コンテンツにスキップ

奥田朋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奥田 朋子
基本情報
本名 奥田 朋子
(おくだ ともこ)
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1983-04-21) 1983年4月21日(41歳)
出身地 岐阜県各務原市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 1ハ
勝ち 8
KO勝ち 2
敗け 6
引き分け 2
テンプレートを表示

奥田 朋子(おくだ ともこ、1983年4月21日 - )は、日本の女子プロボクサー岐阜県各務原市出身。鶯谷高等学校立命館大学文学部卒業。堺春木スポーツジム所属。第2代日本女子バンタム級王者、第7代OPBF東洋太平洋女子同級王者。第6代WBO女子世界スーパーフライ級王者。

来歴

[編集]

高校、大学では柔道部で活躍し、卒業後は高校の保健体育教諭を務める[1]

ある時、怪我のため入院し、その際に井岡一翔の世界タイトルマッチを目にしたのがきっかけで、30歳でボクシングを始めた[2]

2015年4月5日、ミツキボクシングジム所属として後の日本・東洋太平洋女子フェザー級王者藤原芽子相手にデビューも、4回KO負け。

12月6日、稲森綾子に判定で初勝利。4連勝まで伸ばす。

2018年8月20日、初の後楽園ホールで日本女子バンタム級王座挑戦者決定戦として若狭与志枝と対戦も判定負け。

2019年9月16日、堺市大浜体育館にて元極真空手世界王者の谷山佳菜子とOPBF東洋太平洋・日本女子バンタム級王座決定戦に挑むが引き分けのため王座獲得は持ち越し[3]

2020年1月28日、後楽園ホールにて谷山との再戦を負傷判定で勝利し2冠獲得[4]

12月13日、エディオンアリーナ大阪第第二競技場にて吉田実代が持つWBO女子世界スーパーフライ級王座に挑戦。初回にダウンを奪うも、5回に偶然のバッティングが起こり一旦試合停止、6回で試合続行不可能となるが、3-0の負傷判定で勝利し世界王座奪取に成功[5]

2021年6月29日、後楽園ホールにて初防衛戦として吉田実代とダイレクトリマッチを行うが、1-2判定で王座陥落[6]

2022年、ミツキジムの春木博志元会長が立ち上げた堺春木スポーツジムに移籍[7]

8月20日、移籍初戦かつ初の海外戦としてオーストラリアメルボルンで元WBC女子バンタム級王者スージー・ラマダンとノンタイトル53キロ契約8回戦を行うが[8]、判定負け[Instagram 1]

2023年3月30日、後楽園ホールでの「VICTORIVA vol.11」にて東洋太平洋女子フライ級王者チャオズ箕輪とノンタイトル8回戦で対戦[9][10]。しかし0-2(75-77×2、76-76)の判定で敗れる[11]

12月24日、ソフィア堺にてチッタマート・ポンムター相手に8回戦を行い[12]、2回TKOで3年ぶり勝利を飾った[13]

2024年3月を以て8年間勤務していた高校を退職[Instagram 2]

2024年6月14日、後楽園ホールでの「VICTORIVAvol.14」にてWBOアジアパシフィック女子スーパーフライ級王座決定戦としてチャオズ箕輪と再戦し、1回1分43秒TKO負けで王座獲得ならず[14]

戦績

[編集]
  • プロ:16戦8勝2KO6敗2分


日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2015年4月5日 4R KO 藤原芽子真正 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2015年12月6日 4R 判定 3-0 稲森綾子(千里馬神戸 日本の旗 日本
3 2016年7月20日 4R 判定 2-0 満田美紀姫路木下 日本の旗 日本
4 2016年12月18日 4R 判定 3-0 満田美紀(姫路木下) 日本の旗 日本
5 2017年6月4日 4R 判定 3-0 森田綾(ヨシヤマ) 日本の旗 日本
6 2017年12月9日 6R 判定 0-1 ハヤシトモ(姫路木下) 日本の旗 日本
7 2018年8月20日 6R 判定 1-2 若狭与志枝花形 日本の旗 日本
8 2018年12月24日 3R TKO アンチャリー・マンコン タイ王国の旗 タイ
9 2019年9月16日 8R 判定 0-1 谷山佳菜子ワタナベ 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋女子・日本女子バンタム級王座決定戦
10 2020年1月28日 7R 0:47 負傷判定 3-0 谷山佳菜子(ワタナベ) 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋女子・日本女子バンタム級王座決定戦
11 2020年12月13日 6R 負傷判定 3-0 吉田実代三迫 日本の旗 日本 WBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ
12 2021年6月29日 10R 判定 1-2 吉田実代(三迫) 日本の旗 日本 WBO陥落
13 2022年8月20日 10R 判定 0-3 スージー・ラマダン オーストラリアの旗 オーストラリア
14 2023年3月30日 8R 判定0-2 チャオズ箕輪(ワタナベ) 日本の旗 日本
15 2023年12月24日 2R 1:01 TKO チッタマート・ポンムター タイ王国の旗 タイ
16 2024年6月14日 1R 1:43 TKO チャオズ箕輪(ワタナベ) 日本の旗 日本 WBO女子アジアパシフィックスーパーフライ級王座決定戦
テンプレート

