池原シーサー久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池原 シーサー 久美子
基本情報
本名 池原 久美子
通称 シーサー
階級 アトム級
身長 156cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1984-11-08) 1984年11月8日(33歳)
出身地 大阪府大阪市大正区
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 12
勝ち 9
KO勝ち 3
敗け 1
引き分け 2
テンプレートを表示

池原 シーサー 久美子(いけはら シーサー くみこ、1984年11月8日[1] - )は、日本の元女子プロボクサーである。本名:出花(旧姓池原) 久美子。大阪府大阪市大正区出身[2]フュチュール所属。第5代WBO女子世界ミニフライ級王者。

人物[編集]

  • 実家は居酒屋「正起屋」を経営。
  • 元プロボクサーでABCボクシングジム会長の池原正秀は叔父。従兄に大相撲力士の碧天大市
  • 両親が沖縄出身で池原自身も1年沖縄に住んでいた[2]。リングネームに使用されている「シーサー」は事情を知らずフュチュールのトレーナーが「シーサーに似てますね」と言われたのが由来で、そのまま愛称として定着している[2][3]
  • 2012年世界ジュニア金メダリストの佐伯霞から刺激を受けて、奈良朱雀高校へ出稽古をするなど練習を変えた[4]
  • 普段、前日計量は水着で挑むが、2度目の防衛戦では減量苦のため計量用ジャージーを着用した[5]

来歴[編集]

アマチュア[編集]

叔父が経営するABCジムでボクシングを始め、2007年に全日本女子大会ライトバンタム級で初出場を果たすが、1回戦で高校生に敗退(優勝は柳瀬麻美(現・四ヶ所麻美))。

2008年の全日本大会ではライトフライ級2で初優勝。同年に中国で開かれた世界選手権にも出場を果たすが、予選で地元の選手に1ポイントも取れず敗退。

2009年の全日本大会ではピン級2で決勝まで進むが、惜しくも準優勝。同年に開かれたアジア室内競技大会にも出場するも1回戦敗退。

2010年の全日本選手権ではフライ級準決勝で藤満霞に敗れる(優勝は岩川美花)。同年バルバドスで開かれた世界選手権にも出場したが、またしても1回戦で中国の選手に敗退。

2011年の全日本選手権では準々決勝で藤満霞にまたしても屈する(大会は東日本大震災のため打ち切り)。

2012年の全日本選手権では1回戦でバンタム級から落としてきた箕輪綾子に大差で敗退[6](箕輪はそのまま優勝)。ロンドンオリンピック出場が閉ざされたため引退を考えていたが、直後に行われたダブル女子世界戦で流れた国歌を聞き[2]、プロ転向を決意する。

プロ転向[編集]

フュチュールジムに所属し、2012年3月27日にC級ライセンスを取得[7]。父からはアマチュアはOKだったが、プロは反対されていた[8]

2012年6月20日にボディメーカーコロシアムで行われる井岡一翔 VS 八重樫東WBC・WBA王座統一戦の前座として橋本由貴子戦でプロデビューすることが発表されている[9]。試合は1回KO勝利。この試合を観戦したフィリピン出身の元世界王者マルコム・ツニャカオも「世界王者候補」と称賛した[2]

第2戦は2012年9月16日、多田悦子VS柴田直子安藤麻里VS宮尾綾香の女子ダブル世界戦の前座として岩川美花と対戦するも、判定負け。

2013年2月9日、地元のアゼリア大正にてワッサナ・シットワンディと対戦、1回TKO勝利。

2013年3月3日、東京後楽園ホールでの「G Legend 5」においてG Legend初代ミニフライ級チャンピオンシップを懸けて前の試合で小関桃が持つWBC女子世界アトム級王座に挑戦した花形冴美と対戦して判定勝利、初代王者となった。

2013年8月10日、アゼリア大正にて岩川美花とリマッチを行うが、引き分け。

2013年12月14日、アゼリア大正にて安藤麻里VSハセス・ノリエガのWBC世界戦の前座でスパ・ソーナロンと対戦、1回TKO勝利[10]

2014年5月17日、アゼリア大正にて安藤麻里VS黒木優子池山直VSジョゼベル・パガデュアンのダブル世界戦の前座で世界前哨戦と銘打ちWIBA挑戦歴のあるノンブア・ルッププライアリーと対戦し、3-0判定勝利[11]

