久田哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久田 哲也
基本情報
本名 久田 哲也
階級 ライトフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1984-10-30) 1984年10月30日(32歳)
出身地 大阪府堺市
スタイル オーソドックス(ボクサーファイター)
プロボクシング戦績
総試合数 40
勝ち 29
KO勝ち 18
敗け 9
引き分け 2
テンプレートを表示

久田 哲也(ひさだ てつや、1984年10月30日 - )は、日本プロボクサー大阪府堺市出身。第40代日本ライトフライ級王者。WBAライトフライ級3位。ハラダボクシングジム所属。

来歴[編集]

  • 高校1年でハラダボクシングジムに入門。
  • 2003年11月19日、プロデビュー。1RKO勝利で初戦を飾る。
  • 2004年全日本新人王決定戦西日本フライ級予選に出場するも1回戦で敗退。翌2005年、2度目の新人王挑戦では西日本フライ級予選準決勝で当時5勝(5KO)無敗だった奈須勇樹を相手に激しい打撃戦の末、判定負け。後に奈須はこの年の全日本フライ級新人王を獲得している。
  • 2008年12月28日、当時日本ライトフライ級9位でWBC世界ミニマム級26位だった戎岡淳一に8R判定勝利し2009年1月に初のランキング入りを果たした。この試合終了直後、前年12月24日の岡田正継戦での10RTKO勝利以来の劇的勝利に観衆からは「年末男」との声が上がった。
  • 2011年7月5日、最強後楽園準決勝で日本ライトフライ級2位の田口良一と対戦し、6回0-3(56-68が2者、56-59)の判定負けを喫し日本ライトフライ級3位だった久田は最強後楽園の準決勝で敗退した[1]
  • 2013年7月1日、最強後楽園準決勝で日本ライトフライ級8位の堀川謙一と対戦し、6回0-3(55-59が2者、43-60)の判定負けを喫し日本ライトフライ級4位だった久田は最強後楽園の準決勝で敗退した[2]
  • 2013年7月5日、OPBFは最新ランキングを発表し、上述の堀川戦に敗れた久田をOPBF東洋太平洋ライトフライ級ランキングから圏外とした[3][4]
  • 2013年11月15日、ボディメーカーコロシアムで長田瞬志とフライ級8回戦を行い、3回1分49秒TKO勝ちを収め再起を果たした[5]
  • 2015年3月4日、神戸市立中央体育館で行われた「REAL SPRITS42」で杦本健太とフライ級8回戦を行い、1-2(77-76、75-79、76-77)の判定負けを喫した[6]
  • 2015年5月9日、神戸市立中央体育館で小坂駿とフライ級8回戦を行い、8回1分54秒TKO勝ちを収め再起を果たした[7]
  • 2015年7月18日、大阪府立体育会館第2競技場で日本ライトフライ級11位の油田京士とライトフライ級8回戦を行い、2回2分24秒TKO勝ちを収めた[8]
  • 2015年11月13日、エディオンアリーナ大阪で行われた「ファイティングビートボクシング」で諸一宇と50kg契約8回戦を行い、6回2分12秒TKO勝ちを収めた[9]
  • 2016年4月22日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で行われた「ファイティングビートボクシング」でインドネシアライトフライ級6位のアルディ・テファとライトフライ級10回戦を行い、5回1分31秒KO勝ちを収めた[10]
  • 2016年7月22日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で行われた「ファイティングビートボクシング」で松井謙太とライトフライ級8回戦を行い、8回2分58秒TKO勝ちを収めた[11]
  • 2016年10月22日、最強後楽園ミリオンマッチで日本ライトフライ級2位の山口隼人と対戦し、7回に山口陣営からタオルが投入されたため、7回2分30秒、山口の棄権により日本ライトフライ級王座への挑戦権獲得に成功、最強後楽園の敢闘賞に選出された[12]
  • 2016年11月10日、WBOは最新ランキングを発表し、久田をWBO世界ライトフライ級13位にランクインした[13][14]
  • 2017年1月13日、後楽園ホールで行われた第38回チャンピオンカーニバルの発表会に出席した[15]
  • 2017年3月10日、同年4月2日にエディオンアリーナ大阪第2競技場で行われる「DANGAN178」で日本ライトフライ級王者の拳四朗と対戦し、王座獲得を目指す[16]
  • 2017年3月21日、日本ライトフライ級王者の拳四朗が同日付で王座を返上したため、同年4月2日にエディオンアリーナ大阪第2競技場で行われる「DANGAN178」で予定されていた試合は中止となった[17]
  • 2017年3月23日、同年4月21日に行われる「ファイティング・ビート・ボクシング」で日本ライトフライ級2位の堀川謙一と日本ライトフライ級王座決定戦を行うことが決定した[18]
  • 2017年4月21日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で行われた「ファイティングビートボクシング」で拳四朗の王座返上に伴い日本ライトフライ級2位の堀川謙一と日本ライトフライ級王座決定戦を行い、10回3-0(95-92、96-91、97-91)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[19]
  • 2017年4月26日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の堀川戦を制し王座獲得に成功した久田を日本ライトフライ級王者としてランクインした[20][21]
  • 2017年5月8日、第38回チャンピオンカーニバルの表彰選考会で日本スーパーフライ級王者の船井龍一との決選投票に敗れ、チャンピオンカーニバルの敢闘賞受賞を逃した[22]
  • 2017年5月11日、WBCは最新ランキングを発表し、久田をWBC世界ライトフライ級15位にランクインした[23][24]
  • 2017年6月2日、IBFは最新ランキングを発表し、久田をIBF世界ライトフライ級7位にランクインした[25][26]
  • 2017年7月17日、WBOは最新ランキングを発表し、久田をWBO世界ライトフライ級9位にランクインした[27]
  • 2017年7月19日、WBAは最新ランキングを発表し、久田をWBA世界ライトフライ級8位にランクインした[28][29]
  • 2017年7月28日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で日本ライトフライ級1位の角谷淳志と対戦し、8回2分54秒TKO勝ちを収め日本王座の初防衛に成功した[30]
  • 2017年8月1日、IBFは最新ランキングを発表し、久田をIBF世界ライトフライ級7位にランクインした[31]
  • 2017年8月13日、WBCは最新ランキングを発表し、久田をWBC世界ライトフライ級10位にランクインした[32][33]

