京口紘人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
京口 紘人
基本情報
本名 京口 紘人
通称

The Dynamite Boy

MAD BOY
身長 161.cm [1]
リーチ 164.5cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1993-11-27) 1993年11月27日(24歳)
出身地 大阪府和泉市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 10
勝ち 10
KO勝ち 7
敗け 0
引き分け 0
テンプレートを表示

京口 紘人(きょうぐち ひろと、1993年11月27日 - )は、日本プロボクサー。第20代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者。元IBF世界ミニマム級王者。ワタナベボクシングジム所属。

人物[編集]

1993年11月27日大阪府和泉市出身。和泉市立国府小学校和泉市立和泉中学校大阪府立伯太高等学校大阪商業大学経済学部卒業[2]

父と伯父が空手道場『聖心會』を主宰する空手家であったため[3]、京口も3歳の時から空手を始める[3]

実兄が大阪帝拳ボクシングジムボクシングをやっていたことから、自身も小学校6年(12歳)で大阪帝拳に通い、ボクシングを始める[4]。特に大阪帝拳の大先輩である辰吉丈一郎への憧れが強く、高校時代の3年間は辰吉直々の指導を受ける毎日であったという[4]

大阪商業大学へ進学後、大学3年次の第69回国民体育大会(2014年)ボクシング競技では、成年男子ライトフライ級で優勝を飾る[5]。2015年、大学4年次でボクシング部主将となり、同年の「第5回台北市カップ国際ボクシングトーナメント」(台湾台北市)では、日本代表選手として出場、ライトフライ級で準優勝となった[6]

2016年、大学卒業と同時にプロ入りし、ワタナベボクシングジムに入門。同年2月のB級プロテストを受験して合格した[7]。4月17日に大阪府立体育会館第2競技場でナーヨレック・シッサイトーンとライトフライ級6回戦を戦い、2回2分55秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[8]

2016年5月16日、バンコクのミナヨーティンボクシングジムでファンタ・ルークジャオメーサイトーンと50.0kg契約6回戦を行い、デビュー戦から2戦連続KO勝ちとなる初回33秒TKOを収めた[9]

2016年8月7日、大阪府立体育会館第2競技場で宮崎拳一とミニマム級8回戦を行い、デビュー戦から3戦連続KO勝ちとなる3回39秒KO勝ちを収めた[10]

2016年11月15日、後楽園ホールで行われた「DANGAN171」でマイケル・カメリオンと107ポンド8回戦を行い、デビュー戦から4戦連続KO勝ちとなる初回33秒KO勝ちを収めた[11]。12月13日、東日本ボクシング協会の2016年11月度月間新鋭賞に選出された[12]

2016年12月31日、大田区総合体育館でジュヌエル・ラカールと107ポンド8回戦を行い、デビュー戦から5戦連続KO勝ちとなる3回46秒KO勝ちを収めた[13]

2017年2月28日、後楽園ホールでアルマンド・デラクルス(フィリピン)とOPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦を行い、デビュー戦から6戦連続KO勝ちとなる3回2分2秒KO勝ちを収めOPBF王座の獲得に成功した[14]

2017年4月25日、後楽園ホールで行われた「DANGAN180」でOPBF東洋太平洋ミニマム級2位のジョナサン・レフジョと対戦し、12回3-0(117-111、118-111、119-109)の判定勝ちを収めデビュー戦から続いていたKO勝ちが6でストップしたものの、OPBF王座の初防衛に成功した[15]

2017年7月23日、大田区総合体育館でIBF世界ミニマム級王者のホセ・アルグメドと対戦し、12回3-0(116-111が2者、115-112)の判定勝ちを収め辰吉丈一郎、名城信男に並ぶプロ8戦目での世界戴冠に成功した[16][17]

2017年12月31日、大田区総合体育館でIBF世界ミニマム級3位のカルロス・ブイトラゴと対戦し、8回2分28秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した[18]

2018年5月20日、大田区総合体育館にて、1階級上のIBF世界ライトフライ級10位でWBOアジア太平洋ライトフライ級ユース王者のビンス・パラスと対戦し、3回にダウンを喫するも後半持ち直して12回3-0(3者とも117-110)の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[19]

