橈骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
骨: 橈骨
Illu upper extremity.jpg
上橈骨の位置。"Radius" と書かれているのが橈骨。
Carpus.png
番号1が橈骨
名称
日本語 橈骨
英語 Radius
ラテン語 Radius
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
MeSH Radius
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示
前面から見た橈骨

橈骨(とうこつ)(英名 radial bone、羅名 radius pl, radii)とは、四肢動物の前肢を構成する骨であり、前腕の二本の長い骨のうちの一つである。

断面は角柱状の形状を取り、尺骨と平行に並んで存在している。橈骨と尺骨の大きさや長さを比較すると、橈骨の方がやや小さく短い。解剖学的正位(腕を体の脇に下げ、掌の表側を前に向けた位置)において、体から離れた外側(がいそく)側に位置し、親指の側にあるのが橈骨である。

前腕および手の橈骨側を橈側(とうそく)という。同部位に対しては医学用語の外側(がいそく)が日常語の内側(うちがわ)に当たり、紛らわしい。橈側の反対側を尺側(しゃくそく)と呼ぶ。

構造[編集]

ヒトの橈骨は、左右の前腕に1本ずつ存在しており、尺骨とともに前腕構造を支持し、髄腔の存在する管状骨、すなわち長骨[1]に分類される。

近位端は馬蹄のような細長い構造をしており橈骨頭(とうこつとう)と言い、遠位端に移行するに従って広く太くなる。

橈骨と関節する骨[編集]

近位端は上腕骨腕撓関節を形成し、尺骨と上橈尺関節(肘関節の一部)を形成する[2]。 遠位端も尺骨と下橈尺関節を形成し[3]舟状骨および月状骨三角骨と橈骨手根関節(手関節の一部)を形成する[4]

橈骨に接着する筋肉[編集]

橈骨の筋肉接着面 (前面)
橈骨の筋肉接着面 (背面)
筋肉 方向性 接着面
円回内筋[5] 停止 回内筋粗面
回外筋[6] 停止 橈骨下端の前面
上腕二頭筋[7] 停止
方形回内筋[8] 停止
腕橈骨筋[9] 停止
浅指屈筋(橈骨頭)[10] 起始
短母指伸筋[6] 起始
長母指外転筋[6] 起始
長母指屈筋[8] 起始

語源[編集]

英語など欧州諸語で使用されている radius は、もともとラテン語で「光線の放射」「棒、杖」「車輪の(スポーク)」という意味である。

古い中国医学では、清代の『医宗金鑑』に(現在で言う)尺骨とまとめて「臂骨(ぴこつ)」と言われ、狭義では尺骨を「臂骨」(つまり総称と区別しない)と、橈骨を「輔骨」(俗に纏骨)と呼んだ[11]

橈骨は「撓(たわ)んだ」形の骨の意で、杉田玄白が『解体新書』で橈骨を「橈臂骨」と、尺骨を「直臂骨」と訳したのが始まりである [12]。 ただし、『解体新書』の原文では「橈臂骨、其上端有二起処。其一者、挟臑内筋之処也。其微陥者、受直臂骨櫛之処也」とあり、橈臂骨の上端には臑内筋(上腕筋?)を挟む部分と、もう一方の骨の櫛(関節環状面)を受けるくぼみ(橈骨切痕?)があるので、橈臂骨=尺骨、直臂骨=橈骨であるようにも考えられる[11]。 いずれにせよ、鈴木文太郎が1905年に著した『解剖学名彙』でradius = 橈骨の用語が統一された [13]

なお、大槻玄沢は『重訂解体新書』で、ラテン語を直訳して「梃骨(ていこつ)」(梃=棒)と訳した[12]

脚注[編集]

  1. ^ 森ら, p.130
  2. ^ 森ら, pp.206-207
  3. ^ 森ら, pp.213-214
  4. ^ 森ら, p.215
  5. ^ 森ら, p.347
  6. ^ a b c 森ら, p.359
  7. ^ 森ら, p.347
  8. ^ a b 森ら, p.351
  9. ^ 森ら, p.354
  10. ^ 森ら, p.348
  11. ^ a b 李 強、2014、「解剖学骨名「尺骨」の由来を巡って - 医学文化史の世界を瞥見する」、『大阪物療大学紀要』2巻 pp. 53-61
  12. ^ a b 国分 正一. “骨の逸話”. 東北大学整形外科学教室. 2018年8月17日閲覧。
  13. ^ 澤井 直、2010、「昭和初期解剖学用語の改良と国語運動」、『日本医史学雑誌』56巻1号 pp. 39-52

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]