桜樹ルイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さくらぎ るい
桜樹 ルイ
プロフィール
別名 相沢 美紀
一ノ瀬 雅子
生年月日 1969年3月8日
現年齢 47歳
出身地 日本の旗 日本熊本県
血液型 B型
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 164 cm / kg
スリーサイズ 86 - 59 - 86 cm
活動
ジャンル アダルトビデオ
AV出演 1989年
1990年 - 1991年
1996年
他の活動 歌手女優ストリッパー
AV女優テンプレート | カテゴリ

桜樹 ルイ (さくらぎ るい、1969年3月8日 - )は、日本の元AV女優女優。本名は海老沢 美紀(えびさわ みき)。1990年代前半を代表するAV女優で、当時AVは千本売れればヒットと言われるなかで、出す作品が毎回コンスタントに八千本から一万本を売り上げる人気を誇り、AVクィーンと呼ばれた[1]。AV時代は1970年3月8日生、東京都出身としていた。趣味はファミコン、特技はエレキベース

略歴[ソースを編集]

熊本県出身、埼玉県富士見市育ち。埼玉県立富士見高等学校卒業。一つ上の姉と四つ下の弟がいる。ロックが好きで高校の頃、友人たちとバンドを組みボーカルとベースギターを担当していた[2]。高校3年の時にモデル事務所に所属し、授業を終えると歌などのレッスンのため埼玉の自宅から東京へ通い続ける日々を送る[2]。『夕やけニャンニャン』(フジテレビ)の公開オーディションにも出演、『青いスタスィオン』を歌い最終選考まで残った[3]。卒業後の1987年相沢美紀の名前でモモコクラブ桃組に所属したあと、一ノ瀬 (一の瀬) 雅子に改名。グラビアを中心に活動し、NHK大河ドラマ春日局』にも端役で出演する。

1989年4月に『アダルトさせて』でAVデビュー、2本の作品に出演するが大きな話題にはならなかった。

1990年4月、桜樹ルイと改名し、さらにAVを出すことを条件としてCD、『Papillon』(クラウン)で歌手デビューを果たす。これまでAVでは本番はしていなかったが、転機となったのは当時、作品内で確実に本番行為を行ってることで有名だったダイヤモンド映像に移籍してからで、そのハードな内容で一気に人気に火がつき、以後はトップAV女優として出演を重ねていくが、親に知られて勘当状態となる[4][2]。このダイヤモンド映像時代の作品群は人気が高い。

11月にはパッケージ撮影までしていた『豊田薫の口全ワイセツ 1』だが1991年1月、VTRの撮影前に突如失踪、業界中を騒然とさせた。主演女優不在という異常な状況の元でこの作品を担当することになった豊田薫監督は、過去の素材、ダイヤモンド映像の社長の村西とおるや他の専属女優へのインタビュー等で作品を組み立てることになった。ダイヤモンド映像は部屋を借りて、専属女優に住み込みさせる習わしがあったが、作品には「撮影2日前、桜樹ルイの部屋の電話が不通になった・・・」というテロップが挿入されている。これはAVにありがちなフェイクドキュメンタリーではなくて、ノンフィクションとして制作されており、この失踪の理由として桜樹ルイは、ダイヤモンド映像のハードスケジュール、豊田薫への不信感、村西とおるの贔屓女優との差別で正当に評価されてないことなどを上げており、失踪後のVIPから出した『桜樹ルイの非口全ワイセツ』の中でこのことを糾弾している[5][6]

1991年は桜樹ルイの人気は頂点を極め全国でサイン会を決行、特に北海道では3ヶ所で1,300人を集めた[7]。6月6日に専修大学でイベントに出演、10月31日、東京経済大学の学園祭に招かれステージで歌い、その夜は中央大学でトークショーを行い、その模様はプレステージテレビ朝日)で放送された。11月2日には立教大学の学園祭にも出演し、300人余りのファンの前で歌やトークショー、ゲームで盛り上がった[8]

12月18日、東京大飯店でAVメーカーのVIP、KUKIジャパンホームビデオロイヤルアートが合同で行った91'AV大感謝祭でグランプリを受賞[9][10]