戦績[編集]

プロボクシング:40戦 29勝(18KO)9敗 2引分

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2003年11月19日 勝利 1R 2:46 KO 小畑彰吾 日本の旗 日本(SFマキ) プロデビュー戦
2 2004年4月9日 敗北 4R 判定 1-2 本田猛 日本の旗 日本(尼崎) 2004年西日本フライ級新人王トーナメント予選
3 2004年7月4日 勝利 4R 判定 3-0 近藤雄資 日本の旗 日本(鍵本エディ)
4 2005年6月5日 勝利 2R 0:45 KO 松下泰士 日本の旗 日本(ヨシヤマ) 2005年西日本フライ級新人王トーナメント予選
5 2005年7月31日 敗北 4R 判定 0-3 奈須勇樹 日本の旗 日本(グリーンツダ)
6 2005年12月9日 勝利 4R 判定 2-0 森島隆司 日本の旗 日本(SFマキ)
7 2006年4月21日 勝利 4R 2:08 TKO 早野吉男 日本の旗 日本(尼崎亀谷)
8 2006年7月28日 敗北 6R 判定 1-2 山田卓哉 日本の旗 日本(エディタウンゼント)
9 2006年10月9日 勝利 6R 判定 2-0 堀江純平 日本の旗 日本(大阪帝拳)
10 2006年11月17日 勝利 6R 判定 3-0 堀江純平 日本の旗 日本(大阪帝拳)
11 2007年5月12日 勝利 8R 判定 3-0 竹本裕規 日本の旗 日本(風間)
12 2007年8月19日 敗北 8R 判定 1-2 難波拓人 日本の旗 日本(明石)
13 2007年12月24日 勝利 10R 0:56 TKO 岡田正継 日本の旗 日本(グリーンツダ)
14 2008年8月3日 勝利 10R 判定 2-1 吉田ファンキー 日本の旗 日本(奈良)
15 2008年12月28日 勝利 8R 判定 2-1 戎岡淳一 日本の旗 日本(明石)
16 2009年4月10日 勝利 8R 判定 3-0 浦西勝史 日本の旗 日本(神拳阪神)
17 2009年7月23日 勝利 4R 2:16 TKO 松下泰士 日本の旗 日本(ヨシヤマ)
18 2009年11月13日 勝利 4R 2:27 TKO 新垣勝彦 日本の旗 日本(アポロ)
19 2010年4月23日 勝利 5R 1:28 TKO 鈴木優作 日本の旗 日本(アポロ)
20 2010年7月9日 勝利 7R 0:15 TKO 町田昌丈 日本の旗 日本(グリーンツダ)
21 2010年11月12日 勝利 7R 1:16 TKO 鈴木遼 日本の旗 日本(真正)
22 2011年4月15日 勝利 10R 判定 3-0 鈴木優作 日本の旗 日本(アポロ)
23 2011年7月5日 敗北 6R 判定 3-0 田口良一 日本の旗 日本(ワタナベ) 2011年日本タイトル挑戦権獲得トーナメント 準決勝
24 2011年11月11日 敗北 8R 判定 3-0 堀川謙一 日本の旗 日本(SFマキ)
25 2012年5月5日 勝利 8R 判定 3-0 鈴木優作 日本の旗 日本(アポロ)
26 2012年7月21日 敗北 4R TKO 久高寛之 日本の旗 日本(仲里ATSUMI)
27 2012年11月16日 勝利 3R 0:52 TKO 長田瞬志 日本の旗 日本(堺東ミツキ)
28 2013年7月1日 敗北 6R 判定 3-0 堀川謙一 日本の旗 日本(SFマキ) 2013年日本タイトル挑戦権獲得トーナメント 準決勝
29 2013年11月15日 勝利 3R 1:49 TKO 長田瞬志 日本の旗 日本(堺東ミツキ)
30 2014年4月18日 引分 8R 判定 1-0 戎岡淳一 日本の旗 日本(明石)
31 2014年7月18日 引分 8R 判定 1-1 村井貴裕 日本の旗 日本(守口東郷)
32 2015年3月4日 敗北 8R 判定 2-1 杦本健太 日本の旗 日本(明石)
33 2015年5月9日 勝利 8R 1:54 TKO 小坂駿 日本の旗 日本(真正)
34 2015年7月17日 勝利 2R 2:24 TKO 油田京士 日本の旗 日本(エディタウンゼント)
35 2015年11月13日 勝利 6R 2:12 TKO 諸一宇 日本の旗 日本(尼崎)
36 2016年4月22日 勝利 5R 1:31 KO アルディ・テファ  インドネシア
37 2016年7月22日 勝利 8R 2:58 TKO 松井謙太 日本の旗 日本(三河)
38 2016年10月22日 勝利 7R 2:30 TKO 山口隼人 日本の旗 日本(TEAM10COUNT) 2016年日本タイトル挑戦権獲得トーナメント 決勝
39 2017年4月21日 勝利 10R 判定 3-0 堀川謙一 日本の旗 日本(三迫) 日本ライトフライ級王座決定戦
40 2017年7月28日 勝利 8R 2:54 TKO 角谷淳志 日本の旗 日本(金沢) 日本王座防衛1
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ 最強後楽園開幕 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年7月5日
  2. ^ 内藤ら決勝進出 最強後楽園準決勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月1日
  3. ^ OPBF June Ratings 2013 OPBF公式サイト 2013年7月5日
