高井真理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高井 真理子(たかい まりこ、1968年8月14日 - 2011年9月9日)は、元NHKアナウンサーNPO法人代表者。本名、小林 真理子(こばやし まりこ)旧姓、高井

経歴・人物[編集]

東京都出身。筑波大学附属高等学校を経て東京大学法学部を卒業後、1992年入局。初任地は京都局[1]、その後東京アナウンス室勤務となる 。 なお、高井の実弟の妻は、高井のNHKアナウンサーの後輩である島津有理子である。

2001年1月22日に、大手化粧品メーカーコーセーで会長を務めていた小林禮次郎の子息・小林孝雄と結婚。2002年3月31日をもって、NHKを退職した。娘が1人いる。

2011年4月に胃癌であることが判明し[2]、治療に努める一方、「ガンで親を亡くした子供たちを支援する」ことを目的としたNPO法人『aims』を旗揚げして本格的な活動を展開しようとしていたところ、同年9月9日に死去。43歳没。当人の死去は、葬儀を終えてからNPO法人を引き継いだ実弟より公表された[3]。コーセーにとっては、8月13日に元社長の小林禮次郎が脳梗塞のため83歳で死没し、9月28日のお別れの会に向けた準備を進める中での弔事となった。

アナウンサー時代の担当番組[編集]

同期[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHK女性アナウンサー戦後50年プロジェクト編『NHKラジオ深夜便 日本列島女たちの50年』ドメス出版 1995年12月
  2. ^ 創立者メッセージ aims公式サイト
  3. ^ 前代表死去のご報告と新代表から就任のご挨拶 aims公式サイト 2011年9月28日閲覧

関連項目[編集]