村西とおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村西 とおる(むらにし とおる、1948年9月9日 - )は、日本AV監督。本名、草野 博美(くさの ひろみ)。福島県いわき市出身[1]ハメ撮りの帝王の異名を持つ。

生い立ち[編集]

福島県立勿来工業高等学校卒業後、上京。水商売を経て英会話教材・百科事典のセールスマンになり、巧みなセールストークで月40セットを売り上げるなど,優秀な成績を収めた。その後北海道において、当時インベーダーゲームブーム真っ盛りのゲーム機の設置・販売を手がけ財をなすが、ゲーム機の新作発表会を見に上京した際に新宿歌舞伎町ビニ本に出会ったのを機に裏本の制作・販売業に転じ、全48店舗を擁する北大神田書店グループの会長にまで上り詰める。

1983年には、裏本によって得た莫大な利益と、北大神田書店グループの流通網を用いて、自ら経営する出版社・新英出版より写真週刊誌スクランブルPHOTO』を創刊した(編集長は本橋信宏である)。しかし、北大神田書店グループの摘発によって資金繰りが悪化したことにより、創刊からわずか10号で廃刊に追い込まれた。また、村西自身も猥褻図画販売容疑で指名手配・逃亡の後、1984年3月に逮捕され(後に懲役1年5か月、執行猶予4年の有罪判決が確定)、北大神田書店グループも解体された。

AV界での成功と挫折[編集]

クリスタル映像時代[編集]

1984年秋の保釈後、「村西とおる」の芸名でAV監督に進出した。「村西」とは、当時所属していたクリスタル映像の西村社長の名字をひっくり返したものであり、「とおる」とは、借金や前科のある自分が再び世にまかり通るかどうか、という思いでつけたものである。

北ヨーロッパにロケーションしたり、ストーリーもので擬似本番だった初期作品は酷評されて、当初は売れない日々が続いたものの、1985年11月に発売したドキュメント路線の立川ひとみ主演「恥辱の女」が専門誌「ビデオ・ザ・ワールド」の選評でその年の1位を獲得する評判を呼ぶ。これに自信を得て試行錯誤の末、自らが監督・男優・カメラマンを兼ねて本番をする「ハメ撮り」、「ナイスですね〜」を初めとする独特の「村西トーク」(これはセールスマンの経験を通して身につけたものである)、顔面に射精することで本番行為を行っていることをアピールする「顔面シャワー」、駅弁売りのような態勢で女優を抱えながら行為に及ぶ「駅弁ファック」、ストッキングを荒々しく破く行為など村西独自のスタイルを編み出し、徐々に業界で知名度を高めていった。これに加えて1986年職業安定法児童福祉法違反容疑での逮捕(17歳の少女を出演させたとされるもので、処分保留で釈放された)により、一般にも広く知られるようになった。以後、毎年のように彼の逮捕をめぐるニュースがマスコミを賑わせることになる。

村西の作品が爆発的な知名度を得て、「アダルトビデオの帝王」と言われるきっかけとなったのが、1986年10月に発売された黒木香の「SMぽいの好き」である。横浜国立大学でイタリア美術を専攻する良家の令嬢でありながら、スケベな言葉を連呼し、16歳以降剃ったことのないという脇毛を振り乱し、絶頂時にはホラ貝を吹き鳴らすというギャップは、当時大きな話題を呼んだ。その直後の12月には、ハワイでのロケ中(スカイセックスを撮影中に拘束)に旅券法違反等の容疑で逮捕され、懲役370年を求刑されて[1]半年以上に渡って勾留・法廷闘争が行われたが、これも村西の知名度をさらに高めることになった。村西は当時、ソニーベータカムを背負いブリーフ姿になったり、ハメ撮りをするという強烈な姿をフジテレビバラエティー番組オレたちひょうきん族』の中で片岡鶴太郎によって物まねされるなどして、全国的な話題になっていた。また、フジテレビの深夜ドキュメンタリー番組でも「アダルトビデオの戦士たち」という特集番組まで放送された。村西自身もタレントとしてテレビ番組や雑誌に登場するなど、一躍マスコミの寵児となった。

