初回は2時間SP)。
  • 28日〜(予定) - 【スポーツ】プロ野球・SMBC日本シリーズを各局で連日中継予定。
  • 30日(予定)
    • 【バラエティ・食】TBS系月曜22:00 - 22:54枠にて、ジャニーズ事務所所属の7人組グループ・関ジャニ∞メインで、4月と6月に単発特番で放送され好評を博したグルメバラエティ『ペコジャニ∞!』がレギュラー放送開始予定[339][384]
    • 【バラエティ】フジテレビ系「COOL TV・月曜」枠(23:00 - 23:40)にて、新感覚お笑いバラエティ『AI-TV』を放送開始。番組MCは人型ロボットの「Pepper」が務める[385]

11月[編集]

  • 上旬以降(予定) - 【スポーツ・バラエティ】テレビ朝日系日曜20時枠(19:58 - 20:54)にて、ビートたけしの冠MCで、1985年から1987年までの2年間ならびに1988年から1990年までの2年あまりの間放送され人気を博し、その後2015年から3年連続で年1回の復活版スペシャルで放送され好評のスポーツバラエティ『ビートたけしのスポーツ大将』が27年ぶりにレギュラー放送開始。新シリーズからはたけしに加え、復活特番から出演しているお笑いコンビ・ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之)も正式にレギュラーとなる。同番組開始に伴い、日曜20時枠の制作は前月までの朝日放送からテレビ朝日に移行する。
  • 4日(予定) - 【特番・料理】NHK Eテレにてこの日、長寿料理番組『きょうの料理』の放送60周年を記念した生放送特別番組『祝60歳 きょうの料理 伝説60』を放送予定(14:00 - )[386]
  • 11日(予定) - 【特番・クイズ】BSフジでこの日、中高年世代向けクイズ番組『クイズ!脳ベルSHOW』(月〜金曜 22:00 - 22:54)をベースとした11時間の生放送クイズ特番『11時間テレビ 全国対抗!脳トレ生合戦!!』(11:00 - 22:00)を放送する予定。総合司会は『脳ベルSHOW』司会コンビの岡田圭右ますだおかだ)と川野良子(フジテレビアナウンサー)が務める[387]
  • 12日(予定) - 【映画】テレビ朝日系でこの日、2016年に公開され大ヒットした特撮映画『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督。21:00 - )を地上波初放送する[388]

12月[編集]

その他テレビに関する話題[編集]

1月[編集]

熊本県民テレビ(KKT) 新ロゴ

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

北海道放送(HBC)社屋に隣接する「HBCパーキング」(新社屋建設予定地)

6月[編集]

  • 1日
  • 2日
  • 4日 - 【放送事故】朝日放送制作・テレビ朝日系でこの日放送された特番『めざせ!100% 地球ギャラリー〜コレクターズ99〜』(18:57 - 20:54)の放送中、19時15分から約1分半にわたり画像・音声が停止するトラブルが発生。番組スポンサーの一つであるショップチャンネルのCMの注文画面が無音のまま57秒間停止したため、その後29秒間「しばらくお待ちください」のテロップ画面を表示して対応。計1分26秒にわたる画面停止の後、番組はそのまま再開。19時50分に「先ほどお見苦しい所がありましたことをおわびいたします」のテロップを表示した[469]
  • 5日
  • 8日 - 【不祥事】俳優の小出恵介が、翌9日発売の『FRIDAY』(講談社)にて17歳女子高生との飲酒および淫行が報道されたことを受け、小出の所属事務所が無期限活動停止を発表、小出本人も事実と認め文書で謝罪[474]。これを受け、NHKが、10日から総合テレビで放送予定だった小出の主演ドラマ『神様からひと言〜なにわ お客様相談室物語〜』の放送を中止したほか、BSプレミアムで7月24・29日に放送予定だった映画『のだめカンタービレ 最終楽章』の放送も中止、さらにNHKオンデマンドで配信中だった過去の小出の出演作品についても、配信が休止された。また、日本テレビも、小出が出演予定だった、7月放送開始予定のドラマ『愛してたって、秘密はある。』について、小出の降板を発表[注 63]、公式サイトから小出の写真および名前を削除した[475]。さらに吉本興業]も、ネットフリックスで7月7日から配信予定だった、ジミー大西の半生を描くドラマ『Jimmy 〜アホみたいなホンマの話〜』(主演:中尾明慶)を制作、小出を明石家さんま役で起用していたが、配信が困難となり、同日、東京都内でジミー大西が出席し行う予定だったドラマ原作本の発売イベントを中止[476]。なお、『Jimmy』については小出以外はそのまま出演し、さんま役は別の俳優を立てて改めて撮影されることになった[477]
  • 13日 -
    • 【訃報】 元NHKアナウンサー(1958年 - 1962年)で、フリーアナウンサーを経て、女優として『キイハンター』(TBS系)や『ずっとあなたが好きだった』(TBS系、1992年)など数多くの作品に出演した野際陽子が、この日、肺腺癌のため逝去(81歳没)[478]
    • 【訃報】 元東京放送(TBS)アナウンサー(1965年入社)で、プロ野球テニスゴルフなどの実況を担当し、TBS退職後はフリーアナウンサーやTBSアナウンススクール特別講師なども務めた多田護が、この日逝去(76歳没)[479]
  • 16日 - 【人事・宮崎県】テレビ宮崎はこの日の株主総会並びに取締役会に於いて、代表取締役社長の渡邊道徳が健康問題を理由に退任することを認め、新社長には専務取締役の寺村明之(関西テレビ出身)を昇格させる人事を執行した[480]
  • 22日
    • 【訃報】日本テレビ系『恋のから騒ぎ』出身で、フジテレビ系『めざましどようび』初代お天気キャスターや日本テレビ系『NEWS ZERO』初代キャスターなどを務め、乳がんにより予てから闘病中だったフリーアナウンサー・タレントで十一代目市川海老蔵夫人の小林麻央がこの日逝去(享年34)[481]
    • 【人事・北海道】テレビ北海道(TVH、テレビ東京系)はこの日開催の株主総会後の取締役会において、専務の松井正憲が社長に昇格。前社長の関口尚之は日本経済新聞社顧問に就任した[482]
  • 23日
    • 【動画配信】吉本興業などが運営する映像配信アプリ「大阪チャンネル」がこの日より、過去の在阪局制作人気番組を現代風にアレンジして新たに制作した番組を独占配信開始[483]
    • 【人事・新潟県新潟テレビ21(UX、テレビ朝日系)はこの日、代表取締役社長の玉知夫が同日付で取締役相談役となり、玉の後任となる新社長に常務取締役の桒原美樹が就任[484]。なお、桒原は民間テレビ放送局として史上初の女性社長となる[485]
    • 【人事・福岡県】福岡放送(FBS、日本テレビ系)はこの日、日本テレビ放送網より菅原洋二日本テレビホールディングス兼日本テレビ常務取締役)が招聘され、同社代表取締役社長に就任[486]
  • 26日 - 【人事・岡山県】テレビせとうち(TSC、テレビ東京系)は、代表取締役社長の川端英男が代表取締役会長となり、川端の後任となる新社長として、山陽新聞社常務総務局長の土井雅人が招聘された[487]
  • 27日 - 【人事】テレビ東京およびTXHDは、この日行われた株主総会及び取締役会にて、社長の高橋雄一が両社の代表権のある会長に就任し、後任の社長に、テレ東・TXHD副社長の小孫茂が就任した[488]
  • 28日
  • 29日 - 【人事・岡山県山陽放送(RSK、TBS系)は、この日に開催された定時株主総会並びに取締役会にて代表取締役社長の原憲一が代表取締役会長に、原の後任の代表取締役社長に専務取締役の桑田茂が昇格[494]
  • 30日
    • 【人事・福井県福井テレビ(FTB、フジテレビ系)は、この日に開催された株主総会並びに取締役会に於いて、代表取締役社長の光野稔が会長に就任し、常務取締役の山田耕太郎が社長に昇格[495]
    • 【結婚】 お笑い芸人の陣内智則(よしもと所属)と、フジテレビアナウンサーの松村未央がこの日結婚したことを発表[496][497]
くまもと県民テレビ(KKT) 新社屋

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 4日 - 【訃報】 青森放送(RAB)会長(元社長)で、元ノルディックスキー選手(1968年グルノーブルオリンピック1972年札幌オリンピック距離競技日本代表)でもあった長崎昭義が、この日、弘前大学医学部附属病院にて多臓器不全により逝去(72歳没)[521][522]
  • 6日 - 【イベント・お笑い】 日本テレビが、史上初となる女性限定のお笑いコンテストとして、「一番面白い」女流お笑い芸人No.1を決定する「女芸人No.1決定戦 THE W」を開催することがこの日明らかになった。同日から10月12日までエントリーを受付、10月から東京・大阪で予選を行い、12月に決勝を開催、優勝者には賞金1000万円が進呈される。決勝は日本テレビ系列で生放送する予定[523][524]
  • 14日 - 【BPO】 BPOの放送倫理検証委員会は、フジテレビ系の2番組でインターネット上の誤った情報・画像を引用した問題で、川端和治委員長がこの日、ネット上の情報利用について注意喚起する委員長談話を公表した[525][526]
  • 30日
    • 【進退】名古屋テレビ放送(メ〜テレ)アナウンサーの田中麻耶(2013年入社)がこの日付で同社を退職し、セント・フォース所属のフリーアナウンサーへ転向[357]
    • 【進退・結婚】毎日放送アナウンサーの前田阿希子(2006年入社)が、ドバイ在住の日本食レストラン従業員の男性と結婚・移住のため、この日付で同社を退職。

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

  • 18日 - 【進退】 日本テレビのアナウンサー小熊美香(2008年入社)が、「第1子の出産後は子育てに専念したい」という意向によりこの日付で10年間在職した同局を退職予定。なお、小熊は第1子の妊娠・出産のために5月限りで『キユーピー3分クッキング』などの担当番組を離れており、6月16日に出社した後に産前産後休暇に入り、休暇を消化した後に退職となる[536]
  • 上旬 - 【進退】 テレビ東京アナウンサーの大橋未歩(2002年入社)が「自分の身体とゆっくり向きあいたい」として、当月上旬を目処に15年間在職した同社を退職予定[328]
  • 末日 - 【進退】 テレビ朝日アナウンサーの宇佐美佑果(2012年入社)が、当月末を以て退職予定。今後については「語学力を活かすべく海外へ留学を予定」とされる[537]

周年[編集]

番組[編集]

