歌謡びんびんハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
歌謡びんびんハウス
BIN-BIN HOUSE
ジャンル 音楽バラエティ番組
放送時間 日曜 13:45 - 14:55
(1991年4月7日から
放送終了までは13:45 - 14:25)
放送期間 1986年11月5日 - 1994年9月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
出演者 笑福亭鶴瓶
ほか
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

歌謡びんびんハウス』(かようびんびんハウス)は、テレビ朝日系列局ほかで放送されたテレビ朝日製作の音楽バラエティ番組。テレビ朝日系列局では1986年11月5日から1994年9月25日まで放送。演歌歌手アイドル歌手などが出演していた。

放送時間[編集]

  • 日曜 13:45 - 14:55 (1986.10 - 1991.03)
  • 日曜 13:45 - 14:25 (1991.04 - 1994.09)
  • 前番組『歌謡ドッキリ大放送』(1980年 - 1986年10月)の司会者だった関口宏が、同局の『ミュージックステーション』の司会に起用されて『歌謡ドッキリ大放送』への出演継続が難しくなったため、司会者と内容を一新し、この番組が始まった。
  • 15時から放送されていた『ザ・テレビ演芸』が1991年3月に終了し、14時30分から特番枠『日曜ワイド』(現・『サンデープレゼント』)を新設するにあたり、同年4月をもって放送時間を短縮。加えて短縮後は、2週にわたって同じ歌手が登場する形となった(歌手の歌は1週目と2週目の二手に分けて披露)。
  • 番組終了時まで一貫して『パネルクイズ アタック25』(ABC制作) 終了後の放送開始だった。
  • 関西地区では編成上の都合から朝日放送ではなく、サンテレビKBS京都で放送されていた。

出演[編集]

メイン[編集]

  • 笑福亭鶴瓶(司会、東京へ再進出してきたばかりのころ)

(以下、アシスタント)

なお、最末期のアシスタントであったKinki Kidsに関しては当初はコーナー担当のレギュラーとしての出演であったが、1993年秋に番組内容が改編されるに当たりアシスタント役に昇格した(レギュラーとしての出演は1993年8月から)。

主なゲスト[編集]

主なコーナー[編集]

