佐藤綾乃 (スピードスケート選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 綾乃
基本情報
国籍 日本の旗 日本
所属 高崎健康福祉大学
誕生日 (1996-12-10) 1996年12月10日(21歳)
出身地 北海道厚岸郡厚岸町
身長 157cm
体重 56kg[1]
 
獲得メダル
女子スピードスケート
オリンピック
2018 平昌 団体パシュート

佐藤 綾乃(さとう あやの、1996年12月10日 - )は、日本のスピードスケート選手。高崎健康福祉大学人間発達学部子ども教育学科在学。

2018年平昌オリンピック女子団体パシュートで日本史上初の金メダルを獲得した。

人物[編集]

北海道厚岸郡厚岸町にて出生。厚岸町立真龍小学校及び厚岸町立真龍中学校にて学ぶ[2]

小学校1年生の時からスピードスケートを始めると[3]、中学校3年時の第32回全国中学校スケート大会では、女子1500m[4]と3000m[5]で優勝。

北海道釧路北陽高等学校に進学。

2013年、世界ジュニアスピードスケート選手権大会に於いて、高木美帆樋沙織と組んで女子チームパシュートで金メダルを獲得し[6]、高校3年次のインターハイ(全国高等学校スケート選手権大会スピード競技)では女子1500m&3000mを制覇して二冠王に輝いた[7]

2015年は、高崎健康福祉大学人間発達学部子ども教育学科に進学[8]。大学入学後に出場した2016年世界ジュニアスピードスケート選手権大会では女子マススタートで優勝を飾った[9]

2017年は日本代表として2017年アジア冬季競技大会に出場し、個人として女子3000mで銅メダル、女子マススタートで銀メダルを獲得し、チームパシュートでは押切美沙紀高木菜那と組んで金メダルを獲得した[10]

2017-2018シーズンのISU ワールドカップシリーズでは、ソルトレイクシティ大会で高木菜那・高木美帆とチームを組んだチームパシュートで2分50秒87の世界新記録をマークした[11]

2018年は、平昌オリンピックのスピードスケート女子3000mで8位入賞、高木菜那・高木美帆・菊池彩花と出場した女子団体パシュートでは、対オランダ決勝戦を高木姉妹と出場してオリンピックレコードとなる2分53秒89で金メダルを獲得した。女子マススタートにも出場したが、準決勝で直前走者の転倒巻き添えにあい自身も転倒し競技を棄権した。

2018年春の褒章で紫綬褒章を受章[12]

主な成績[編集]

冬季オリンピック[編集]

  • 2018年平昌(大韓民国の旗 韓国
    • チームパシュート Med 1.png優勝

エピソード[編集]

  • 平昌オリンピックでは、冬季五輪日本人女子史上最年少となる、21歳73日で金メダリストとなった[13]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤 綾乃 (スピードスケート) - 平昌オリンピック2018 - JOC
  2. ^ 佐藤綾乃選手をみんなで応援しよう (PDF) 広報あっけし30年2月号 No.848
  3. ^ スケート国際大会出場の佐藤さんが表敬訪問 厚岸町役場Facebook 2014-2-20
  4. ^ 女子1500m結果 平成23年度全国中学校体育大会/第32回全国中学校スケート大会 日本スケート連盟
  5. ^ 女子3000m結果 平成23年度全国中学校体育大会/第32回全国中学校スケート大会 日本スケート連盟
  6. ^ 日本、女子団体追い抜き優勝 スケートの世界ジュニア 日本経済新聞 2013年3月25日付
  7. ^ インターハイ優勝校・優勝者一覧 高校生新聞 2015年3月10日付
  8. ^ 【スケート部】初・W杯2名出場決定 高崎健康福祉大学 2016年11月18日付
  9. ^ Ladies Mass Start Final Result (PDF) 中国滑氷協会
  10. ^ 第8回アジア冬季競技大会入賞者 日本オリンピック委員会
  11. ^ 【スピードスケート】 日本が追い抜きで3連続世界新 小平奈緒は日本新で500メートル14連勝 W杯第4戦 産経新聞 2017年12月9日付
  12. ^ 紫綬褒章受章者 時事ドットコム、2018年4月28日
  13. ^ “21歳73日の佐藤、冬季五輪女子最年少「金」/スピード”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年2月21日). http://www.sanspo.com/pyeongchang2018/news/20180221/pye18022123490090-n1.html 2018年2月23日閲覧。 

外部リンク[編集]