尾川堅一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尾川 堅一
基本情報
本名 尾川堅一
階級 スーパーフェザー級
身長 173cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1988-02-01) 1988年2月1日(31歳)
出身地 愛知県豊橋市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 23
KO勝ち 17
敗け 1
引き分け 0
無効試合 1
テンプレートを表示

尾川 堅一(おがわ・けんいち、1988年2月1日 - )は、日本のプロボクサー愛知県豊橋市出身。第46代日本スーパーフェザー級王者。帝拳ジム所属。

来歴[編集]

桜丘高等学校明治大学日本拳法部に所属する[1]

2010年4月30日、日本武道館で林崎智嘉志と58.0kg契約4回戦を行い、3回2分35秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[2]

2011年9月27日、後楽園ホールで行われた第68回東日本新人王トーナメントスーパーフェザー級部門準決勝で濱名潤と対戦し、4回3-0(40-37が2者、40-36)の判定勝ちを収め同門対決を制し決勝進出を果たした[3][4]

2011年11月3日、後楽園ホールで行われた第68回東日本新人王トーナメントスーパーフェザー級部門決勝で伊原健太と対戦し、2回2分0秒KO勝ちを収め東日本新人王の座を射止め、東日本新人王トーナメント決勝戦のMVPに選出された[5][6][7]

2011年12月8日、後楽園ホールで行われた第58回全日本新人王スーパーフェザー級部門決勝戦で西脇一歩と対戦し、5回3-0(3者とも50-45)の判定勝ちを収め全日本新人王の座を射止めると共に全日本新人王決勝戦のMVPに選出された[8][9]

2012年8月4日、後楽園ホールで三好祐樹と60.0kg契約8回戦を行い、プロ初黒星となる5回11秒TKO負けを喫した[10]

2013年6月1日、後楽園ホールで佐藤駿介とスーパーフェザー級8回戦を行い、2回2分44秒TKO勝ちを収め再起を果たした[11]

2015年12月14日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ&GANGAN148」で日本スーパーフェザー級王者の内藤律樹と対戦し、5回2分28秒3-0(49-47、49-46が2者)の負傷判定勝ちを収め王座獲得に成功した[12]

2016年4月2日、後楽園ホールで行われた「第548回ダイナミックグローブ」で日本スーパーフェザー級1位の杉田聖と対戦し、9回1分36秒KO勝ちを収め日本スーパーフェザー級王座の初防衛に成功した[13]

2016年9月10日、後楽園ホールで行われた「第553回ダイナミックグローブ」で日本スーパーフェザー級1位の松下拳斗と対戦し、10回3分4秒TKO勝ちを収め日本スーパーフェザー級王座の2度目の防衛に成功した[14]

2016年12月3日、後楽園ホールで行われた「第556回ダイナミックグローブ」で内藤律樹と再戦し、10回3-0(3者とも96-94)の判定勝ちを収め日本スーパーフェザー級王座の3度目の防衛に成功した[15]。2017年1月10日、東日本ボクシング協会の2016年12月度の月間MVPに選出された[16]

2017年3月2日、両国国技館で行われた「ワールド・プレミアム・ボクシング25」で日本スーパーフェザー級1位の杉田聖と対戦し、10回2-0(96-94、97-93、95-95)の判定勝ちを収め11ヵ月ぶりの再戦を制し日本スーパーフェザー級王座の4度目の防衛に成功した[17]

2017年7月1日、後楽園ホールで行われた「第562回ダイナミックグローブ」で日本スーパーフェザー級13位の山元浩嗣と対戦し、2回2分0秒TKO勝ちを収め日本スーパーフェザー級王座の5度目の防衛に成功した[18]

2017年8月31日、日本スーパーフェザー級王座を返上した[19]

2017年12月9日、マンダレイ・ベイ・イベント・センターにてミゲル・ローマンVSオルランド・サリドの前座で、IBFスーパーフェザー級5位のテビン・ファーマーとIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦を行い、12回2-1(116-112、115-113、112-116)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[20][21][22]。この試合は米国ではHBOのボクシング中継番組「ボクシングアフターダーク」で中継された[23]

日本人ボクサーとして三原正1981年11月7日にWBA世界スーパーウェルター級王座を獲得して以来36年ぶりとなるアメリカ合衆国での世界王座獲得という快挙を成し遂げた事は高い評価を得て、2017年12月22日に地元愛知県豊橋市に凱旋帰郷、世界王座獲得の報告に訪れた豊橋市役所で豊橋市スポーツ特別賞を授与され、母校の桜丘中学校・高等学校では全校生徒と王座決定戦の試合映像を観戦し、質疑応答で後輩達に直接メッセージを送った[24][25][26][27]

2018年1月19日、ネバダ州アスレチック・コミッションの定例会議で、ファーマー戦試合4日前の2017年12月5日に実施された抜き打ちのドーピング検査で、尾川の尿サンプルから禁止薬物のアンドロスタネディオル(合成テストステロン)がAサンプル、Bサンプル共に陽性反応を示していたことが明らかにされた[28][29]。帝拳ジムの本田明彦会長は「11月20日頃に風邪をひいて薬を飲んだことや、アトピーの薬の使用などの申告漏れがあった」と説明した[30]