周年 番組(主管局)
1 35 チバテレビカラオケ大賞21千葉テレビ放送
2 10 世界の果てまでイッテQ!日本テレビ[538]
ごぶごぶ(毎日放送)
4 45 金曜ロードSHOW!(日本テレビ)[注 64]
40 IBCニュースエコーIBC岩手放送
テレビ寺子屋テレビ静岡
テレポート山陰山陰放送
30 月9ドラマフジテレビ[注 65]
朝まで生テレビ!テレビ朝日
北海道中ひざくりげ(NHK札幌)
25 クレヨンしんちゃん(テレビ朝日)
ニャンちゅうワールド放送局NHK Eテレ[注 66]
20 スーパーJチャンネル(テレビ朝日)
ポケットモンスターシリーズテレビ東京
15 行列のできる法律相談所(日本テレビ)
やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜(テレビ朝日)
日経スペシャル ガイアの夜明け(テレビ東京)
10 モヤモヤさまぁ〜ず2(テレビ東京)[注 67]
ボクらの時代(フジテレビ)
さまぁ〜ず・さまぁ〜ず(テレビ朝日)
FFFFF(北海道テレビ放送)
所さんの世田谷ベースBSフジ
5 10 関ジャニ∞のジャニ勉(関西テレビ)
6 20 とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ)
10 旅コミ北海道じゃらんdeGO!(テレビ北海道)
7 30 FNSの日FNS27時間テレビ(フジテレビ / FNS27局[注 68][注 69]
10 ブギウギ専務(札幌テレビ放送)
8 40 鳥人間コンテスト(読売テレビ)
9 20 SASUKE(TBS)
10 60 テレビ体操NHK
55 NHK杯テレビ囲碁トーナメント(NHK Eテレ)
40 釣りごろつられごろテレビ新広島
35 タモリ倶楽部(テレビ朝日)[注 70]
30 FNNスピーク(フジテレビ)[注 71]
サンデーモーニングTBS[注 72]
25 ぶらり途中下車の旅(日本テレビ)
20 踊る!さんま御殿!!(日本テレビ)
おはスタ(テレビ東京)
奇跡体験!アンビリバボー(フジテレビ)
15 真相報道 バンキシャ!(日本テレビ)
相棒シリーズ(テレビ朝日)
10 秘密のケンミンSHOW読売テレビ
ローカル路線バス乗り継ぎの旅(テレビ東京)
11 50 きょうの料理(NHK Eテレ)[注 73]
12 55 キユーピー3分クッキングCBCテレビ[注 74]
25 ミュージックステーションスーパーライブ(テレビ朝日)

開局・放送開始[編集]

デジタルテレビジョン放送局の開局は2003年12月1日以降であるため、前身のアナログテレビジョン放送からの通算。

周年 放送局
3 55 NHK EテレNHK名古屋
35 テレビ大阪
4 60 北海道放送
55 名古屋テレビ放送(メ〜テレ)[注 75]
NHK Eテレ(金沢鹿児島
45 北海道文化放送テレビ神奈川びわ湖放送
35 熊本県民テレビ
20 さくらんぼテレビジョン高知さんさんテレビ
5 60 NHK総合松山北九州[注 76]
45 NHK Eテレ(沖縄
6 60 NHK総合(静岡
55 NHK Eテレ(札幌松山
9 55 広島テレビ放送
NHK Eテレ(山口福岡
20 J SPORTS[539]
10 55 仙台放送
NHK Eテレ(帯広
35 鹿児島放送
25 秋田朝日放送あいテレビ[注 77]
11 55 NHK Eテレ(山形長野新潟福井
12 60 NHK総合(岡山金沢
55 NHK Eテレ(松江大分
10 BS11[540]TwellV[541]

番組開始・開局以外[編集]

キリ番・記念回[編集]

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

視聴率[編集]

15分以上の番組のみ記す。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。その他地域別の視聴率はその他テレビに関する話題に。

スポーツ[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 28.4% 1月3日
7:50 - 14:18
★SAPPORO新春スポーツスペシャル
第93回東京箱根間往復大学駅伝競走復路[545]
日本テレビ
2 27.4% 3月14日
19:42 - 22:50
2017 ワールド・ベースボール・クラシック二次ラウンド
日本キューバ・第2部[注 95][546]
TBSテレビ
3 27.2% 1月2日
7:50 - 14:05
★SAPPORO新春スポーツスペシャル
第93回東京箱根間往復大学駅伝競走・往路[545]
日本テレビ
4 25.8% 3月15日
19:08 - 21:54[注 96]
2017 ワールド・ベースボール・クラシック二次ラウンド
日本イスラエル[546]
テレビ朝日
5 25.2% 3月12日
19:08 - 翌0:09
2017 ワールド・ベースボール・クラシック二次ラウンド
日本オランダ[546]
6 24.4% 3月26日
17:00 - 18:10
大相撲春場所・千秋楽[547] NHK総合
7 24.2% 8月31日
18:30 - 21:35
2018 FIFAワールドカップ・アジア地区最終予選
日本オーストラリア
テレビ朝日
8 22.2% 3月7日
19:45 - 23:10
2017 ワールド・ベースボール・クラシック一次ラウンド
日本キューバ・第2部[注 97][546]
TBSテレビ
9 21.5% 1月22日
17:00 - 18:00
大相撲初場所・千秋楽[548] NHK総合
10 21.2% 3月8日
19:34 - 22:32
2017 ワールド・ベースボール・クラシック一次ラウンド
日本対オーストラリア・第2部[注 98][546]
TBSテレビ
3月25日
17:00 - 18:00
大相撲春場所・14日目[547] NHK総合
12 21.1% 1月21日
17:00 - 18:00
大相撲初場所・14日目[548]
13 20.0% 3月28日
19:31 - 21:35
2018 FIFAワールドカップ・アジア地区最終予選
日本対タイ[549]
テレビ朝日

ドラマ・映画[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 25.6% 8月26日
21:18 - 23:18
24時間テレビドラマスペシャル
時代をつくった男 阿久悠物語[550]
日本テレビ
2 24.4% 9月28日
8:00 - 8:15
連続テレビ小説ひよっこ #26-4(154) NHK総合
3 22.5% 1月20日
8:00 - 8:15
連続テレビ小説・べっぴんさん #15-5(90)[551]
4 22.3% 10月5日
8:00 - 8:15
連続テレビ小説・わろてんか #1-3(3)[552]
5 20.9% 10月12日
21:00 - 22:09
木曜ドラマドクターX〜外科医・大門未知子〜 第5シリーズ #1[553] テレビ朝日

バラエティ・歌番組[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 28.4% 8月27日
19:00 - 20:54
24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜PART10[550] 日本テレビ
2 26.1% 8月27日
17:23 - 19:00
24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜PART9[550]
3 25.9% 8月26日
18:30 - 21:18
24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜PART1[550]
4 23.6% 8月27日
21:00 - 21:54
行列のできる法律相談所[550]
5 22.5% 2月5日
19:58 - 21:54
世界の果てまでイッテQ!10周年アワード
イモトWT99か国の奇跡2時間SP[554]
6 22.2% 10月8日
17:30 - 18:00
笑点[555]
7 21.2% 1月22日
19:00 - 20:54
ザ!鉄腕!DASH!! DASH島に産業革命起こせ!2時間SP[556]
8 20.5% 8月27日
16:59 - 17:23
24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜PART8


主な放送番組[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ さんまのまんま』は2016年9月でレギュラー放送を終了したが、現在は単発特番として放送している。
  2. ^ 2016年6月18日に関西ローカルで放送された『さんまのまんま大阪から生放送SP2016』にウルフルズが出演した際、さんまに番組テーマ曲を作ることを約束し、今回実現された[3]
  3. ^ 一部地域では番組名の独自差し替えを行ったり、非ネットの上自社制作のニュース(・天気予報)を放送する局もある。
  4. ^ 小林は放送から5か月後の6月22日に逝去(34歳没)。
  5. ^ HBCによるタテ読みの記載手法は北海道ローカルのプロ野球中継『Bravo!ファイターズ』で話題となり[注2 1]、全国ネットの番組では初[注2 2]。番組部分には薄青色の網掛けに「H」の白抜きが施された。
  6. ^ なお、HBC(北海道放送)のみ『Bravo!ファイターズ「北海道日本ハムファイターズvs埼玉西武ライオンズ」』生中継の為、7月8日11:59-14:50に放送され、『王様のブランチ(午後の部)』は休止となった。
  7. ^ 通常この時間枠で放送されている『朝の!さんぽ道』は期間中放送休止になる。
  8. ^ なおTXN系列局のうち、テレ東・テレビ愛知テレビ大阪は深夜帯時代に放送されていたが、当時未放送であったテレビ北海道テレビせとうちTVQ九州放送において初放送となった[31]
  9. ^ Season2は2016年11月27日終了。2017年からは再び特番で継続。
  10. ^ 『クイズ☆スター名鑑』の打ち切りについては、2月22日に行われたTBSテレビの社長定例会見で明らかになった[44]。なお、制作局(関東地区)に限り、3月3日早朝(2日深)に30分枠で『特別編』を別途放送する。
  11. ^ なお、演歌歌手ではこれまでに北島三郎が『おじゃる丸』(NHK Eテレ)、吉幾三が『ゲゲゲの鬼太郎・第3作』(フジテレビ系)、天童よしみが『いなかっぺ大将』(フジテレビ系)、八代亜紀が『とっても!ラッキーマン』(テレビ東京系)でオープニング主題歌を、小林幸子が『ポケットモンスター』(テレビ東京系)でエンディングテーマを担当した事例などがある。
  12. ^ NAOMIの部屋』(不定期、土曜日未明(金曜日深夜))ではMCを務める。
  13. ^ 当初、『土曜プライム土曜ワイド劇場温泉若おかみの殺人推理30』を同日放送する予定だったが、本作出演者の一人に違法賭博問題が発覚したことから放送延期を決定し、代替として松下由樹主演の人気シリーズ『土曜プライム・土曜ワイド劇場・おとり捜査官20』を一旦繰り上げ放送を決める[76] も、金正男暗殺事件を受け、『土曜プライム』枠外の緊急報道特番を放送することとなった
  14. ^ なお、2月28日未明(27日深夜)の再放送枠では当該回を差し替え「超濃厚!豆腐ニューワールド」の回(2016年11月9日放送)を再放送した。
  15. ^ なお、NHK総合では同日、船村徹(作曲家、2月16日逝去)の追悼特番『ありがとう〜作曲家・船村徹さん』(16:05 - 16:50)を放送予定[81]だったが、石原の会見が延長したため、7日の同時間帯に移動して放送された。
  16. ^ 4月18日に移動して放送。なお『徹子の部屋』はこの週(3月13日〜20日)「夫婦ウィーク」として放送していたが、1日中断する形となった。
  17. ^ なお、BS5局共同制作・同時放送番組は2000年12月1日の開局とともに放送された『松任谷由実ワンナイトコンサート Brothers & Sisters』以来16年ぶりとなる[95]
  18. ^ 過去には、テレビ東京系列を中心とした各地の地方局にネットされていたが、2016年9月までに全国ネット番組としての役割を段階的に終了し、最後の半年間は関東ローカル番組に降格する形になっていた。
  19. ^ 当初は総合テレビで放送。
  20. ^ 前夜の『有吉反省会スペシャル』(22:00 - 23:24、2日0:00 - 0:25に30分遅れで通常放送も別途あり。)の関係で30分繰り下げとなり、日曜日になってからの放送。
  21. ^ 前夜の『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦 2017春』(19:00 - 22:54)に伴う特別編成の関係で5分繰り下げとなり、月曜日になってからの放送。
  22. ^ ちなみに福島放送福島まるごとライブ ヨジデス』で司会を務める逸見太郎はふかわの前任の司会者であった。
  23. ^ 鳥越佳那、垣内麻里亜、臼井佑奈の3名は2017年入社の新人女性アナウンサーであり、入社直後のレギュラー番組担当となる[160]
  24. ^ 通常時『ワイド!スクランブル・第1部』に内包の『ANNニュース』は臨時に単独番組扱いとなり、12:50 - 13:05(当初予定より35分遅れ)に移動、『ワイド!スクランブル・第2部』は20分繰り下げ・短縮となった(当初通常放送の予定だった)ほか、『徹子の部屋』の通常放送は休止となった[注2 3]
  25. ^ 土曜日の編成変更により、日テレ系では金曜日を除く全曜日でゴールデン帯が3番組連続バラエティ編成となる。また、この改編により日テレ系で21時開始の現行ドラマ枠がなくなる。
  26. ^ TBS系列の全国ネットで1時間のアニメ枠が設置されるのは1983年の『超時空要塞マクロス』『愛の戦士レインボーマン』以来、34年ぶりとなる[126]
  27. ^ 『サンデーステーション』の初回は24分後拡大(20:54 - 22:18)。
  28. ^ 日本テレビ系は『スッキリ!!』『PON!』(後者は中京テレビのみネット)、フジテレビ系は『ノンストップ!』(一部地域は別番組)。
  29. ^ テレビ朝日は『じゅん散歩』、TBSは『おびゴハン!』(いずれも関東地区)をそれぞれ休止した。
  30. ^ 2016年7月期「水曜ドラマ」枠で放送されたドラマの特別版。
  31. ^ その日は字幕放送は実施したものの、副音声による解説放送と連動データ放送は中止した。
  32. ^ 当日は豊崎海浜公園豊崎美らSUNビーチより生中継予定だったが、当日、沖縄地方を襲った豪雨強風の異常気象によりイベント本体が中止となったため[245]、総選挙会場を公民館に移し、結果的に総選挙史上初の無観客開催で行われた。
  33. ^ なお『藤井聡太14才』は、当初東海テレビでのみ『その原因、Xにあり!』の差し替え番組として東海地区ローカルで放送予定であったが、フジテレビほか大半の同系列局にて東海テレビと同時ネットに変更となり、他日振替の局をあわせ、関西テレビ以外のフジテレビ系列27局で放送された。その後フジテレビ系列のない地区でも系列外番販遅れネットを行った局がある。
  34. ^ 『その原因、Xにあり!』を通常時にフジテレビと同時ネットとはしていない系列局の一部でも東海テレビと同時ネット。一方、『その原因、Xにあり!』の通常時同時ネット局の一部では、当初の編成時点でこの日に限り別の自社制作番組への差し替えを決めていたため、『藤井聡太14才』を他日振替。
  35. ^ 放送中止の理由として、静岡県伊豆半島沖でのアメリカ海軍イージス駆逐艦フィリピンコンテナ貨物船の衝突事故を連想させることへの配慮とされる[253][注2 4]
  36. ^ 第3代男性司会者として、1986年10月2日から1988年12月29日の『豪華版』まで担当した。
  37. ^ 27日の一時中断番組である『NNNニュースサンデー』・『NNNニュース』を含む。
  38. ^ 玉突きで『ひよっこ』第128話再放送は30日8:00 - 8:15(本来の次回分の本放送の時間帯)に臨時枠移動となり、同第129話本放送は臨時に15分繰り下げ(30日8:15 - 8:30)とし、『あさイチ・第1部』は臨時に15分繰り下げ・短縮とする。
  39. ^ テレビ東京テレビ大阪テレビ愛知では再放送。テレビ北海道テレビせとうちTVQ九州放送では本放送扱い。
  40. ^ 19時台はローカルセールスのため、一部の系列局では自社制作のローカル番組を放送する関係上、通常時の開始時刻である19:56に飛び乗りネット。また、金曜20:54 - 21:00に通常時放送している各局別のミニ枠を優先する一部系列局では通常時の終了時刻である20:54をもって飛び降り。
  41. ^ 眞子内親王の婚約内定会見は当初7月8日に予定していたが、九州北部豪雨の影響を鑑みて延期していた。また、当日は北朝鮮の核実験関連の報道を挿みつつ放送した。
  42. ^ テレビ東京では9月18日朝にスペシャル番組『皇室の窓』にてダイジェスト版で放送された。
  43. ^ 同日はNHK BS1でも「阪神巨人」(阪神甲子園球場)が同時間帯で生中継されたが、広島はDeNAに勝利したものの、阪神が巨人に2-2で引き分けたため、この日は広島のリーグ優勝とはならなかった。
  44. ^ 玉突きで『ひよっこ』第143話再放送は16日8:00 - 8:15(本来の次回分の本放送の時間帯)に臨時枠移動となり、同第144話本放送は臨時に15分繰り下げ(16日8:15 - 8:30)とし、『週刊ニュース深読み』は臨時に15分繰り下げた。
  45. ^ GAORAでも当日夜に録画中継したほか、スカイAでは翌19日昼にも再放送を行った。
  46. ^ 日本テレビ・NET変則クロスネット時代の『六法やぶれクン』(当時は日本テレビ系で放送)から換算すると50年近くとなる。
  47. ^ 後番組となる10月新番組の『サンデーLIVE!!』がテレビ朝日・朝日放送・メ〜テレの共同制作(3局共同制作は珍しい例)となるため、メ〜テレがアニメ制作から撤退するのみならず、同局単独制作による全国ネット番組も消滅[注2 5][注2 6]
  48. ^ 2011年4月から2014年3月までは『ヨルパチーノ』枠の金曜日という位置づけであった。
  49. ^ 1975年3月までテレビ朝日(当時・日本教育テレビ)は、関西地区では毎日放送にネットしており、1975年4月からネットチェンジ(腸捻転解消)の実施で朝日放送に変更することとなった。
  50. ^ テレビ朝日・福島放送琉球朝日放送の場合。左記3局以外のテレビ朝日系列フルネット21局では時差ネットに移行し、BS朝日でも別枠での遅れネットのままで別枠に枠移動する。系列外局5局では放送時間に変更が生じないため、結果的に系列外同時ネット局の福井テレビでは時差ネットに移行。
  51. ^ 第1回(1997年10月28日)放送時のゲストだった。
  52. ^ なお、佐々木は前身の『報道2001』を1997年4月〜1998年3月の1年間担当したことがあり、同枠では19年ぶりの復帰となる。
  53. ^ 自民党安倍晋三首相)、公明党山口那津男日本のこころ中野正志希望の党小池百合子東京都知事)、日本維新の会松井一郎大阪府知事)、共産党志位和夫立憲民主党枝野幸男社民党吉田忠智の各氏。
  54. ^ レギュラー初回の放送では、両足を骨折して入院中だったため出演しなかった。
  55. ^ 但し20日、系列局のテレビ西日本および仙台放送パ・ファイナルステージ「ソフトバンク×楽天」第3戦に差し替え。
  56. ^ 『なら≒デキ』から引き続き担当。
  57. ^ 前番組『世界ルーツ探検隊』から続投。
  58. ^ 但し「NHK杯」(日本の旗 日本、11月)はNHK総合にて放送。
  59. ^ 2016年1月4日 - 2017年1月1日の52週間。
  60. ^ 1962年8月4日創刊からの換算。
  61. ^ 2016年4月4日 - 2017年4月2日の52週間をいう。
  62. ^ 『ワールドプロレスリング』は1969年7月から1973年3月までは日本プロレスの中継をしており、現在のように新日本プロレスの中継になったのは1973年4月からである。
  63. ^ 後日、代役として賀来賢人の起用が決定された。
  64. ^ 前身の『水曜ロードショー』、改題前の『金曜ロードショー』から換算。
  65. ^ 第1作は『アナウンサーぷっつん物語』(1987年4月 - 5月)。
  66. ^ 前身の『母と子のテレビタイム土曜版→母と子のテレビタイム日曜版→あつまれ!わんパーク→ニャンちゅうといっしょ』から換算。
  67. ^ 深夜番組時代からの通算。
  68. ^ 放送開始当初は25局(山形テレビ(現:テレビ朝日系列)も含む。岩手めんこいテレビさくらんぼテレビ高知さんさんテレビは当時未開局)。
  69. ^ 本年は9月放送。
  70. ^ ちなみに、同じくタモリ司会で、同時期に放送開始した『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ、2014年3月31日終了)も35周年となる。
  71. ^ 前身の『FNNニュースレポート11:30』(1982年4月 - )から換算すると35周年。
  72. ^ 前身の『関口宏のサンデーモーニング』から換算。
  73. ^ かつては総合テレビでも放送されていた。
  74. ^ 日本テレビ版は遅れて1963年1月21日に開始したため、2018年1月で55周年となる。
  75. ^ 開局当時は「名古屋放送」として開局。1987年4月1日に社名を現在の「名古屋テレビ放送」に変更。2003年に愛称の「メ〜テレ」を使用し現在に至る。
  76. ^ 開局当時は小倉放送局。
  77. ^ 開局当時は「伊予テレビ」として開局。2002年10月1日の開局10周年に際し、商号を愛称と同じ「株式会社 あいテレビ」に変更し現在に至る。
  78. ^ 発足当時の名称は「メガTONネットワーク」。1983年テレビ愛知1985年テレビせとうちがそれぞれ開局する。1989年テレビ北海道(1989年開局)、TXN九州(現:TVQ九州放送1991年開局)の2局が開局するのを前提に現在の「TXN」に改称。
  79. ^ これを最後に、当時のラテ兼営局で「ラジオ○○」を正式社名としていた局は消滅(厳密には岐阜放送が1968年8月に「ラジオ岐阜」から社名変更したのが最後(当時はラジオ単営局で、テレビ放送開始に伴って名称変更))。
  80. ^ 2003年10月には社名を「全国朝日放送株式会社」から「株式会社テレビ朝日」(旧法人)に変更、略称も「EX」に改める。2014年4月に在京キー局では最後の放送持株会社「株式会社テレビ朝日ホールディングス」を発足させ、現法人の「株式会社テレビ朝日」は旧法人の持株会社移行に伴う会社分割により設立された2代目法人である。
  81. ^ 発足当初は、日本テレビ、読売テレビ札幌テレビ福岡放送青森放送テレビ岩手宮城テレビ(現:ミヤギテレビ)秋田放送山形放送福島中央テレビ山梨放送北日本放送福井放送日本海テレビ広島テレビ山口放送四国放送西日本放送南海放送高知放送テレビ大分および名古屋放送(現:メ〜テレ。現在はテレビ朝日系列)と新潟総合テレビテレビ熊本鹿児島テレビ(以上3局はいずれも現在のフジテレビ系列)の全25局が加盟。
  82. ^ 発足当初は、日本教育テレビ(NET。現:テレビ朝日)、北海道放送、青森放送、岩手放送(現:IBC岩手放送)東北放送、秋田放送、山形放送、福島テレビ、山梨放送、新潟放送信越放送静岡放送、北日本放送、北陸放送、福井放送、中部日本放送(現:CBCテレビ)、毎日放送、日本海テレビ、山陰放送山陽放送中国放送、山口放送、四国放送、西日本放送、南海放送、高知放送、RKB毎日放送長崎放送熊本放送大分放送宮崎放送南日本放送沖縄テレビおよび文化放送(ラジオ単営)の全34局が加盟。
  83. ^ それ以前の愛称は、テレビが「岐阜テレビ」、ラジオが「(AM)岐阜ラジオ」。
  84. ^ 通常バージョン14回、品格版2回、常識版4回。
  85. ^ スペシャル放送も含む。レギュラー200回達成は2月22日。
  86. ^ 各ゲストを前後半(2週)で放送している。
  87. ^ 先行しているテレ朝動画では251回目。
  88. ^ 最終回となった。
  89. ^ スペシャル回も含む。レギュラー100回達成は7月16日。
  90. ^ 1000回記念特番は3月25日に放送された。
  91. ^ 2009年は大会自体が中止のため、中断分を除いた換算。
  92. ^ マスカットナイトと後継番組のマスカットナイト・フィーバー!!!の合算。「マスカット」シリーズ通算では358回目。
  93. ^ 10回目までは放送されておらず、放送局はNHK総合、日本テレビを経て現在に至る。イベント自体は50回目。
  94. ^ 放送局はフジテレビを経て現在に至る。
  95. ^ 18:15 - 19:42に第1部の放送があり。
  96. ^ 21:54の時点でも試合が続いていたため、直後の『報道ステーション』(21:54 - 23:20、10分後拡大)内で22:49まで中継された。
  97. ^ 18:00 - 19:45に第1部の放送があり。
  98. ^ 18:00 - 19:34に第1部の放送が、22:32 - 22:54に第3部の放送が、それぞれあり。