1988年4月には、17歳の少女をAVに出演させて児童福祉法違反容疑で逮捕、罰金30万円の有罪判決を受けた。さらに同年9月には16歳の少女を出演させたとしてやはり児童福祉法違反容疑で逮捕され、懲役1年、執行猶予5年の判決を受けた。しかし、この少女は成人していた姉の身分証明をつかい年齢を偽って出演したため、ある意味、村西も被害者である。この件について、黒木香はワイドショーの取材に「いつもはめている村西監督が今回ばかりははめられた」旨、コメントしている。

ダイヤモンド映像時代[編集]

この間、1988年9月に、クリスタル映像と袂を分かってダイヤモンド映像を設立した(村西は事実上のオーナーだったが、代表取締役には就いていない)。当初は売り上げが振るわなかったものの、松坂季実子の発掘によって火がついた「巨乳ブーム」により同社は軌道に乗るに至った。一時は10名以上の専属女優を抱え、目黒区青葉台、代々木上原に構えたダイヤモンド映像本社でスタッフと女優と共同生活を送る。AV女優に500万円から600万円の高額のギャラと高級服を弾み、写真撮影のため海外旅行にも出かけるうちに、ハーレム状態となった。黒木香の店(いわゆるタレントショップ)として渋谷東急文化村付近には高級焼肉店「香貴店」を出店した。

さらに日本ビデオ映画を設立し、本名の草野博美名義でかとうれいこ本田美奈子飯島直子秋本奈緒美横須賀昌美など一般のタレントを起用して、1990年から1992年にかけてビデオ映画の製作に進出。また、パワースポーツ企画販売ではアイドルのイメージビデオを手がけた。その他のグループ企業にはビックマンとビックマン販売がある。

しかし、ビデオ映画は失敗し、同時に過剰な不動産投資や、「空からスケベが降ってくる」との謳い文句で知られた通信衛星放送事業への過大投資などによって、ダイヤモンド映像は1992年に約50億円の負債を抱えて倒産するに至った。

ダイヤモンド映像倒産後[編集]

1994年4月からアナログ方式のCSテレビCS BAANでダイヤモンドチャンネルの本放送を開始。18万円のチューナーを購入し、月に3500円の受信料を払って1日8時間放送のアダルトビデオを見るシステムで、4000件の受信契約があったが、1996年夏に放送を中止した。同時期には京都ローカルのKBS京都で『アイドルお嬢様』というテレビ番組を放送したり、新宿歌舞伎町でショーパブを経営していた。この間の1994年12月からはビデオ安売王日本ビデオ販売)と契約してセル専用のアダルトビデオを制作した。この際の、キャッチフレーズは「帰ってきたハメ撮りの帝王」であった。『実録若奥様』(小田かおる主演)のヒット作を飛ばすも、日本ビデオ販売はほどなくしてあえなく倒産。その後、株式会社日本映画新でビデオ制作を再開したものの、作品の多くはダイヤモンド映像時代の二次使用が主体であり、売り上げがあがらずまもなく解散。1996年には多くのAVメーカーに先駆けてDVDによるアダルト向け作品を発売した。

2007年からはニューシネマジャパンで、過去の作品の販売などを中心に活動している。なお、妻は元AV女優の乃木真梨子である。ダイヤモンド映像倒産時には、多くの作品の原版が流出し、裏ビデオ化された。

著書[編集]

  • ナイスですね(1987年、JICC出版局
  • 道玄由紀子写真集 (1991年 ビックマン)
  • あい・らぶ・愛―卑弥呼写真集 HIMIKO in AUSTRARIA(1990年 ビッグマン)
  • お台場恋物語―高嶋礼子(1998年 つがる出版)
  • 村西とおるの閻魔帳 ―「人生は喜ばせごっこ」でございます。(2010年 コスモの本
  • 村西とおるのコワ〜いAV撮影現場の話 (2011年 宝島社)
  • 村西とおる監督の「大人の相談室」(2016年 サプライズBOOK)

関連書籍[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ出演[編集]

雑誌連載[編集]

  • 月刊 WILL 村西とおるの人生相談 「人間だもの」 (2014年6月号〜)
  • 月刊 Hanada 村西とおるの人生相談 「人間だもの」 (2016年6月号~)
  • 日刊ゲンダイ 村西とおる 元気が出る集中講義  (2015年12月)
  • スーパー写真塾 帝王かく語りき 村西とおるの今すぐ金とオンナを手に入れるトーク術(2015年5月~)

関連動画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 伝説のAV監督・村西とおる氏、ろくでなし子事件を語る”. withnews. 朝日新聞社 (2014年10月1日). 2015年3月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]