遠藤秀紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャイアントパンダ(フェイフェイ)の左前肢の骨。国立科学博物館の展示。

遠藤 秀紀(えんどう ひでき、1965年 - )は日本獣医学者、比較解剖学者。東京大学総合研究博物館教授。研究分野は比較形態学、遺体科学。

東京都生まれ。国立科学博物館動物研究部研究員、京都大学霊長類研究所教授を経て、2008年より東京大学総合研究博物館教授。ジャイアントパンダの“第七の指”(副手根骨)の発見者。

日本哺乳類学会理事長。

進化形態、知的生物として人間は失敗作であるという言で著名。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ウシの動物学』(林良博(編集)、佐藤英明(編集))東京大学出版会 2001年
  • 『哺乳類の進化』東京大学出版会 2002年
  • 『パンダの死体はよみがえる』ちくま新書 2005年 のち、ちくま文庫
  • 『解剖男』講談社現代新書 2006年
  • 『遺体科学の挑戦』東京大学出版会 2006年
  • 『人体 失敗の進化史』光文社新書 2006年
  • 『ニワトリ 愛を独り占めにした鳥』光文社新書 2010年
  • 『見つけるぞ、動物の体の秘密―動物かいぼう学者が挑む進化のなぞ』くもん出版(くもんジュニアサイエンス)2010年
  • 『東大夢教授』リトル・モア 2011年
  • 『動物解剖学』東京大学出版会 2013年

共著[編集]

  • カラスとネズミ―ヒトと動物の知恵比べ 川内博(著)、遠藤秀紀(著)、林良博(編集)、武内和彦(編集)岩波書店(現代日本生物誌 1)2000年
  • パンダの手には、かくされたひみつがあった! 山本省三 文、喜多村武 絵、遠藤秀紀 監修 くもん出版 2007(動物ふしぎ発見)
  • 人間は失敗作である:比較解剖学 太田光田中裕二、遠藤秀紀 著 講談社 2007 (爆笑問題のニッポンの教養:爆問学問;8)
  • すごい目玉をもったアザラシがいる! 山本省三 文、喜多村武 絵、遠藤秀紀 監修 くもん出版 2008(動物ふしぎ発見)
  • ゾウの長い鼻には、おどろきのわけがある! 山本省三 文、喜多村武 絵、遠藤秀紀 監修 くもん出版 2008(動物ふしぎ発見)
  • アリクイの口のなぞが、ついにとけた! 山本省三 文、喜多村武 絵、遠藤秀紀 監修 くもん出版 2009(動物ふしぎ発見)
  • ペンギンの体に、飛ぶしくみを見つけた! 山本省三 文、喜多村武 絵、遠藤秀紀 監修 くもん出版 2009(動物ふしぎ発見)
  • ヒトの親指はエライ!:ふしぎ・おもしろ・科学入門 山本省三 文、喜多村武 絵、遠藤秀紀 監修 講談社 2011
  • 特別授業"死"について話そう 伊沢正名、遠藤秀紀、角幡唯介川口有美子最果タヒ酒井順子佐々涼子佐治晴夫島田裕巳園子温徳永進中森明夫畑正憲本郷和人元村有希子森川すいめい湯山玲子和合亮一 著 河出書房新社 2013(14歳の世渡り術

訳書[編集]