AV誌『オレンジ通信』(東京三世社)読者投票1位で1990年度AVアイドル賞受賞[11]

1991年に俳優、森山周一郎が監督する映画『幻想のParis』 (1992年公開) に出演したのをきっかけに、女優への転身を志し、同年暮れにはAV女優を引退、芸能界への進出を本格化させる。

1992年にはNHKのテレビドラマ(『とおせんぼ通り』)に出ることによって親との勘当も解ける[4]

ロックバンドCHERRY LOUIE (チェリー・ルイ) を結成し、CDシングル1枚をリリースした。

しかし1995年10月、元AV女優ということで脱ぐシーンばかり要求される芸能界に行き詰まりを感じて、ストリッパーとして浅草ロック座よりデビュー、連日、超満員の大盛況となる[1]

1996年にはAV監督鬼沢修二の求めに応じ短期間AVに復帰、4本の作品に出演。

2000年12月20日、川崎ロック座での興業を最後にストリップを引退。

エピソード[ソースを編集]

  • 書籍、『アダルトな人びと』(講談社)には、専修大学生田キャンパスで行われたイベント、『アダルト ランチ タイム 桜樹ルイのルイは友を呼ぶ』には1,000人余りの学生が集まり、「ルイちゃんの初体験の場所は?」という司会者の質問に「焼肉屋の二階!」という学生たちの回答が瞬時にあり、1人の女性の初体験に関して不特定多数の人間が知っているという状況が驚きをもって語られており、当時の桜樹ルイの人気の凄さを物語っている[12]
  • 週刊少年マガジン(講談社)にて連載された金田一少年の事件簿『ファイル4 学園七不思議殺人事件』(1993年6月2日~8月4日)の登場人物、ミステリー研究会会長3年桜樹るい子の名前の元ネタとなった。
  • 社会学者の赤川学は桜樹ルイと、そのデビュー直前までAVクィーンの座についていた樹まり子の二人を、顔、スタイル、官能表現の観点から「AV女優として要求される全ての訴求点を満たした究極の存在。」「現在の合理的範囲内で彼女たち以上のインパクトを与えるAV女優の出現を予想することはほとんど不可能。」と語っている[13]
  • 1991年6月、元AV男優でマネージャーと結婚したが、翌年には離婚している[14]

出演作品[ソースを編集]

アダルトビデオ(オリジナル作品のみ)[ソースを編集]

一ノ瀬雅子名義

  • アダルトさせて 本気でフォール・イン・ラヴ(1989年4月25日、ティファニー
  • 真夜中のアバンチュール 不倫妻絶叫(1989年6月25日、小さな映画会社)多人数出演

