京口紘人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京口 紘人
基本情報
本名 京口 紘人
通称 Mad Boy
階級 ライトフライ級
身長 162cm [1]
リーチ 162cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1993-11-27) 1993年11月27日(28歳)
出身地 大阪府和泉市
スタイルボクサーファイター [2]
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 16
KO勝ち 11
敗け 0
引き分け 0
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年11月1日 -
ジャンル スポーツエンターテイメント
登録者数 19.1万人
総再生回数 84,146,342回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年6月28日時点。
テンプレートを表示

京口 紘人(きょうぐち ひろと、1993年11月27日 - )は、日本プロボクサー。第20代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者。元IBF世界ミニマム級王者。現WBA世界ライトフライ級スーパー王者ワタナベボクシングジム所属[3]。大阪観光大使。YouTuber。

人物[編集]

1993年11月27日大阪府和泉市出身。和泉市立国府小学校和泉市立和泉中学校大阪府立伯太高等学校大阪商業大学経済学部卒業[4]。家族構成は両親、兄、姉[5]

父と伯父が空手道場『聖心會』を主宰する空手家であったため[6]、京口も3歳の時から空手を始める[6]

実兄の京口竜人が大阪帝拳ボクシングジムボクシングをやっていたことから、その影響で京口自身も小学校6年から大阪帝拳に通い、ボクシングを始める[7]。特に大阪帝拳の大先輩である辰吉丈一郎への憧れが強く、中学1年から約2年間辰吉直々の指導を受ける毎日であったという[8][7]

大阪商業大学へ進学後、大学3年次に第69回国民体育大会(2014年)の成年男子ライトフライ級で優勝を飾る[9]。2015年、大学4年次でボクシング部主将となり、同年の「第5回台北市カップ国際ボクシングトーナメント」(台湾台北市)では、日本代表選手として出場、ライトフライ級で準優勝となった[10]

2016年、大学卒業と同時にプロ入りし、ワタナベボクシングジムに入門。同年2月にB級プロテストを受験して合格した[11]。4月17日に大阪府立体育会館第2競技場でナーヨレック・シッサイトーンとライトフライ級6回戦を戦い、2回2分55秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[12]

2016年5月16日、バンコクのミナヨーティンボクシングジムでファンタ・ルークジャオメーサイトーンと50.0kg契約6回戦を行い、初回33秒TKOを収めた[13]

2016年8月7日、大阪府立体育会館第2競技場で宮崎拳一とミニマム級8回戦を行い、3回39秒KO勝ちを収めた[14]

2016年11月15日、後楽園ホールで行われた「DANGAN171」でマイケル・カメリオンと107ポンド8回戦を行い、初回33秒KO勝ちを収めた[15]。12月13日、東日本ボクシング協会の2016年11月度月間新鋭賞に選出された[16]

2016年12月31日、大田区総合体育館でジュヌエル・ラカールと107ポンド8回戦を行い、3回46秒KO勝ちを収めた[17]

2017年2月28日、後楽園ホールでアルマンド・デラクルス(フィリピン)とOPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦を行い、デビュー戦から6戦連続KO勝ちとなる3回2分2秒KO勝ちを収めOPBF王座の獲得に成功した[18]

2017年4月25日、後楽園ホールで行われた「DANGAN180」でOPBF東洋太平洋ミニマム級2位のジョナサン・レフジョと対戦し、12回3-0(117-111、118-111、119-109)の判定勝ちを収めデビュー戦から続いていたKO勝ちが6でストップしたものの、OPBF王座の初防衛に成功した[19]

世界王座獲得[編集]

2017年7月23日、大田区総合体育館でIBF世界ミニマム級王者のホセ・アルグメドと対戦し、12回3-0(116-111×2、115-112)の判定勝ちを収め、憧れる辰吉丈一郎と同じプロ8戦目での世界戴冠に成功した[20][21]

2017年12月31日、大田区総合体育館でIBF世界ミニマム級3位のカルロス・ブイトラゴと対戦し、8回2分28秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した[22]

