本番行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


本番行為(ほんばんこうい、Unsimulated sex)は性行為挿入を意味する性風俗用語。俗に「本番」と呼ばれる。通常は性交のみを指す。本番行為を含む映画は、英語圏ではUnsimulated sex film(movie)と呼ばれる。

映像作品[編集]

映画[編集]

洋画、邦画を問わず、映画では性を描写するシーンでも、実際の性交を行わず演技により表現するのが通常である。しかし、演出ほか何らかの目的がある場合などは、ごくまれにこの原則から外れた作品が制作される。

日本で実際に性交を行った映画として初めて話題になったのが、1976年の大島渚監督作品『愛のコリーダ』である[1]。劇中で松田英子藤竜也と性交を行っており、当時大きな話題となった。松田英子はこの映画がデビュー作で、女優として一躍有名になった。その後、若松孝二作品『聖母観音大菩薩』(1977)などにも出演した。なお、もう一人性交シーンを女優中島葵が藤と演じているが、彼女は当時既に日活ロマンポルノ成人映画への出演歴があった。

また、1981年には武智鉄二作品『白日夢』で愛染恭子[2]佐藤慶が、寺山修司作品『上海異人娼館 チャイナ・ドール[3]大野美雪クラウス・キンスキーが、1983年には『華魁』で親王塚貴子らがそれぞれ本番を行うなど、この時期には芸術作品を指向した一般映画が制作された。なお、『愛のコリーダ』はフランス資本の映画であったため、正真正銘の日本映画としては『白日夢』が初となる。

日本以外での本番映画作品としては、マイケル・ウィンターボトムの『9songs』などがある[1]

映画業界では本番行為=非シミュレートセックスとは、俳優が実際の性行為に従事しているだけでなく、そのアクションを模倣またはシミュレートしているセックスシーンにおいて映画でのプレゼンテーションをもいう。かつて米国ではそのようなシーンは法律および映画制作コードなどの自主的な業界標準によって制限されていた[4]。よって露骨な性的表現を示す映画はクワガタ映画や「ポルノループ」などの個人的に配布された地下映画に限定されていた。1960年代後半から、特にアンディ・ウォーホルによるBlue Movieあたりから、画面に表示されるものに関する境界を押し広げ始める [5]。一般映画に描かれている性的状況の大部分はシミュレートである(初期のポルノでは主にそうした俳優が映画に挿入物としてシミュレートされたセックスに従事した) [6]。これらの映画とポルノ映画の違いは、そのようなシーンがエロティックと見なされるかもしれないが、映画制作側の意図はポルノ表現だけではないということある [7]

本番行為で注目すべき例としては、1970年代のベッドサイド映画 8作とゾディアック映画 6作のうち2作が挙げられる。これらはすべてデンマークで制作され、多くのポルノセックスシーンがあったが、それでも一般映画と見なされ、すべて一般映画でのキャストやクルーで、一般の映画館で上映された [8]。これらの映画で最後にあたる「Agent 69 Jensen i Skyttens tegn」は1978年に制作された。1970年代の終わりから1990年代後半まで、メインストリーム映画でハードコアシーンを見ることはまれであったが、ラース・フォン・トリアーの出現とその成功によって変化し、その後 『イディオット』(1998年)『ロマンスX』(1999年)『 ベイズモイ』(2000年)『インティマシー』(2001年)といった露骨な内容のアートハウス映画の波を告げていき[9] [10]、以降もヴィンセント・ギャロブラウンバニー (2003)、 マイケル・ウィンターボトム9songs (2004)が続いた。このため2006年の映画『Red Road』のクンニリングスシーンのように、一部のシミュレートされたセックスシーンも、批評家が本物の行為であると誤って信じるほど十分に現実的な行為にみえていった [11]

ギャスパー・ノエは映画「 ラブ」 (2015)のリリース後のインタビューで、観客がセックスのリアルな描写を見たい理由を尋ねられたとき、性的行動を制御したり、正確なコンテキストで整理したりするセックスは本当は危険地帯のようなもので時には階級の壁が崩れ、多くの人々が恐怖するという権力構造からであることを示唆した[12]

ジェームズ・フランコは、 インテリア。レザーバー (2013)に取り組んだ理由について、「美学と個人的な理由」を引用している: 「私はプロの一般映画に17年間携わっており、それに加えて、私は米国市民であり、ご存知のように クィア理論クィア映画といった文化に携わっています。ですから、私の立場は、私の立場が許すことの1つ、これら2つの世界を結びつけ、主流の映画や主流文化のルールに疑問を投げかけ、物事がなぜそうなるのか、なぜ一部の主題は別の方法ではなく1つの方法で提示され、それらが人間として私たちを形作る方法、それが私たちの信念を形作る方法、それが私たちの生き方を形づける方法、それらに疑問を投げかけたり、ライフスタイルを見る別の方法を紹介したり、主流の映画館やインディーズ映画館アート・フィルム映画館で見られるようなものを紹介したりできるのなら、それは良いことだと思います。別の視点から他の声や他の種類の議論やストーリー、物語が導入された場合、それは私たちを人々としてより豊かにするだけであるからです [13]。」

数人の監督が、実際の性的行為の撮影に固有の技術的問題、特に映画でそのような行為を一度も行ったことがない俳優や女優についても公然と議論したり執筆もしている。BlackBookとのインタビューで、 ギャスパー・ノエは 、それはいくつかの理由から困難であることを認めており、俳優が小さくてもクルーの下で、またはカメラに向かって勃起を獲得または維持することができない場合もあるし、どちらの参加者にも現在のパートナーがいる場合があるという。 「だから、本物のセックスを見せるための最良の方法は、カップルであった2人の独身者をキャストすることだと決めました。」 [14]

