村西とおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
むらにし とおる
村西 とおる
生年月日 (1948-09-09) 1948年9月9日(73歳)
出身地 日本の旗 日本 福島県いわき市
職業 AV監督実業家
ジャンル アダルトビデオ
公式サイト 村西とおる OFFICIAL WEBSITE
テンプレートを表示

村西 とおる(むらにし とおる、1948年9月9日 - )は、日本AV監督実業家福島県いわき市出身[1]。ポルノ雑誌の販売などを手がけたのち、アダルトビデオの制作プロダクションを設立[2]。自らカメラを回しながら男優としても出演するスタイルで注目を集め、草創期のアダルトビデオ業界で多数の作品を制作して大きな成功を収めた[2]

略歴[編集]

福島県立勿来工業高等学校卒業後、1967年に上京し池袋のバーでボーイとして働き始める。いくつかのバーを転々としたのち、東京にあった英語の百科事典販売会社「グロリア」でセールスマンとなる[2]

グロリアが販売していたのは全30巻で20万円(現在の貨幣価値で100万円近く)という高額な百科事典セットで、しかも内容はすべて英語で書かれている英英辞典だった。月に4セット売れればトップの営業成績とされるところを、村西は毎月20〜100セットを売り上げ、伝説的なセールスマンとなった[2]

このときの蓄えをもとに1972年には札幌で英会話教室を始める。米軍の脱走兵を講師として安く雇用した。1978年には北海道全域の自衛隊駐屯地近辺にテレビゲーム機を置いた喫茶店チェーンを展開し、これも大きな成功を収めた[2]

1980年には、当時「ビニ本」と呼ばれていたポルノ雑誌の小売店チェーン「北大神田書店」グループを立ち上げ、北海道全域に48店舗で開業したのち全国へ展開した。グループの命名は、「北海道大学と東京の古書店街・神田という権威ある2つの名前をくっつけた」という[2]。全盛期の頃、札幌東警察署の隣に店舗を出店していたことを村西本人が明かしている[1]

これと平行して写真のモザイクをなくした違法なポルノ雑誌(裏本)の制作と販売を始め、北大神田書店の全国流通ネットワークで売りさばいた[2]。原価200円の裏本が1万円超で飛ぶように売れ、年商20億円に達していたとされる[2]

1982年には写真集・著名人の伝記などを手がける出版社「新英出版」を創業する[2]。これも「出版社の最大手、新潮社と集英社」の名前をつなげた命名である[2]写真週刊誌スクランブルPHOTO』を創刊(編集長は本橋信宏)、やはり自前の流通網で販売している。またこのころ、アメリカの人気ポルノ女優アネット・ヘブンを日本へ招いてポルノビデオを監督・制作している[2]

この間に村西の「裏本」流通ネットワークは全国に広がり、複数の県警から猥褻図画販売容疑で指名手配されたのち、1984年3月に逮捕された(後に懲役1年5か月、執行猶予4年の有罪判決が確定)[2]。北大神田書店グループは解体され、全財産を失う。

クリスタル映像時代[編集]

北大神田書店グループが解散し、1984年秋に保釈。このころ個人用のビデオデッキが急速に普及し始め、アダルトビデオが人気を集めるようになっていた。村西もビデオ制作へ転身することを決意し、逮捕・保釈まで村西を支えてきた「ビニ本」制作プロダクション社長の名前「西村」をもじって「村西」、この名前が世の中に通るようにと「とおる」という名前をつけ、以後「村西とおる」を名乗るようになった[2]

村西は、監督をつとめる作品に自らカメラをかついで男優としても出演するスタイルが注目を集めたほか、また「疑似本番」が当然だった当時の日本のポルノ制作現場で、男優と女優が実際に性交する場面を正面から撮影する手法がたびたび物議をかもした。1985年11月に発売したドキュメント路線の立川ひとみ主演「恥辱の女」では、専門誌「ビデオ・ザ・ワールド」の選評でその年の1位を獲得する評判を呼ぶ。

1986年10月に村西が監督・男優をつとめた『SMぽいの好き』で黒木香をデビューさせる。黒木は当時横浜国立大学の三年生で、イタリア美術を専攻していた。黒木の理知的な言葉づかいと奔放に性を語るスタイルはAV業界の枠を越えて話題を呼び、黒木が一般メディアにも出演する大ブームとなった[2]

1986年には職業安定法児童福祉法違反容疑で逮捕される(17歳の少女を出演させたとされるもので、後に処分保留で釈放された)。

1986年12月にはハワイでのロケ中(セスナ2機をパールハーバー上で並行飛行させ、空中でセックスシーンの撮影を行った)に、かねてから自国内での村西の動向を監視していたFBI特別捜査チームから「旅券法違反」の容疑で逮捕され、後に総量刑を懲役370年として求刑された[1]。村西はハワイの拘置所で半年以上にわたって拘留されたのち釈放されるが、弁護・司法取引費用は1億円以上にのぼったとされる[2]