補足[編集]

  1. ^ その他にもCBCRCCプロ野球中継で行った。
  2. ^ 全国放送ではこれ以前に、2016年8月22日にNHKが『リオデジャネイロオリンピック閉会式』で用いた(当時台風9号および台風11号の影響により、放送予定の総合テレビから全編Eテレでの放送に変更となった)。その後、東海地区において、NHK総合『ブラタモリ』でタモリ名古屋を訪問した回(6月10日放送)でも行われた(こちらを参照)。
  3. ^ なお、同日19時からの『徹子の部屋』の2時間特番『徹子の部屋 春の最強夢トークスペシャル』は予定通り放送された。
  4. ^ 同枠における過去の事例では、2013年1月25日放送予定のドラマ特別企画『リバース』(本年4月期のTBS系ドラマとは無関係)がアルジェリア人質事件を連想させることへの配慮で放送を延期(同日は映画『書道ガールズ!!』に変更)したケースがある(『リバース』は同年4月5日に放送された)。
  5. ^ 『サンデーLIVE!!』はテレ朝からの送出となるため、メ〜テレからテレ朝への逆ネットはなくなるが、『ウドちゃんの旅してゴメン』等、テレ朝で放送しない一部地域の番販ネットは継続。
  6. ^ 名古屋テレビ発の全国ネット番組はアニメ以外では、日本テレビ系列時代に『11PM・土曜版』を制作・放送し、テレビ朝日系列一本化後も『ブンブンバンバン』や『ケントのどういうKnow?』などが放送された。

出典[編集]

