ワイドショー・プラスα

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワイドショー・プラスα
ABC Oyodo HQ 20070923-001.jpg
番組の生放送が行われていた
ABCセンター(現在は解体)
ジャンル ワイドショー
放送時間 月曜 - 金曜 14:00 - 14:55(55分)
放送期間 1972年1月 - 1982年12月
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送(ABC)
出演者 乾浩明
石井和子
松本佳代子
安藤孝子
日下部吉彦

特記事項:
当初は14:15 - 15:00に放送されていた。
番組開始から1975年3月28日までは西日本のJNN系列にネットされていたが、毎日放送MBSテレビ)とのネット交換による腸捻転解消後(1975年3月31日から最終回まで)は西日本を中心としたANN系列にネットされていた。
テンプレートを表示

ワイドショー・プラスα』(ワイドショー・プラスアルファー)は、1972年1月から1982年12月まで朝日放送(ABCテレビ)で平日午後に放送された主婦向けのワイドショーである。

概要[編集]

開始当初の放送時間は午後2時15分からの45分番組で、それから3か月後に午後2時開始となる。司会に乾浩明アナウンサーを迎え、主婦層に向けた情報なら何でも、夫婦や暮らしの問題、また視聴者層に密着した社会問題などを、取材映像、ゲストや専門家の解説などで展開。これをスタジオでわかりやすく、かつ親しみ易く解説した。

番組ではスタジオを開放し、また司会である乾アナウンサーが自由奔放に地の関西弁を使い、スタジオの舞台裏までも見せるざっくばらんな司会ぶりを発揮。また番組初期に脇を固めていた日下部吉彦(朝日放送解説委員)は、後に夕方のニュースワイド番組『たいむ6』のメインキャスターに就任した。

『べかこの自遊時間』最終回まで同時ネットを続けた地域は、広島県(中国放送広島ホームテレビ)だった。

番組開始時は関西ローカルだったが、西日本各局にも順次ネットされた(1975年の腸捻転解消に伴い、TBS系列からNETテレビ→テレビ朝日系列へ変更)。なお、東日本エリアにおいても静岡県長野県でネットされていた時期がある。各局の主なネット状況は下記の通り。

  • 静岡けんみんテレビ(静岡県民放送、現:静岡朝日テレビ。『プラスα』途中までネット、その後テレビ朝日制作『こんにちは2時』ネットに変更)
  • 名古屋テレビ(時折朝日放送・名古屋テレビ共同制作で名古屋テレビのスタジオから放送することもあった。『晴れ時々たかじん』までネット、その後『こんにちは2時』ネットに変更。なお、腸捻転時代は名古屋テレビは『奥さん!2時です』をネット。CBCテレビ(当時:中部日本放送)は1974年9月までワイドショー番組を自社制作し、その後再放送枠に転換していたため『プラスα』をネットしていなかった)
  • 山陽放送瀬戸内海放送(『ほっとワイド』までネット、その後再放送枠に変更。なお、腸捻転解消後、岡山県では、1979年に岡山県と香川県の民放テレビ局の放送免許が相互乗り入れすることによる、瀬戸内海放送の岡山県への進出まで、岡山放送[1]での放送実績はなかった。それまで放送していたMBS東京12チャンネル制作『奥さん!2時です』は岡山放送には移行したが1973年6月で打ち切り・瀬戸内海放送は放送せず)
  • 中国放送(それまで放送していた東京12チャンネル制作『奥さん!2時です』は広島ホームテレビに移行できず打ち切り)[2]→広島ホームテレビ
  • RKB毎日放送九州朝日放送(『晴れ時々たかじん』までネット。『ビバ・レディー』では、KBCの奥田智子アナウンサーが木曜日のアシスタントを務めた。RKBは本番組のKBC移行後自社制作のワイドショー『2時の飛行船』を開始)

など西日本を中心にしたテレビ朝日系列局(1975年3月以前はTBS系列局)にネットされていた時期もあった他、1975年頃、長野放送フジテレビ系列だが、1975年3月31日から1980年9月30日まではABCの番組もネットしていた)やテレビ長崎(当時日本テレビ・フジテレビ系列とのクロスネット局)にネットされていたことがあった。

なお毎年8月に全国高校野球選手権大会中継を放送する時は、上記ネット局へは裏送り措置がとられた。ただし、決勝戦当日は開催有無に関係なく休止(1日余分に休止した場合もあり)。

稲川淳二の怪談『生き人形』の人形が出演した事があり、実際『生き人形』の話の中でも話されている。

※テレビ局にも映像が残っていないため再放送は不可能な状態であったが時を経て動画サイト「youtube」において数日間の間だけフル動画が経緯不明であるがアップされていた。

司会・アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時の愛称は、「テレビ岡山」で、同局は、1979年3月31日までは、フジテレビ系列とのクロスネット局で、同枠は『奥さん!2時です』を打ち切り後フジテレビ系同時・遅れネットまたは再放送を編成していた。
  2. ^ 同局では本番組の移行を受けるまで、14時・15時台に映画・再放送・先行ネット・遅れネット番組などを編成。
  3. ^ 山下は朝日放送制作番組は当番組の他、『霊感ヤマカン第六感』や『おはようワイド・土曜の朝に』、『パネルクイズ アタック25』などのテーマソングも作曲した。

関連項目[編集]

朝日放送 昼のワイドショー
前番組 番組名 次番組
-
ワイドショー・プラスα
(1972年1月 - 1982年12月)
バラエティワイド こんな時α
(1983年1月 - 1985年10月)