桜樹ルイ名義 1990年

  • 突然、炎のように(1990年6月16日、ビップ
  • ダイヤモンド・スペシャル 5 ホジってください(1990年9月15日、ダイヤモンド映像
  • 堕天使 たまにはしゃぶりつきたい(1990年10月6日、ステラ
  • 新説・伊豆の踊り子(1990年10月15日、ダイヤモンド映像)
  • ダイヤモンド・スペシャル 7 くやしいけど腰がぬけちゃった(1990年11月15日、ダイヤモンド映像)
  • 吾輩は猫である(1990年12月25日、ダイヤモンド映像)
1991年
  • すすってください(1991年1月25日、ダイヤモンド映像)
  • 豊田薫の口全ワイセツ 1(1991年2月7日、ダイヤモンド映像)
  • 新説・痴人の愛(1991年2月25日、ダイヤモンド映像)
  • 桜樹ルイ大図鑑(1991年3月11日、ダイヤモンド映像)
  • 金閣寺 2(1991年3月22日、ビップ)
  • 桜樹ルイのどうにもとまらない(1991年4月13日、ステラ)
  • Bondage Fantasy Vol.11 HIP HOP RUI!(1991年4月、大洋図書
  • 女帝ルイI世 悩殺ランジェリーラーゲ(1991年5月17日、ビップ)
  • 妹の生下着(1991年5月、マドンナメイト
  • LIP STICK(1991年5月、大洋図書)編集版?
  • 胸さわぎの乙女たち 第七話 同級生は娼婦と令嬢(1991年6月1日、ステラ)共演、中山美里
  • 胸さわぎの乙女たち 第八話 (完結編) 超過激アイドル伝説(1991年6月29日、ステラ)共演、早紀麻未
  • ホールドアップ 3(1991年7月12日、ビップ)
  • ザ・修行 私をしごいて(1991年8月3日、ステラ)
  • 出血大制服スペシャル(1991年8月30日、ビップ)
  • 感じる生下着(1991年7月20日、笠倉出版社
  • 桜樹ルイの非口全ワイセツ(1991年9月20日、ビップ)
  • DOUBT 偽りの正装(1991年10月7日、ロイヤルアート)
  • ビザールの花嫁(1991年10月24日、VINL
  • 逆レイプの痴女(1991年10月、マドンナメイト)
  • スーパー・ボンテージ 2(1991年11月9日、ステラ)
  • フラッシュ・パラダイス(1991年11月22日、アリスJAPAN
  • 桜樹ルイの発禁行為(1991年12月10日、Kiss (ホップ) )
  • ハイレグだらけの水泳大会(1991年12月24日、ソドム) 多人数出演
  • 桜樹ルイを犯る!(1991年12月27日、ステラ)
  • 小悪魔の白い乳房(1991年12月、ピラミッド
  • 全国AVギャル水泳大会 激闘45分! 勝ちヌキアヘアヘマッチ(1991年?、ピラミッド)多人数出演
  • 桜樹ルイの固く侵入罪(1991年4月、アドテックス)
  • あなたの胸の中で(1991年、ヴェスコインターナショナル)
  • いじってください 2(1991年、ヴェスコインターナショナル)
  • ダブル・エッチ(1991年10月、シュベール出版)
  • レロレロしちゃった(1991年、VIP)
1992年
  • スペシャル・エクスタシー(1992年1月17日、アリスJAPAN)
  • 桜樹ルイの愛のコリーダ(1992年2月21日、ビップ)
  • 桜樹レイのレイプ狂い(1992年3月6日、アリスJAPAN)
1993年
  • ザ・ラスト・オブ桜樹ルイ(1992年4月10日、ビップ)
  • ぐしょ濡れ下半身(1992年6月20日、ピラミッド)
1996年
  • 不死鳥ふたたび(1996年3月29日、アトラス
  • リアル・ハードコア 桜木ルイとFUCKする!!(1996年4月23日、アトラス)
  • 超AVアイドル伝説(1996年5月25日、アトラス)
  • さよなら桜樹ルイ 伝説から神話へ(1996年7月16日、アトラス)

オリジナルビデオ[ソースを編集]

  • ダイハード・エンジェルス 2 危険に抱かれた女たち(1991年5月10日、日本ビデオ映画
  • エッチでハッピー ピン!ピン!ピン!(1991年9月5日、J.V.D.)
  • 新・傷だらけの天使たち 青春野望篇(1991年10月25日、TCC)
  • 死神の使者 DEATH MESSENGER(1991年11月8日、東映ビデオ
  • 私をベッドにつれてって ゴーストに抱かれた花嫁(1992年4月25日、バップ
  • AV女学院 天使のパンツは校則違反(1992年4月25日、マクザム)
  • おじいちゃん今日は 桜樹ルイ in PARIS(1992年8月28日、NUAプロジェクト (タキコーポレーション))
  • 稲川淳二と田村ガンの関東心霊スポット(1992年、バンダイビジュアル
  • どチンピラ 9(1994年10月21日、SHS (セイヨー))
  • どチンピラ 10(1995年1月1日、SHS (セイヨー))
  • BE-BOP-HIGHSCHOOL 極道の娘バトルロイヤル篇
  • BE-BOP-HIGHSCHOOL 先輩番長純情篇
  • Mの究極(1997年7月21日、ミュージアム)
  • 皆殺しの天使 ビデオの中に悪魔がいる(1997年7月21日、ミュージアム)
  • 痴漢手記 午前8時の性衝動(1997年11月21日、カレス・コミュニケーションズ)

映画[ソースを編集]