  1. ^ ナイナイMC「爆笑ヒットパレード」50周年、「ENKAIGEIグランドスラム」登場 お笑いナタリー 2016年12月22日
  2. ^ “ぐるナイ・ゴチ新メンバーに大杉漣と渡辺直美 2人同時加入”. スポーツニッポン. (2017年1月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/02/kiji/20170102s00041000075000c.html 2017年1月3日閲覧。 
  3. ^ ウルフルズ、『さんまのまんま』ED曲を書き下ろし 男の約束を果たす ORICON STYLE 2017年1月2日
  4. ^ 太川陽介&蛭子能収、来年正月で『路線バスの旅』卒業 全国「行きつくして…もうルートがない」 ORICON STYLE 2016年11月26日
  5. ^ “太川&蛭子、最後のガチンコ旅はリタイア「失敗して終わるのはこの番組らしい」”. スポーツ報知. (2017年1月2日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170102-OHT1T50124.html 2017年1月5日閲覧。 
  6. ^ アラおめ!2017 フジテレビ
  7. ^ a b c 2016年1月4日 - 2017年1月1日までの52週間を指す。
  8. ^ 「ZIP!」年間視聴率、民放同時間帯1位 日テレNEWS24、2017年1月4日
  9. ^ “ミス青山の福田成美さん グッド!モーニングに抜てき! 4日から登場”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社. (2017年1月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/03/kiji/20170102s00041000090000c.html 2017年1月3日閲覧。 
  10. ^ a b 絶好調!『ひるおび!』が5年連続年間視聴率同時間帯トップに!! TBSホット情報、2017年1月4日
  11. ^ 『ひるおび!』5年連続で年間視聴率同時トップ 好調をキープ”. ORICON STYLE (2017年1月4日). 2017年1月4日閲覧。
  12. ^ “フジ『とくダネ!』年間視聴率で民放首位を3年連続キープ”. ORICON STYLE (オリコン). (2017年1月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2084082/full/ 
  13. ^ “近野キャスター「深層NEWS」の顔に…BS日テレ1・4から”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年12月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161220-OHT1T50034.html 2016年12月20日閲覧。 
  14. ^ 所さん!大変ですよ「まさか! 動物園の希少動物に“出生の秘密”?」 NHK-PR 2017年1月1日
  15. ^ 所さん!大変ですよ「○○で自宅バレ!?アイドルを襲った恐怖」 NHK番組表 2017年6月22日
  16. ^ “柴田阿弥、「ウイニング競馬」MCに! フリーアナ転身後初の大役ゲット”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社: pp. 1-3. (2016年12月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161202/geo16120205050018-n1.html 2016年12月2日閲覧。 
  17. ^ “『ダウンタウンなう』22時台・『金曜プレミアム』前倒し - フジ金曜1月改編”. マイナビニュース. (2016年12月3日). http://news.mynavi.jp/news/2016/12/03/091/ 2016年12月3日閲覧。 
  18. ^ 『人生最高レストラン』1月7日スタート!! TBSホット情報 2016年12月26日
  19. ^ チュート徳井:「新チューボーですよ!」後番組でMCに 「意識するとつぶれちゃう」と本音も MANTAN WEB、2016年12月23日
  20. ^ “「BSイレブン競馬中継」リニューアル 史上初“ダブルUMAJO””MCも”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2016年12月27日). http://www.daily.co.jp/horse/2016/12/27/0009783967.shtml 2016年12月27日閲覧。 
  21. ^ “北の富士氏が心臓手術 NHKの解説は休み、3月春場所で復帰意向”. スポーツニッポン. (2017年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/01/08/kiji/20170108s00005000174000c.html 2017年1月8日閲覧。 
  22. ^ “DAIGO、初の競馬番組レギュラーMC!「馬好王国」7日“発走””. サンケイスポーツ. (2017年1月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170104/geo17010405030009-n1.html 2017年1月4日閲覧。 
  23. ^ 青山アナ 海外経験生かす BS朝日報道番組「いま世界は」新キャスター デイリースポーツ、2016年12月26日
  24. ^ a b 連載30周年記念!さくらももこ脚本まつり とれたてフジテレビ 2017年1月4日
  25. ^ 小林麻央「試練越えたら、もっと良いパートナーに」 がん公表後、初の出演で 産経ニュース(産経新聞社)2017年1月9日
  26. ^ “海老蔵特番、17.1%の高視聴率をマーク”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2017年1月10日). http://www.news24.jp/articles/2017/01/10/08351129.html 2017年1月10日閲覧。 
  27. ^ 『HBCカップジャンプ』放送記念!朝日新聞テレビ欄でタテ読み企画 テレビドガッチ、2017年1月9日
  28. ^ 『東京フレンドパーク』TBS冬・夏の定番特番へ 復活第二弾が今夏放送 ORICON STYLE、2017年6月6日
  29. ^ TAKAHIRO 負傷MAKIDAIの代役でZIP!出演「下ネタだけは…」とアドバイスも スポーツニッポン 2017年1月10日
  30. ^ “読売テレビ・中谷アナ、朝の生番組「す・またん!」卒業”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年12月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161227-OHT1T50235.html 2016年12月28日閲覧。 
  31. ^ けものフレンズ@公式アカウント(@kemo_anime)の2017年7月21日のツイート
  32. ^ “山本紘之アナ「3分クッキング」に新加入!”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年12月13日). http://www.news24.jp/articles/2016/12/13/08348963.html 2016年12月14日閲覧。 
  33. ^ “所ジョージ&林修氏!あべこべタッグのバラエティーがレギュラー番組に”. サンケイスポーツ. (2016年12月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161219/geo16121905040007-n1.html 2016年12月19日閲覧。 
  34. ^ 北海道からはじ○TV 番組公式サイト - 北海道文化放送、2016年12月16日閲覧
  35. ^ “ベッキーW復帰!北海道で地上波レギュラー&年末特番でゴールデン”. サンケイスポーツ. (2016年12月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161211/geo16121105060006-n1.html 2016年12月11日閲覧。 
  36. ^ ベッキー新番組 初回視聴率7・0% 前4週平均から大幅UP スポーツニッポン 2017年1月16日
  37. ^ a b 中田有紀「ゴゴスマ」司会でママ初レギュラー 担当アナが産休 Sponichi ANNEX(スポーツニッポン新聞社)2017年1月12日
  38. ^ “狩野英孝が事務所から謹慎処分、芸能活動を当面自粛”. お笑いナタリー (Natasha, Inc.). (2017年1月21日). http://natalie.mu/owarai/news/217732 2017年1月21日閲覧。 
  39. ^ “狩野英孝 NHKEテレで差し替え決定 NHKラジオ第一は出演部分カット”. デイリースポーツ. (2017年1月20日). http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/20/0009846384.shtml 2017年1月21日閲覧。 
  40. ^ “淫行疑惑の狩野英孝出演 テレ東「超ポンコツさまぁ〜ず」も休止・差し替え”. スポーツニッポン. (2017年1月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/21/kiji/20170121s00041000123000c.html 2017年1月21日閲覧。 
  41. ^ “淫行疑惑の狩野英孝が出演 BSフジ「東北魂TV」22日休止”. スポーツニッポン. (2017年1月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/20/kiji/20170120s00041000148000c.html 2017年1月20日閲覧。 
  42. ^ “狩野英孝出演 フジ「お笑い向上委員会」はテロップ対応で放送”. スポーツニッポン. (2017年1月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/21/kiji/20170121s00041000148000c.html 2017年1月22日閲覧。 
  43. ^ “MBS 狩野出演回は放送せず…昨年の再放送と差し替え 角田信朗氏らの登場回”. デイリースポーツ. (2017年1月23日). http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/23/0009853679.shtml 2017年1月24日閲覧。 
  44. ^ “TBS「クイズ☆タレント名鑑」終了に「思うような結果が出なかった」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2017年2月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/22/kiji/20170222s00041000231000c.html 2017年2月22日閲覧。 
  45. ^ “DAIGO、スマスマ後番組で“ST”フジ系「ちょっとザワつく-」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年1月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170105/geo17010505030009-n1.html 2017年1月5日閲覧。 
  46. ^ 平愛梨『ヒルナンデス!』涙で卒業 ネットでも惜しむ声が続々 ORICON STYLE、2017年1月26日
  47. ^ “清水健アナ「ten.」降板と1月末の退社発表 妻の3回忌を前に「本人の強い意志で」”. スポニチアネックス. (2016年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/26/kiji/20161226s00041000149000c.html 2016年12月26日閲覧。 
  48. ^ “NHK、2・2に松方さん追悼番組放送 BSフジでは1・29“最後の旅””. サンケイスポーツ. (2017年1月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170126/geo17012605010015-n1.html 2017年1月26日閲覧。 
  49. ^ MAKIDAI 31日「ZIP!」で復帰! デイリースポーツ 2017年1月30日
  50. ^ MAKIDAI ZIP!で仕事復帰「ただいまです」 スポニチアネックス、2017年1月31日
  51. ^ MAKIDAI 衝撃で事故の記憶なし 頭部から流血「天井がゆがんでた」 スポニチアネックス、2017年1月31日
  52. ^ LDH新ユニット「FANTASTICS」結成 EXILE世界&佐藤大樹らパフォーマーのみ7人 ORICON NEWS
  53. ^ “「水曜日のダウンタウン」お詫び 啄木「ひ孫」紹介人物は「遠縁」だった”. スポーツニッポン. スポーツニッポン. (2017年2月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/01/kiji/20170201s00041000411000c.html 2017年2月2日閲覧。 
  54. ^ “NHK 急きょ松方さん追悼番組 2.2「ファミリーヒストリー」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年1月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/25/kiji/20170125s00041000135000c.html 2017年1月25日閲覧。 
  55. ^ “「ぴったんこカン・カン」藤村俊二さん悼む 前身番組にも出演”. スポーツニッポン. (2017年2月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/03/kiji/20170203s00041000297000c.html 2017年2月4日閲覧。 
  56. ^ “「ぶらり途中下車の旅」懐かしいナレーションでおヒョイさん悼む”. スポーツニッポン. (2017年2月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/04/kiji/20170204s00041000165000c.html 2017年2月4日閲覧。 
  57. ^ “平愛梨『もしツア』ガイド卒業へ 最後のロケを報告「私にとって宝物」”. オリコン. (2017年1月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2085031/full/ 2017年1月26日閲覧。 
  58. ^ “元人気子役・美山加恋&福原遥が「プリキュア」メイン声優担当!”. サンケイスポーツ. (2017年1月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170106/geo17010606000003-n1.html 2017年1月16日閲覧。 
  59. ^ “新章スタート!OP曲は氷川が初のアニソン”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2017年1月4日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/161227-533.html 2017年1月5日閲覧。 
  60. ^ “MXテレビ「ニュース女子」でBPO審議入り”. 読売新聞. (2017年2月10日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170210-OYT1T50153.html 2017年2月12日閲覧。 
  61. ^ “松本伊代さんら書類送検で、読売テレビが番組放送中止”. 産経ニュースWEST. (2017年2月10日). http://www.sankei.com/west/news/170210/wst1702100087-n1.html 2017年2月11日閲覧。 
  62. ^ “松本伊代さんと早見優さんを起訴猶予処分に”. 日テレNEWS24. (2017年3月21日). http://www.news24.jp/articles/2017/03/21/07357018.html 2017年3月21日閲覧。 
  63. ^ NHKのど自慢「岡山県高梁市」 NHK番組表 2017年2月12日参照
  64. ^ “平愛梨「スク革」“休学”前にウッチャンに涙の抗議「ウソはやめて」”. スポーツニッポン. (2017年2月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/12/kiji/20170212s00041000158000c.html 2017年2月12日閲覧。 
  65. ^ “清水富美加が出演辞退の生番組「シブヤノオト」、代役MCに渡辺直美”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年2月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170212-OHT1T50177.html 2017年2月12日閲覧。 
  66. ^ “高畑淳子、13日に半年ぶりテレビ復帰…NHK「スタジオパークからこんにちは」”. スポーツ報知. (2017年2月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170207-OHT1T50096.html 
  67. ^ 「ぶっちゃけ寺」終了 ゴールデン移行から2年弱で幕 デイリースポーツ 2017年2月13日発行、同日閲覧。
  68. ^ “ASKA、生出演でテレビ復帰!地元福岡の番組「覚醒剤見てない」「禁断症状ない」”. スポーツニッポン. (2017年2月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/15/kiji/20170215s00041000171000c.html 2017年2月15日閲覧。 
  69. ^ a b “清水富美加「にじいろジーン」降板 事務所が申し出 代役は「検討中」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/17/kiji/20170217s00041000155000c.html 2017年2月17日閲覧。 
  70. ^ “宮崎瑠依が「Jリーグタイム」卒業…後任MCは元「Team Venus」中川絵美里”. スポーツ報知. (2017年2月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170218-OHT1T50190.html 2017年2月18日閲覧。 
  71. ^ “清水富美加降板のBS日テレ番組 OPタイトルカット、ナビゲーター不在で進行”. スポーツニッポン. (2017年2月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/19/kiji/20170219s00041000245000c.html 2017年2月19日閲覧。 
  72. ^ “船村徹さん出演の番組、BSジャパンが緊急再放送”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年2月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170217-OHT1T50170.html 2017年2月17日閲覧。 