  • 動物の生殖:新しい命の始まりを模型断面でみる ディヴィッド・バーニー 文、遠藤秀紀、武田正倫山崎柄根 訳 丸善 1998(しくみ発見博物館;9)
  • 毒をもつ動物:自然が生みだした驚異の武器を模型断面でみる ティリーザ・グリーナウェイ 文、遠藤秀紀、武田正倫、山崎柄根 訳 丸善 1998(しくみ発見博物館;10)
  • 図説哺乳動物百科 1(総説・アフリカ・ヨーロッパ)[スティーブ・パーカー、ジョナサン・エルフィック、デヴィッド・バーニー、クリス・ノリス] [著]、遠藤秀紀 監訳 朝倉書店 2007
  • 図説哺乳動物百科 2(北アメリカ・南アメリカ)[スティーブ・パーカー、ジョナサン・エルフィック、デヴィッド・バーニー、クリス・ノリス] [著]、遠藤秀紀 監訳 朝倉書店 2007
  • 図説哺乳動物百科 3(オーストラレーシア・アジア・海域)スティーブ・パーカー、ジョナサン・エルフィック、デヴィッド・バーニー、クリス・ノリス[著]、遠藤秀紀 監訳 朝倉書店 2007
  • パンダが来た道:人と歩んだ150年 ヘンリー・ニコルズ 著、遠藤秀紀 監修、池村千秋 訳 白水社 2014
  • 骨の博物館 1(動物の骨)黒輪篤嗣 訳、遠藤秀紀 日本語版監修、ロブ・コルソン 文、サンドラ・ドイル、エリザベス・グレイ、スティーブ・カーク イラスト 辰巳出版 2015
  • 骨の博物館 2 黒輪篤嗣 訳、遠藤秀紀 日本語版監修 辰巳出版 2015
  • 骨の博物館 3 黒輪篤嗣 訳、遠藤秀紀 監修 辰巳出版 2016

論文[編集]