ホームビデオが登場する前、多くのハードコアポルノ映画が一般の映画館で上映されたがほとんどの場合、挿入のシーンは切り取られるか、代替ショットに置き換えらていた。例外の例はDeep Throat で、無修正で上映された。

このタイプのハイブリッド上映の例には、X指定として撮影されたアリスインワンダーランド (1976)の例があるが、最初にR指定バージョンとして上映され、その後ノーカットバージョンがリリースさている [15]CaféFlesh (1982)というSF映画のR指定版は、一般の映画館で上映された [16]Stocks and Blondes (1984、元々はWanda Whips Wall Streetとして) [17]およびDroid (1988)も当初は1987年にCabaret Sinとして上映された。

非ポルノ 映画におけるセクシュアリティの描写は長い間禁止されている(特に米国では連邦法により)。 1960年代半ばに、映画は私たちがスクリーン上に表示できるものの境界を押し広げ始めたがその際性的シーケンスの大半は非ポルノ映画においてはシミュレートがなされているが、映画製作者が明示的な方法で性的行為を上演した場合はまれな例ということである。これらの映画とポルノ映画の違い、こうした映画のほとんどはポルノではないということについて、一般的に映画の目的はそれ自体の性行為ではなく、セックスの役割を果たしている様は物語を伝えるのに良いからそういったシーンが導入されていると解釈される。にも関わらず、そのような映画の上映には論争が伴うことがある。一部は検閲版クラシックルームのサーキットで放送され、後にVHSまたはDVDでリリースされている間に無検閲版で提示がなされる。

ポルノ映画

日本では成人映画であっても基本的には行為のシーンはシミュレートであるが、その他の国ではポルノ映画は基本的にハードコアと呼ばれるスタイルであり、本番行為を認識できるよう画面提供する映像制作手法をとっている。

2010年、 x-intime.comのインタビューで、フランスのポルノ映画監督であるジョン・B・ルートは、以下のように ハメ撮りについて語っている :

しかし、物語と興味本位で扱われたセクシュアリティの問題は映画によって回復されうるでしょう。実際の睾丸がみえた映画も見られるようになりました。発展は遅くても流れは止まらないでしょう。ポルノにはある種手法がないので、映画の性的な問題は徐々に避けられるでしょう。[...]性的タブーのない社会では、[...]セックスについて語るのは映画によってです。ポルノが存在する場合、セクシュアリティについて話すことはつまりくさびがあるということなので、共有するにはそういったジャンルも必要です。西洋社会ではセクシュアリティに対する抵抗が少なくなってきており、そうした映画の一般映画化を徐々に受け入れていくと思います。[18].

ただし、このタイプの映画は比較的まれであるとされ、配給も制限されている—その映像の性質から。

少なくともそのことを示す場合の映像は、一般に、陰茎勃起がみうけられることでポルノとして分類することができる。ただし、性的行為を伴わない単純な勃起を示す映画も世にあることはある。フランスでは、1974年の検閲の廃止( ヴァレリーギスカルデスタンの選挙後)と1976年 1月のX指定発効の間に期間が開いたが問題なく世に出て行くことになる[19]

一般映画における一覧[編集]

次の一般映画には、実際の性的活動が確認されたシーンがあります。つまり、俳優や女優は、実際の性交に従事したり、 フェラチオクンニリングスなどの関連する性的行為・オーラルセックスを実際に行っています。このリストには、ポルノ映画に関するドキュメンタリー映画、たとえば インサイド・ディープ・スロート (Inside Deep Throatには約20秒間のシミュレートでないフェラチオシーンが含まれている [20]が、こうしたドキュメンタリー映画までは下記のリストに含まれていません。

非ポルノに分類される以下の映画で性行為を示すシーケンスが含まれていても映画はシミュレーションの芸術であるため、こうした考慮事項の真実性に関して多くの論争がある。ポルノ映画のように挿入行為を画面に大きくはっきり映されないかぎり、実際にセットで発生したものとの間には大きな違いがあるため「シミュレートされていない性的行為」かどうかは、こうした慣行を現実と断言した人々に与えられる自信の程度によるし、チームのメンバー(監督、俳優など)が撮影中に非シミュレーションの性的行為の存在を証明した映画、または参考文献[21]でことを肯定した場合、後での他ソースによって言及された場合による。以下のリストは、そう考えられる情報源にも、関係する映画の実現に十分近い人物の主張にも基づいていない多くの噂のいずれにも対処していないといえる。