  73. ^ “赤江珠緒アナ、司会のテレビ番組も産休へ “家電芸人”土田からの出産祝いはやっぱり家電?”. スポーツ報知. (2017年2月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170221-OHT1T50133.html 2017年2月21日閲覧。 
  74. ^ “『この差って何ですか?』新MCに川田裕美が決定!!”. TBSホット情報. (2017年3月22日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201703221044.html 2017年3月24日閲覧。 
  75. ^ “中川絵美里「Jリーグタイム」新キャスター サッカー4級審判資格も”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/25/kiji/20170225s00041000027000c.html 2017年3月4日閲覧。 
  76. ^ “違法賭博報道の○○出演「温泉若おかみの殺人推理」放送延期”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/18/kiji/20170218s00041000179000c.html 2017年2月18日閲覧。 
  77. ^ “NHK「ガッテン!」行き過ぎた表現、苦情受け謝罪”. 日刊スポーツ. (2017年2月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1784873.html 2017年2月27日閲覧。 
  78. ^ “NHK「ガッテン!」冒頭3分おわび 小野文恵アナが説明”. スポーツニッポン. (2017年3月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/01/kiji/20170301s00041000284000c.html 2017年3月1日閲覧。 
  79. ^ “「かんさい情報ネットten. 」サブキャスターに黒木アナ、新人初の抜擢”. スポーツニッポン. (2017年2月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/16/kiji/20170216s00041000330000c.html 2017年2月16日閲覧。 
  80. ^ ごごナマ ごごナマ公式サイト
  81. ^ a b “船村徹氏追悼特別番組、3月3日NHKが放送”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年2月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170220-OHT1T50204.html 2017年2月20日閲覧。 
  82. ^ “ホームレス男性を傷つける表現…TBSが謝罪”. 読売新聞. (2017年3月3日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20170303-OYT1T50079.html 2017年3月3日閲覧。 
  83. ^ “テレ朝で新海誠特集 『言の葉の庭』『秒速5センチメートル』放送”. オリコン. (2017年2月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2086592/full/ 2017年2月28日閲覧。 
  84. ^ 映画「アナと雪の女王」みんなで歌おう♪動画大募集 フジテレビムービ-特設サイト(フジテレビ)
  85. ^ “待望の地上波初放送! 『アナと雪の女王』、フジテレビにて3月4日に放送”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年1月12日). http://news.mynavi.jp/news/2017/01/12/371/ 
  86. ^ 5代目ナビゲーターに鈴木 唯アナ, , Muscat, (2017年2月23日), http://www.fujitv.co.jp/muscat/20170025.html 2017年2月25日閲覧。 
  87. ^ “「ナイナイアンサー」3月で終了…人気安定も4年6カ月の歴史に幕”. サンケイスポーツ. (2017年1月25日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170125/geo17012505020019-n1.html 2017年1月25日閲覧。 
  88. ^ 「アサヒスーパードライ プレゼンツ 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™ 1次・2次ラウンド 東京プール」地上波中継予定について 野球日本代表 侍ジャパン公式サイト、2017年1月24日(25日閲覧)
  89. ^ スノーボード&フリースタイルスキー世界選手権2017 テレビ東京
  90. ^ “ドリフ、12年ぶりコントで“全員集合”!加藤茶「死ぬまでやりたい」”. サンケイスポーツ. (2017年3月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170305/owa17030505050003-n1.html 2017年3月5日閲覧。 
  91. ^ “「徹子の部屋」渡瀬恒彦さん追悼特集…当初予定を変更して放送”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年3月14日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170316-OHT1T50097.html 2017年3月16日閲覧。 
  92. ^ a b “平成29年度 収支予算と事業計画(要約)” (プレスリリース), 日本放送協会, (2017年1月17日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/yosan/yosan29/pdf/youyaku.pdf 2017年1月18日閲覧。 
  93. ^ NHK「スタジオパークからこんにちは」3月で終了 日刊スポーツ 2017年1月18日付発信・閲覧
  94. ^ “ベッキー休養のまま…フジ系「パイセンTV」3月で終了へ”. サンケイスポーツ. (2017年3月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170301/geo17030105010006-n1.html 2017年3月1日閲覧。 
  95. ^ “ゆず、BS民放5局共同特番 来年3・20に3時間同時放送”. オリコン. (2016年12月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2083771/full/ 2017年1月4日閲覧。 
  96. ^ NHK、籠池氏の証人喚問を中継へ 高校野球はEテレ、大相撲はBS1で 産経新聞 2017年3月22日
  97. ^ a b “カンテレ史上最年少!新実アナ、夕方報道番組のメインに”. サンケイスポーツ. (2017年3月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170309/geo17030905010015-n1.html 2017年3月9日閲覧。 
  98. ^ a b “くりぃむ上田晋也 土曜早朝にニュースに切り込む TBSで新番組”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/01/kiji/20170301s00041000165000c.html 2017年3月1日閲覧。 
  99. ^ “谷原&新川が『ブランチ』3月で卒業!「土曜昼の顔」MCコンビが同時に”. サンケイスポーツ. (2017年1月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170122/geo17012205040011-n1.html 2017年1月22日閲覧。 
  100. ^ “テレ東「路線バス旅」新コンビは田中要次&羽田圭介!太川陽介も語りで参戦”. スポーツニッポン. (2017年3月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/18/kiji/20170317s00041000244000c.html 2017年3月18日閲覧。 
  101. ^ “「超ポンコツさまぁ〜ず」3月で番組終了 狩野英孝レギュラー”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/01/kiji/20170301s00041000066000c.html 2017年3月1日閲覧。 
  102. ^ a b サザエさん一家が熊本・大分へ行く!, , とれたてフジテレビ (フジテレビ), (2017年3月10日), http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2017/170310-i065.html 2017年3月10日閲覧。 
  103. ^ “杏 自身の双子と見るのが「楽しみ」…NHKで初の子供番組”. デイリースポーツ. (2017年2月21日). http://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/21/0009935215.shtml 2017年2月21日閲覧。 
  104. ^ ““ひふみん”、現役引退までを追うドキュメンタリー放送”. ORICON STYLE. オリコン. (2017年6月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2093253/full/ 2017年6月30日閲覧。 
  105. ^ a b “「怒り新党」放送開始6年で幕 同枠でマツコ&有吉の新番組スタート”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/07/kiji/20170307s00041000164000c.html 2017年3月7日閲覧。 
  106. ^ “雪崩犠牲者の写真取り違え TBS、番組で謝罪”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/31/kiji/20170331s00041000157000c.html 2017年3月31日閲覧。 
  107. ^ a b “ZIP!:「あおぞらキャラバン」終了 「そら」の新相棒は新人タレントの小野匠”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2017年3月31日). https://mantan-web.jp/2017/03/31/20170330dog00m200039000c.html 2017年3月31日閲覧。 
  108. ^ “テレビ朝日の加藤真輝子アナ「スーパーJチャンネル」卒業し産休入り”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年3月31日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170331-OHT1T50203.html 2017年4月1日閲覧。 
  109. ^ “TBS加藤シルビアアナ 妊娠を報告 9月上旬出産へ「少しずつ母になる実感が…」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年4月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/04/kiji/20170404s00041000118000c.html 2017年4月4日閲覧。 
  110. ^ “9年目『A-Studio』が番組一新 ハーフモデル・emmaが9代目アシスタント”. ORICON NEWS. (2017年3月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2087209/full/ 2017年3月21日閲覧。 
  111. ^ a b “テレビ東京:朝夕の番組を見直し…全日帯40%超えの大幅改編”. まんたんウェブ. (2017年3月3日). http://mantan-web.jp/2017/03/03/20170303dog00m200056000c.html 2017年3月3日閲覧。 
  112. ^ “長寿番組がまた一つ…テレ東系「L4 YOU!」33年の歴史に幕”. サンケイスポーツ. (2017年2月27日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170227/geo17022705050002-n1.html 2017年2月27日閲覧。 
  113. ^ “tvk「saku saku」が放送終了、ラストライブを3月に”. 音楽ナタリー. (2016年12月19日). http://www.natalie.mu/music/news/213819 2016年12月19日閲覧。 
  114. ^ TVK番組「saku saku」が2017年3月で終了 16年半の歴史に幕、木村カエラのブレイクきっかけにも
  115. ^ “TBS系「王様のブランチ」新MCにアンジャッシュ渡部&佐藤栞里”. サンケイスポーツ. (2017年1月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170124/owa17012405020002-n1.html 2017年1月24日閲覧。 
  116. ^ “『王様のブランチ』新MCは渡部健&佐藤栞里に決定!!”. TBSホット情報. (2017年1月24日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201701240500.html 2017年1月24日閲覧。 
  117. ^ “『ブランチ』新レギュラーに藤森慎吾&美女3人 石田ニコル、大友花恋、山本舞香”. ORICON NEWS. (2017年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2087917/full/ 2017年3月23日閲覧。 
  118. ^ a b c d e “テレ東改編「家、ついて」が2時間に拡大、BSジャパンではバカリズム冠の斬新企画”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年3月3日). http://natalie.mu/owarai/news/223151 2017年3月6日閲覧。 
  119. ^ ““ミス東大”が芸能界デビュー!篠原梨菜「めざまし-」お天気キャスター就任”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年3月25日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170325/geo17032505030005-n1.html 2017年3月25日閲覧。 
  120. ^ “大石絵理&水上京香「Going」新お天気お姉さん”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年3月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1798241.html 2017年3月27日閲覧。 
  121. ^ “石丸幹二「題名のない音楽会」6代目司会者に、五嶋龍は3月末で卒業”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/09/kiji/20170209s00041000278000c.html 2017年2月9日閲覧。 
  122. ^ “瀬戸朝香、日曜のあさの新番組でナレーション初挑戦”. ORICON NEWS. (2017年3月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2087796/full/ 2017年3月21日閲覧。 
  123. ^ a b c 高島彩・長野智子がキャスター - テレ朝、土・日21時台に新ニュース番組 マイナビニュース 2017年1月4日発行、同日閲覧。
  124. ^ “テレ東・西野アナが行きますんで!「踊る」紺野アナの次は「歌う」”. Iza!(産経デジタル). 産業経済新聞社: p. 1-2. (2017年4月2日). http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/170402/ent17040207540002-n1.html 2017年4月2日閲覧。 
  125. ^ “テレ東・秋元アナが結婚 お相手は会社員「自然と笑顔になれる」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/31/kiji/20170331s00041000137000c.html 2017年3月31日閲覧。 
  126. ^ a b 日5:「ハガレン」「ガンダム」アニメ枠が終了へ MBS、早朝に34年ぶりの1時間アニメ枠,毎日新聞デジタル,2016年12月20日
  127. ^ “フジ島田彩夏アナ、2年半ぶり本格復帰「高齢育児はめまぐるしい」”. サンケイスポーツ. (2017年3月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170322/geo17032205030008-n1.html 2017年3月22日閲覧。 
  128. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “平成29年度 主な番組のキャスター” (日本語) (PDF) (プレスリリース), NHK広報局, (2017年2月16日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20170216.pdf 2017年2月16日閲覧。 
  129. ^ a b c “平成29年度 春の新番組 一挙紹介!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), NHK広報局, (2017年2月15日), http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=09182&f=bnrpc170215 2017年2月15日閲覧。 
  130. ^ a b “NHKのお昼が変わります! “オトナ向けナマ番組” 4月3日(月)スタート!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), NHK広報局, (2017年2月15日), http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=09210 2017年2月15日閲覧。 
  131. ^ a b “NHK スタパ後継「ごごナマ」MCは船越英一郎&美保純”. SPONICHI ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/15/kiji/20170215s00041000193000c.html 2017年2月15日閲覧。 
  132. ^ “NHK、4月から平日午後に3時間の生番組 MCに船越英一郎&美保純ら”. ORICON STYLE. オリコン. (2017年2月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2086037/full/ 2017年2月15日閲覧。 
