人体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人体(成人の男女)
人体(乳児

人体(じんたい、human body)とは、を指す。

概要[編集]

「人体」という表現は医学解剖学生理学生物学工学美術などの分野で広く用いられている。日常表現では、あえて人のそれと特定する必要もないので「からだ」「カラダ」などと呼ばれることのほうが多い。また「身体」と呼ばれることもあり、ほぼ同等の意味であることもあるが、多少用法が異なっていることもある。

人体の外観はおおまかに見ると、胴体、両、両に分けることが可能であり、それらを「五体」[1]と呼んでいる。人類の平均身長は1.6m程度。統計的に見れば人体の大きさは人種によって異なっている。人体のかたちは体型と呼ばれており、これは栄養の取り方やダイエットなどの後天的な要素によってひとりひとり異なっている。人体に脂肪が過剰についている状態は肥満と呼ばれている。また体型は男女の性の別によっても違いが見られ、男性に比べて女性のほうが統計的に見て体脂肪率が高く、脂肪が多い分、外形的には丸みを帯びていることが多い。各部位の長さやサイズの全身に対する比率をプロポーションという。身長に対する脚の長さの比率、腕の長さの比率なども地域・人種によって傾向が異なっている。(比較してみると、「アフリカ人」や「黒人」と呼ばれている人々は脚や腕がすらりと長い傾向があり、プロポーションが良いとされることがある。)

肌(皮膚)の色も、人種によって傾向が異なっている。[2]

自然科学的説明[編集]

機能[編集]

人体には生物としての必要な機能である「境界維持」、「免疫」「自己修復」(いわゆる自己治癒力)、「消化」「代謝」「排泄」、「生殖」、さらに「運動」「応答性」「成長」の機能も複合的に持つ。

これを維持するためには各種栄養素だけでなく酸素体温大気圧も必要である。またも必要、とも言われている。

階層構造[編集]

人体を要素に分解しながら見てゆくことも可能である。以下のような階層構造も見出すことができる。

  器官については後方の#器官の分類に列挙されています。

各レベル間では創発現象が起きおり、マクロからミクロレベルまで、縦方向・横方向に相互作用がある。その全体像は極めて複雑であることなどから「宇宙」に喩えられることもある[3]

人体の部分の役割、各臓器の役割[編集]

近代西洋医学においては「何の役にも立っていない」などと説明されてきた臓器がいくつもあるが、そういった臓器が、後の時代になって、実は非常に大切な役目を果たしていた、と判明するようなことはよくあることである[4]。例えば、今から数十年前の医学部では、松果体は体に影響があるものは特に何も作っていない、と教えていたという[4]。ところが近年になって、松果体は重要な物質であるメラトニンを作っていることが判明した[4]

また、胸骨の裏側にある胸腺などもそうである。わずか20数年前までは、「子供のときにだけ役目を果たして、大人になると無用のもの」などと、医学部では教えていたが[4]、現在では、免疫機構で重要な役目をするT細胞[注 1]というリンパ球が胸腺の中で成熟していることが判っている。

本来、人体には、「いらないもの」などは無いのではないか、ただその作用が現在の科学のレベルでは検出できない、というだけのことではないか、と米山公啓は言う[4]。 「(ある臓器は)何の役にも立っていない」というような説明は根本的な誤謬を含んでいる可能性があるので、それを信じ込むのは危険である。

美術[編集]

人体のデッサン

人体はデッサン絵画彫刻等、美術の重要なテーマのひとつである。

美術を専門的に教える学校(美術大学 等)では、カリキュラムの中に人体デッサンが含まれていることが一般的である。学生が互いに美術モデル役となって描いたり、プロの美術モデルを雇って描くなどの方法がある。「美術解剖学」などと呼ばれる分野もあり、美術を専門とする人のために書籍が出版されている。それによって人の骨格や筋肉がどのようになっているか学び、皮膚の下にどんな構造が隠れているのか意識しながら描くと、より立体的に、よりリアルに描くことができるようになる。

彫刻家などではもっぱら人体像ばかりを作っている人もかなりの割合いる。画家でも、もっぱら人体ばかり描いている人もいる。なお人体に美を見出してそれを追及している作家もいれば、反対に醜さにも着目して作品を作る作家もいる。

鑑賞者の立場に立てば、日常生活では他人のからだをじろじろと見つめるわけにはいかないが、美術作品になっていればじっくりと眺めてそのを観賞することができる。西欧では、屋敷に人体の像(大理石像や石膏像やブロンズ像など)を置いて普段から人体を観賞することを好む人々もいる。

なおボディペインティングでは、人体自体が芸術の一部であり、支持体絵具をのせるキャンバスの役割も果たしている。

人文科学的・社会科学などの説明[編集]

コミュニケーション学[編集]

人間は、意識的であれ無意識的であれ、人体をコミュニケーションの媒体としても用いている。人体を用いた表現はボディランゲージと呼ばれている。

人間の性[編集]