タイトル 公開年 ノート 言語
Gift 1966 米国で上映中に重要なセックスシーンが検閲官によってブロックされた。明示的でシミュレートされていないセックスシーンがあるデンマークの最初の一般映画の1つ[22] デンマーク語
On nous appelle les modsDom kallar oss mods 1968 ヤン・リンドクヴィストとステファン・ジャールによる若いヒッピードキュメンタリー映画と呼ばれている[23].
Blue Movie 1969 アンディ・ウォーホルによる1969年の映画–明示的な性を描いた最初の映画で、米国で広大に劇場配給を受ける[24][25][26][27][28] – ポルノの黄金時代の独創的な映画(1969– 1984)そして、ウォーホルによると、Blue Movieが作られてから数年後にリリースされたマーロン・ブランドを主演とするが国際的に物議を醸したエロティックなドラマであるラストタンゴ・イン・パリ制作に大きな影響を与えたという[26] 英語
99 Women 1969 ステファン・スロワーの著書『情熱殺人』が原作: シネマジェス・フランコのはディレクターズカットと、クロードSendronが撮影したわずか8分を追加した1974年にフランス版ハードコアバージョンを含めて、このフィルムは4つの異なるバージョンが存在する[29] 。両方のバージョンは、Another World Entertainment DVDで入手可能[30]. 英語
Double Face 1969 この映画はフランスのハードコア版がある。リカルド・フレダ監督で、女優のアリス・アルノを「Chaleur et jouissance」というタイトルで発表している[31][32] イタリア語
クリシーの静かな日々 1970 イェンス・ヨルゲン・トーセンのこの映画は、ヘンリー・ミラーの長年の発禁小説に基づいており、完全なる本物のセックスシーンを撮影している[33] デンマーク語, 英語
グルーピーガール 1970 デレク・フォード監督のGroupie Girlは、ハードコアの「エクスポート」バージョンでも利用可能[34] 英語
The Deviates 1970 エドゥアルド・セマノ監督の映画は、もともとソフトコアとしてリリースされ、後にハリー・リームスが関与する追加のハードコア挿入で再リリースされた[35] 英語
Bacchanale 1970 ジョンとレム・アメロ監督のアメリカ映画で、ハードコアな挿入シーンが含まれている。主に「官能的なシュールレアリスム」と「ドリームロジック」に焦点を当てている。実際、映画全体は、死、罪悪感、エロティシズム、近親相姦をミックスした夢を描く[36] 英語
カーマスートラ'71 1970 ラジ・デヴィ監督のアメリカ映画で、女優のアン・ペリーが登場するハードコアなシーンを特集している.[37] 英語
Cry Uncle! 1971 ジョンG.アビルドセンによるこの映画は、シミュレートされていないフェラチオシーンを撮影している.[38] 英語
スローター・ホテル 1971 フェルナンド・ディ・レオ監督作、女性生殖器とレズビアンの性交ハードコア挿入をフィーチャーしたバージョンでもリリース。このバージョンは、フランスで「ヒッチコック」というタイトルで配給された.[39] イタリア語
A Lizard in a Woman's Skin 1971 ルシオ・フルチによるこの映画には、フランス版が3つあります。キャロル(1971年にリリースされたオリジナルバージョン)、1976年にリリースされた2つのバージョン:Le Venin de la Peur(オリジナルバージョンに改名)と、Les Salopesというタイトルのハードコアインサート付きバージョン[40][41] イタリア語
Luminous Procuress 1971 スティーブンF.アーノルドが監督した映画で、ハードコアな異性のセックスを取り上げています.[42][43] 英語
Secret Rites 1971 デレク・フォードによる英国の疑似ドキュメンタリー[44] で、ハードコアの「輸出版」でも入手可能[34] 英語
Sweet Sweetback's Baadasssss Song 1971 メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ 監督作、契約しているプロ女優は撮影中に性感染症を、映画の監督と俳優、から受けたと主張 [45]
A Clockwork Blue 1972 エリック・ジェフリー・ヘイムズ監督のアメリカ映画。ソフトコア版とハードコア版の両方で入手可能.[46][47] 英語
ピンク・フラミンゴ 1972 ジョン・ウォーターズによるこの映画は、1997年にオーストラリアで上映禁止。理事会は、「R分類ガイドラインに明確に違反する実際のフェラチオの実際の描写をクローズアップする」シーンを満場一致で指摘.[48]ジョン・ウォーターズによる映画。俳優のダニーミルズに俳優のディバインが演じた同性愛者のフェラチオのシーンが含まれていた。 英語
Who Killed the Prosecutor and Why? 1972 この映画には、ハードコアインサートを備えた外国市場向けに作られたジュゼッペヴァリ監督のバージョンがある[49]. これらのシーンで一部削除されたのはCineKult DVDと表示される.[50] イタリア語
La verità secondo Satana 1972 レナート・ポルセリによるこの「心理的ジャロ」映画は、当初、配給が限られていた(映画は70年代に5回公開された)。検閲と配信の問題を回避するために、ポルセリは3つの異なるバージョンを撮影し、特定のシーンを削除しながら各プリントに新しいフッテージを追加。Laveritàsecondo Satanaの「最も難しい」プリントは、女性のオーガズムのクローズアップを特徴としています。[51] イタリア語
So Sweet, So Dead 1972 ロベルト・ビアンキ・モンテロ監督のこの映画は、「ハードコア挿入物による貫通」というタイトルでアメリカでリリースされました.[52] イタリア語
The Red Headed Corpse 1972 この映画には、ハードコアプリント(フランスのVHSから挿入された)を含む、レンツォ・ルッソが監督したいくつかのバージョンがあります[53] イタリア語
Commuter Husbands 1972 デレク・フォードのイギリス映​​画はハードコアインサートのバージョンも存在するが、クレジットされたキャストのいずれかがHCを行ったという示唆はない[34] 英語
Delirium (Delirio caldo) 1972 Das Grauen kommt nachtsというタイトルの2014年のドイツの2枚組DVDには、イタリアのオリジナルバージョンとフランスのハードコアバージョンの両方を含む、レナート・ポルセリによるこの映画の4つの異なるバージョンが含まれ.[54]. 監督が見ようと意図したノーカット版は、フランス語のDVDでも入手可能[55]. イタリア語
