内藤律樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
内藤 律樹
基本情報
本名 内藤 律樹
通称 カシアス内藤Jr.
カシアスJr.
リッキー (Ricky)
階級 スーパーライト級
身長 173cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-07-31) 1991年7月31日(26歳)
出身地 神奈川県横浜市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 20
KO勝ち 7
敗け 2
テンプレートを表示

内藤 律樹(ないとう りっき、1991年7月31日 - )は、日本プロボクサー神奈川県横浜市出身。第45代日本スーパーフェザー級王者。第40代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者。E&Jカシアス・ボクシングジム所属。所属ジムの会長で元日本ミドル級王者のカシアス内藤は実父。寺地永拳四朗父子に次ぐ史上2組目の父子日本・OPBF2冠王者である[1]

来歴[編集]

磯子工業高校では3年次にライト級選抜大会高校総体国体の三冠を達成[2]。その後、2011年9月30日に後楽園ホールで小野木崇文とライト級6回戦を行い、3回1分41秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[3][4]

2011年12月31日、横浜文化体育館で高畑里望とスーパーフェザー級6回戦を行い、6回3-0の判定勝ちを収めデビュー2連勝とした[5][6]

2012年11月5日、後楽園ホールでミースク・ポーサマンとスーパーフェザー級8回戦を行い、4回2分2秒TKO勝ちを収めデビュー戦から続いている連勝を5に伸ばした[7]

2013年2月20日、後楽園ホールで山田健太郎とスーパーフェザー級8回戦を行い、8回3-0(79-74、80-73、80-72)の判定勝ちを収めた[8]

2013年2月28日、JBCは最新ランキングを発表し、内藤を日本スーパーフェザー級8位にランクインした[9][10]

2013年7月1日、日本タイトル挑戦権獲得トーナメントスーパーフェザー級部門準決勝で田川智久と対戦し、6回3-0(3者とも60-54)の判定勝ちを収め最強後楽園の決勝進出を果たした[11]

2013年10月19日、日本タイトル挑戦権獲得トーナメントスーパーフェザー級部門決勝で泉圭依知と対戦し、8回2-0(78-74、77-74、76-76)の判定勝ちを収め最強後楽園を制し日本スーパーフェザー級王座への挑戦権を獲得した[12]

2014年2月10日、後楽園ホールで金子大樹の王座返上に伴い日本スーパーフェザー級2位の松崎博保と日本スーパーフェザー級王座決定戦を行い、松崎の8回終了時棄権によりライオン野口野口恭以来2例目となる父子日本王者となった[13][14]

2014年2月26日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の松崎戦を制し王座を獲得した内藤を日本スーパーフェザー級王者としてランクインした[15][16]

2014年3月7日、東日本ボクシング協会の月間賞選考委員会は上述の松崎戦の勝利を評価し、内藤を2014年2月度の月間敢闘賞に選出した[17]

2014年6月9日、後楽園ホールで日本スーパーフェザー級1位の玉越強平と対戦し、10回3-0(3者とも99-91)の判定勝ちを収め日本スーパーフェザー級王座の初防衛に成功した[18]

2014年7月4日、東日本ボクシング協会の月間賞選考委員会は上述の玉越戦の勝利を評価し、内藤を2014年6月度の月間敢闘賞に選出した[19]

2014年10月13日、後楽園ホールで日本スーパーフェザー級6位の江藤伸悟と対戦し、10回3-0(2者が98-93、98-92)の判定勝ちを収め日本スーパーフェザー級王座の2度目の防衛に成功した[20]

2015年2月9日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ/DANGAN121」で日本スーパーフェザー級1位の伊藤雅雪と対戦し、10回2-0(96-95、97-94、95-95)の判定勝ちを収め日本スーパーフェザー級王座の3度目の防衛に成功した[21]

2015年3月10日、東日本ボクシング協会の月間賞選考委員会は上述の伊藤戦の勝利を評価し、内藤を2015年2月度の月間MVPに選出した[22]

2015年5月11日、東日本ボクシング協会チャンピオンカーニバル委員会は上述の伊藤戦の勝利を評価し、内藤を第36回チャンピオンカーニバルの技能賞に選出した[23]

2015年6月8日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ&DANGAN130」で荒川仁人ライト級10回戦を行い、10回3-0(97-94、97-93、98-92)の判定勝ちを収めた[24]