2018年4月18日、ネバダ州コミッションは“尾川の勝利”とされた前年12月のIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦について“無効試合”の裁定を下して試合結果を訂正した。この結果、尾川の王座獲得は無効となり、同コミッションから6ヵ月の資格停止処分を受け、7万ドルのファイトマネーから20%の1万4千ドル(約150万円)の罰金支払いを命じられた[31][32]。尾川は禁止薬物を意図的に摂取したことを否定し、試合までの6か月間に摂取した食べ物やサプリメントなどのリストを提出、原因は持病のアトピー性皮膚炎の塗り薬が有力と考えていたものの、リスト中のいずれにもテストステロンは含まれていなかったとの分析結果がネバダ州コミッションより出されていた[33][34]。これを受けて5月28日、日本ボクシングコミッション(JBC)は、尾川に対して2017年12月10日に遡ってボクサーライセンスの1年間停止処分を科した[35]。これにより尾川は同年12月9日まで日本国内での試合に出場することは出来なくなった[35]

2018年12月10日、日本ボクシングコミッション(JBC)は尾川のライセンス停止期間が終了し、処分が解除されたことを発表した[36]

2019年2月2日、後楽園ホールでフィリピンライト級王者のロルダン・アルデアを相手に再起戦を行い、10回3-0(97-93、98-92、99-92)で判定勝ちを収めた[37]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 豊橋出身の尾川堅一 ボクシング世界王座獲得東愛知新聞 2017年12月13日
  2. ^ 2010年4月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2010年4月30日参照
  3. ^ 2011年9月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2011年9月27日参照
  4. ^ 帝拳の同門対決は尾川が制す 東日本新人王準決勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年9月28日
  5. ^ 2011年11月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2011年11月3日参照
  6. ^ 帝拳尾川MVP「もの違う」/ボクシング 日刊スポーツ 2011年11月4日
  7. ^ 尾川がMVP 帝拳4選手が優勝した東日本新人王戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年11月4日
  8. ^ 2011年12月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2011年12月8日参照
  9. ^ 尾川大差判定でMVP 全日本新人王決勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年12月19日
  10. ^ 2012年8月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2012年8月4日参照
  11. ^ 赤穂がKO勝ちで再起 中川も快勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年6月1日
  12. ^ 尾川堅一が新王者、内藤律樹に負傷判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月14日
  13. ^ 尾川堅一が9回KO勝ち、日本S・フェザー級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月2日
  14. ^ 尾川堅一が苦しみながらV2、五十嵐俊幸は快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月10日
  15. ^ 尾川堅一が内藤律樹に小差判定勝ち、注目対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月3日
  16. ^ 12月の月間MVPに尾川堅一、敢闘賞は土屋修平 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月10日
  17. ^ 尾川堅一が2-0判定でV4、杉田聖は健闘及ばず Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月2日
  18. ^ 尾川堅一が3試合ぶりTKO勝ち、山元浩嗣を圧倒V5 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月1日
  19. ^ 尾川堅一が日本王座返上、末吉と高畑で決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月1日
  20. ^ Ogawa defeats Farmer to claim IBF 130lb title Fightnews.com 2017年12月10日
  21. ^ 新王者誕生! 尾川堅一、判定勝ちに雄叫び 米国での日本人の王座奪取は36年ぶり スポニチアネックス 2017年12月10日
  22. ^ 尾川堅一が2-1勝ち! ラスベガスで王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月10日
  23. ^ HBO's Tripleheader Peaked at 618,000 Viewers Saturday Night”. Boxing Scene.com (2018年12月12日). 2018年6月27日閲覧。
  24. ^ 新王者・尾川堅一に豊橋市スポーツ特別賞「もっと強くなります!」 スポーツ報知 2017年12月22日
  25. ^ 尾川堅一が愛知・豊橋に凱旋、市スポーツ特別賞授与 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月22日
  26. ^ 尾川堅一選手 世界戦の報告 学校法人桜丘学園 2017年12月22日
  27. ^ 尾川堅一が故郷に凱旋 豊橋市スポーツ特別賞を受賞 日刊スポーツ 2017年12月23日
  28. ^ NSAC suspends Kenichi Ogawa after revealing prefight positive test”. ESPN.com (2018年1月19日). 2018年3月30日閲覧。
  29. ^ ボクシング王者の尾川堅一、ドーピング検査で陽性反応”. 朝日新聞 (2018年1月19日). 2018年3月30日閲覧。
  30. ^ IBF世界Sフェザー級王者・尾川、薬物陽性…アトピーの薬などが反応か”. サンスポ (2018年1月20日). 2018年3月30日閲覧。
  31. ^ 尾川堅一の王座はく奪 決定戦は無効試合の裁定 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月19日
  32. ^ Kenichi Ogawa stripped of junior lightweight title, suspended until June 9”. ESPN.com (2018年4月19日). 2018年6月27日閲覧。
  33. ^ 尾川堅一、ドーピングで資格停止6カ月 世界王座奪取も無効へ”. デイリースポーツ (2018年4月19日). 2018年6月27日閲覧。
  34. ^ 薬物陽性の尾川堅一、王座決定戦が無効試合に…6か月間の出場停止、王座獲得も無効で謝罪”. スポーツ報知 (2018年4月19日). 2018年6月27日閲覧。
  35. ^ a b “尾川堅一 ライセンス1年間停止 ドーピング違反”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年5月20日). https://www.nikkansports.com/battle/news/201805280000507.html 2018年5月28日閲覧。 
  36. ^ 尾川堅一、資格停止処分解除 選手活動が可能に”. スポニチ (2018年12月10日). 2019年1月5日閲覧。
  37. ^ 尾川堅一が涙の復帰戦勝利「今年は勝負かけたい」 Boxing News(ボクシングニュース)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
内藤律樹
第46代日本スーパーフェザー級王者

2015年12月14日 - 2017年8月31日(返上)

空位
次タイトル獲得者
末吉大