ニャンちゅう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニャンちゅう
初登場 母と子のテレビタイム土曜版
津久井教生
詳細情報
種族 ネコ
年齢 5歳
出身 地球
テンプレートを表示

ニャンちゅうは、NHK教育テレビ→NHK Eテレに登場するパペット人形のキャラクターである。声優を津久井教生が担当する。

概要[編集]

地球生まれのネコ[注釈 1]。5歳という設定である。ネズミの着ぐるみは「ネズミの気持ちを理解したい」という心意気を表わす。一人称で「ミー」(me)と称する。言葉の最後に「ニャ」をよく付ける[注釈 2]。そのキャラクターとダミ声のギャップを特徴とする[注釈 3]。お饅頭が好物で、水を苦手とする。弱点として、フードを取るとくしゃみが止まらなくなる。

1992年4月、初代おねえさんである白石まるみの家に前から住みついている不思議なペットとして初登場した。1999年から出演番組が変遷するが、どの番組もおねえさん[注釈 4]と共に進行を担当する。

「ニャンちゅうといっしょ」まではNHK教育テレビの他番組のコーナーも内包していたが、2005年以降の「ニャンちゅうワールド放送局」では主に番組独自のコーナーを展開する。

1992年には同じくNHKのにこにこぷん(じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり)と共演した。

漫画「みどりのマキバオー」にベアナックルの子分として登場したことがある[注釈 5]

略歴[編集]

歴代のおねえさん(アシスタント)[編集]

出演者 愛称・役名 出演期間 番組名
1 白石まるみ まるみちゃん 1992年4月11日 - 1993年4月03日 母と子のテレビタイム土曜版
1993年4月11日 - 1995年4月02日 母と子のテレビタイム日曜版
2 古村比呂 ひろちゃん 1995年4月09日 - 1997年4月06日
3 石川ひとみ ひとみちゃん 1997年4月13日 - 1999年4月04日
4 笹峰愛 あいちゃん 1999年4月11日 - 2002年3月30日 あつまれ!わんパーク
5 伊藤かずえ かずちゃん 2002年4月06日 - 2003年4月05日
2003年4月12日 - 2004年4月03日 ニャンちゅうといっしょ
6 清水ゆみ ゆみちゃん 2004年4月10日 - 2005年4月02日
7 菊地美香 みかちゃん 2005年4月10日 - 2007年4月01日 ニャンちゅうワールド放送局
8 鴻上久美子 くみちゃん 2007年4月07日 - 2009年3月29日
9 柊瑠美 ミルちゃん 2009年4月05日 - 2013年3月24日
10 河西里音 りおんちゃん 2013年4月07日 - 2015年3月22日
11 横田美紀 みきちゃん 2015年4月05日 - 2018年4月01日
12 鎮西寿々歌 タラスズ 2018年4月08日 - ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!

関連商品[編集]

  • DVD
    • ニャ!ニャ!ニャ! ニャンちゅう(日本コロムビア、2014年9月24日発売)
  • CD
    • ニャンちゅうワールド放送局~どんぶらこ島へようこそ~(東芝EMI、2006年3月23日発売)
    • ニャンでもちゅうでもうたっちゃお~ニャンちゅうワールド放送局(日本コロムビア、2011年12月21日発売)
  • BOOK
    • おえかきアミーゴ! ニャンちゅうえかきうたブック(学研マーケティング、2007年11月発売)
    • ニャンちゅうワールド放送局だいすき!ニャンちゅう(小学館、2012年7月13日発売)
  • ぬいぐるみ等
    • パペットニャンちゅう(サンライク)
    • おしゃべりニャンちゅう(サンライク)

番組詳細(1992年度 - 2004年度)[編集]

