この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

島津有理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

しまづ ゆりこ
島津 有理子
プロフィール
本名 高井 有理子
出身地 日本の旗 日本 本文参照
生年月日 (1974-01-21) 1974年1月21日(44歳)
最終学歴 東京大学経済学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 甲府大阪東京アナウンス室アメリカ総局→東京アナウンス室
活動期間 1997年 - 2018年
ジャンル 不定
配偶者 高井伸太郎(弁護士
公式サイト NHK
出演番組・活動
過去 本文参照

島津 有理子(しまづ ゆりこ、1974年1月21日 - )は、NHKの元アナウンサー。既婚だが旧姓で活動している。

人物

新潟県生まれの埼玉県さいたま市育ち。

女子学院高等学校を経て東京大学に入学。入学当初は理科Ⅱ類だったがその後経済学部へ転部した[1]

1997年に東京大学を卒業し、日本放送協会へ入局。TBSテレビNEWS23X』のキャスターを務めていた膳場貴子は高校の一学年後輩であるが、島津が1年間海外留学生活を送っていたため、大学からは同期となった。

夫の姉は元NHKアナウンサーの高井真理子で、大学においても先輩(学部は法学部)にあたる。

東京都のNHK地上デジタル推進大使を務めていた。

2010年度の定期異動により有働由美子と交代でアメリカ総局へ2年間派遣。この異動に伴い地上デジタル推進大使からも退き、鈴木奈穂子が引き継いだ[2]

2012年12月、第1子妊娠並びに産前産後休業に入ることを出演番組のブログにて公表した[3]。その後、2016年に復職していた。

2018年9月19日付で「医師を目指して勉強する」ことを理由として日本放送協会を退職した[1][4][5]。番組でも紹介した神谷美恵子の『生きがいについて』を読んだことが決心のきっかけとなった[6]。なお、2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』のエンディングで放送されている「西郷どん紀行」のナレーションは最終回まで担当する[7]

現在の担当番組

過去の出演番組

※『おはよう日本』を離れた期間はこの番組を担当していた。終了とともに復帰。

地デジ大使としての出演

※民放の番組は、地デジのPRが主な目的で、在京他社の大使と揃っての出演。

著書

脚注

  1. ^ a b “島津有理子アナ語る“医師挑戦” 10月からは医大生” (日本語). デイリー新潮. 新潮社. (2018年10月11日). https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10120557/ 2018年10月13日閲覧。 
  2. ^ NHKの地デジ推進大使が鈴木奈穂子アナウンサーに インプレスウォッチ 2010年3月25日閲覧
  3. ^ ありがとうございました(2012年12月23日時点のアーカイブ) 島津有理子のBACKSTAGE 2012年12月18日付
  4. ^ 島津有理子 (2018年9月26日). “ゆりこ 's EYE”. 100分DE名著. 日本放送協会. 2018年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月27日閲覧。
  5. ^ “『西郷どん紀行』ナレ担当、NHK島津有理子アナが退職「医師を目指して大学で勉強」” (日本語). Techinsight. メディアプロダクツジャパン. (2018年9月26日). http://japan.techinsight.jp/2018/09/maki09262007.html 2018年9月27日閲覧。 
  6. ^ “NHK島津有理子アナが退局「医師目指し大学で勉強」” (日本語). 朝日新聞 . (2018年9月27日). https://www.asahi.com/articles/ASL9W7J2XL9WUCVL01F.html 2018年9月27日閲覧。 
  7. ^ a b “NHK島津有理子アナ 医師を目指し退局「幼い頃からの思いを」「西郷どん紀行」語りは最終回まで担当” (日本語). Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年9月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/27/kiji/20180927s00041000296000c.html 2018年9月27日閲覧。 

外部リンク