  4. ^ OPBFランキング発表 新ランカー続々 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月5日
  5. ^ 11.15大坂ボディメーカーコロシアム Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月15日
  6. ^ 元日本バンタム級王者、大場浩平が引退式 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月5日
  7. ^ 長谷川穂積、再起戦で無敗メキシカンに大差判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月9日
  8. ^ ランカー対決、久田哲也が油田京士を鮮烈TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月18日
  9. ^ 久田哲也が本領発揮、3連続KO勝ち飾る Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月14日
  10. ^ 久田哲也がKOで4連勝、拳四朗への挑戦アピール Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月23日
  11. ^ 久田哲也が5連続KO勝利、最強後楽園出場へ Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月23日
  12. ^ 最強後楽園ミリオンマッチ、MVPはSB級の久我勇作 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月22日
  13. ^ WBO RANKING NOVEMBER 2016 2016年11月10日
  14. ^ 久田哲也、川口勝太、赤穂亮がWBOランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月18日
  15. ^ Cカーニバル発表会、B級は赤穂亮が決定戦出場 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月13日
  16. ^ 川口勝太がOPBF王者ダッケルに挑戦、4.2大阪 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月10日
  17. ^ 拳四朗が王座返上、4.2日本L・フライ級戦は中止に Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月22日
  18. ^ 久田哲也vs堀川謙一、4.21日本LF級王座決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月23日
  19. ^ 久田哲也が日本L・フライ級新王者、堀川謙一に雪辱 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月21日
  20. ^ 2017年4月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年4月26日
  21. ^ 最新日本ランキング、4階級で新チャンピオン Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月26日
  22. ^ カーニバルMVPは西谷和宏 各賞は久我、船井、坂 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月8日
  23. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年5月11日
  24. ^ 久田哲也&赤穂亮がWBCランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月12日
  25. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2017年6月2日
  26. ^ WBAがヤファイvs石田匠を指令、コンセプシオン復帰 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月7日
  27. ^ WBO RANKING JULY 2017 WBO公式サイト2017年7月17日
  28. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年7月19日
  29. ^ ダブル世界戦前座ネット無料配信、WBAランキング Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月20日
  30. ^ 久田哲也が8回TKO勝ち、日本L・フライ級王座初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月28日
  31. ^ IBF Ratings IBF公式サイト公式サイト 2017年8月1日
  32. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年8月13日
  33. ^ 小浦翼、久田哲也らが最新WBCランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
拳四朗
第40代日本ライトフライ級王者

2017年4月21日 - 現在

次王者
N/A