ニャンちゅうシリーズ
(1992年度 - 2004年度)
ジャンル 子供向け教養バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会NHK教育テレビ
企画 NHKエデュケーショナル
出演者 白石まるみ
古村比呂
石川ひとみ
笹峰愛
伊藤かずえ
清水ゆみ
音声 ステレオ放送
母と子のテレビタイム土曜版
放送時間 土曜17:00 - 18:00(60分)
放送期間 1992年4月11日 - 1993年4月3日
(48回)
母と子のテレビタイム日曜版
放送時間 日曜17:00 - 18:00(60分)
放送期間 1993年4月11日 - 1999年4月4日
(301回)
あつまれ!わんパーク日曜版
放送時間 日曜17:00 - 18:00(60分)
放送期間 1999年4月11日 - 2001年4月1日
(98回)
あつまれ!わんパーク土曜版
放送時間 土曜17:00 - 17:50(50分)
放送期間 2001年4月7日 - 2003年4月5日
(102回)
ニャンちゅうといっしょ
放送時間 土曜17:00 - 17:50(50分)
放送期間 2003年4月12日 - 2005年4月2日
(95回)
テンプレートを表示
ニャンちゅうシリーズ
(1992年度 - 2004年度)
ニャンちゅう
フムフム
津久井教生
入江崇史
テンプレート - ノート

概要[編集]

平日の『母と子のテレビタイム』『あつまれ!わんパーク』で放送している番組のコーナーを中心に、随時ニャンちゅうとおねえさんとのやりとりの模様が挿入される形で構成されていた。2005年度以降のメインコーナーとなる「世界のこども番組」もシリーズ開始当初から放送されていた。

放送時間[編集]

期間 放送時間
1992年4月11日 - 1993年4月3日 土曜17:00 - 18:00(60分)
1993年4月11日 - 2001年4月1日 日曜17:00 - 18:00(60分)
2001年4月07日 - 2005年4月2日 土曜17:00 - 17:50(50分)

出演者[編集]

  • 白石まるみ - 初代おねえさん(まるみちゃん)
    1992年4月11日から1995年4月2日まで担当。
  • 古村比呂 - 2代目おねえさん(ひろちゃん)
    1995年4月9日から1997年4月6日まで担当。
  • 石川ひとみ - 3代目おねえさん(ひとみちゃん)
    1997年4月13日から1999年4月4日まで担当。
  • 笹峰愛 - 4代目おねえさん(あいちゃん)
    1999年4月11日から2002年3月30日まで担当。
    「お姉さんが料理の上手いところをニャンちゅうに見せる」という内容のコーナーで、たまごかけごはんを作る際、笹峰が卵を茶碗から盛大に零す等のハプニングが起こったエピソードは、ファンの間では伝説となっており、DVD「ニャ!ニャ!ニャ! ニャンちゅう」にも収録された[1]
  • 伊藤かずえ - 5代目おねえさん(かずちゃん)
    2002年4月6日から 2004年4月3日まで担当。
    番組設定の職業はファンタジー作家。
  • 清水ゆみ - 6代目おねえさん(ゆみちゃん)
    2004年4月10日から2005年4月2日まで担当。
    ニャンちゅうシリーズで唯一の1年間だけのお姉さんである。
  • 坂田おさむ
    1992年度 - 1993年度のレギュラー出演者。1994年度から2004年度まで定期的にゲスト出演。
    おかあさんといっしょ』7代目うたのおにいさん。ニャンちゅうは「おさちゃん」と呼んでいる。
  • フムフム(声:入江崇史
    本から本に渡り歩く虫。石川ひとみが収集していた本の中に住み着いていたところを発見され初登場。『ニャンちゅうといっしょ』最終回(2005年4月2日)まで出演。
    ニャンちゅうシリーズにおけるパペットサブキャラクターの元祖である。

番組拠点[編集]

1992年度から2004年度までは「ニャンちゅうとおねえさんが住んでいる家」となっており、「引っ越し」という設定でおねえさんの交代やスタジオセットの変更が行われる。

