ヒューマノイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヒューマノイド(humanoid)とは、英語human(人)と接尾辞-oid(-のようなもの、-もどき)の組み合わせで、形容詞としては「人間そっくりの」や「人間によく似た」という意味で、名詞としては、人間に似た生物や人型ロボットなどを指して用いられる。

概要[編集]

名詞としてはアンドロイド (android、ギリシア語andro-(人、男性)と-oidの組み合わせ)と由来する言語が異なる同じ構造のであり、語としてはほぼ同義である。しかし、実際の用法には差があり、アンドロイドが概ね人造人間などの造られた存在に用いられるのに対して、ヒューマノイドは造られた存在だけでなく自然発生したもの(人間に似た生物)にも用いられる。どれだけ人間に似ていればヒューマノイドと呼ぶか、といった定義は事実上存在せず、その扱いは作品によってまちまちである。英和辞典用語辞典では、

  • 形容詞:(形態・行動などが類人猿などに比べて)人間そっくりの。名詞:ヒト(人間)類似の生物、(SF 小説などに登場する)人型ロボット[1]
  • (SF 小説などで)人間に似た宇宙人。また人型の人造人間[2]
  • ヒト類似の生物。人間型ロボット[3]

と記載されている。

ヒューマノイドロボット[編集]

人間型のロボットは『ヒューマノイドロボット』(Humanoid Robot)と呼ばれる[4][5][6]。 実用化に向けた研究が大学研究所などで行われており、関連する論文は多い[4][5][6]。 「ASIMO[4]や「HRP-2[5]などの二足歩行ロボットの他にも、車輪によって移動を行う「Pepper[7][8]などもヒューマノイドロボットとして紹介される。バイクの操縦に特化し、単独では移動不可能な人型ロボット「MOTOBOT」も、ヒューマノイドとして紹介される事がある[9]

ホビー用の小型二足歩行ロボットや4mと大型な搭乗型の機体でもヒューマノイドロボットとして紹介される事がある[10][11]

人型である必要性
ヒューマノイドロボットには人間に合わせてデザインされたシステムが使えるという点や、話をすることを受け入れやすい[12]というメリットはあるものの、技術的な困難さや与えられた目的に必ずしも最適な形状ではないとし、イメージ先行の開発を危惧する見方がある[13]。ロボットを人型にするのは、ユーザーに受け入れられるための手段の1つにすぎないという見方もある[14]
競技大会
ヒューマノイドロボットが出場する競技大会としては、「DARPAロボティクス・チャレンジ」や「ROBO-ONE」、「ロボカップ」などがある。

未確認動物[編集]

人型をした未確認動物もヒューマノイドと呼ばれる。 「フライング・ヒューマノイド」や「アタカマ・ヒューマノイド」など。

架空のもの[編集]

サイエンス・フィクションに登場する人型のロボット「C-3PO」や宇宙人地球外生命)など。

類似のものとして映画『ロボコップ』シリーズに登場するロボコップや、映画『ターミネーター』シリーズに登場するT-800などがあるが、ロボコップはサイボーグ、T-800はアンドロイドとして扱われる[15][16]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『新英和大辞典第六版』研究社、2002年、1197頁。
  2. ^ 『コンサイスカタカナ語辞典第4版』三省堂、2010年、894頁。
  3. ^ 現代用語の基礎知識2006』自由国民社、2005年、1422頁。※他年度版(2013等)にも記載あり。
  4. ^ a b c ヒューマノイドロボットASIMOの開発”. 本田技術研究所 (2001年4月1日). 2017年1月5日閲覧。
  5. ^ a b c ヒューマノイドロボット・HRP-2の開発 (PDF)”. 川田工業 (2004年). 2017年1月5日閲覧。
  6. ^ a b ヒューマノイドロボットのシステム実現 - ロボットシステム記述言語 EusLisp による実装 -”. 東京大学 (2006年1月24日). 2017年1月5日閲覧。
  7. ^ ヒューマノイドロボット”. 株式会社日経BP (2016年1月15日). 2017年1月5日閲覧。
  8. ^ Pepperを動かす「アプリ」を作ろう~まずはSDKの基本的な使い方を習得する (1/4)”. MONOist (2015年1月20日). 2017年1月5日閲覧。
  9. ^ バイクの改造一切なし! ヒト型ロボ、世界王者に挑戦”. 産経ニュース (2015年11月1日). 2017年1月5日閲覧。
  10. ^ 近藤科学、直営店ROBOSPOTを東京荒川区に移転・リニューアルオープン!”. マイナビニュース (2014年6月23日). 2017年1月6日閲覧。
  11. ^ 中小企業の技術を集めて取り組む「コックピット内蔵型巨大ヒューマノイドロボットの開発」 (1/3)”. MONOist (2013年7月4日). 2017年1月7日閲覧。
  12. ^ ロビの生みの親、高橋智隆:「未来のロボットはスマートフォンに取って代わる」”. WIRED (2013年12月6日). 2017年1月5日閲覧。
  13. ^ 「ヒト型ロボットは最適ではない」IEEEフェロー広瀬氏が語るロボット開発の方向性”. MONOist (2014年10月14日). 2017年1月5日閲覧。
  14. ^ ロボットが人型である必要性とは――人間にとって最適なロボットデザインを考える (2/2)”. MONOist (2013年11月15日). 2017年1月6日閲覧。
  15. ^ デトロイトの未来を予言した?「ロボコップ」の世界”. CNN.co.jp (2013年7月26日). 2017年1月5日閲覧。
  16. ^ 「ターミネーター」カーネル、襲来”. ITmedia (2016年1月2日). 2017年1月10日閲覧。

関連項目[編集]

架空のもの