黒木香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
くろき かおる
黒木 香
プロフィール
生年月日 1965年1月21日
現年齢 53歳
出身地 日本の旗 日本鹿児島県
血液型 A型
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 161 cm / kg
スリーサイズ 83 - 53 - 86 cm
活動
ジャンル アダルトビデオ
AV出演 1986年
他の活動 タレント
AV女優テンプレート | カテゴリ

黒木 香(くろき かおる、1965年1月21日[1] - )は、日本の元AV女優。その特異な個性が重宝されてテレビ番組に多数出演した。

経歴[編集]

1980年代後半に活動した。

鹿児島県鹿屋市出身で、女子学院高等学校卒業後に横浜国立大学へ入学[2]して教育学部美術学科でイタリア美術を専攻する。在籍中の1986年イタリア留学の費用を自ら工面するため、アダルトビデオ (AV) に出演してデビュー作『SMぽいの好き』(クリスタル映像)が異例に大ヒットし、一般にもその名を知られる。

当時は女子大学生のAV出演は世間で知られておらず、特に大学名を公開した現役の国立大学の学生の出演は異例であった。ゴールデンタイムテレビ番組にも多数出演した。「良家の令嬢」でありながら卑猥な言葉を連呼し、16歳以降剃毛していないと自ら語るわき毛を大胆に露出して、オーガズム時にホラ貝を吹き鳴らす意外性もあり、大人気となり一世を風靡した。政治討論番組のテレビ朝日朝まで生テレビ』にも出演し、同番組の常連出演者である映画監督の大島渚や当時東京大学法学部教授の舛添要一らの文化人と討論した。

一人称は「わたくし」で、「私思いますに……でございます」と丁寧な言葉遣い[2]や話し方であったが、内容は言葉の端々に性交に関することを織り交ぜた。

一躍有名になり多忙が続くなどして通学が困難になり長期欠席状態が続き、横浜国立大学を除籍[3]となる。

村西とおるとは愛人関係にあった[1][2]。村西が実質的な経営者だったダイヤモンド映像の系列会社ビックマンの取締役にもなり、村西が渋谷に出店した高級焼肉店「香貴苑」のママにもなったが[4]、村西と“村西のギャラの不払い”により別れたあと引退。1994年東京都中野区のホテルの2階から飛び降り自殺を図るも一命を取りとめた[2]が、身体の後遺症のために入院してリハビリした。村西はAV女優ら7人と同棲生活を経て、その中の一人のAV女優乃木真梨子と結婚した。

その後も消息を報じるマスメディアが絶えなかったが、1999年に流出したビデオの内容を掲載した『週刊現代』や『アサヒ芸能』の発行元をプライバシー侵害で訴えたのをはじめ、2002年に近況を報じた『女性セブン』、2004年に近況と写真を掲載した『週刊ポスト』の各発行元を同様にプライバシー侵害で訴え、いずれも2006年に勝訴した[5]。これらマスコミを相手とした名誉棄損訴訟の課程で、人気バラエティー番組『あの人は今?!』(日本テレビ)も訴えられ、番組終了に追い込まれたといわれる。

作品[編集]

アダルトビデオ[編集]

  • SMぽいの好き (1986年10月2日、クリスタル映像
  • 愛虐の宴 (1986年11月13日、クリスタル映像)
  • SM隷奴 (1986年12月15日、スタジオ418) - 「黒木薫」として出演

主演作品は上記3作のみ。他助演、部分出演作品多数

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

声優[編集]

著書[編集]

  • 『性の構造』(共著:伊藤比呂美、作品社、1987年)
  • 『フルーツ白書』(ワニブックス、1987年)
  • 『自堕落にもほどがある』(ネスコ、1987年)
  • 『女と男の間には―黒木香対談集』(飛鳥新社、1987年)
  • 『爆笑対談集 パブロフの犬のよだれ―欲望の条件反射』(ライトプレス出版社、1988年)

ミニアルバム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b CREA』1994年6月号のインタビュー記事(井田真木子著「旬の自画像」「フォーカスな人たち」に再録)には、実際は1961年6月2日生まれであることを読み取れる記述がある。
  2. ^ a b c d BUBKAダイヤモンド 消えたアイドルは今500連発. コアマガジン. (2010-08-28). p. 145. ISBN 978-4-86252-898-8. 
  3. ^ 週刊新潮」1990年8月16・23日号で本人が明かしている。
  4. ^ 本橋信宏「村西とおるを奪い合ったAV女優たち」『新潮45』2006年6月号
  5. ^ 夕刊フジ黒木香さんの記事「プライバシー侵害」220万賠償命令」2006/05/24