ニャンちゅう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニャンちゅうは、NHK教育テレビ→NHK Eテレに登場する「ネズミの着ぐるみを着たネコ」という設定のキャラクター。ネズミの着ぐるみは「ネズミの気持ちを理解したい」という心意気の表れから。設定年齢は5歳。一人称は「ミー(me)」。言葉の最後に「ニャ」をよく付ける。また、「んと」などの言葉は「にゃんと」になる。お饅頭が好物。

実際はパペット人形で操作されており、声は津久井教生が担当する。そのキャラクターとダミ声のギャップが魅力的。

1992年4月「母と子のテレビタイム土曜版」開始と共に初登場。その後、「母と子のテレビタイム土曜版」→「母と子のテレビタイム日曜版」、「あつまれ!わんパーク」、「ニャンちゅうといっしょ」に登場していたが、2005年4月10日からは日曜17:00からの「ニャンちゅうワールド放送局」で活躍中。なお、1992年には同じくNHKのにこにこぷん(じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり)と共演した。

漫画「みどりのマキバオー」にベアナックルの子分として登場したことがある(文庫版にニャンちゅうの著作権に関する但し書きあり)。

歴代お姉さん(アシスタント)[編集]

  • 初代:白石まるみ 1992年度~1994年度 「母と子のテレビタイム土曜版」→「母と子のテレビタイム日曜版」
  • 2代目:古村比呂 1995年度~1996年度 「母と子のテレビタイム日曜版」
  • 3代目:石川ひとみ 1997年度~1998年度 「母と子のテレビタイム日曜版」
  • 4代目:笹峰愛(現:笹峯愛)1999年度~2001年度 「あつまれ!わんパーク」(「たまごかけごはん」のエピソード[3]
  • 5代目:伊藤かずえ 2002年度~2003年度 「あつまれ!わんパーク」→「ニャンちゅうといっしょ」
  • 6代目:清水ゆみ 2004年度 「ニャンちゅうといっしょ」(ニャンちゅうシリーズで唯一の1年間だけのお姉さんである)
  • 7代目:菊地美香 2005年度~2006年度 「ニャンちゅうワールド放送局」
  • 8代目:鴻上久美子 2007年度~2008年度 「ニャンちゅうワールド放送局」
  • 9代目:柊瑠美 2009年度~2012年度 「ニャンちゅうワールド放送局」
  • 10代目:河西里音 2013年度~2014年度 「ニャンちゅうワールド放送局」
  • 11代目:横田美紀 2015年度~ 「ニャンちゅうワールド放送局」

共演[編集]

関連商品[編集]

  • DVD
    • ニャ!ニャ!ニャ! ニャンちゅう(日本コロムビア、2014年9月24日発売)
  • CD
    • ニャンちゅうワールド放送局~どんぶらこ島へようこそ~(東芝EMI、2006年3月23日発売)
    • ニャンでもちゅうでもうたっちゃお~ニャンちゅうワールド放送局(日本コロムビア、2011年12月21日発売)
  • BOOK
    • おえかきアミーゴ! ニャンちゅうえかきうたブック(学研マーケティング、2007年11月発売)
    • ニャンちゅうワールド放送局だいすき!ニャンちゅう(小学館、2012年7月13日発売)
  • ぬいぐるみ等
    • パペットニャンちゅう(サンライク)
    • おしゃべりニャンちゅう(サンライク)

脚注[編集]

  1. ^ NHK ONLINE[1]、2015年12月27日閲覧
  2. ^ [2]、2015年12月27日閲覧
  3. ^ 「お姉さんが料理の上手いところをニャンちゅうに見せる」という内容のコーナーが放送されたが(年月日未確認)、作る際、笹峯が卵を茶碗から盛大に零す等のハプニングが起こり、ファンの間では「伝説」となっている[1][2]

外部リンク[編集]