出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(せ)

漢字辞典の説明によると、もともと人体の「腹と反対側」は「」という字で示していた。(「北」という字は、人を後ろ側から見た様子を描いた象形文字である)。だが、(中国では)王がひとと会う時は南を向いて座る習慣があったので、南と反対の方角を指すために、「王の後ろ側(腹の反対側)」という意味で「北」の字がつかわれるようになった。やがて「北」の字は、腹の反対側を指すためよりもむしろ方角・方位を指すために使われることのほうが多くなってしまい、腹の反対側を指すための字を新たに作る必要が出てきてしまった。身体に関係することを指す字を作りたいわけなので、「(月)にくづき」を足して「背」という文字が作られた、とのことである。(かくして、もともと腹の反対側を意味していた「北」の字のほうは、(ますます)方角をばかりを指すようになった、というわけである)
  • 動物の体で、地面に向いている面とは反対の側[1]
    • 人体で、上記の動物の部分に対応するところ。つまり頸部(首)から臀部(尻)までの間の面[1]。→背中
  • (動物の体とのアナロジー、見立てで)山の尾根[1]。→尾根
  • 背のたけ。身長。「せい」とも。[1]身長
  • 書物の綴じの部分[1]。→背表紙装丁

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 広辞苑「背」