世界王座獲得[編集]

2014年9月20日、宮尾綾香が持つWBA女子世界ライトミニマム級王座に指名挑戦者として挑んだグレッツェン・アバニエル相手にWBO女子世界ミニフライ級王座決定戦に挑戦(WBO女子アトム級の池山直 vs 秋田屋まさえとのダブル世界戦)[12]。当初は山田真子の持つ王座に挑む予定だったが、山田が引退したため王座決定戦として行われることになった。試合は挑戦者に対して手数で上回り2-1の判定で世界タイトル獲得[13]

世界王座初防衛[編集]

初防衛戦は2015年2月28日、池山直と王座を争ったジョゼベル・パガデュアンと対戦(WBO女子アトム級の池山 vs ノル・グロとのダブル世界戦)[14]。1回に相手の頭が当たり負傷、引き分け防衛となった[15]

2度目の防衛[編集]

2015年5月6日、大田区総合体育館にてOPBF女子東洋太平洋フライ級王者江畑佳代子と対戦し、7回28秒、2-1(67-66、67-66、66-67)の負傷判定勝ちを収めWBO女子世界ミニフライ級王座の2度目の防衛を敵地で成功した[16]

3度目の防衛[編集]

2015年11月11日、後楽園ホールにて、OPBF東洋太平洋アトム級王者神田桃子相手に3度目の防衛戦(WBOスーパーフライ級のダニエラ・ベルムデス vs 高野人母美とのWBO女子ダブル世界戦)[17]。3-0の判定で防衛に成功[18]

4度目の防衛[編集]

2016年9月21日、後楽園ホールにて江畑佳代子と再戦[19]。2-1(96-94×2、94-96)の判定で4度目の防衛に成功[20]。試合後に元柔道日本代表で格闘家の出花崇太郎との結婚を発表[21]

引退[編集]

2016年12月13日、後楽園ホールでの「DANGAN Ladies vol.3」にて現役引退を表明し引退式も行われた[22]

戦績[編集]

  • プロボクシング:12戦 9勝 3KO 1敗 2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2012年6月20日 勝利 1R 1:45 KO 橋本由貴子(陽光アダチ) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2012年9月16日 敗北 4R 判定 岩川美花(井岡) 日本の旗 日本
2 2013年2月9日 勝利 1R 0:29 TKO ワッサナ・シットワンディ タイ王国の旗 タイ
4 2013年3月3日 勝利 6R 判定 花形冴美(花形) 日本の旗 日本 G Legendミニフライ級チャンピオンシップ
5 2013年8月10日 引分 6R 判定 岩川美花(井岡) 日本の旗 日本
6 2013年12月14日 勝利 1R 1:48 TKO スパ・ソーナロン タイ王国の旗 タイ
7 2014年5月17日 勝利 8R 判定 ノンブア・ルッププライアリー タイ王国の旗 タイ
8 2014年9月20日 勝利 10R 判定 グレッツェン・アバニエル フィリピンの旗 フィリピン WBO女子世界ミニフライ級王座決定戦
獲得
9 2015年2月28日 引分 1R 負傷 ジョゼベル・パガデュアン フィリピンの旗 フィリピン WBO女子世界ミニフライ級・防衛1
10 2015年5月9日 勝利 7R 0:28 負傷判定2-1 江畑佳代子(ワタナベ) 日本の旗 日本 WBO女子世界ミニフライ級・防衛2
11 2015年11月11日 勝利 10R 判定 神田桃子(勝又) 日本の旗 日本 WBO女子世界ミニフライ級・防衛3
12 2016年9月21日 勝利 10R 判定 江畑佳代子(ワタナベ) 日本の旗 日本 WBO女子世界ミニフライ級・防衛4
テンプレート

獲得タイトル[編集]

アマチュア[編集]

  • 第6回全日本女子アマチュアボクシング大会ライトフライ級2優勝

プロ[編集]

受賞歴[編集]