Christina, the Devil Nun (Cristiana monaca indemoniata) 1972 セルジオ・ベルゴンゼッリ監督のこの映画のノーカットバージョンにはハードコアシーンが含まれている.[56][57] イタリア語
I Jomfruens tegn 1973 デンマークのゾディアック -筋金入りのシーンを持つ一般コメディのシリーズの最初の映画.[22] デンマーク語
Ingrid sulla strada 1973 ブルネロ・ロンディによるこの映画には、ソフトコア(イタリアでリリース)とハードコア(後にフランスでリリース-挿入物から作成)の2つのバージョンがあります。情報筋によると、この映画はホームビデオ発売されていません.[58] イタリア語
Thriller – A Cruel Picture(ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ〜血まみれの天使〜) 1973 ボー・アルネ・ビベニウスによる、露骨な暴力と雇われた俳優(クリスチーナ・リンドバーグのボディダブル)によって実行されるハードコアセックスシーン両方を含む映画。Synapse Filmsは、DVDで2つのバージョンをリリース。スリラー:彼らは彼女の片目を呼ぶ(復eng版、2005年、検閲版)とスリラー-残酷な絵(限定版、2004年、無修正版)[59]がある スウェーデン語
Revelations of a Psychiatrist on the World of Sexual Perversion (Rivelazioni di uno psichiatra sul mondo perverso del sesso) 1973 レナート・ポルセリによる映画で、20分間のハードコアセックスを含むモンドスタイルのショット(挿入として)追加[60] イタリア語
A Scream in the Streets 1973 カール・モンソンと他の数人の監督による映画で、数秒実際の挿入行為が含まれている[61] 英語
The Devil in Miss Jones(ミス・ジョーンズの背徳 1973 ジェラルド・ダミアーノ、ロジャー・エバート監督による好評のアメリカ映画.[62] 英語
Fleshpot on 42nd Street 1973 監督のアンディ・ミリガンにより、 2つのバージョンが存在:名称「ハードコア版」42丁目のFleshpotと題した「ソフトコア」バージョン42番街の女の子を(このカットはまた、「Fleshpot」のタイトルの下に流通している)。[63] 英語
The Other Side of the Mirror (Al otro lado del espejo (película de 1973)) 1973 ジェス・フランコによるこの映画は、3つの異なるソフトコアバージョン(2つのスペイン語と1つのフランス語)と2つの異なるハードコアバージョン(1つのフランス語と1つのイタリア語)を含む、少なくとも5つのバージョンが存在.[64] スペイン語
Sinner: The Secret Diary of a Nymphomaniac (Le Journal intime d'une nymphomane) 1973 1973年6月にフランスでリリースされ、1977年にLes Inassouviesというタイトルでハードコアインサート付きのバージョンで再リリースされました。この映画にはDVDとBlu-rayの両方のリリースがあります[65] フランス語
A Virgin Among the Living Dead 1973 ジェス・フランコの映画であり、多くのハードコア版と編集版で存在します[66] フランス語
The Sinful Dwarf(痴漢ドワーフ 1973 再リリースタイトルはThe Abducted Brideで、セベリンフィルムズ下にある未評価の米国演劇バージョンと、元のデンマークのハードコアバージョンThe Dwarfの両方がある[67] 英語
The Devil's Plaything 1973 ジョセフ・W・サルノ監督のノーカット版の映画は、ディルドによる女性のオナニーのクローズアップシーンを含む多くの露骨なシーンを特徴としています[68] 英語
アニタ:スウェーデンのニンフェット 1973 Torgny Wickman監督のスウェーデン映画。「病気としての淫乱症の深刻な治療のためという、アニタは、スカンジナビアの典型的ヌードは高い水準にもかかわらず、エロチックではない」[69] この映画は、1975年に米国で「アニタ」というタイトルで発売されたハードコアバージョンを含む多くのバージョンが存在[70] スウェーデン語
The Sex Thief 1973 マーティン・キャンベルによるこの英国映画のハードコア版もあるというが、クレジットされたキャストのいずれかがハードコアシーンをしたという示唆はない.[34] 英語
Turkish Delightsルトガー・ハウアー/危険な愛 1973 ポール・バーホーベン監督作。明示的なシーンが含まれている[71] 英語
赤い影 1973 イギリスとイタリア合作で本国イギリスでは名作として知られている。ジュリー・クリスティドナルド・サザーランドとの濃厚でナチュラルなセックスシーンで女性に対するオーラルセックスが描かれてる。そのシーンは本物だが実際の挿入シーンでセックスが行われていたかは不明とされている。 英語、イタリア語
エマニュエル夫人 1974 ジュスト・ジャカンが監督した同映画には、女性がタバコを膣に入れて煙を吸ったり吐いたりするシーンが含まれている[72] フランス語
Zelda 1974 フランス語版では、ディレクターのアルベルト・カヴァロンが追加のハードコアシーンを撮影[73] イタリア語
I Tyrens tegn 1974 デンマークの黄道帯 -ハードコアシーンと一般コメディのシリーズ第2弾の映画.[22] デンマーク語
Score 1974 シルベスター・スタローンを含むオフブロードウェイの劇に基づいたラドリー・メッツガーのアメリカ映画。カルバン・カルバーとジェラルド・グラントとでシミュレーションされていないフェラチオのシーンが特徴.[74][75][76] 英語
Riot in a Women's Prison (Prigione di donne) 1974 ブルネロ・ロンディ監督のエロティックな映画で、フランスの配給業者によって追加されたハードコアシーンを含んで、「ペニテンシエドフェムズパーバース」というタイトルのバージョンでフランスでもリリースされた[77][78] イタリア語, 英語
The Girls of Kamare 1974 Situationist filmの作品で鈴木則文監督『『恐怖女子高校 暴行リンチ教室』に、フランスのハードコア・ポルノの性描写と字幕にルネ・ヴィエネの批評性をインサートした.[79] フランス語