  133. ^ “NHK武田真一アナ「ニュース7」→「クローズアップ現代+」へ”. SPONICHI ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/01/kiji/20170131s00041000268000c.html 2017年2月2日閲覧。 
  134. ^ 実際には、平成28年度から放送している。
  135. ^ “中川絵美里「夢のよう」日テレ「Oha!4」新キャスターに決定”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/30/kiji/20170329s00041000449000c.html 2017年3月30日閲覧。 
  136. ^ “「ZIP!」7代目お天気キャスターに貴島明日香が抜てき”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年3月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170327-OHT1T50244.html 2017年3月28日閲覧。 
  137. ^ “新しい旅人・小野匠「happyをお届け」”. 日テレNEWS24. 日本テレビ. (2017年3月31日). http://www.news24.jp/articles/2017/03/31/08357819.html 3017年3月31日閲覧。 
  138. ^ 出演者|徳島えりか 日本テレビ『ZIP!』公式サイト
  139. ^ “ブルゾンちえみ:PON!に新加入 情報番組初レギュラーで「with B」とリポーターに”. MANTAN WEB (毎日新聞デジタル). (2017年4月1日). https://mantan-web.jp/2017/04/01/20170331dog00m200045000c.html 2017年4月1日閲覧。 
  140. ^ “『PON!』新芸人リポーターにブルゾン、カミナリ、銀シャリら”. ORICON STYLE (オリコン). (2017年4月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2088469/full/ 2017年4月1日閲覧。 
  141. ^ 同番組では、芸能ニュースを「カルチャー」と呼称している。
  142. ^ “伊藤綾子&川畑一志アナ『news every.』卒業”. オリコン. (2017年3月31日). p. 1-1. http://www.oricon.co.jp/news/2088421/ 2017年4月1日閲覧。 
  143. ^ a b c d 月曜ゴールデンのミニ枠廃止&定時スタート…日テレ、"フロー"意識の4月改編 マイナビニュース エンタメ 2017年2月20日発行、同日閲覧。
  144. ^ “現役女子大生の田中瞳、初仕事で「ZERO」お天気お姉さん抜てき!”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社: p. 1-3. (2017年3月14日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170314/geo17031405050010-n1.html 2017年3月14日閲覧。 
  145. ^ “由伸監督義妹ら美女キャスター3人TBS「はやドキ!」加入”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/24/kiji/20170323s00041000376000c.html 2017年3月24日閲覧。 
  146. ^ “鎌田靖氏「あさチャン!」夏目とタッグ “ポスト池上彰”期待”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/07/kiji/20170306s00041000310000c.html 2017年3月7日閲覧。 
  147. ^ “堀尾正明キャスター ビビット加入 TBS夕方から朝の顔へ”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年1月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/11/kiji/20170110s00041000334000c.html 2017年1月11日閲覧。 
  148. ^ “『おびゴハン!』北斗晶が番組の新しい朝の顔に!!”. TBSホット情報. (2017年3月28日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201703281053.html 2017年3月28日閲覧。 
  149. ^ “井上アナが堀尾キャスターと“トレード”で「Nスタ」へ”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年1月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/11/kiji/20170111s00041000042000c.html 2017年1月11日閲覧。 
  150. ^ “ホラン千秋「Nスタ」新キャスター 大学時代はアナ試験全滅”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年1月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/25/kiji/20170125s00041000066000c.html 2017年1月25日閲覧。 
  151. ^ “ホラン千秋『Nスタ』キャスター就任、夕方ニュースの顔に!”. TBSホット情報. (2017年1月25日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201701251056.html 2017年1月25日閲覧。 
  152. ^ Nスタ TBSテレビ 2017年3月1日閲覧。
  153. ^ a b “テレ東、平日朝番組を統合…秋元玲奈アナがキャスター就任”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年3月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170303-OHT1T50105.html 2017年3月31日閲覧。 
  154. ^ “岩佐美咲 テレ東“昼の音楽番組”で声優初挑戦「お昼休憩のお供に見て」”. スポーツニッポン. (2017年3月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/31/kiji/20170331s00041000246000c.html 2017年3月31日閲覧。 
  155. ^ “テレビ東京で帯の音楽番組! 4月開始「ひるソン!」渾身1曲歌唱”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/16/kiji/20170316s00041000275000c.html 2017年3月16日閲覧。 
  156. ^ “テレ東・夕方に新・生活情報番組 日替わりの男性MCと大橋未歩アナが担当”. ORICON NEWS. (2017年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2087924/full/ 2017年3月23日閲覧。 
  157. ^ “曽田麻衣子アナ、“大出世”早朝の顔!「めざましアクア」メインMCに”. サンケイスポーツ. (2017年3月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170321/geo17032105040003-n1.html 2017年3月21日閲覧。 
  158. ^ 4月からのレギュラーメンバーが決定! - バイキング, , とれたてフジテレビ, (2017年3月31日), http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2017/170331-i100.html 2017年4月1日閲覧。 
  159. ^ “NHK大阪が新キャスター発表!「ニュースほっと関西」に近田、石橋アナ”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年3月2日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170302-OHT1T50187.html 2017年3月2日閲覧。 
  160. ^ a b “新人女子アナがいきなりデビュー!生で静岡の情報をお届け”. テレビドガッチ. (株) プレゼントキャスト. (2017年3月22日). http://dogatch.jp/news/etc/43887 2017年3月25日閲覧。 
  161. ^ “4/3(月)スタート!新番組「マルシェア」” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 静岡第一テレビ, (2017年3月22日), http://www.tv-sdt.co.jp/bangumi/index.php?mode=show_article&seq=52109 2017年3月25日閲覧。 
  162. ^ “八田亜矢子「私で良いの?」ABC「おはようコール」リポーター”. スポーツニッポン. (2017年4月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/02/kiji/20170401s00041000431000c.html 2017年4月2日閲覧。 
  163. ^ RKB毎日放送 新情報番組「天神ウォッチ新聞女子」4月スタート 毎日新聞 2017年2月23日発行、同月24日閲覧。
  164. ^ RKBも朝の情報番組 ラジオでは東山彰良さんの番組が九州ネットに 西日本新聞 2017年2月8日発行、同月9日閲覧。
  165. ^ “『よ~いドン!』銀シャリ、かまいたちらお笑いパワー注入”. ORICON NEWS. (2017年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2087969/full/ 2017年3月23日閲覧。 
  166. ^ “ドーン! 『笑ゥせぇるすまん』28年ぶりアニメ化 喪黒福造の声は玄田哲章”. ORICON STYLE. (2016年12月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2083108/ 2016年12月16日閲覧。 
  167. ^ TVアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW」公式サイト
  168. ^ “フジテレビ:お笑いの登竜門番組“新しい波”が8年ぶり復活”. 毎日新聞. (2017年3月6日). http://mainichi.jp/articles/20170306/dyo/00m/200/005000c 2017年3月6日閲覧。 
  169. ^ a b c d e f “バナナマン、おぎやはぎ、オードリー特番が深夜にレギュラー化、フジ春改編”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年3月6日). http://natalie.mu/owarai/news/223414 2017年3月6日閲覧。 
  170. ^ 鶴瓶&中居MC 日テレ「世界仰天ニュース」4月から火曜午後9時に Sponichi Annex 2017年1月25日発行、同日閲覧。
  171. ^ おバマふ 東海テレビ
  172. ^ BSフジ「FODワク」新設 とれたてフジテレビ(フジテレビ)2017年3月29日
  173. ^ “古舘伊知郎アナ、14年ぶりNHKレギュラー出演”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年2月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1779112.html 2017年2月15日閲覧。 
  174. ^ “TOKYO MX、地上波初のアニソンランキング番組「アニ☆ステ」。海外放送も”. AV Watch. (2017年3月22日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1050710.html 2017年3月22日閲覧。 
  175. ^ “19歳・杉山セリナ「NEWS ZERO」最年少キャスターに…芸能活動1年で大抜てき”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年3月2日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170302-OHT1T50038.html 2017年3月2日閲覧。 
  176. ^ “TBSの新たな朝の顔、誕生!『キニナル金曜日』”. TBSホット情報. (2017年3月28日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201703281232.html 2017年3月28日閲覧。 
  177. ^ “テレ東・角谷アナ、入社式からわずか5日目でスピードデビュー「まだ会社の中も迷路のよう」”. Iza!(産経デジタル). 産業経済新聞社. (2017年4月7日). http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/170407/ent17040717360022-n1.html 2017年4月7日閲覧。 
  178. ^ “原田龍二「5時夢」でテレビ初MC!視聴者層拡大へ新金曜担当”. スポーツニッポン. (2017年3月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/09/kiji/20170309s00041000212000c.html 2017年3月9日閲覧。 
  179. ^ “長谷川豊アナ降板番組一新!テレビ大阪が4月に主婦層向け新番組スタート”. スポーツ報知. (2017年3月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170317-OHT1T50089.html 2017年3月17日閲覧。 
  180. ^ “川田裕美、NHK初レギュラー 『バナナゼロ』MCに決定”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年3月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2087344/full/ 2017年3月12日閲覧。 
  181. ^ a b “テレ朝「土曜ワイド劇場」終了…日曜朝10時にドラマ枠移動”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年2月11日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170210-OHT1T50203.html 2017年2月11日閲覧。 
  182. ^ “ビビる大木、スポーツキャスター初挑戦 ピース綾部の後任”. ORICON NEWS. (2017年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2087923/full/ 2017年3月23日閲覧。 
  183. ^ “NHK「ケータイ大喜利」4月8日で終了 12年間の歴史に幕”. スポーツニッポン. (2017年3月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/11/kiji/20170311s00041000213000c.html 2017年3月12日閲覧。 
  184. ^ NHK「ケータイ大喜利」12年の歴史に幕 4月8日に最終回 スポーツニッポン 2017年3月12日閲覧
  185. ^ “北野武、Eテレ『日曜美術館』初出演へ ピカソとの共通点探る”. ORICON NEWS. (2017年3月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2087911/full/ 2017年3月22日閲覧。 
  186. ^ “上重アナ「シューイチ」新レギュラーで自虐あいさつ「こんな私を…」”. スポーツニッポン. (2017年4月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/09/kiji/20170409s00041000206000c.html 2017年4月9日閲覧。 
  187. ^ テレビ朝日、4月から日曜午前にドラマ放送枠を新設 日刊スポーツ 2017年2月11日発行、同日閲覧。
  188. ^ “TBS「CDTV」に伊東楓アナ「緊張しています」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年4月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1804070.html 2017年4月8日閲覧。 
  189. ^ “音楽情報番組『COUNT DOWN TV』がリニューアル” (プレスリリース), (2017年4月7日), http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201704071803.html 2017年4月8日閲覧。 
  190. ^ “TOKIO松岡「うれしい」 テレ東“飲み番組”司会”. スポーツニッポン. (2017年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/30/kiji/20170329s00041000434000c.html 2017年3月30日閲覧。 
  191. ^ “内村光良 またプライム帯MC!テレ東「にちようチャップリン」”. スポーツニッポン. (2017年3月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/03/kiji/20170303s00041000144000c.html 2017年3月3日閲覧。 
  192. ^ “さんま SMAP解散真相を木村拓哉に追及「どっちも正しいねん」”. デイリースポーツ. (2017年4月10日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/10/0010084458.shtml 2017年7月28日閲覧。 
  193. ^ a b “浅田真央選手引退表明受け、テレビ各局が特番放送へ”. アサヒ・コム. 朝日新聞社. (2017年4月11日). http://www.asahi.com/articles/ASK4C427PK4COIPE019.html 2017年4月11日閲覧。 
  194. ^ 緊急スペシャル生放送「ありがとう!真央ちゃん」独占映像で振り返る完全保存版! テレビ朝日 2017年4月11日
  195. ^ テレ朝の緊急特番「ありがとう!真央ちゃん」視聴率は5・7% スポーツ報知 2017年4月12日発行、同日閲覧。
  196. ^ “U字工事らが未知なる地球一周の大冒険に挑む!”. ザテレビジョン. (2017年3月3日). http://thetv.jp/news/detail/102450/ 2017年3月3日閲覧。 
  197. ^ a b “テレビ朝日、10月から「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」の放送時間変更”. サンケイスポーツ. (2017年7月25日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170725/geo17072520000028-n1.html 2017年7月28日閲覧。 