人間においては、人体は性的指向または性的嗜好の対象となることがある。人体のパーツに固執するフェティシズムを持っている人もいる。

人体の器官の分類、組成[編集]

人体の組成
70kgの体重のヒト
[5]
成分 重量
酸素 45.5kg
炭素 12.6kg
水素 7kg
窒素 2.1kg
カルシウム 1.05kg
リン 0.7kg
イオウ 175g
カリウム 140g
ナトリウム 105g
塩素 105g
マグネシウム 35g
6g
フッ素 3g
ケイ素 2g
亜鉛 2g
ストロンチウム 320mg
ルビジウム 320mg
120mg
マンガン 100mg
80mg
アルミニウム 60mg
カドミウム 50mg
スズ 20mg
バリウム 17mg
水銀 13mg
セレン 12mg
ヨウ素 11mg
モリブデン 10mg
ニッケル 10mg
ホウ素 10mg
クロム 2mg
ヒ素 2mg
コバルト 1.5mg
バナジウム 0.2mg
見かけ上の分類 外側 内側

五体による分類[編集]


上肢・下肢による分類[編集]

細かい分類[編集]

臓器[編集]

機能上の分類

器官[編集]


関連書籍[編集]

  • 堺章『新訂 目でみるからだのメカニズム』医学書院、2000、ISBN 4-260-33095-0
  • 遠藤秀紀『人体 失敗の進化史』光文社、2006、 ISBN 4-334-03358-X
  • 養老孟司『からだを読む』筑摩書房、2002、ISBN 4-480-05963-6
  • 安田峯生『ラングマン人体発生学 第9版』メディカル・サイエンス・インターナショナル、2006、 ISBN 4-89592-428-9
  • 桜井弘『金属は人体になぜ必要か―なければ困る銅・クロム・モリブデン』講談社、1996、ISBN 4-06-257123-4
  • 立花隆『人体再生』中央公論新社、2003、ISBN 4-12-204151-1
  • Quark『男のからだ・女のからだ―人体スペシャルレポート2』講談社、1988、ISBN 4-06-132731-3
  • バーナード・ルドフスキー『みっともない人体』鹿島出版会、1979、ISBN 4-306-04109-3
  • 布施英利『体の記憶』光文社、2006、ISBN 4-334-78436-4
  • ブルトマン『人体にとってとは何か』日経サイエンス、1983、ISBN 4-532-06429-5
  • ロバート・ウィンストン『スーパーヒューマン―人体に潜む驚異のパワー』清流出版、2004、ISBN 4-86029-081-X
  • 川村則行『自己治癒力を高める―人体の驚くべき潜在能力』講談社、1998、ISBN 4-06-257230-3
  • グレゴリー・ストック『それでもヒトは人体を改変する』早川書房、2003、ISBN 4-15-208538-X
  • 久保田 博南『電気システムとしての人体―からだから電気がでる不思議』講談社、2001、ISBN 4-06-257338-5
  • 渡辺武『漢方が救う人体危機―西洋医学一辺倒からの脱出』立風書房、1997、ISBN 4-651-70075-6
  • デイヴィッド・グッドセル『人体の分子の驚異―身体のモーター・マシン・メッセージ』青土社、2002、ISBN 4-7917-5983-4
  • 山本三毅夫『ウイルスVS.人体』講談社1997、ISBN 4-06-149370-1
  • 青木 皐『人体常在のはなし―美人は菌でつくられる』集英社、2004、ISBN 4-08-720257-7
  • 湯浅泰雄、田中朱美、春木豊、人体科学会『科学とスピリチュアリティの時代―身体・気・スピリチュアリティ』ビイングネットプレス、2005、ISBN 4-434-05959-9
  • メアリー・ローチ『死体はみんな生きている』NHK出版、2005、ISBN 4-14-081012-2
  • ジャック・ハム、島田 照代『人体のデッサン技法』嶋田出版、1987、ISBN 4-7679-8503-X
  • エイト企画『人体のプロポーションとメカニズム』エルテ出版、1992、ISBN 4-87199-030-3
  • 通商産業省工業技術院生命工学工業技術研究所『設計のための人体計測マニュアル』人間生活工学研究センター1994、ISBN 4-88922-086-0

脚注・出典[編集]

  1. ^ 攻撃目標を見分けるレーダーの役割を果たす
出典
  1. ^ 「五体」には他の分類法もある。
  2. ^ 皮膚の色によって黄色人種白色人種などといった表現や分類もさかんに用いられた。現在では学術的にはDNA解析などを用いて分析・分類し、コーカソイドなどといった表現で定義する傾向がある。ただし慣用としては、○色人種といった類の表現は、あいかわらず世界各国で用いられている。
  3. ^ 人体を「ミクロコスモス」、宇宙を「マクロコスモス」などと呼んだりする。
  4. ^ a b c d e 米山公啓『自然治癒力のミステリー』pp.130-131
  5. ^ 桜井弘氏講演 生体元素と医薬品の開発(第一回) 講演録 ここに、「桜井 弘 : 化学と教育 48、459-463(2000)」とする表が出ている

関連項目[編集]