  • Chang, S. -., 押田龍夫,遠藤秀紀, Nguyen, S. T., Dang, C. N., Nguyen, D. X., . . . Lin, L. -. (2011). Ancient hybridization and underestimated species diversity in asian striped squirrels (genus tamiops): Inference from paternal, maternal and biparental markers. Journal of Zoology, 285(2), 128-138.
  • 遠藤秀紀, Hayashi, Y., Yamazaki, K., Motokawa, M., Pei, J. -. K., Lin, L. -., . . . 押田龍夫 (2002). Geographical variation of mandible size and shape in the wild pig (sus scrofa) from taiwan and japan. Zoological Studies, 41 (4), 452-460.
  • 遠藤秀紀, Kimura, J., 押田龍夫, Stafford, B. J., Rerkamnuaychoke, W., Nishida, T., . . . Hayashi, Y. (2004). Geographical and functional-morphological variations of the skull in the gray-bellied squirrel. Journal of Veterinary Medical Science, 66(3), 277-282.
  • 遠藤秀紀, Kimura, J., 押田龍夫, Stafford, B. J., Rerkamnuaychoke, W., Nishida, T., . . . Hayashi, Y. (2003). Geographical variation of skull morphology and its functional significances in the red-cheeked squirrel. Journal of Veterinary Medical Science, 65 (11), 1179-1183.
  • 遠藤秀紀, Kimura, J., 押田龍夫, Stafford, B. J., Rerkamnuaychoke, W., Nishida, T., . . . Hayashi, Y. (2004). Geographical variation of skull size and shape in various populations in the black giant squirrel. Journal of Veterinary Medical Science, 66 (10), 1213-1218.
  • Haba, C., 押田龍夫, Sasaki, M.,遠藤秀紀, Ichikawa, H., & Masuda, Y. (2008). Morphological variation of the japanese raccoon dog: Implications for geographical isolation and environmental adaptation. Journal of Zoology, 274 (3), 239-247.
  • Hayashida, A.,遠藤秀紀, Sasaki, M., 押田龍夫, Kimura, J., Waengsothorn, S., . . . Yamada, J. (2007). Geographical variation in skull morphology of gray-bellied squirrel callosciurus caniceps. Journal of Veterinary Medical Science, 69 (2), 149-157.
  • Koyabu, D., 押田龍夫, Nguyen, S. T., Dang, C. N., Nguyen, N. X., Nguyen, D. X., . . .遠藤秀紀 (2012). Comparison of jaw muscle morphology in two sympatic callosciurine squirrels (callosciurus erythraeus and dremomys rufigenis) in vietnam. Mammal Study, 37 (3), 237-242.
  • Koyabu, D. B., 押田龍夫, Dang, N. X., Can, D. N., Kimura, J., Sasaki, M., . . .遠藤秀紀 (2009). Craniodental mechanics and the feeding ecology of two sympatric callosciurine squirrels in vietnam. Journal of Zoology, 279 (4), 372-380.
  • Kuramoto, T., Torii, H., Ikeda, H.,遠藤秀紀, Rerkamnuaychoke, W., & 押田龍夫 (2012). Mitochondria DNA sequences of finlayson's squirrel found in hamamatsu, shizuoka prefecture, japan. Mammal Study, 37 (1), 63-67.
  • 押田龍夫, Dang, C. N., Nguyen, S. T., Nguyen, N. X.,遠藤秀紀, Kimura, J., . . . Hayashi, Y. (2010). Phylogenetics of petaurista in light of specimens collected from northern vietnam. Mammal Study, 35 (1), 85-91.
  • 押田龍夫, Dang, C. N., Nguyen, S. T., Nguyen, N. X.,遠藤秀紀, Kimura, J., . . . Hayashi, Y. (2013). Phylogenetic position of callosciurus erythraeus griseimanus from vietnam in the genus callosciurus. Mammal Study, 38 (1), 41-47.
  • 押田龍夫, Dang, C. N., Nguyen, S. T., Nguyen, N. X.,遠藤秀紀, Kimura, J., . . . Hayashi, Y. (2011). Phylogenetic relationship between callosciurus caniceps and C. inornatus (rodentia, sciuridae): Implications for zoogeographical isolation by the mekong river. Italian Journal of Zoology, 78 (3), 328-335.
  • 押田龍夫, Yasuda, M., 遠藤秀紀, Hussein, N. A., & 増田隆一 (2000). Comparisons of the banded karyotypes between the small japanese flying squirrel, pteromys momonga and the russian flying squirrel, P. volans (rodentia, sciuridae). Caryologia, 53 (2), 133-140.
  • 押田龍夫, Yasuda, M., 遠藤秀紀, Hussein, N. A., & 増田隆一 (2001). Molecular phylogeny of five squirrel species of the genus callosciurus (mammalia, rodentia) inferred from cytochrome b gene sequences. Mammalia, 65 (4), 473-482.
  • 押田龍夫, & Yoshida, M. C. (1996). Banded karyotypes and the localization of ribosomal RNA genes of eurasian flying squirrel, pteromys volans orii (mammalia, rodentia). Caryologia, 49 (3-4), 219-225.
  • Shafique, C. M., Barkati, S., 押田龍夫, & Ando, M. (2006). Comparison of diets between two sympatric flying squirrel species in northern pakistan. Journal of Mammalogy, 87 (4), 784-789.
  • Shafique, C. M., Barkati, S., 押田龍夫, & Ando, M. (2009). Comparison of nest trees of two sympatric flying squirrel species in northern pakistan. Mammalian Biology, 74 (3), 240-244.
  • Suzuki, M., Kato, A., Matsui, M., Okahira, T., Iguchi, K., Hayashi, Y., & 押田龍夫 (2011). Preliminary estimation of population density of the siberian flying squirrel (pteromys volans orii) in natural forest of hokkaido, japan. Mammal Study, 36(3), 155-158.
  • Suzuki, Y., Watanabe, I., 押田龍夫, Chen, Y. -., Lin, L. -., Wang, Y. -., . . . Kuno, K. (2007). Accumulation of trace elements used in semiconductor industry in formosan squirrel, as a bio-indicator of their exposure, living in taiwan. Chemosphere, 68(7), 1270-1279.
  • Takyu, M., Takahashi, K., Uraguchi, K., & 押田龍夫 (2013). Fox bait consumption and camera trapping in agricultural areas in eastern hokkaido, japan. Mammal Study, 38(1), 57-60.
  • Tamada, T., Siriaroonrat, B., Subramaniam, V., Hamachi, M., Lin, L. -., 押田龍夫, . . . 増田隆一 (2008). Molecular diversity and phylogeography of the asian leopard cat, felis bengalensis, inferred from mitochondrial and Y-chromosomal DNA sequences. Zoological Science, 25(2), 154-163.
  • Yuan, S. -., Lin, L. -., & 押田龍夫 (2006). Phylogeography of the mole-shrew (anourosorex yamashinai) in taiwan: Implications of interglacial refugia in a high-elevation small mammal. Molecular Ecology, 15(8), 2119-2130.

出演番組[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]