2018年5月20日、大田区総合体育館にて、1階級上のIBF世界ライトフライ級10位でWBOアジア太平洋ライトフライ級ユース王者のビンス・パラスと対戦し、3回にダウンを喫するも後半持ち直して12回3-0(3者とも117-110)の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[23]

その後、自身の体重増加により減量が苦しくなったことを理由として転級を決意、2018年8月11日にIBF世界ミニマム級王座を返上したことを発表した[24]

二階級制覇[編集]

2018年12月31日、マカオでWBA世界ライトフライ級スーパー王者ヘッキー・ブドラーに挑戦し、10回終了TKO勝ちを収め王座を獲得し、2階級制覇に成功。またリングマガジン王座も獲得した[25]

2019年6月19日、幕張メッセ・イベントホールでWBA世界ライトフライ級10位でOPBF東洋太平洋ライトフライ級シルバー王者のサタンムアンレック・CPフレッシュマート英語版と対戦し、12回3-0(117-111×2、117-112)で判定勝ちを収め、初防衛に成功した[26]

2019年10月1日、大阪府立体育会館でWBA世界同級1位の久田哲也と対戦。2回に久田に右ストレートをカウンターで決められ、膝を折らされるも、9回に右アッパーが決まり、続けて打ち下ろした右フックでダウンを奪うなどして、12回3-0(115-112、116-111、117-110)で判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[27]

2020年5月9日、大阪府堺市の大浜体育館でアンディカ・ゴールデンボーイと対戦予定だったが新型コロナウイルスの影響で試合中止になった[28]

2020年11月3日、大阪市のインテックス大阪5号館AでWBA世界ライトフライ級10位でタイ国同級王者のタノンサック・シムシーと対戦する予定であったが、京口とトレーナーが新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示し、延期となった[29][30]。その後、年内の開催を目指していたが、新型コロナウイルス感染者が増加していること、京口の試合以外にも直前に中止となった試合があること、日本ボクシングコミッションが新たなガイドラインを示したことなどを受け「12月に再設定することは断然せざるを得ないと判断した」として、年内の開催を断念した[31]

2020年12月23日、イギリスの大手プロモーションのマッチルーム・スポーツと日本人で始めて契約を交わしたことが発表された[32]

2021年2月11日、国立代々木競技場で開催のチャリティーボクシングイベント『LEGEND』で元世界3階級制覇王者・八重樫東と対戦した[33]

2021年3月13日、米テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターでWBA世界同級10位のアクセル・アラゴン・ベガと対戦。ベガが右パンチが京口の頭に当たって右拳を痛めた事により、5回1分32秒TKO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[34]

2021年6月10日、WBAよりWBA世界ライトフライ級レギュラー王者エステバン・ベルムデスと指名試合を行うように通達された[35]

2022年6月10日、メキシコグアダラハラのドモ・アルカルデで、WBA同級レギュラー王者のエステバン・ベルムデスと団体内王座統一戦を行い、8回24秒TKO勝ちを収め、団体内王座統一及び4度目の防衛に成功した[36]

戦績[編集]

  • アマチュア - 66戦52勝(8KO)14敗
  • プロ - 16戦16勝(11KO)無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2016年4月17日 2R 2:55 KO ナーヨレック・シッサイトーン タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2016年5月16日 1R 0:33 TKO ファンタ・ルークジャオメーサイトーン タイ王国の旗 タイ
3 2016年8月7日 3R 0:39 KO 宮崎拳一(大橋 日本の旗 日本
4 2016年11月15日 1R 0:33 KO マイケル・カメリオン フィリピンの旗 フィリピン
5 2016年12月31日 3R 0:46 KO ジュヌエル・ラカール フィリピンの旗 フィリピン
6 2017年2月28日 3R 2:02 KO アルマンド・デラクルス フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦
7 2017年4月25日 12R 判定3-0 ジョナサン・レフジョ フィリピンの旗 フィリピン OPBF防衛1
8 2017年7月23日 12R 判定3-0 ホセ・アルグメド メキシコの旗 メキシコ IBF世界ミニマム級タイトルマッチ
9 2017年12月31日 8R 2:28 TKO カルロス・ブイトラゴ ニカラグアの旗 ニカラグア IBF防衛1
10 2018年5月20日 12R 判定3-0 ビンス・パラス フィリピンの旗 フィリピン IBF防衛2
11 2018年9月25日 4R 2:20 TKO チボ・モナベサ英語版 インドネシアの旗 インドネシア
12 2018年12月31日 10R 終了 TKO ヘッキー・ブドラー 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 WBAスーパー・世界ライトフライ級タイトルマッチ
WBAスーパー王座・リングマガジン王座獲得
13 2019年6月19日 12R 判定3-0 サタンムアンレック・CPフレッシュマート英語版 タイ王国の旗 タイ WBA防衛1
14 2019年10月1日 12R 判定3-0 久田哲也ハラダ 日本の旗 日本 WBA防衛2
15 2021年3月13日 5R 1:23 TKO アクセル・アラルゴン・ベガ メキシコの旗 メキシコ WBA防衛3
16 2022年6月10日 8R 0:24 TKO エステバン・ベルムデス メキシコの旗 メキシコ WBA世界ライトフライ級王座統一戦
WBA防衛4
テンプレート