La Bonzesse 1974 FrançoisJouffaのフランス映画にはフェラチオのシーンが含まれています(シミュレートされていませんが、情報源によると撮影中に実行されているが、映像であまり見えない)。侵入シーンは、実際の場合とそうでない場合とがある[80] フランス語
スウィート・ムービー 1974 ドゥシャン・マカヴェイエフによるこの映画には、いくつかのシミュレートされていない性行為が含まれています.[81] 英語, フランス語, ポーランド語, スペイン語
Flossie 1974 女優マリー・フォルサをフィーチャーした1974年のスウェーデンのエロティックな映画で、元のスウェーデンのXXXバージョンと編集されたR指定バージョンの両方に存在[82] スウェーデン語
Immoral Tales(インモラル物語 1974 ワレリアン・ボロチク監督のこの映画は、それぞれ「ラ・マレ」、「テレーズの哲学」、「エルゼベット・バソリー」、「ルクレツィア・ボルジア」という4つの物語で構成されています。3番目の物語では、女優のマリー・フォルサが膣の真珠を挿入するクローズアップシーンがあります[83][84] mmoral TalesのドイツのBlu-ray版には、BorowczykのA Private Collectionの(ピクセル化された)フィルムクリップが含まれている[84] フランス語, イタリア語, ハンガリー語
ローナ・ザ・エクソシスト (Les possédées du diable) 1974 ジェス・フランコによる映画は、長さの異なるフランス版や、別の監督/プロデューサーであるロバート・デ・ネスがハードコア映像を撮影したイタリア語版など、多くのバージョンが存在.[85][86] フランス語
Countess Perverse 1974 このジェス・フランコの映画のフランスの劇場版「Les croqueuses」とイタリア語版(「Sexy Nature」というタイトルの下)には、ハードコア挿入が含まれています[87] フランス語
Carnal Revenge (Carnalità) 1974 アルフレド・リッツォによるこの映画の少なくとも2つのバージョンが劇場公開されました。元のバージョン(1974年にイタリアでリリースされた[88] とハードコアバージョン(1975年にフランスでリリースされ、フランスのディストリビューターによってハードコアシーケンスが追加された[89] イタリア語
Keep It Up, Jack 1974 デレク・フォード監督のイギリスのセックスコメディ映画で、ハードコア挿入のバージョンにも存在するというが、クレジットされたキャストのいずれかがハードコアシーンを行ったという示唆はない[34] 英語
The Hot Girls 1974 ジョン・リンゼイの英国映画にも筋金入りの輸出版がある。クレジットキャストが追加のハードコアを実行したかどうかは明らかではありません.[34] 英語
The Black Peacock also known as Il Pavone nero 1974 オスヴァルド・チビラニが監督した映画は、ソフトコア版とハードコア版の両方が存在.[90][91] イタリア語
Nude for Satan ( Nuda per Satana) 1974 フィルム・ルイジ・バッツェラは、オリジナルバージョン(イタリアの後半に1974年に劇場公開ソフトコア、)とハードコアバージョン(リタ・カルデロニのボディダブルで、挿入が含まれている両方が存在する)がオランダのDVDで入手可能.[92] イタリア語
I Tvillingernes tegn 1975 デンマークのゾディアック -ハードコアシーンと主流のコメディのシリーズの第3弾の映画。[22] デンマーク語
Der må være en sengekant 1975 デンマークのベッドサイド -エロチックな主流のコメディのシリーズ、およびハードコアシーンがある2つのうちの1つでの第6弾の映画.[22] デンマーク語
The Image 1975 この映画ラドリー・メツガーの小説に基づいて、L'イメージでキャサリン・ロビー・グリレットは、S&M、フェラチオとクンニリングスを含む多くの本番行為シーンが特徴.[93] 英語, フランス語
パート2(英:Number Two、仏:Numéro deux) 1975 ジャン・リュック・ゴダールの最も性的露骨な作品の1つであり、ポルノと政治が混在しています。少なくとも1つの非シミュレーションシーン(フェラチオ)が含まれています[94][95] フランス語
The Teenage Prostitution Racket [Storie di vita e malavita (Racket della prostituzione minorile)] 1975 カルロ・リザニと共同作者のミノ・ジャルダが監督した映画。多くの異なるバージョンで利用[96] されているのはジャルダが撮影したハードコア映像を10分間追加したバージョン。このバージョンは、2018年にリリースされたイタリアのRaro Blu-rayに含まれています.[97][98] イタリア語
Black Emanuelle 1975 ビト・アルベルティーニ監督のこの映画は、ソフトコア版とハードコア版の両方が存在します。筋金入りのシーンは、ボディダブルによって行われた。イタリアでは、Stormovieが完全にカットされていないハードコアプリントがDVDでリリースしました[99][100] イタリア語
Emanuelle e Françoise le sorelline 1975 ジョーダマト監督のこの映画のドイツ語版で、 " Die Lady Mit der Pussycat"というタイトルはブリジット・ラハイエをフィーチャーしたハードコア映像を含んでいます。[101][102] イタリア語
Felicia (Les mille et une perversions de Felicia) 1975 フィルムマックス・ペカスはソフトコアフィルムとして撮影し、その後に起因してギスカール・デスタンハードコアバージョンとX指定分類の映像作成をペカスは「強制」されました。両方のバージョンはイタリア版DVDにあります[103][104] フランス語
The Hot Nights of Linda 1975 ヘスス・フランコが監督したこの映画には、ソフトコアバージョンとハードコアフランス語バージョンの2つのバージョンがあります.[105] フランス語
Female Vampire 1975 ジェス・フランコによるこの映画には少なくとも3つの異なるバージョンがあります(エロティックキルとも呼ばれます)。ホラーバージョン、「ソフト」エロティックバージョン、および実際には「ソフト」バージョンであるハードコアバージョンです。 4つの追加ハードコアシーンはレーザーパラダイスのドイツのDVDに収録されています[106][107] フランス語