ハワイから帰国すると村西はただちにビデオ制作を再開、とくに自社女優と著名アイドルとの関係を再現したと称するビデオを制作して、アイドル事務所や一般ファンから強硬な抗議を受ける騒動が起きている[2]

1988年4月には、17歳の少女をAVに出演させて児童福祉法違反容疑で逮捕。罰金30万円の有罪判決を受けた。

ダイヤモンド映像時代[編集]

1988年9月に、ダイヤモンド映像を設立した(村西は事実上のオーナーだったが、代表取締役には就いていない)。同年7月には、1989年第15回参議院通常選挙の出馬を宣言し、9月には「全日本ナイス党」を結党した。しかし、結党式の翌日、16歳の少女を出演させたとしてまたもや児童福祉法違反容疑で警視庁・麹町署に逮捕され、懲役1年、執行猶予5年の判決を受けた。

桜樹ルイら一時は10名以上の専属女優を抱え、目黒区青葉台代々木上原に構えたダイヤモンド映像本社でスタッフと女優と共同生活を送る。黒木香の店(いわゆるタレントショップ)として渋谷東急文化村付近には高級焼肉店「香貴店」を出店した。

専属女優の中でも松坂季実子の作品はとくに人気を集め、このころ村西の年商は100億円超に達したとされる[2]

さらに日本ビデオ映画を設立し、かとうれいこ本田美奈子飯島直子秋本奈緒美横須賀昌美など一般のタレントを起用して、1990年から1992年にかけてビデオ映画の製作に進出。また、パワースポーツ企画販売ではアイドルのイメージビデオを手がけた。その他のグループ企業にはビックマンとビックマン販売がある。

しかし、ビデオ映画は失敗し、同時に過剰な不動産投資や、通信衛星放送事業への過大投資などによって、ダイヤモンド映像は1992年に約50億円の負債を抱えて倒産するに至った。

ビデオ安売王解散[編集]

1994年4月からアナログ方式のCSテレビ(コアテック方式スクランブル)でダイヤモンドチャンネルの本放送を開始。月額3,500円の受信料を払って1日8時間放送のアダルトビデオを見るシステムで、約4,000件の受信契約があったが[要出典]、1996年夏に放送を中止した。同時期には京都ローカルのKBS京都で『アイドルお嬢様』というテレビ番組を放送したり新宿歌舞伎町でショーパブを経営していた。

この間の1994年12月からはビデオ安売王日本ビデオ販売)と契約してセル専用のアダルトビデオを制作した。日本ビデオ販売はほどなくして倒産。その後、株式会社日本映画新でビデオ制作を再開したものの、作品の多くはダイヤモンド映像時代の二次使用が主体であり、まもなく解散。1996年にはDVDによるアダルト向け作品を発売した。

その後[編集]

2007年からはニューシネマジャパンで、過去の作品の販売などを中心に活動している。なお、妻は元AV女優の乃木真梨子である。事業失敗による50億円の借金に関しては2013年をもって完済したとインタビューで語っている[3]

2013年頃から一般メディアに再登場するようになり、2014年には15年にわたって村西の生活を撮り続けた映画『ナイスですね 村西とおる』(監督=高槻彬)が公開されている。

2016年に本橋信宏著の700頁に及ぶ評伝『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)が刊行されて翌2017年の第39回講談社ノンフィクション賞の最終候補作となった[4]。この評伝をもとに、2019年と2021年に『全裸監督』と題しNetflixでドラマ化された[5]。同年には片嶋一貴監督によるドキュメンタリー映画『M/村西とおる狂熱の日々 完全版』も公開された[6]

人物[編集]

語録[編集]

  • 「閨閥も学歴もコネもなにもないおれがあきらめるということは死ぬことなんだよ。だからあきらめることは選択肢にない」[2]
  • 「なぜ興奮するのかっていうと、死ぬから。なぜ性欲があるかっていったら、死ぬから。なぜ欲しいかっていうと、死ぬから。なぜ女を美しいと思うかというと、死ぬから。死がなければ何も感動しないし、何も思わないよ。死があってこそ、性のたぎりがある、その究極がエロスだろうと、ね」[2]

作品[編集]

  • 丸裸スポーツ大将シリーズ(監修村西とおる、制作・発売株式会社日本映画新) 
  • 撮り下ろし名作品選・セーラー服シリーズ(監督と出演村西とおる、制作・発売株式会社日本映画新)

など多数

著書[編集]

  • 『ナイスですね』(1987年、JICC出版局
  • 『あい・らぶ・愛―卑弥呼写真集 HIMIKO in AUSTRARIA』(1990年、ビックマン)
  • 『道玄由紀子写真集』(1991年、ビックマン)
  • 『お台場恋物語―高嶋礼子』(1998年、つがる出版)
  • 『村西とおるの閻魔帳 ―「人生は喜ばせごっこ」でございます。』(2010年、コスモの本
  • 『村西とおるのコワ〜いAV撮影現場の話』 (2011年、宝島社
  • 『村西とおる監督の「大人の相談室」』(2016年、サプライズBOOK)
  • 『村西とおる語録集 どんな失敗の中にも希望はあるのでございます』(2017年、PARCO出版)のち新書『人生、死んでしまいたいときには下を見ろ、俺がいる。』(2020年、祥伝社新書
  • 『禁断の説得術 応酬話法』(2018年、祥伝社新書)