獲得タイトル[編集]

受賞[編集]

TV出演[編集]

備考[編集]

実兄の京口竜人もプロボクサー(フェザー級)だったが、2015年に傷害事件を起こし、1年間のライセンス停止処分を受けた[41]。処分解除後に復帰したが[42]、2017年には酒気帯び運転による交通事故を起こし[43]、ライセンスは無期限停止処分となり[44]、引退を表明した[45]

脚注[編集]

  1. ^ a b 田口良一&京口紘人が予備検診、23日ダブル世界戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月21日
  2. ^ 選手紹介|2階級王者・京口紘人 初防衛戦 TBSテレビ 2019年6月24日
  3. ^ WBA王者・京口紘人 高山下したソトとの統一戦に照準「つけ入る隙は2、3個あった」”. 東スポ (2021年5月10日). 2021年5月11日閲覧。
  4. ^ 京口 紘人 Facebook
  5. ^ 王者京口紘人が4度目防衛!正規王者に勝利し団体内王座統一に成功、2戦連続海外で防衛”. 日刊スポーツ (2022年6月11日). 2022年6月11日閲覧。
  6. ^ a b 【ニュース】武神で活躍した京口紘人選手がボクシング世界戦に挑む! NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神
  7. ^ a b 辰吉丈一郎直伝ボディー、京口紘人「人生変えたい」 日刊スポーツ 2017年6月15日
  8. ^ 辰吉に憧れてボクシングを始め世界チャンピオンになったボクサーには、畑山、山中、内山らがいる。辰吉丈一郎の教え子1号が世界戦。京口紘人「ジョーちゃんのために」 Number Web 2017年7月23日
  9. ^ 【ボクシング部】長崎国体、京口・優勝!山田・準優勝! 大阪商業大学 2014年10月20日
  10. ^ 【ボクシング部】台北市カップ国際トーナメント、京口紘人・準優勝! 大阪商業大学 2015年8月26日
  11. ^ 大学主将トリオ4月プロデビュー「世界王者が目標」 日刊スポーツ 2016年2月23日
  12. ^ 京口紘人、2回TKO初陣勝利 デイリースポーツ 2016年4月17日
  13. ^ 2016年5月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年5月16日参照
  14. ^ 拳四朗が親子2代でOPBF王者に、日本王座はV2 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月7日
  15. ^ 元王者対決は新藤寛之に軍配、冨山浩之介が引退式 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月15日
  16. ^ 11月の月間MVPは有川稔男、比嘉大吾が敢闘賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月13日
  17. ^ 伊藤雅雪が判定勝ち、OPBF&WBOアジア王座統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月31日
  18. ^ 京口紘人がOPBF王座獲得、デビューから6連続KO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月28日
  19. ^ 京口紘人がOPBFミニマム級V1、連続KOはストップ Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月25日
  20. ^ Kyoguchi dethrones Argumedo; wins IBF 105lb title in only 8th fight Fightnews.com 2017年7月23日
  21. ^ 京口紘人がIBF新王者、アルグメドに3-0勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月23日
  22. ^ 京口紘人がIBFミニマム級V1 攻め続けて8回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月31日
  23. ^ 京口紘人が判定V2、序盤のダウンものともせず Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月20日
  24. ^ “IBF世界ミニマム級・京口が王座返上/BOX”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年8月12日). https://www.sanspo.com/sports/news/20180812/box18081205000001-n1.html 2018年8月22日閲覧。 