Les Chatouilleuses(Le sexy goditrici) 1975 ジェス・フランコの映画。1975年にリリースされたフランスのオリジナルバージョン[99]に加えて、VHSでリリースされたイタリアのハードコアバージョンも.[108] フランス語
L'Éventreur de Notre-Dame 1975 ジェス・フランコの映画は、ハードコアシーンを含む「セキソシスミー」というタイトルのバージョンなど、さまざまなバージョンで存在する[109] フランス語, ラテン語
Justine and Juliette 1975 マック・アールバーグ監督の映画には筋金入りのシーンが含まれています.[110] スウェーデン語
The Bloodsucker Leads the Dance 1975 アルフレド・リッツォ監督のこの映画は、フランスで「L'Insatiable Samantha」というタイトルでリリースされました。このバージョンには、筋金入りのシーンがいくつか含まれています.[111] イタリア語
Lips of Blood 1975 ディレクターのジャン・ローランは、この映画のハードコア版の撮影を「強制」した[112] フランス語
Rêves pornos (Le Dictionnaire de l'érotisme) 1975 基本的には1965年から1974年にMaxPécasがハードコアを追加して撮影したエロティックな映画のシーンをまとめたもの。シーンは、ラ・ヌイット・ラ・プラス・ショードジェ・スイ・ウン・ニンフォマンコメント・ル・デシル・ヴィエントオー・フィルなどの映画から制作された[113] フランス語
Wham! Bam! Thank You, Spaceman! 1975 William A. Levey監督のこの映画は、ハードコアXXXバージョンとハードコアXXXバージョンの両方で存在するが、ハードコアシーンはボディダブルによって行われた.[114] 英語
Breaking Point 1975 スウェーデンの監督Bo Arne Vibeniusが監督する3番目の映画は、比較的多数の性行為を特徴としています。この映画では、すべてのシーンはシミュレートされていません(俳優によって実行されている)[115] 英語
Rolls-Royce Baby 1975 アーウィン・C・ディートリッヒ監督の映画。「映画は、明示的なマスターベーションやフェラチオのシーンが頻繁に登場するため、短くはありません」[116][117] ドイツ語
Girls Come First 1975 ジョセフ・マクグラス監督による追加の筋金入りのシーケンスを含むこの英国映画のバージョンもあるとされるが、クレジットされたキャストが関与していたかどうかは不明.[34] 英語
The Sexplorer 1975 デレク・フォードのブリティッシュセックスコメディ映画で、海外市場向けのハードコアインサート付きのバージョンもある.[34] 英語
Le Sexe qui parle (Pussy Talk) 1975 クロード・ムロット監督のこの映画は、国際的な成功を収めるためにフランスで制作および公開された最初の独占ハードコア 長編映画であり、カルト映画と呼ばれています.[118]. この映画は、1975年11月にフランスで劇場公開されました(フランスで分類Xを導入する1か月前のギスカーディアン解放期間の終わり)。この映画は、ハードコアバージョン(Alpha France DVD)とソフトコアバージョン(Bach Films DVD)の両方が入手できます.[119][120] フランス語
Barbed Wire Dolls 1976 ジェス・フランコのノーカット版のこの映画には、18の分類を達成するためにアンカーベイが英国のDVDバージョンから削除しなければならなかったデジタル版で、挿入の明示的なシーンが含まれています[121] フランス語
Emanuelle in Bangkok 1976 ジョー・ダマト監督のこの映画は、イタリアのノーカットDVDバージョンで、ピンポンボールによる膣挿入のハードコアショットが含まれています.[122] イタリア語
Luxure 1976 MaxPécasの映画は、オリジナルのソフトコアバージョン(Luxure)とハードコアバージョン(Sweet Taste of Honey)の両方が存在します。.[123][124] フランス語
ミスティ・ベートーベン 1976 アメリカのエロ遊びに基づくフィルム、原作はジョージ・バーナード・ショー(およびその誘導体、マイ・フェア・レディピグマリオンで、ラドリー・メツガーはストーリーとセットなどから[125] ポルノの黄金時代の「王冠の宝石」受賞作家のトニ・ベントレーと考えられています.[75][76] 英語
Alice_in_Wonderland_(1976_film) 1976 ウィリアム・オスコが制作し、ロジャー・エバートが好意的にレビューしたアメリカ映画[126] 英語
Sømænd på sengekanten 1976 デンマークのベッドサイド -エロティックな主流のコメディのシリーズの8番目と最後の映画、および短いカラークライマックス#1283:Mail Order Sex(1973)からの大規模なクリップを含む2つのうちの1つクルーのハードコアシーンを持つ[22] デンマーク語
I Løvens tegn 1976 デンマークのゾディアック -筋金入りのシーンと主流のコメディのシリーズの第4弾の映画.[22] デンマーク語
愛のコリーダ 1976 この映画には多くの実験的で前衛的な要素があり、俳優の性器を示すハードコアセックスシーンが特徴。阿部定事件に基づいて、フェラチオやその他のシミュレートされていない性的行為を撮影している[127]。松田暎子の女性器に卵を入れるなどのシーンや殿山泰司が局部を露出ししごくシーンなどもある。 日本語
Through the Looking Glass 1976 多くの実験的で前衛的な要素を持つジョナス・ミドルトンの映画。ミドルトンは、異なる視聴者に映画を販売するために、3つの異なるバージョンの映画(2つのソフトコア、1つのハードコア)を撮影しました.[128] 英語
A Real Young Girl 1976 この映画はカトリーヌ・ブレイヤの最初の長編映画で、1975年に撮影されましたが、主にそのコンテンツが筋金入りのため、今後25年間上映禁止されました。論争の的となっているシーンには、完全な前頭膣、体液排尿、オナニーがあります[129][130][131] フランス語
Die Marquise von Sade 1976 ジェス・フランコによるこの映画には、ハードコアなシーンが含まれています[132] ドイツ語
Girls in the Night Traffic 1976 このジェス・フランコの映画のドイツBlu-ray版には、ソフトコア版とハードコア版の両方が含まれています.[133] ドイツ語
The French Governess 1976 デモフィロ・フィダニ監督の映画には、少なくとも3つのバージョンがあります:Calde labbraというタイトルのエロチックなドラマ、Burning Lipsというタイトルのハードコアバージョン、および以前の2つのバージョンの混合である「Cine Sexy」のイタリア版DVD.[134] イタリア語