1992年度 - 1994年度
ニャンちゅうが元々住み着いていた家。1992年4月、白石まるみが入居。1995年4月、白石まるみがアメリカに引っ越した後、家が取り壊されてしまう。
1995年度 - 1997年度
住所:ひまわりヶ丘3丁目
1995年4月、ニャンちゅうが住んでいた家が取り壊されてしまい、古村比呂邸に勝手に上がり込んで居候を決めてしまう。
1997年4月、古村比呂が引っ越して入れ替わる形で石川ひとみが入居。
1998年4月、老朽化で雨漏りなどがひどく、静かに本を読める部屋が欲しいと新居への引っ越しを決断。ニャンちゅうと石川ひとみが一緒に退去。
1998年度 - 1999年度
住所:ひまわりヶ丘3丁目
1998年4月、ニャンちゅうと石川ひとみが一緒に入居。1999年4月、石川ひとみが引っ越して入れ替わる形で笹峰愛が入居。
2000年度 - 2001年度
住所:ひまわりヶ丘6丁目
2000年4月、ニャンちゅうと笹峰愛が一緒に入居。2年間使用。
2002年度 - 2003年度
住所:ひまわりヶ丘1丁目
マンション3階にある伊藤かずえ邸。
2004年度
清水ゆみ邸。

オリジナルコーナー[編集]

ニャンちゅうといっしょ
  • ニャンちゅうのレコード部屋
  • うたっておえかき

内包番組[編集]

1992年大晦日スペシャル[編集]

基礎情報
母と子のテレビタイムスペシャル わいわいワイドの大みそか まるごと6時間人気こども番組大集合
  • 放送局:NHK教育テレビ
  • 放送日時:1992年12月31日 木曜12:00 - 18:00
担当番組「まるみとニャンちゅうの大みそか」
  • 放送時間:12:00 - 12:05、13:05 - 13:10、14:25 - 15:35、16:25 - 16:30、17:20 - 17:25、17:55 - 18:00(計95分)
概要
シリーズ1年目の1992年、『母と子のテレビタイム大晦日スペシャルの番組進行をニャンちゅうと白石まるみが担当。
オープニングとエンディングおよび各番組の間の5分コーナーのほか、14:25 - 15:35の70分枠で「ニャンちゅうシリーズ」のスペシャルを放送。

スタッフ[編集]

1995年度 - 1996年度(2代目 古村比呂)
  • 構成 - 永田悦雄
  • キャラクターデザイン・人形制作 - 岡部久義
  • 人形操作 - 大峡たか子、杉浦春江
2003年度 - 2004年度(ニャンちゅうといっしょ)
  • オープニングアニメーション - 福島治
NHK教育テレビ 土曜17:00枠
前番組 番組名 次番組
おかあさんといっしょ
※17:00 - 17:25
おもしろ動物記
※17:25 - 17:30
テレビスポーツ教室
※17:30 - 18:00
母と子のテレビタイム土曜版
(1992.04.11 - 1993.04.03)
おかあさんといっしょ
※17:00 - 17:25
みんなのうた
※17:25 - 17:30
ひとりでできるもん!
※17:30 - 17:45
英語であそぼ
※17:45 - 18:00
NHK教育テレビ 日曜17:00枠
母と子のテレビタイム日曜版
(1993.04.11 - 1999.04.04)

あつまれ!わんパーク日曜版
(1999.04.11 - 2001.04.01)
NHK教育テレビ 土曜17:00枠
あつまれ!わんパーク土曜版
(2001.04.07 - 2003.04.05)

ニャンちゅうといっしょ
(2003.04.12 - 2005.04.02)
おかあさんといっしょ
※17:00 - 17:25
幼稚園・保育所の時間セレクション
※17:25 - 17:40
ミニ番組
※17:40 - 17:50

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年度「ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!」より
  2. ^ んと」などの言葉は「にゃんと」になる。
  3. ^ ただし、番組開始から最初期はダミ声ではなく、声のトーンも高めであった。
  4. ^ おねえさんは一部を除いて2年ごとに交代する。
  5. ^ 文庫版にニャンちゅうの著作権に関する但し書きあり[要文献特定詳細情報]

出典[編集]

外部リンク[編集]