  • 美姉妹 絡み合い(1990年12月、エクセス
  • 桜樹ルイ ぐしょ濡れ下半身(1992年2月28日、エクセス)
  • 幻想のParis(1992年3月21日、ヒーロ・コミュニケーションズ)相川みどり 役
  • 東雲楼 女の乱(1994年10月1日、東映
  • 銀座警察 武闘派刑事(1994年10月29日、シネマ・パラダイス)志保 役
  • チンピラぶるーす ど・アホ!(1996年1月27日、ファニーエンジェル)煙草屋のお姉さん 役
  • 銀の男 青森純情篇(2002年1月19日、シー・アイ・エースタッフ)村川玲子 役

テレビドラマ[ソースを編集]

バラエティー[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

音楽[ソースを編集]

桜樹ルイ名義

  • Papillon <c/w Be Adult>(1990年4月21日、クラウン

CHERRY LOUIE名義

  • さわるんじゃねー <c/w Dancing in the Night>(1992年10月10日、ZAIN RECORDS

アフレコ[ソースを編集]

  • 妖獣教室 3(1993年3月26日、大映
  • 妖獣教室 4(1993年3月26日、大映)

書籍[ソースを編集]

写真集[ソースを編集]

  • 熱風写真館 CHIC18(1990年5月30日、撮影:野村誠一スコラ)他、多数出演
  • 桜樹ルイ写真集(1990年9月15日発行、撮影:村西とおる、ビックマン)
  • 新説・伊豆の踊り子(1991年1月20日発行、撮影:石原高、ビックマン)
  • 吾輩は猫である(1991年6月20日発行、撮影:石原高、ビックマン)
  • マドンナメイト・ハード スチュワーデス物語(1991年6月25日発行、撮影:岡克己、二見書房
  • 桜樹ルイ写真集(1991年7月20日発行、撮影:落合遼一、スコラ
  • SEXY LINGERIE CATALOGUE(1992年3月1日、笠倉出版社)他、早紀麻未、岡本ケイ、麗華、秋川典子
  • NOON&MOON 真昼と真夜中(1992年10月発行、撮影:斉木弘吉ぶんか社)他、多数出演
  • 桜樹ルイ写真集(1993年9月10日発行、つがる)
  • OUTBACK(1994年2月14日発行、撮影:リウ・ミセキ、スコラ)
  • nu(1996年4月12日発行、撮影:リュウ・ハナブサ、リイド社
  • 東雲楼 女の乱(1994年10月10日、ブックマン社)他、多数出演
  • 桜樹ルイ (女神シリーズ 2)(1999年8月10日発行、撮影:リウ・ミセキ、ぶんか社
  • ザ・ストリッパー舞姫伝説50人(2000年4月3日、撮影:原芳市双葉社)他、多数出演
  • L・A・S・T(2000年8月10日発行、撮影:山岸伸、音楽専科社
  • 櫻(2002年4月15日発行、撮影:山岸伸、コンパス)
  • 90's AV女優秘蔵アルバム(2003年1月27日、撮影:落合遼一、竹書房)他、多数出演
  • 炎の記憶(プルプルハウス)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b 週刊ポスト 1995年10月20日号 小学館 P212~213
  2. ^ a b c 週刊ポスト 1990年11月9日号 小学館 P150~152
  3. ^ オレンジ通信 1990年10月号 東京三世社 P8~9
  4. ^ a b 週刊現代 1992年8月22、29日号 講談社 P211~212
  5. ^ ビデオボーイ 1999年5月号 英知出版 P43
  6. ^ 週刊ポスト 1991年9月20日号 小学館 P48~50
  7. ^ ビデオ情報 1991年8月号 日本文芸社 P27
  8. ^ アップル通信 1992年1月号 三和出版 P102
  9. ^ アップル通信 1992年3月号 三和出版 P102
  10. ^ ビデオTHEワールド 1992年2月号 白夜書房 P80
  11. ^ オレンジ通信 1991年2月号 東京三世社 P8~9
  12. ^ アダルトな人びと 足立倫行 1995年12月15日 講談社 P9~11
  13. ^ 『性への自由/性からの自由 ポルノグラフィの歴史社会学』現代日本のポルノグラフィー アダルトビデオのポリティクス 青弓社 1996年8月10日 P173~191
  14. ^ 週刊読売 1992年9月6日号 P28~30

外部リンク[ソースを編集]

※以下は、18禁サイト