2015年7月10日、東日本ボクシング協会の月間賞選考委員会は上述の荒川戦の勝利を評価し、内藤を2015年6月度の月間MVPに選出した[25]

2015年10月9日、IBFは最新ランキングを発表し、内藤をIBF世界スーパーフェザー級13位にランクインした[26][27]

2015年12月14日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ&GANGAN148」で日本スーパーフェザー級1位の尾川堅一と対戦し、プロ初黒星となる5回0-3(46-49が2者、47-49)の負傷判定負けを喫し日本スーパーフェザー級王座の4度目の防衛に失敗、王座から陥落した[28]

2015年12月24日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の尾川戦に敗れ王座から陥落した内藤を日本スーパーフェザー級4位にランクインした[29][30]

2016年1月4日、IBFは最新ランキングを発表し、上述の尾川戦に敗れた内藤をIBF世界スーパーフェザー級ランキングからランク外とした[31][32]

2016年5月12日、後楽園ホールで行われた「DANGAN160」でチャイヨン・シッサイトーンとライト級8回戦を行い、8回3-0(3者とも80-72)の判定勝ちを収め再起を果たした[33]

2016年7月2日、キャンプ座間の「ヤノ・フィットネスセンター」でアルジー・トケーロとライト級8回戦を行い、6回1分3秒2-0(58-57が2者、57-57)の負傷判定勝ちを収めた[34]

2016年8月8日、OPBFは最新ランキングを発表し、内藤をOPBF東洋太平洋ライト級13位にランクインした[35][36]

2016年12月3日、後楽園ホールで行われた「第556回ダイナミックグローブ」で日本スーパーフェザー級王者の尾川堅一と対戦し、10回0-3(3者とも94-96)の判定負けを喫し前戦の借りを返せなかった[37]

2017年4月10日、後楽園ホールで行われた「DANGAN179」で中川祐輔とライト級8回戦を行い、8回3-0(3者とも79-73)の判定勝ちを収めライト級を主戦場にする意向を示した[38]

2017年7月13日、OPBFは最新ランキングを発表し、内藤をOPBF東洋太平洋スーパーライト級12位にランクインした[39]

2017年9月1日、後楽園ホールで行われた「DANGAN193」でペッチムアンスリ・サイカウボクシングジムとスーパーライト級8回戦を行い、2回2分22秒TKO勝ちを収めスーパーライト級を主戦場にする意向を示した[40]

2017年10月20日、後楽園ホールで行われた「DANGAN198 日中親善試合vol.2」でバイシャンボ・ナスイウラとスーパーライト級8回戦を行い、8回2-1(77-75、77-76、75-79)の判定勝ちを収めた[41]

2017年10月31日、JBCは最新ランキングを発表し、内藤を日本スーパーライト級7位にランクインした[42][43]

2017年12月6日、OPBFは最新ランキングを発表し、内藤をOPBF東洋太平洋スーパーライト級2位にランクインした[44]

2018年1月12日、WBCは最新ランキングを発表し、内藤をWBC世界ライト級36位にランクインした[45]

2018年1月13日、後楽園ホールで行われた「DANGAN207&挑vol.7」でOPBF東洋太平洋スーパーライト級1位のジェフリー・アリエンザとOPBF東洋太平洋スーパーライト級王座決定戦を行い、9回1分14秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[46]

2018年2月5日、OPBFは最新ランキングを発表し、上述のアリエンザ戦を制し王座を獲得した内藤をOPBF東洋太平洋スーパーライト級王者としてランクインした[47][48]

2018年2月9日、東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は上述のアリエンザ戦の勝利を評価し、内藤を2018年1月度の月間MVPに選出した[49]

2018年5月15日、後楽園ホールで行われた「DANGAN212」でOPBF東洋太平洋スーパーライト級15位のジェリッツ・チャベスとOPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチを行い、12回2-0(114-112×2、113-113)の判定勝ちを収め王座初防衛に成功した[50]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:68戦59勝 (20KO・RSC) 9敗
  • プロボクシング:22戦20勝 (7KO) 2敗