Inhibitions 1976 Paolo Poetiによるこのエロティックな映画には、ソフトコア版とハードコア版の両方があります。ハードコア版には、女性のオナニーのクローズアップシーンが含まれています[135] イタリア語
Around the World in 80 Beds (In 80 Betten um die Welt, Mondo Erotico) 1976 ジェス・フランコの映画はハードコア版もあります。しかし、「本物の」モンドとしての映画の信ぴょう性は(情報源によると)議論がなされている.[136][137] ドイツ語
Sex Express 1976 Diversionsとしても知られているこのデレク・フォード監督のイギリス映​​画は、ハードコア「エクスポート」バージョンでも入手可能です.[34] 英語
Keep It Up Downstairs 1976 ロバート・ヤングによるこの英国映画は出演が主要なスターのためにボディ・ダブルを含むハードコア挿入物のバージョンも存在します.[34] 英語
Secrets of a Superstud 1976 モートン・L・ルイスとアラン・セルウィンが監督を務めたこの英国映画は、ハードコア・エクスポート版でも撮影されており、「常に難しくなっています」と題されています.[34] 英語
The Office Party 1976 デビッド・グラント監督のイギリス映​​画もハードコアなエクスポート版.[34] 英語
The Angel and the Woman 1977 ジル・カールによるこの映画には、明確にシミュレートされていない性的活動が含まれている[138] フランス語
Agent 69 Jensen i Skorpionens tegn 1977 デンマークのゾディアック -ハードコアシーンの一般コメディのシリーズの第5弾映画 デンマーク語
Shining Sex 1977 ジェス・フランコによるこの映画には少なくとも2つのバージョンがあります。明示的なソフトコア(DVDでShining Sexとして入手可能-フランスではLa fille au sexe brillantとしてリリースされているFrancoのオリジナルカットのようです) -ハードコアインサート付きのフランス語版の編集、DVDでも入手可能).[139][140] フランス語
Blue Rita (Le Cabaret des filles perverses) 1977 ジェス・フランコによるとこのフィルムの少なくとも2つのバージョンがあり、ディレクターズカット(1977年にフランスでtheatricalyリリース[141];ドイツ語DVDでも利用できる[142])とインサートのあるフランスのハードコア版(DVDでリリースされていない[143]) ドイツ語
Emanuelle in America 1977 ジョー・ダマトの映画は、ソフトコア版とハードコア版の両方存在[144] イタリア語
Emanuelle Around the World 1977 ジョー・ダマトによるフランス市場向けに準備されたこの映画でヨーロッパ版には挿入、オーラルセックス、蛇と犬の獣姦シーンが含まれています.[145] イタリア語
Sister Emanuelle 1977 ジュゼッペ・ヴァリによるこの映画は本番セックスシーンを含むデンマークDVDバージョンもあります.s.[146] イタリア語
Nazi Love Camp 27 (La svastica nel ventre) 1977 マリオ・カイアーノによる映画、その一部のバージョンにはハードコア挿入が含まれている[147] イタリア語
Under the Bed 1977 デヴィッド・グラント監督のイギリス映​​画は、ハードコア映像のあるバージョンで存在.[34] 英語
The Mark 1977 イリアス・ミロナコス監督のギリシャ映画は、ソフトコア版(The Mark)とハードコア版(Call Girl)両方存在.[148][149] 英語
The Ceremony 1977 多作のギリシャ監督オミロス・エフストラティアディスの映画(エロティキ・テレティとしても知られている)は、ハードコアを含む多くのバージョンが存在[150] ギリシャ語
Monsieur Sade 1977 ジャック・ロビン監督の映画は、1つの「本当にポルノのシーン」で始まるが、残りの映像はほとんどシミュレートがなされている[151]シミュレートされていない性交シーンが描かれた実験映画[152] フランス語
Le calde notti di Caligola 1977 ロベルト・ビアンキ・モンテロ監督のエロチックなコメディは、2つのバージョンで撮影されている[153] イタリア語
エージェント69ジェンセンiスカイテンズテグン :de:I_Skyttens_tegn 1978 デンマークのゾディアックの第6作目と最終作。ハードコアシーンを含む一般コメディ映画.[22] デンマーク語
Behind Convent Walls 1978 ワレリアン・ボロズウィックによるこの修道女映画のノーカットバージョンは、木製のディルド による女性の自慰行為のハードコアシーンを特徴としている。「映画の中で最もグラフィックな性的シーンと、映画を悪名高いものにするもの」[154] イタリア語
Blue Movie 1978 アルベルト・カバロンが監督したこの映画は、フェラチオや性交シーンを含むハードコア素材を含む8 mmのノーカットバージョンでも存在する[155] イタリア語
シスター・オブ・ウルスラ(:it:La sorella di Ursula) 1978 カットされていないソフトコアバージョンと、後にハードコアインサートを使用してプロデューサーによって作成されたハードコアバージョンの両方存在[156] HCバージョンの存在は、ミリオーニ監督自身によっても確認がなされた[157] イタリア語
The Coming of Sin 1978 ホセ・ラモン・ララス監督のこの映画には少なくとも2つのバージョンがあります。セックスマニアックと、ハードコアインサートを含むイタリアのPAL VHSソドミアバージョン[158] スペイン語
Pleasure Shop on the Avenue 1978 ジョー・ダマト監督のエロトリラー映画(Il porno shop della settima stradaとも呼ばれる)は、もともとソフトコアとして撮影されていましたが、プロデューサーのリクエストにより、ハードコア映像が追加されました。映画の完全なハードコアバージョンは、2015年にリリースされたCinesexyのイタリア版のDVD にあります.[159] イタリア語
L'Ange et la Femme 1978 私生活で結婚していたキャロル・ローレルイス・フレイが関係するマスクされていないシーンがある[160] フランス語