獲得タイトル

[編集]
  • 第2代日本女子バンタム級王座(防衛0=返上)
  • 第7代OPBF東洋太平洋女子バンタム級王座(防衛0=返上)
  • 第6代WBO女子世界スーパーフライ級王座(防衛0)

脚注

[編集]

出典記事

[編集]
  1. ^ “9.16冨田大樹、奥田朋子が大阪・堺市でタイトル戦”. Boxing News. (2019年7月8日). https://boxingnews.jp/news/68274/ 2020年1月31日閲覧。 
  2. ^ プロ女子ボクサー奥田朋子さん 美容プランナー新居理恵のブログ 2017年11月09日
  3. ^ “冨田大樹がWBOアジアL・フライ級王座獲得 OPBF・日本女子バンタム級決定戦はドロー”. Boxing News. (2019年9月17日). https://boxingnews.jp/news/69806/ 2020年1月31日閲覧。 
  4. ^ “奥田朋子、因縁再戦制し号泣!谷山に負傷判定勝ち 次は「世界タイトルを」”. スポニチアネックス. (2020年1月28日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/01/28/kiji/20200128s00021000387000c.html 2020年1月31日閲覧。 
  5. ^ 高校教師の奥田朋子が女子世界王者に  “闘うシングルマザー”吉田実代はV2戦で涙 Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月13日
  6. ^ ““戦うシングルマザー”吉田実代、僅差判定で王座返り咲き 苦難乗り越え「人生の財産になる」”. Sponichi Annex. (2021年6月29日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2021/06/29/kiji/20210629s00021000539000c.html 2021年6月30日閲覧。 
  7. ^ “堺春木スポーツジムがオープン 女子世界王者育てた春木会長気持ち新た”. ボクシングニュース. (2022年2月12日). https://boxingnews.jp/news/88573/ 2022年2月13日閲覧。 
  8. ^ “前WBO女子S・フライ級王者、高校教師の奥田朋子が豪州レジェンドと再起戦”. BOXING NEWS. (2022年8月9日). https://boxingnews.jp/news/92628/ 
  9. ^ “3.30黒木優子が鈴木菜々江とダイレクトリマッチ WBO女子アトム級タイトル戦”. BOXING NEWS. (2023-002-12). https://boxingnews.jp/news/96929/ 
  10. ^ “WBO女子世界アトム級王者の黒木優子と前王者の鈴木菜々江が3・30再戦”. スポニチアネックス. (2023-002-12). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2023/02/12/kiji/20230212s00021000536000c.html 
  11. ^ “黒木優子がWBO女子アトム級V1 ダイレクトリマッチで前王者の鈴木菜々江を振り切る”. BOXING NEWS. (2023年3月30日). https://boxingnews.jp/news/97954/ 
  12. ^ GOUKEN~志vol,2~×LA FIESTA DEL DIAMANNTEvol,7~完全決着~
  13. ^ “元WBO女子世界Sフライ級王者・奥田朋子2回TKO再起星!「ボクシング人生第2章」40歳、現役高校教師”. デイリースポーツ. (2023年12月24日). https://www.daily.co.jp/ring/2023/12/24/0017162884.shtml 2023年12月27日閲覧。 
  14. ^ “女子5大タイトル戦 チャオズ箕輪が元世界王者の奥田下してWBO-AP王座獲得”. BOXING NEWS. (2024年6月14日). https://boxingnews.jp/news/108431/ 

Instagram

[編集]
  1. ^ 奥田朋子 [@okuda.tomoko] (2022年8月21日). "皆さん、温かい応援有り難うございました⭐️結果は、判定負けとなりました。スージーラマダン選手、有り難うございました‼️". Instagramより2022年8月22日閲覧
  2. ^ 奥田朋子 [@okuda.tomoko] (2024年3月27日). "3/25(月) 8年間勤続させていただいた高校を退職いたしました。大変お世話になり、感謝の言葉でいっぱいです。". Instagramより2024年3月30日閲覧

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]
空位
前タイトル保持者
吉田実代
第2代日本女子バンタム級王者

2020年1月28日 - 12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
谷山佳菜子
空位
前タイトル保持者
吉田実代
第7代OPBF女子東洋太平洋バンタム級王者

2020年1月28日 - 12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
菊池真琴
前王者
吉田実代
第5代WBO女子世界スーパーフライ級王者

2020年12月13日 - 2021年6月29日

次王者
吉田実代