花形進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花形 進
基本情報
本名 花形 進
階級 フライ級
身長 161cm
リーチ 160cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1947-01-21) 1947年1月21日(71歳)(現役時代は1946年生まれとして登録)[1][2][* 1]
出身地 神奈川県横浜市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 65
勝ち 41
KO勝ち 7
敗け 16
引き分け 8
テンプレートを表示

花形 進(はながた すすむ、1947年1月21日 - )は、日本の元プロボクサー神奈川県横浜市出身。元WBA世界フライ級王者。右ボクサーファイター。現役時代は横浜協栄ボクシングジム(現・神奈川渥美ボクシングジム)所属。現在は花形ボクシングジム会長。

人物[編集]

地味な試合運びと決定力不足から、10回戦出場までに31戦(4回戦を16戦、6回戦を11戦、8回戦を4戦)、4年間を費やした。しかし、10回戦以降は出入りの早いボクシングを会得、大場政夫などと互角に渡り合う実力を発揮。日本王座陥落後には限界説も囁かれたが、デビューから11年目、5度目の挑戦でついに世界王座を獲得した遅咲きのボクサー。

世界戦の戦績は8戦1勝7敗であったが、世界戦での敗戦は全て判定決着でありKO負けは一度もなかった。

来歴[編集]

  • 1963年11月1日 プロデビュー。年齢を1歳ごまかしてプロテストを受験した[5]
  • 1968年
    • 1月25日 初の10回戦に8回KO勝利を収めた。ここまでの戦績は15勝8敗8分、勝率4割8分であったが、この試合を契機に飛躍を始めた。
    • 9月2日 後の世界王者大場政夫とのノンタイトル10回戦に判定勝ちを収めた。

日本王座獲得[編集]

  • 1969年
    • 4月7日 日本フライ級王者スピーディ早瀬に挑戦。10回判定勝ちで王座を獲得した。この後、同王座を4度防衛した。
    • 6月20日 WBC世界フライ級王者アラクラン・トーレスメキシコ)とノンタイトルマッチで対戦し、10回判定勝ち。11月28日、トーレスとタイトルマッチで再戦し、15回判定負けで王座獲得ならず[6]
  • 1971年4月30日 エルビト・サラバリアフィリピン)の持つWBC世界フライ級王座に挑戦。15回判定負けで王座獲得ならず[6]
  • 1972年
    • 3月4日 大場政夫の持つWBA世界フライ級王座に挑戦。接戦の末15回判定負けで王座獲得ならず[6]
    • 7月3日 幅修を迎えての日本王座5度目の防衛戦に8回KO負けを喫し、王座を失った。限界説も囁かれたが、同年10月6日に行われたリマッチに10回判定勝利を収め、王座を奪還した。
  • 1973年10月27日 大場の死後WBA世界フライ級王座を獲得したチャチャイ・チオノイタイ)に挑戦。15回判定負けで王座獲得ならず[6]

世界王座獲得[編集]

  • 1974年10月18日 チャチャイ・チオノイの持つWBA世界フライ級王座に挑戦。この試合前の当日計量ではチャチャイが体重超過により王座剥奪となっていた。前王者となったチャチャイに6回KO勝ちを収め、5度目の世界挑戦で王座を獲得した[6]
  • 1975年
    • 4月1日 富山市体育館で開催された初防衛戦でエルビト・サラバリアと4年ぶりに再戦。15回1-2の判定負けを喫し、王座から陥落した。日本人ジャッジは花形を支持したものの、アメリカ人、フィリピン人ジャッジはサラバリアを支持。納得できない観客が会場から退場せず、警官隊が出動する騒ぎとなった[6]
    • 10月7日 WBA世界王座に挑戦。王者サラバリアとのリマッチに15回判定負けで王座獲得ならず[6]
  • 1976年5月15日 WBC世界王座に挑戦。メキシコの英雄、ミゲル・カントに15回判定で敗れ王座獲得に失敗し[6]引退した。

引退後[編集]

テレビ朝日エキサイトボクシング』解説者を務めた後、1985年1月、花形ボクシングジム(設立時はMI花形ジム)を開設。長男である花形晋一もプロボクサー経験者で現在は花形ジム・マネージャー。2000年12月、教え子星野敬太郎がWBA世界ミニマム級王座を獲得。日本初の「師弟世界チャンピオン」になった。

獲得タイトル[編集]

  • 第20代日本フライ級王座(防衛4)
  • 第22代日本フライ級王座(防衛1)
  • WBA世界フライ級王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ 1947年1月21日とする資料もある[3][4]

参考文献[編集]

  1. ^ 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年 (JAPAN PRO BOXING HISTORY – 50 YEARS OF WORLD TITLE BOUTS)』 ボクシング・マガジン編集部編、ベースボール・マガジン社、2002年5月31日、p. 297。ISBN 978-4-583-03695-3
  2. ^ 増田茂 「花形進〜機動力豊かなリングの職人〜」『THE GLORIOUS MOMENTS 究極の栄光・世界チャンピオン名鑑 – 日本ボクシング史に輝く41人の男たち』 ボクシング・マガジン編集部編、ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK117 スポーツシリーズNo.72〉、2000年1月15日、p. 43。ISBN 978-4-583-61076-4
  3. ^ 「花形 進」『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ボクシング・マガジン編集部編、ベースボール・マガジン社、2004年3月1日、p. 25。ISBN 978-4-583-03784-4
  4. ^ 花形ボクシングジム スタッフデータ 花形進”. 花形ボクシングジム. 2011年3月18日閲覧。
  5. ^ Sports Graphic Number 932号(2017年7月27日発売)p.72-73の連載記事『The CHAMPIONS 私を通りすぎた王者たち。12…花形進「継続を力に変えた男」』(文:前田衷)より。
  6. ^ a b c d e f g h ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
スピーディ早瀬
第20代日本フライ級王者

1969年4月7日 - 1972年7月3日

次王者
幅修
前王者
幅修
第22代日本フライ級王者

1972年10月6日 - 1974年2月(返上)

空位
次タイトル獲得者
高田次郎
空位
前タイトル保持者
チャチャイ・チオノイ
WBA世界フライ級王者

1974年10月18日 - 1975年4月1日

次王者
エルビト・サラバリア