関連書籍[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

  • M/村西とおる狂熱の日々(2018年、監督・片嶋一貴)[15]
  • 三大怪獣グルメ(2020年、監督・河崎実)- 山下信弘 役[16]

ウェブテレビ[編集]

雑誌連載[編集]

  • 村西とおるの人生相談「人間だもの」( 2014年6月号 - 2016年5月号、月刊WiLL → 2016年6月号 - 、月刊Hanada
  • 全裸で出直せ!(2019年5月2日・9日合併号 - 、アサヒ芸能
  • 帝王かく語りき 村西とおるの今すぐ金とオンナを手に入れるトーク術(2015年5月号 - 2016年5月号、スーパー写真塾 )
  • 村西とおる 元気が出る集中講義(2015年12月、日刊ゲンダイ

村西とおるを題材にした作品[編集]

配信ドラマ[編集]

ドキュメンタリー映画[編集]

  • ナイスですね 村西とおる(2014年、高槻彰監督)[19]
  • M/村西とおる狂熱の日々 完全版(2019年11月30日、片嶋一貴監督)[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 伝説のAV監督・村西とおる氏、ろくでなし子事件を語る”. withnews. 朝日新聞社 (2014年10月1日). 2015年3月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 本橋信宏『全裸監督 ―村西とおる伝―』(新潮社、2021)
  3. ^ AVの帝王・村西とおるが振り返る栄枯盛衰 50億円の借金を完済した過去「自己破産は禁じ手」 - エキサイトニュース
  4. ^ 吉川圭三 (2018年9月4日). “本橋信宏<前編>「AVの帝王」村西とおる監督を最も知る男”. 日刊ゲンダイDIGITAL (日刊現代). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/236779 2020年3月1日閲覧。 
  5. ^ “「山田孝之AV監督になります」 村西とおるの半生を描いた『全裸監督』制作決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2122114/full/ 2020年3月1日閲覧。 
  6. ^ a b “AVの帝王・村西とおるが涙する特報解禁、ドキュメンタリー完全版が全国10館で上映”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年10月10日). https://natalie.mu/eiga/news/351035 2020年3月1日閲覧。 
  7. ^ 2021年3月1日のツイート Twitter 村西とおる @Muranishi_Toru
  8. ^ 村西とおる監督、「嵐は解散したら困難」「ジャニーズ事務所の終焉も近い」とキッパリリアルライブ 2019年2月6日配信 2021年6月27日閲覧
  9. ^ a b 2018年6月17日のツイート Twitter 村西とおる @Muranishi_Toru
  10. ^ 村西とおる監督 草なぎ剛の日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を祝福「ナイス過ぎます!!」東スポWEB 2021年3月20日配信 2021年6月27日閲覧
  11. ^ 山田孝之主演の「全裸監督」、モデルの「村西とおる監督」が語る山田の“役者魂”デイリー新潮 2019年8月8日配信 2021年6月27日閲覧
  12. ^ 2020年12月31日のツイートダウンタウンのガキの使いやあらへんで!【公式】@gakitsukatter
  13. ^ 桑田佳祐初YouTubeライブ、その一部始終 一夜限りのセッションで注目の新曲を披露Yahooニュース 2019年8月22日配信 2021年6月27日閲覧
  14. ^ 週刊文春 2020年1月23日号 P42
  15. ^ Inc., Natasha,. “前科7犯、借金50億…AVの帝王・村西とおるのドキュメンタリー特報、プレミア実施(コメントあり) - 映画ナタリー” (日本語). 映画ナタリー. 2018年9月13日閲覧。
  16. ^ 映画『三大怪獣グルメ』公開日2020年6月6日に決定!”. 映画ログプラス (2020年5月26日). 2020年11月22日閲覧。
  17. ^ スピードワゴンの月曜The NIGHT#168~村西とおる生誕祭SP~ | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2019年9月10日閲覧。
  18. ^ 「全裸監督」村西とおるがAV監督復帰! 主演は現役看護師で和風美女の新人、司よう子 (1/2ページ)” (日本語). ZAKZAK (2021年5月15日). 2021年5月15日閲覧。
  19. ^ 高槻彰; 村西とおる (2014年12月4日). “AVの帝王”村西とおるを15年間撮り続けたドキュメンタリー映画がついに完成. インタビュアー:遠藤修哉. 扶桑社. 日刊SPA!.. https://nikkan-spa.jp/757192 2020年3月2日閲覧。 


関連項目[編集]

外部リンク[編集]