  • 京都府スポーツ特別奨励賞[23]
  • WBO10月度月間最優秀選手[24]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西日本ボクシング協会. “ボクシングジム・所属選手情報”. 2012年4月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e 善理俊哉 (2012年6月26日). “池原シーサー、プロ転向第1戦を飾る”. せりしゅんや的アマボク通信. 2012年8月6日閲覧。
  3. ^ シーサーについて★”. 2012年4月24日閲覧。
  4. ^ 佐伯霞ちゃん”. シーサーのブログ. 2013年2月27日閲覧。
  5. ^ “女子世界戦 王者・池原 減量苦を克服で思わず「ヤッター!」”. スポーツニッポン. (2015年5月6日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/05/06/kiji/K20150506010297170.html 
  6. ^ “女子アマボクシング、箕輪8強へ 全日本選手権フライ級”. 京都新聞. (2012年2月8日). http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20120208000127 
  7. ^ フュチュール. “選手紹介”. 2012年4月24日閲覧。
  8. ^ “池原が府庁を訪問 松井知事「怖い顔をしているかと思った」/BOX”. (2014年11月10日). オリジナル2014年11月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141129090220/http://www.sanspo.com/sports/news/20141110/box14111018450001-n1.html 
  9. ^ まごころ整骨院のブログ. “池原【シーサー】久美子選手 デビュー!!”. 2012年4月24日閲覧。
  10. ^ 安藤麻里が新王者に!安藤麻里vsハセス・ノリエガ!WBC女子世界ミニフライ級王座決定戦〜12.14 To the Future~未来へ~ Vol.16 アゼリア大正”. Lady Go! (2013年12月14日). 2013年12月15日閲覧。
  11. ^ 黒木優子が新王者に!池山が最年長世界王者に!池原シーサーは判定勝利!【試合結果】安藤が初防衛戦!池山はWBO王座に挑戦!5.17 W世界戦!〜アゼリア大正”. Lady Go! (2014年5月17日). 2014年5月18日閲覧。
  12. ^ “池山vs秋田屋、池原vsアバニエル、9.20女子W世界戦”. Boxing News. (2014年7月29日). http://boxingnews.jp/news/16156/ 
  13. ^ “【BOX】池原、初挑戦で世界王者”. スポーツ報知. (2014年9月20日). http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20140920-OHT1T50197.html 
  14. ^ “WBOダブル世界戦!池原シーサー久美子vsジェゼベル・パガデュアン!池山直vsノルブロ!安藤麻里復帰戦!2.28 TO THE FUTURE VOL.19~未来へ~ アゼリア大正”. Lady Go!. http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8681485.html 2015年1月19日閲覧。 
  15. ^ “池原は悔しい初防衛 負傷判定ドロー”. デイリースポーツ. (2015年2月28日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/02/28/0007778502.shtml 
  16. ^ 池原シーサー久美子が負傷判定でV2 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月6日水曜日
  17. ^ “女子ボクシング、神田が世界初挑戦”. デイリースポーツ. (2015年9月18日). http://www.daily.co.jp/ring/2015/09/18/0008405825.shtml 
  18. ^ “女子ボクシング、池原がV3”. デイリースポーツ. (2015年11月11日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/11/11/0008557720.shtml 
  19. ^ “池原シーサーが江畑とV4戦、箕輪デビュー戦も”. Boxing News. (2016年8月22日). http://boxingnews.jp/news/40195/ 
  20. ^ “池原シーサー久美子がV4、江畑との再戦またも2-1”. Boxing News. (2016年9月21日). http://boxingnews.jp/news/41035/ 
  21. ^ “【BOX】池原シーサー久美子、4度目の防衛決めリング上で結婚をサプライズ報告”. スポーツ報知. (2016年9月21日). http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20160921-OHT1T50215.html 
  22. ^ “池原シーサーが王者のまま引退、箕輪OPBF王座獲得”. Boxing News. http://boxingnews.jp/news/43350/ 
  23. ^ “女子世界王者の池山、池原に京都府スポーツ特別賞”. Boxing News. (2014年10月14日). http://boxingnews.jp/news/18680/ 
  24. ^ “池原と池山WBO女子月間賞、マイキーはS・ライト級へ”. Boxing News. (2014年10月21日). http://boxingnews.jp/news/18909/ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

初代G Legendミニフライ級王者
在位期間
空位
2013年創設
2013年3月3日 - 次王者
N/A
第5代WBO女子世界ミニフライ級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:山田真子
2014年9月20日 - 2016年12月13日(返上) 空位
(次タイトル獲得者:江畑佳代子