  25. ^ ブドラー棄権、京口10回終了TKOで2階級制覇 Boxing News(ボクシングニュース)2018年12月31日
  26. ^ 京口紘人はKOならず 初防衛成功も不完全燃焼 Boxing News(ボクシングニュース)2019年6月19日
  27. ^ 大阪決戦は京口紘人がV2 久田哲也は奮闘及ばず Boxing News(ボクシングニュース)2019年10月1日
  28. ^ 京口のV3戦中止 5・9大阪で予定も緊急事態宣言を受け”. スポニチアネックス (2019年4月8日). 2020年5月11日閲覧。
  29. ^ 王者の京口紘人 まさかのPCR検査陽性反応 あすのWBA・L・フライ級スーパー王座戦は延期 Boxing News(ボクシングニュース)2020年11月2日
  30. ^ 京口紘人がコロナ感染 調印式後に世界戦が異例中止”. 日刊スポーツ (2020年11月2日). 2020年11月4日閲覧。
  31. ^ 京口紘人のWBA・L・フライ級戦 年内開催を断念 日本滞在の挑戦者タノンサックは帰国へ Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月8日
  32. ^ 世界王者の京口紘人 英マッチルームと契約 敏腕ハーン氏のグローバル展開進む Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月24日
  33. ^ チャリティーボクシングイベント『LEGEND』これは凄いイベント!キービジュアル解禁”. PR TIMES (2021年2月8日). 2022年1月6日閲覧。
  34. ^ 京口紘人が5回TKO勝ち アメリカ初陣飾りV3 Boxing News(ボクシングニュース) 2021年3月13日
  35. ^ WBAが京口紘人に指名試合オーダー 正規王者ベルムデス戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2021年6月11日
  36. ^ 京口紘人、完全アウェーの血染め死闘でV4王座統一 海外絶賛「サムライスピリット最高」 THE ANSWER 2022年6月11日
  37. ^ 井上尚弥2年連続2冠 最優秀選手賞と年間最高試合 日刊スポーツ 2020年2月7日
  38. ^ 内山、田口、京口 テレビ出演情報”. ベースボール・マガジン社. 2019年2月16日閲覧。
  39. ^ 京口VSシャコ、魔裟斗VSコブラ…まさに奇想天外“異種格闘技戦””. スポニチ. 2019年2月16日閲覧。
  40. ^ 本人のTwitter Twitter 2018年1月18日
  41. ^ 【ボクシング】「辰吉2世」、傷害容疑で逮捕”. SankeiBiz. 産経デジタル (2015年10月9日). 2022年6月11日閲覧。
  42. ^ 京口、復帰戦をKOで飾る 昨年10月に傷害事件で逮捕」『デイリースポーツ』デイリースポーツ、2016年12月4日。2022年6月11日閲覧。
  43. ^ 京口が釈明! 酒気帯び運転逮捕の兄に「説教します」」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2017年7月24日。2022年6月11日閲覧。
  44. ^ (PDF) 平成29年度事業報告書 (Report). 日本ボクシングコミッション. (2018). p. 7. https://www.jbc.or.jp/outline/jigyohoukoku2017.pdf 2022年6月11日閲覧。. 
  45. ^ かつて“辰吉2世”京口紘人の兄竜人、不祥事で引退」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2017年8月4日。2022年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
山中竜也
第20代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者

2017年2月28日 - 2017年7月13日(返上)

空位
次タイトル獲得者
小浦翼
前王者
ホセ・アルグメド
IBF世界ミニマム級王者

2017年7月23日 - 2018年7月(返上)

空位
次タイトル獲得者
カルロス・リコナ
前スーパー王者
ヘッキー・ブドラー
WBA世界ライトフライ級スーパー王者
2018年12月31日 - 現在
次スーパー王者
N/A