樹まり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いつき まりこ
樹 まり子
プロフィール
別名 青木さえ子
樹マリ子
生年月日 1970年2月27日
現年齢 48歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県大宮市(現・さいたま市
血液型 AB
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 cm / kg
活動
ジャンル アダルトビデオ
AV出演 1989年 - 1990年
1992年 - 1994年
AV女優テンプレート | カテゴリ

樹 まり子(いつき まりこ、1970年1月28日 - )は、日本の元AV女優

埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身[1]

略歴[編集]

1989年青木さえ子名義で『素晴らしき日曜日』[2]『快楽天国』『猥褻淑女ビーナスの雫』の3本同時リリースでAVデビュー。『巨乳』『淫乱』のキーワードでデビュー以後、人気が沸騰する。

その後、『樹まり子』に改名し[2]1990年に活動を休止するまでの間、AVのみならず成人映画も含めて50本以上の作品に出演(月に5本弱というハイペースで作品をリリースしていたことになる)。わずか2年間の活動にもかかわらず、上記にあるように、当時のAV界での超売れっ子女優であり、当時のAV業界の景気がいかに凄かったかを物語っている。

だが、人気絶頂の1990年に活動を休止し、活動の場を雑誌のコラムの執筆やインタビューの聴き手等に移し、AVの仕事は行わなかったが、1992年に『樹マリ子』と改め、再びAV女優の活動を再開する。この際の出演契約は6本3000万円で、これは2007年現在でAV史上最高額のギャラである。

AV界引退後の1990年代の一時期、中部地方で飲食店のママをしていた事もある。(「あの人は今」のような番組コーナーで、テレビの取材を受けた事もある。)

活動を休止してからの2年の間にAV業界が下り坂となっていたため、「自分が出演することで、AV業界を少しでも盛り上げられたら」ということでカムバックするが、考えていたよりも盛り上げることができず、1994年に再び活動を休止。現在まで表舞台に復帰しておらず、事実上引退している状態である。

作品[編集]

アダルトビデオ[編集]

  • 素晴らしき日曜日(1989年、VHS ダイヤモンド映像)(青木さえ子名義)
  • 快楽天国(1989年、VHS アイビック)(青木さえ子名義)
  • 猥褻淑女ビーナスの雫(1989年、VHS アニー)(青木さえ子名義)
  • 平成名物ビデオ・イカ女スケ天国(1989年、VHS 現代映像企画)
  • 若妻プレイ-叫びと悦楽-(1989年、VHS シュール)
  • 天下御免5(1989年、VHS ビップ
  • レイプ狂い・5(1989年、VHS アリスJAPAN
  • 背徳の令嬢(1989年、VHS 九鬼
  • その女・変態につき(1989年 VHS サム)
  • ぬるぬるアイラブユーOK(1989年 VHS クリスタル映像
  • エデンの淫獣(1989年、VHS シネマジック
  • 淫夢(1989年、VHS 大陸書房
  • 女帝まり子(1989年、VHS マリアナ)
  • 湧く・湧くおっぱいランド(1989年、VHS VCA)
  • 観音狂い咲き(1989年、VHS ジャパンホームビデオ
  • ラヴァー・エム(1989年、VHS シネマジック)
  • 絶頂娘(1989年、VHS アニー)
  • あぶナイ・チンゲール(1989年、VHS BUG)
  • ヴィーナスの雫・猥褻淑女(1989年、VHS アニー)
  • 淫乱小町(1989年、VHS コロナ)
  • バビロンの誘惑(1989年、VHS ウルトラD)
  • 夜の獣(1990年、VHS マリア)
  • 監禁42時間(1990年、VHS アイビック)
  • カタストロフィー(1990年、VHS フェニックス)
  • 男優さんが来たスペシャル・放出出量1.000cc(1990年、VHS クリスタル映像)
  • 湯の町悲歌(1990年、VHS EVE)
  • ムーンライトバニー4(1990年、VHS せいふく舎)
  • 永遠のマリリン(1990年、VHS シネマジック)
  • 逆ソープ天国7(1990年、VHS ジャパンホームビデオ)
  • ヌルリンピック禁断五種(1990年、VHS クリスタル映像)
  • エロゲバ(1990年、VHS ミスクリスチーヌ)
  • 福まん娘あげまん女(1990年、VHS ファイブスター)
  • 黄金(1990年、VHS 九鬼)
  • 淫乱女王・樹まり子・大本命(1990年、VHS ステラ)
  • いんらんパフォーマンス・中に出して(1990年、VHS アテナ
  • 好きな人に呑ませたい(1990年、VHS フェニックス)
  • ジーザス栗とりすスーパースタースペシャル(1990年、VHS V&R)
  • That's エロ!!(1990年、VHS パリス)
  • 女神-マリリン・ノーリターン(1990年、VHS 九鬼
  • 獣道一直線(1990年、VHS アリスJAPAN) 椎名かおり
  • 巨乳しごく(1990年、VHS 大陸書房)
  • ザ・巨乳ワールド(1990年、VHS コスミック)
  • クライマックス ふたたび(1990年、VHS ぴあす)
  • 巨乳いかす!(1990年、VHS 大陸書房)
  • 痴漢電車・奥まで押し込め!(1990年、VHS 大陸書房)
  • 樹まり子のSEXカルテ(1990年、VHS ファイブスター)
  • レズ・ストーリーは突然に(1990年、VHS サクセス)