  198. ^ 【浅田真央・引退会見】 NHK編成センター 2017年4月11日
  199. ^ 日テレ 土曜ドラマは午後10時に!4月「嵐にしやがれ」と入れ替え Spponichi Annexc 2017年1月16日発行、同日閲覧。
  200. ^ 『嵐にしやがれ』よる9時に引っ越し 日テレ土曜ゴールデンが“バラエティー3本立て”に ORICON STYLE 2017年1月14日発行、同日閲覧。
  201. ^ a b 『しくじり先生』4月から日曜22時台に移動 - ロケ企画や中田敦彦新授業も マイナビニュース 2017年3月4日発行、同日閲覧。
  202. ^ 今田耕司“公約”実現!「あるある議事堂」が土曜プライム進出 ウォーカープラス 2017年3月4日発行、同月5日閲覧。
  203. ^ 「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド」4月放送開始! TBSホット情報(TBSテレビ)2017年1月10日
  204. ^ “出川哲朗 ゴールデンで初の冠番組「タモリさんをぶっ倒します」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/24/kiji/20170224s00041000168000c.html 2017年2月24日閲覧。 
  205. ^ “古舘&坂上&ジュニアがレギュラー初共演! 4月からテレ東で新トーク番組”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/27/kiji/20170226s00041000205000c.html 2017年2月27日閲覧。 
  206. ^ “福原遥“もしツア”3代目ツアーガイド!平愛梨「遠足に行く気分で」”. サンケイスポーツ. (2017年4月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170406/geo17040605040003-n1.html 2017年4月6日閲覧。 
  207. ^ a b “「ミになる図書館」ゴールデン昇格! 中居「1クールで終わらないように」”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2017年1月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/28/0009866360.shtml 2017年1月28日閲覧。 
  208. ^ “日テレ「今夜くらべてみました」ゴールデン進出!指原サプライズ発表で号泣”. スポーツニッポン. (2017年1月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/31/kiji/20170131s00041000319000c.html 2017年1月31日閲覧。 
  209. ^ 次世代の“口撃”四天王、降臨!, , とれたてフジテレビ (フジテレビ), (2017年3月2日), http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2017/170302-067.html 2017年3月2日閲覧。 
  210. ^ “トータルテンボス 大村が不倫報道を謝罪 相方・藤田が記事を読み上げ…”. 毎日新聞. (2017年4月21日). https://mainichi.jp/articles/20170421/dyo/00m/200/002000c 2017年4月23日閲覧。 
  211. ^ ディーン・フジオカがニュース情報番組に初挑戦! ウォーカープラス 2017年2月7日発行、同日閲覧。
  212. ^ 高島彩&ディーン「サタステ」は8・7%発進 日刊スポーツ 2017年4月24日発行、同日閲覧。
  213. ^ “中居正広、22日「スマステ」ゲスト 元SMAP生共演は解散後初”. スポーツニッポン. (2017年4月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/16/kiji/20170415s00041000495000c.html 2017年4月16日閲覧。 
  214. ^ “香取と“共演”「スマステ」で中居絶賛の「鮭キムチ」に1年分の注文が殺到”. スポーツ報知. (2017年4月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170423-OHT1T50111.html 2017年6月15日閲覧。 
  215. ^ “異例のタッグ!カトパン&榎並アナ、同期2人でゴールデン番組MC”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年3月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170304/geo17030405030008-n1.html 2017年3月4日閲覧。 
  216. ^ a b “中居正広MC『ミになる図書館』ゴールデン枠進出「1クールで終わらないように」”. サンケイスポーツ. (2017年1月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170128/joh17012805020001-n1.html 2017年1月28日閲覧。 
  217. ^ 「ミになる図書館」が生放送へ! 中居正広『中丸が上手なMCをしたら上からつぶしたい(笑)』 ウォーカープラス 2017年4月24日閲覧。
  218. ^ 「中居正広のミになる図書館」が月曜夜8時に進出! ウォーカープラス 2017年1月28日発行、同日閲覧。
  219. ^ “TBS新番組「東大王」開始、日曜7時バトル再参戦”. 日刊スポーツ. (2017年2月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1784526.html 2017年2月27日閲覧。 
  220. ^ ヒロミ&山里亮太がハイレベルな“知力バトル”を見守る! ウォーカープラス 2017年4月3日発行、同日閲覧。
  221. ^ “「モヤさま」10周年SPで大江麻理子キャスターが4年ぶり復活!”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年4月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170416-OHT1T50170.html 2017年4月16日閲覧。 
  222. ^ a b “NHK副島萌生アナ 千原ジュニアの「凄ワザ!」キャスターに就任 入局3年目の“大役”に「ちょっと不安」”. 毎日新聞. 毎日新聞社. (2017年3月17日). http://mainichi.jp/articles/20170317/dyo/00m/200/011000c 2017年3月19日閲覧。 
  223. ^ “KAT-TUN中丸がゴールデン初司会!「おなか痛くなる」”. サンケイスポーツ. (2017年2月14日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170214/joh17021405020001-n1.html 2017年2月14日閲覧。 
  224. ^ “「くりぃむナントカ」AbemaTVで4年ぶり復活!5.4開局1周年2時間特番”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年4月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170417/owa17041705040005-n1.html 2017年4月17日閲覧。 
  225. ^ “さんまがNHKと再タッグ 5.5「明石家スポーツ」意外な博学ぶりも”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年4月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/25/kiji/20170424s00041000239000c.html 2017年4月25日閲覧。 
  226. ^ 発見!タカトシランド 北海道文化放送
  227. ^ “指原莉乃、フジで新番組MC!「いつかアイドル番組やりたいと」願い成就”. スポーツニッポン. (2017年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/29/kiji/20170329s00041000288000c.html 2017年3月29日閲覧。 
  228. ^ a b “日テレ佐藤真知子アナ、「3分クッキング」レギュラーに!杉上アナは土曜日に出演”. スポーツニッポン. (2017年4月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/28/kiji/20170427s00041000219000c.html 2017年4月28日閲覧。 
  229. ^ EXILE一族4年ぶりボーカルオーディション開催 日刊スポーツ(2017年5月16日)2017年6月14日閲覧
  230. ^ “小室圭さん会見を各局が生中継…テレ東のみ「薬丸キッチン」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年5月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170517-OHT1T50054.html 2017年5月17日閲覧。 
  231. ^ ボクシング金メダリスト村田諒太世界初挑戦 とれたてフジテレビ(フジテレビ)、2017年4月18日発行
  232. ^ “高畑充希、日テレ企画メインパーソナリティー抜てき”. 日刊スポーツ. (2017年3月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1799133.html 2017年3月29日閲覧。 
  233. ^ 笑福亭仁鶴 NHK「生活笑百科」32年目で初欠席 体調崩し大事 Sponichi Annex、2017年5月27日
  234. ^ テレビ東京スポーツ祭り:テレビ東京
  235. ^ “妊娠中の日テレ小熊アナが「3分クッキング」卒業”. ニッカンスポーツ. (2017年5月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1832122.html 2017年5月30日閲覧。 
  236. ^ a b KHB東日本放送、6月から平日夕方帯に“みやぎローカル”生放送番組を編成 ORICON NEWS 2017年5月1日発行、同日閲覧。
  237. ^ 超話題作 テレビ初放送!中村獅童と初音ミクが新時代の歌舞伎で共演!, , NHK PR, (2017年5月23日), http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=10365 2017年6月1日閲覧。 
  238. ^ タモリ 名古屋嫌いじゃなかった!?ブラタモリで初上陸「仲良い友達多い」 スポーツニッポン、2-17年6月10日
  239. ^ タモリ名古屋訪問「ブラタモリ」地元18・3%!2週連続で自己最高更新 スポーツニッポン、2017年6月19日
  240. ^ あす16日の『徹子の部屋』 野際陽子さんを追悼 ORICON STYLE、2017年6月15日
  241. ^ 訃報翌日 野際陽子さん遺作「やすらぎの郷」で追悼テロップ スポーツニッポン 2017年6月16日
  242. ^ テレ朝、野際陽子さん追悼特別番組『旅の香り』『DOCTORS 3』を18日放送 マイナビニュース 2017年6月16日発行、同月17日閲覧。
  243. ^ 「LIFE!」特集番組に向けてムロツヨシ“攻めに徹した”新作コント、シソンヌも お笑いナタリー、2017年5月18日
  244. ^ 「LIFE!」で斉藤由貴、横浜流星らコント挑戦、内村光良と葵わかなの2人芝居も お笑いナタリー、2017年6月2日
  245. ^ a b AKB総選挙、ビーチ開催中止 無観客で屋内実施へ 朝日新聞デジタル、2017年6月16日
  246. ^ AKB48総選挙の平均視聴率は過去最低13・2% 日刊スポーツ 2017年6月19日発行、同月23日閲覧。
  247. ^ スーパープレミアム「日本人が最も愛した男・石原裕次郎」 NHK BSトピックス 2016年6月16日
  248. ^ “NHKで裕次郎さん特集13時間 超異例民放ドラマ完全放送も”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年4月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/29/kiji/20170429s00041000031000c.html 2017年4月29日閲覧。 
  249. ^ 番組公式ホームページ 東海テレビ 2017年6月21日閲覧。
  250. ^ 藤井聡太四段の密着ドキュメンタリー特番、急きょ全国27局で放送へ マイナビニュース 2017年6月21日発行、同月22日閲覧。
  251. ^ フジテレビの藤井聡太四段特番、視聴率5・3% スポーツ報知 2017年6月26日発行、同日閲覧。
  252. ^ ドキュメンタリー「藤井聡太14才」が視聴率10%超え 東海テレビ 2017年6月26日閲覧。
  253. ^ “日テレ、「バトルシップ」放送中止 「今は適切でない」”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. (2017年6月20日). http://www.asahi.com/articles/ASK6N5FL2K6NUCVL01L.html 2017年6月21日閲覧。 
  254. ^ “日本テレビ、23日の『バトルシップ』放送延期 代わりに『ダークシャドウ』”. ORICON STYLE. オリコン. (2017年6月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2092745/full/ 2017年6月21日閲覧。 
  255. ^ ご報告 『愛らしく』(テレビ朝日アナウンサーズ・青山愛ブログ) 2017年6月26日付
  256. ^ 「ヒルナンデス!」新プロジェクト、メイプル超合金のインスタ企画など始動 お笑いナタリー、2017年6月19日
  257. ^ 日テレ、26日に麻央さん追悼2時間特番を緊急放送「彼女の強さ、そして優しさを描きます」 スポーツニッポン新聞社、2017年6月23日
  258. ^ 日本中が泣いた…日テレの麻央さん追悼2時間特番、視聴率15・4% スポーツ報知 2017年6月27日発行、同日閲覧。
  259. ^ “飯豊まりえ「にじいろジーン」新加入…ベッキー休演&富美加降板番組から指名”. デイリースポーツオンライン. (2017年6月29日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/29/0010324009.shtml 2017年6月29日閲覧。 
  260. ^ キャスター(月~金曜) 追跡LIVE! Sports ウォッチャー
  261. ^ “「深層NEWS」キャスターに丸山淳一編集委員”. YOMIURI ONLINE. (2017年6月29日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170629-OYT1T50105.html 2017年6月29日閲覧。 
  262. ^ “「ウィンブルドン2017」について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), NHK広報局, (2017年6月21日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2017/06/010.pdf 2017年6月21日閲覧。 
  263. ^ BPO、舛添要一前都知事の妻らへの人権侵害認めず フジ番組に「工夫の余地あった」と配慮を要望 産経新聞 2017年7月4日
  264. ^ “発掘ニュース №154 再放送決定!! 『プリンプリン物語』” (日本語) (HTML) (プレスリリース), NHKアーカイブス, (2017年5月29日), http://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/news/detail.html?id=154 2017年5月30日閲覧。 
  265. ^ 7月6日 木 あさイチは特別編成のため放送休止 あさイチ公式サイト
  266. ^ ニュース「福岡・大分 豪雨」関連 NHK番組表(2017年7月6日)
  267. ^ キャスター NHK『日曜討論』公式サイト
  268. ^ “日テレ新人・佐藤梨那アナ、「Going!」キャスター抜てき”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年7月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170707-OHT1T50001.html 2017年7月7日閲覧。 
  269. ^ 「たけしの家庭の医学」シリーズがリニューアル!「これからも医療バラエティーの先頭にいたい」 ザテレビジョン 2017年7月4日発行、同日閲覧。
  270. ^ 7/11『マツコの知らない世界SP』ドミノ倒しチャレンジ TBSホット情報(TBSテレビ)2017年7月4日
  271. ^ 『ごごナマ』謝罪 堀江貴文氏Tシャツの絵柄に疑問の声 ORICON STYLE、2017年7月12日配信
  272. ^ ~最新作公開記念~カーズ・カーズ2 フジテレビムービー
  273. ^ 世界水泳 ブダペスト2017 テレビ朝日
  274. ^ “神戸5人殺傷 毎日放送が別人の写真を「容疑者」として放送 本人指摘で判明”. サンケイスポーツ. (2017年7月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170718/sot17071812570008-n1.html 2017年8月26日閲覧。 
  275. ^ マツコ、NHKで初MC 進行は有働アナ 日頃の疑問や日本の未来をAIに尋ねる ORICON STYLE、2017年7月12日配信
  276. ^ 日野原重明さん追悼 関連番組放送のお知らせ NHK PR、2017年7月19日
  277. ^ ボクシング ダブル世界タイトルマッチ テレビ東京
  278. ^ 昭和歌謡黄金時代 作曲家・平尾昌晃の世界 ~追悼・平尾昌晃さん~ NHKオンライン番組表(2017年7月29日)
  279. ^ “『世界陸上ロンドン』メインキャスターは織田裕二&中井美穂”. TBSホット情報. (2017年4月21日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201704210500.html 2017年4月21日閲覧。 
  280. ^ “織田裕二11大会連続「世陸」キャスター「毎日朝までお付き合いを」”. スポーツニッポン. (2017年4月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/21/kiji/20170421s00041000127000c.html 
  281. ^ テレ東 夕方も充実へ「よじごじDays」15分拡大&繰り上げ 「午後ロード」直結 Sponichi Annex 2017年8月1日発行
  282. ^ “高橋優、声と音に着目して「熱闘甲子園」テーマ曲”. 日刊スポーツ. (2017年3月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1799700.html 2017年3月30日閲覧。