その後、自身の体重増加により減量が苦しくなったことを理由として転級を決意、2018年8月11日にIBF世界ミニマム級王座を返上したことを発表した[20]

獲得タイトル[編集]

戦績[編集]

  • アマチュア - 66戦52勝(8KO)14敗
  • プロ - 10戦10勝(7KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2016年4月17日 勝利 2R 2:55 KO ナーヨレック・シッサイトーン タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2016年5月16日 勝利 1R 0:33 TKO ファンタ・ルークジャオメーサイトーン タイ王国の旗 タイ
3 2016年8月7日 勝利 3R 0:39 KO 宮崎拳一(大橋 日本の旗 日本
4 2016年11月15日 勝利 1R 0:33 KO マイケル・カメリオン フィリピンの旗 フィリピン
5 2016年12月31日 勝利 3R 0:46 KO ジュヌエル・ラカール フィリピンの旗 フィリピン
6 2017年2月28日 勝利 3R 2:02 KO アルマンド・デラクルス フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦
7 2017年4月25日 勝利 12R 判定3-0 ジョナサン・レフジョ フィリピンの旗 フィリピン OPBF防衛1
8 2017年7月23日 勝利 12R 判定3-0 ホセ・アルグメド メキシコの旗 メキシコ IBF世界ミニマム級タイトルマッチ
9 2017年12月31日 勝利 8R 2:28 TKO カルロス・ブイトラゴ ニカラグアの旗 ニカラグア IBF防衛1
10 2018年5月20日 勝利 12R 判定3-0 ビンス・パラス フィリピンの旗 フィリピン IBF防衛2
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ a b 田口良一&京口紘人が予備検診、23日ダブル世界戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月21日
  2. ^ 京口 紘人 Facebook
  3. ^ a b 【ニュース】武神で活躍した京口紘人選手がボクシング世界戦に挑む! NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神
  4. ^ a b 辰吉丈一郎直伝ボディー、京口紘人「人生変えたい」 日刊スポーツ 2017年6月15日
  5. ^ 【ボクシング部】長崎国体、京口・優勝!山田・準優勝! 大阪商業大学 2014年10月20日
  6. ^ 【ボクシング部】台北市カップ国際トーナメント、京口紘人・準優勝! 大阪商業大学 2015年8月26日
  7. ^ 大学主将トリオ4月プロデビュー「世界王者が目標」 日刊スポーツ 2016年2月23日
  8. ^ 京口紘人、2回TKO初陣勝利 デイリースポーツ 2016年4月17日
  9. ^ 2016年5月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年5月16日参照
  10. ^ 拳四朗が親子2代でOPBF王者に、日本王座はV2 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月7日
  11. ^ 元王者対決は新藤寛之に軍配、冨山浩之介が引退式 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月15日
  12. ^ 11月の月間MVPは有川稔男、比嘉大吾が敢闘賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月13日
  13. ^ 伊藤雅雪が判定勝ち、OPBF&WBOアジア王座統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月31日
  14. ^ 京口紘人がOPBF王座獲得、デビューから6連続KO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月28日
  15. ^ 京口紘人がOPBFミニマム級V1、連続KOはストップ Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月25日
  16. ^ Kyoguchi dethrones Argumedo; wins IBF 105lb title in only 8th fight Fightnews.com 2017年7月23日
  17. ^ 京口紘人がIBF新王者、アルグメドに3-0勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月23日
  18. ^ 京口紘人がIBFミニマム級V1 攻め続けて8回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月31日
  19. ^ 京口紘人が判定V2、序盤のダウンものともせず Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月20日
  20. ^ “IBF世界ミニマム級・京口が王座返上/BOX”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年8月12日). https://www.sanspo.com/sports/news/20180812/box18081205000001-n1.html 2018年8月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
山中竜也
第20代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者

2017年2月28日 - 2017年7月13日(返上)

空位
次タイトル獲得者
小浦翼
前王者
ホセ・アルグメド
IBF世界ミニマム級王者

2017年7月23日 - 2018年7月(返上)

次王者
N/A