樹マリ子名義

  • 完全復活(1992年、VHS アイビック)
  • 人間失格(1992年、VHS ビップ)
  • リメンバーミー(1992年、VHS アイビック)
  • 氷のび娼(1992年、VHS アイビック)
  • マリ子の50分10本勝負(1992年、VHS アイビック)
  • 樹マリ子スペシャル(1992年、VHS 笠倉出版社
  • ファイナルステージ(1992年、VHS アイビック)
  • 口全ワイセツ14(1993年、VHS サム)
  • マリコ・プライバシーの侵害(1993年、VHS EVE)
  • 着せ替えコスプレ天国(1993年、VHS ソドム)
  • 奴隷妻マリコ・肉悦の罠(1993年、VHS 大洋図書)
  • ママの生下着(1993年、VHS ファイブスター)
  • 樹まり子AV大全(1994年、VHS 笠倉出版社)
  • ファイナルVIDEO美巨乳FUCK(1994年、VHS 笠倉出版社)
  • The Best of No.1 樹マリ子 Deluxe (2007年11月4日、メディアバンク)

共演作品

  • 失神カルテ(1989年、VHS 九鬼)(椎名かほり
  • ザ・ディープ・エロ2(1989年、VHS シネマジック)(工藤りえ・早坂蘭)
  • 義姉さんの寝室(1989年、VHS 笠倉出版社)(庄司みゆき・山本留美)
  • Eカップ三姉妹(1989年、VHS マドンナ社)(木田彩水・本庄美樹)
  • セクシャル・エクスタシーエックス8(1990年、VHS ビップ)(斉藤えりか・早川ゆり)
  • 淫獣王国・マンドールVol.1(1990年、VHS サーチ)(鮎川真理・望月未来)
  • 淑女館2(1990年、VHS 宇宙企画)(青山ちはる中原絵美
  • 看護婦の下着(1990年、VHS マドンナ社)(林かづき岡田優奈
  • 女教師 保健室の秘密(1990年、VHS 笠倉出版社)(直木亜弓藤木流花
  • 女教師いじめちゃう(1990年、VHS 笠倉出版社)(中原絵美
  • 先生が教えてあげる(1990年、VHS ファイブスター)(中原絵美)
  • レズビアン倶楽部5熟女3P(1993年、VHS マドンナ社)(叶順子
  • 挑発のくちびる(1993年、VHS エイトマン)(西野美緒
  • アドニススペシャル トップスターバトル 二大対決(1993年、VHS アイビック)(青山ちはる)
  • THE LINGERIE 2(1993年、VHS メディアステーション)(立野しのぶ 他)
  • 憂花かすみのSEXクリニック お客様は樹まり子ちゃん (2008年12月13日、HRC)

出演[編集]

オリジナルビデオ[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • WATCH ME!(1989年、大陸書房
  • マドンナメイト写真集(1989年、二見書房
  • ジャジャ7(1990年、大陸書房)
  • 妖しい輪舞(ロンド)(1990年、ピラミッド社)
  • 服従の美学(1991年、大陸書房)
  • Hot Doll 恍惚の女王(1992年、TIS)樹マリ子名義
  • LABIAN(1993年、英知出版)樹マリ子名義
  • FOREVER(1994年、コンパス)樹マリ子名義
  • X Power Series 1(日向書房)

雑誌[編集]

  • アップル通信 1989年10月号(表紙)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デビュー作「素晴らしき日曜日」(ダイヤモンド映像)インタビューシーン より
  2. ^ a b 本橋信宏 (2012年8月16日). “vol.9 バブル時代のAV――episode2”. 2012年10月28日閲覧。