  • BINBINホールイワン
    前期のオープニングコーナー。ゲストがゴルフのグリーン状になっているボード上にボールを転がしてカップに入れる。入ったら賞金10万円が貰える。他にも「ニアピン賞」として週替わりの賞品も貰える。ルールはゴルフと同じで、前のゲストがカップの前に止まったボールを後のゲストが押し出して入れた場合は、前のゲストが賞金獲得となる。瀬川瑛子がこのコーナーを得意としていた。獲得者はセットの後ろに名前と回数が貼られていた。
  • Q&A
    子供がゲストの歌手に対して質問をするコーナー。なかには「赤ちゃんはどうやったら出来るの?」といったきわどい質問もあった。
  • 鶴瓶のフォーカスゲーム
    まず、鶴瓶が代表者を出題前にくじ引きで決める。次に「○○と言えば?」という問題を出す[1]。そして、その代表者が書いた物が正解となり、何を書いたかを推理し当てる。そして、正解者と代表者にそれぞれ☆の形をしたオブジェがポイントとして貰える。3問繰り返し、最も点数が多い回答者にはトップ賞としてペナン島旅行がプレゼントされる。ただし、1名しか貰えないので、同点でトップ賞になった場合は貰える人をじゃんけんで決めていた。また、獲得ポイントとは無関係に最も面白い回答をした回答者には、ユニーク賞として週替わりの商品が貰えた[2]
  • BIN-BIN 寸止めゲーム
    後期のオープニングコーナー。ゲストがボード上にボールを投げて豪華賞品をゲットするゲーム。ボード上を超えたり、ボールが転がりすぎて外れることも多かった。コーナー終了後は鶴瓶が「歌謡びんびんハウス、スタートです!」と言った後にジングルが鳴り、CM→次のコーナーへと進んだ。
  • スタークリニック
    アシスタントから出される質問に、ゲスト全員が当てはまると思ったら「○」、当てはまらないと思ったら「×」、どちらとも言えないと思ったら「△」の札を挙げて答える。初期の頃は○か×かのボタンを押して答えていてどちらとも言えない場合は押さない(結果はそれぞれの電光掲示板に表示されていた)。例えば「肥溜めに落ちた事がある。」「番組本番中だが、出来れば早く帰りたい。」「正月にハワイに行くのは、親類にお年玉をあげたくないからである」等。
  • ワンポイント家庭クリニック
    健康に関する四択クイズが1問出題される。高須克弥の解説の後、答えに関する賞品が正解、不正解に関わらず貰える。
  • BIN-BINイントロポン
    いわゆるイントロクイズ(『クイズ・ドレミファドン!』と同形式)。前半は正解すると1問5点(不正解するとマイナス5点)、後半は1問10点だが、最終問題は最下位チームでも優勝出来るような高得点を出すことが定番だった(例えばトップチームが100点の時は、「110点の問題です」と言う)。しかし、「ラストを正解すれば優勝」と高を括って、答えなかったチームがある場合は、そのチームに反するように「5点の問題です」と言ったことが数回あった。
    中期からは、テーマに沿った曲で出題された。例えば、アニメソング、タイトルに食べ物が入っている、「そんな訳ねーだろ」(「私はピアノ」、「君の瞳は10000ボルト」等、現実にはあり得ないタイトル)、タイトルでしりとり等。
    また解答者席の後には3個の風船がセットされており、不正解するごとに1つ風船が割られた。そのため3個風船が割れると失格となるゲームでもあった。ただし、第1回の時は風船は5個用意されていて、自分の曲を他のチームに答えられると割れてしまうルールもあった。
    風船は三角の形にセットされるが、番組の前半では上が1個下が2個という設定であったが、番組後半では上が2個、下が1個というセット方式に変更になり、また風船の色も最初は赤、青、黄、緑、オレンジ、ピンクと6色から同じ1色を3個ランダムにそれぞれのチームにセットされていたが、番組の後期は赤、青、黄色、オレンジの4色に固定された。
  • BIN-BIN芸能クイズ
    イントロボンのクイズがイントロではなく、普通の芸能クイズになったもの。10点から40点までのパネルの裏に問題が隠されており、その問題を早押しで解答するというもの。正解すればその分の点がもらえ、不正解するとその分だけマイナスになり、風船が1つ割られた。ただし、問題の中に出演者の問題「本人クイズ」も入っており、これに答えられないと、不正解と同様にそのパネルにある点数がマイナスになり、風船が割られた。
    また1枚だけ「チャンスカード」が入っており、自分の現在の持ち点のうち好きな点数を賭け、正解すれば一気にその分だけ点数がもらえるというクイズ。
  • BIN-BIN新芸能クイズ
    まずは問題を制限時間内に規定数出題し、解答者はとにかく早押しで解答。ただし、この時点では一切正解/不正解は言わないため、解答者は最後まで何点取れているか分からないクイズ(視聴者には答えは表示されている)。問題終了後に合計得点を発表する。
    得点の表示は、透明なアクリルボードに得点の数字が白字で印刷されていて、そのチームが押すと上から赤いボールが入るシステムになっていた。普段は4チームで行っているが、5チームで行う場合は、5枠の回答者席(必ず1グループで1席だった。)の場合は赤いブロックで白地で書かれている数字のブロックを下から順に積んでいた。
    このゲームの前半期は不正解してもマイナスはなかったが、後半期に入るとマイナスがつくようになった。またこのゲームでは不正解しても風船が割られることはなかった。
    ごくまれに、「今日の出演者で一番美しいのは誰?」という問題が出されることもあった(この時は、答えの欄には「?」と表示される)。
  • BIN-BINハンター→BIN-BINクイズハンタ
    形式は『100万円クイズハンター』と同じ(出題者も本家と同じ)。クイズは出場歌手に関する問題が多かった。商品は本家同様の宿泊券や宝石類などに混ざり、番組提供による「現金10万円」というものがあった。本家の「ハンターチャンス」では20万円-40万円の高額商品を取り合うのだが、決して高額ではない「現金10万円」をとりあう歌手も多く存在した。
  • BIN-BINハスラーゲーム
    ビリヤードゲーム。ただし、玉とホールはともに1つ。さらにホールの後ろには鶴瓶人形が有る。選ばれた1名が1回で玉をホールに入れ、鶴瓶人形を倒したら成功。賞品が貰える。
    やる前には、「モスラの歌」の替え歌で、「♪ハスラ〜ヤ、ハスラ〜」と歌うことがお約束だった。
  • 一言クイズ
    オープニングで出演歌手のなかから1組を選ぶ。その1組は、ゲストが歌う前に何か一言を言う(これを当日の歌手の組数分行う)。番組の最後に、「○○さんが歌う前に言った一言は何でしょう」というクイズを視聴者に出題。このクイズが視聴者プレゼントのキーワードになる。

