しのざき美知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

しのざき 美知(しのざき みち、1968年6月24日 - )は、日本の元お笑いタレント、元歌手、ユニット『くろ☆ぽんず』。

埼玉県浦和市(当時。現在のさいたま市浦和区)出身。旧姓の本名は、篠崎三千代。デビュー当初は、スターダストプロモーションに所属。その後吉本興業代官山プロダクションに移籍した。

経歴[編集]

  • 1983年8月に『笑っていいとも!』の『私のメロディー』に出演をきっかけに、翌1984年に芸能界デビュー。その際いいとも青年隊が3人各自持たされている賞品箱を野々村真の大ファンだった為、毎回ハズレでもいいと野々村の箱を選んでいた。バラエティ番組で人気者となる。
  • また、ものまねタレントでもあったため『ものまね王座決定戦』に出演していた当時はダチョウ倶楽部笑福亭笑瓶ピンクの電話と共に“ものまねお笑い四天王”とも呼ばれていた。
    • ただし当初は、松居直美松本明子篠塚満由美と共に「ものまね女四天王」を結成していたが、わずか1年で斉藤ルミ子と交代し、「お笑い四天王」行きとなった。
    • 「お笑い」と冠されるだけあってものまね自体は決して似ているわけではないが、ノリと勢いで強引なまでに視聴者に見せつけるスタイルは一貫していた。『ものまね王座決定戦』ではほとんどが1回戦負けだったものの、1992年春「爆笑スター-」放送で、中山美穂の『Rosa』を披露した際は場内の大爆笑を巻き起こして勝利し(対戦相手はわたる哲平)、司会の研ナオコから「あんたはこの番組に必要!」と言わしめる程だった。しかし2回戦では菊池桃子の『Say Yes!』で番組史上初のワースト記録・80点をマーク、審査員席にいた菊池本人には「ちょっと愛せないですね」と言われた挙句6点を付けられ(隣の席のうつみ宮土理も6点)、研からは「イェーイ、お前のためにある6点だ!!」と言われた。なお対戦相手の松居直美の得点は満点(100点)だったため(なお松居の得点が発表される前に、しのざきは松居に向かって「勝ったと思ってんじゃないでしょうね?」と言うが、研に「勝ってんだよ!!」と返されていた。)、これも番組史上最大点差を付けての勝敗決着となっている。
  • 1993年浅草キッドの現場マネージャーが『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』で見染め、結婚のため芸能界を引退。その後、一児の母となる。
  • 2001年、“SHINOZAKI”名義で歌手として再デビュー。芸能界を再度引退して専業主婦になる。
  • 2017年Youtubeに、しのざき美知&住吉奈々美 新ユニット"くろ☆ぽんず"の"海のほひほひ"動画が突如アップロードされる。
  • 2018年、YouTubeにて『くろ☆ぽんずRADIO きのこになりたい』がスタート。芸能界に再び復帰。

出演作品[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ出演[編集]

ものまねレパートリー[編集]

以下のレパートリーは全てものまね番組で実施したものである。

など

シングル[編集]

  • 「夏休み公共楽」
  • 「baby i loveyou」
  • 「夜空」

脚注[編集]

  1. ^ 生徒役のオーディションを受けたが落選、掃除婦役で採用された。