日下部吉彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日下部 吉彦(くさかべ よしひこ、1927年11月16日[1]- 2017年12月30日[2])は、日本音楽評論家ジャーナリスト合唱指揮者京都府京都市生まれ。 元朝日放送解説委員で同局のニュース番組『たいむ6』初代キャスターを務めた。

概要・役職[編集]

音楽評論家として関西を中心としたクラシック音楽の評論・講義、演奏会の企画・司会進行、合唱にまつわる客演指揮・コンクール審査・執筆などの活動も展開。

来歴[編集]

著書[編集]

  • 『音楽を嫌いにする方法 辛口音楽社会学』大阪書籍 (朝日カルチャーVブックス) 1986

参考文献[編集]

  • 「創立50周年特別企画 焼跡のなかから燃えあがった合唱の灯」- 社団法人全日本合唱連盟機関誌「ハーモニー」No.92、1995年4月10日発行。

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ a b 音楽評論家の日下部吉彦さん死去 関西合唱連盟名誉会長”. 記事. 朝日新聞社 (2017年12月30日). 2017年12月30日閲覧。
  3. ^ 「ハーモニー」No.92 p.20~24

外部リンク[編集]