ネット局[編集]

大分県

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 制作局
北海道 北海道テレビ
青森県
青森朝日放送 テレビ朝日系列 1991年10月開局から
宮城県 東日本放送 テレビ朝日系列
秋田県
秋田朝日放送 テレビ朝日系列 1992年10月開局から
山形県
山形テレビ テレビ朝日系列 1993年4月のテレビ朝日系列へのネットチェンジから
福島県 福島放送
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列
新潟県 新潟テレビ21 テレビ朝日系列
長野県 テレビ信州 日本テレビ系列 1991年3月まで
長野朝日放送 テレビ朝日系列 1991年4月開局から
静岡県 静岡朝日テレビ [3]
石川県 北陸朝日放送 1991年10月開局から
1992年3月打ち切り
中京広域圏 名古屋テレビ
京都府 KBS京都 独立UHF局
兵庫県 サンテレビ
和歌山県 テレビ和歌山
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ フジテレビ系列
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列
山口県 山口放送 日本テレビ系列 1993年9月まで
山口朝日放送 テレビ朝日系列 1993年10月開局から
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県
岡山県
瀬戸内海放送 テレビ朝日系列
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列
長崎県 長崎放送 TBS系列 1990年3月まで
長崎文化放送 テレビ朝日系列 1990年4月開局から
熊本県 熊本放送 TBS系列 1989年9月まで
熊本朝日放送 テレビ朝日系列 1989年10月開局から
大分朝日放送 テレビ朝日系列 1993年10月開局から
鹿児島県 鹿児島放送 テレビ朝日系列

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「結婚式で歌われる曲と言えば?」「人差し指一本でする事と言えば?」「1000円で買える物と言えば?」等。
  2. ^ ごくまれに、同点でトップ賞になって、じゃんけんで負けた回答者が貰える場合もあった。
  3. ^ 1993年9月までは「静岡けんみんテレビ」で、同年10月に現社名に変更された。

関連項目[編集]

  • ザ・ベストテン(TBS系) - 毎週木曜日に収録されたため、当番組のスタジオから中継されることがしばしばあった。
テレビ朝日系列 日曜の音楽番組
前番組 番組名 次番組
歌謡ドッキリ大放送
(1980年4月 - 1986年10月)
歌謡びんびんハウス
(1986年11月 - 1994年9月)
まいど!音楽ラスベガス
(1994年10月 - 1995年9月)
テレビ朝日系列 日曜14:25 - 14:30枠
歌謡ドッキリ大放送
(1980年4月 - 1986年10月)
※13:45 - 14:55
歌謡びんびんハウス
(1986年11月 - 1991年3月)
※13:45 - 14:55
ANNニュース
(1991年4月 - 1994年9月)
テレビ朝日系列 日曜14:30 - 14:55枠
歌謡ドッキリ大放送
(1980年4月 - 1986年10月)
※13:45 - 14:55
歌謡びんびんハウス
(1986年11月 - 1991年3月)
※13:45 - 14:55
日曜ワイド・第1部
(1991年4月 - 1994年9月)
※14:30 - 15:55
テレビ朝日系列 日曜13:45 -13:55枠

歌謡ドッキリ大放送
(1980年4月 - 1986年10月)
※13:45 - 14:55
歌謡びんびんハウス
(1986年11月 - 1994年9月)
※13:45 - 14:55

※13:45 - 14:25
【ここまでテレビ朝日制作枠】

パネルクイズ アタック25
(1994年10月 - )
※13:25 - 13:55
【10分繰り下げ、ここからABC制作枠】
テレビ朝日系列 日曜13:55 - 14:00枠

歌謡ドッキリ大放送
(1980年4月 - 1986年10月)
※13:45 - 14:55
歌謡びんびんハウス
(1986年11月 - 1994年9月)
※13:45 - 14:55

※13:45 - 14:25
【ここまで全国ネット枠】

ミニ番組
(1994年10月 - )
【ここからローカル枠】
テレビ朝日系列 日曜14:00 - 14:25枠

歌謡ドッキリ大放送
(1980年4月 - 1986年10月)
※13:45 - 14:55
歌謡びんびんハウス
(1986年11月 - 1994年9月)
※13:45 - 14:55

※13:45 - 14:25

サンデープレゼント
(1994年10月 - )
※14:00 - 15:25