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カシアス内藤息子の律樹TKOで親子東洋太平洋王者 日刊スポーツ 2018年1月13日
  2. ^ 夢は世界!カシアス内藤Jrが高校3冠 スポニチアネックス 2009年10月7日
  3. ^ カシアス内藤氏の長男・律樹がTKOデビュー スポニチアネックス 2011年9月30日
  4. ^ プロ初陣内藤ジュニア、3回TKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2011年10月1日
  5. ^ カシアスJr.内藤律樹が連勝/ボクシング 日刊スポーツ 2011年12月31日
  6. ^ 内藤、松本、原の元高校王者勝つ ボクシングニュース「Box-on!」 2012年1月1日
  7. ^ 内藤律樹が5連勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月5日
  8. ^ 4階級制覇の湯場 再起戦に辛勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年2月20日
  9. ^ 2013年2月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2013年2月28日
  10. ^ 内藤らがランク入り 最新日本ランキング ボクシングニュース「Box-on!」 2013年2月28日
  11. ^ 内藤ら決勝進出 最強後楽園準決勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月1日
  12. ^ 最強後楽園、内藤ら5選手が挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月19日
  13. ^ カシアス内藤長男が新王者 親子日本チャンピオン「夢がかなった」 スポニチアネックス 2014年2月10日
  14. ^ 内藤が8回終了TKOで新王者に、日本S・フェザー級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月10日
  15. ^ 2014年2月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2014年2月26日
  16. ^ 最新日本ランキング発表 新たにL級原田門戸ら Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月26日
  17. ^ 月間MVPに和氣、敢闘賞は内藤 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月7日
  18. ^ 内藤が初防衛に成功、粘る玉越に3-0判定 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月9日
  19. ^ 6月の月間MVPはOPBF新王者の江藤光喜 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月4日
  20. ^ 内藤律樹が3-0判定でV2、坂本が椎野から金星 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月13日
  21. ^ 内藤律樹がV3、伊藤雅雪との接戦制す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月9日
  22. ^ 内藤律樹が2月のMVP、敢闘賞は和氣慎吾 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月10日
  23. ^ チャンピオンカーニバル各賞決定、MVPは大森将平 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月11日
  24. ^ 内藤律樹が熱戦制す、荒川仁人に3-0判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月8日
  25. ^ 6月の月間MVPは内藤律樹、敢闘賞は尹文鉉 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月10日
  26. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2015年10月9日
  27. ^ 八重樫東、天笠尚、内藤律樹IBFランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月13日
  28. ^ 尾川堅一が新王者、内藤律樹に負傷判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月14日
  29. ^ 2015年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2015年12月24日
  30. ^ 勅使河原・大里ら日本ランク入り、バンタム級は空位に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月24日
  31. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2016年1月4日
  32. ^ 最新IBFランキング 八重樫が新王者、尾川は13位 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月6日
  33. ^ 内藤律樹も再起、OPBF3位に大差判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月12日
  34. ^ 内藤律樹が痛い負傷判定勝利 キャンプ座間結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月3日
  35. ^ OPBF Male July Ratings 2016 OPBF公式サイト 2016年8月8日
  36. ^ OPBFランキング更新、日本勢多数ランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月8日
  37. ^ 尾川堅一が内藤律樹に小差判定勝ち、注目対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月3日
  38. ^ 内藤律樹が復帰戦勝利、中川とのランカー対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月10日
  39. ^ OPBFランキング フェザー級の清水聡らランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月13日
  40. ^ 内藤律樹がS・ライト級で快勝、柴田直子は再起成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月1日
  41. ^ DANGAN日中親善試合 内藤律樹は2-1判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月20日
  42. ^ 2017年10月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年10月31日
  43. ^ 千葉開、岡本ナオヤ、海藤正晴らが日本ランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月1日
  44. ^ OPBF Male November Ratings 2017 OPBF公式サイト 2017年12月6日
  45. ^ RATINGS WBC公式サイト 2018年1月12日
  46. ^ 内藤律樹が2本目のベルト獲得、OPBF・S・ライト級 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月13日
  47. ^ OPBF Male January Ratings 2018 OPBF公式サイト 2018年2月5日
  48. ^ 山中慎介がNHK『仕事の流儀』、OPBFランキング Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月6日
  49. ^ 1月の月間MVPは内藤律樹、敢闘賞は三代大訓 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月10日
  50. ^ 内藤律樹がV1 終盤に2度ダウン喫し薄氷勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

第45代日本スーパーフェザー級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:金子大樹
2014年2月10日 - 2015年12月14日尾川堅一
第40代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:ダラフ・フォーリー
2018年1月13日 - 現在N/A