You're Driving Me Crazy 1978 デビッド・グラントによるこの映画のハードコアバージョンがありますが、キャストのいずれかがハードコアインサートに参加したかどうかは明らかではない[34] 英語
Immoral Women 1979 ワレリアン・ボロズウィックが監督したこの映画は、それぞれMargherita、Marceline、Marieという3つのストーリーで構成されている。最初の話、マルゲリータでは、シミュレートされていない性交シーンがある[161] フランス語, イタリア語
カリギュラ 1979 映画のプロデューサー、ボブ・グッチョーネは、挿入、フェラチオ、射精を含むいくつかのハードコア挿入物をあとで6分間追加。Tinto Brassが撮影したシーンは完全にソフトコア[162]。当時としては巨額の46億円が投じられる。 英語
Images in a Convent 1979 ジョー・ダマトによるこの映画には、レイプシーンでのハードコアセックスを含む多くの露骨なセックスシーンが含まれている[163] イタリア語
Play Motel 1979 マリオ・ガリアッツォ監督の映画。Blu-ray A America-Raro Videoには、約7分の追加のハードコア映像が含まれている[164] イタリア語
Giallo a Venezia' 1979 Scorpion Releasing Blu-rayで入手可能なマリオ・ランディの映画には、ハードコアインサートが1シーン含まれている[165] イタリア語
Malabimba - The Malicious Whore 1979 アンドレア・ビアンキ監督の筋金入りのシーンをフィーチャーしたホラー映画.[166] イタリア語
Bare Behind Bars 1980 Oswaldo de Oliveiraの当映画は、露骨なセックスシーン(主にレズビアン)と、少なくとも1つのハードコアな異性愛シーンを特徴としている[167] ポルトガル語
Beast in Space 1980 アルフォンソ・ブレシアによるこの映画のハードコア版もあり[168] イタリア語
Blow Job (Soffio erotico) 1980 監督のアルベルト・カヴァロンは、オーラルセックスの1つのシミュレーションシーンを除いて、この映画にはグラフィックセックスシーンは含まれていないと述べた。この主張は映画製作の他のメンバーによって反論された。この映画のハードコアバージョンは、ポーリン・チューシャ、ガイア・ラウリフィルジ、ハッサン・ジャバーなど、ハードコア映画で再びカバロンと協力する3人の無名の出演者をフィーチャーしたキャストで撮影されました。フィルムは1980年ディストリCinematograficaによってイタリアで演劇上映された[169] イタリア語, フランス語
クルージング 1980 アメリカ映画のサスペンスで、ゲイ社会におとり捜査として潜入する刑事をアル・パチーノが演じる。多くのセックスシーンがR指定を受けてカットされたが、一部は残されている。公開当時、ゲイの人権活動家から非難を浴びた。 英語
The Erotic Twin - Dead Ringers [La gemella erotica (Due gocce d'acqua)] 1980 アルベルト・カバロンは、ソフトコア版とハードコア版の両方でこの映画を撮影[170] イタリア語
Erotic Nights of the Living Dead 1980 このジョー・ダマトの映画には2つのバージョンがある。ハードコアシーンを含む明示的なバージョン(ハードコアバージョン)と、ハードコアシーンをすべて削除するレーティング付き一般リリース(オリジナルバージョン)[171][172] イタリア語
Exotic Malice (Sesso Nero) 1980 One 7 MoviesのアメリカのDVD とX-Rated Kult VideoのドイツのDVDの両方にジョー・ダマト監督のこの映画のハードコアバージョンが含まれている[173] イタリア語
Flying Sex (Sesso profondo) 1980 マリノ・ジロラミ監督のイタリア映画には、ハードコアセックスシーンがいくつか含まれている[174] イタリア語
Sesso perverso, mondo violento (Libidomania 2) 1980 ブルーノ・マッテイによるモンド映画でハードコアシーンを含む。利用可能なソースによると、これらの「モンドシーケンス」の一部(または多く)は、ライセンスされたニュース、ルポルタージュ、または実際の映像ではなく、実際には他のモンド映画から拝借した場面という。映画はリビドーマニア(1979)などから[175][176] イタリア語
Quando l'amore è oscenità (Oscenita) 1980 レナート・ポルセリの映画は、「彼の最も悪名高く、最も攻撃的で、最も挑戦的な映画」として1973年に撮影されたが、検閲の問題により1979/1980まで劇場公開されなかった。完全にカットされていないバージョンの映画は、さまざまな種類の性的活動シーン(ハードコアなものもあり)と激しい暴力/ゴアのシーンの両方が含まれている[177] イタリア語
Hard Sensation 1980 このジョー・ダマトの映画は、レイプと復讐物ジャンルに属し、筋金入りのシーンも含まれている[178] イタリア語
Hotel Paradise 1980 エドアルド・ムラジャ監督のこの映画のソフトコアバージョンとハードコアバージョンの両方は、Another World EntertainmentのデンマークのDVDに収録されている.[179] イタリア語
Sex and Black Magic 1980 ジョー・ダマトによるがほとんどはソフトコアシーンで、1つだけ短いハードコア挿入を示しているt.[180] イタリア語
The Porno Killers (Le porno killers) 1980 ロベルト・マウリ(彼の最後の映画)によるこの映画のノーカットバージョンには、暴力とハードコアセックスの強烈なシーンが含まれている[181] イタリア語
SPETTERS/スペッターズ 1980 ポール・バーホーベンが監督したこの映画は、オーラルセックスなどの露骨なハードコアセックスシーンを導入している.[182] オランダ語
Taxi zum Klo 1980 フランク・リプロ監督のこの映画は、ハードコアなゲイのセックスシーンを導入[183] ドイツ語, 英語, フランス語
上海異人娼館 チャイナ・ドール 1981 寺山修司による映画。原作は「ポーリーヌ・レアージュ」の「O嬢の物語」で、シミュレーションされていない性行為シーンが含まれています.[184] 広東語、日本語、英語、フランス語
Emmanuelle in Soho 1981 デビッド・ヒューズ監督のイギリス映​​画は、2人の女性と1人の男性の異なる出演者によるハードコア版がある[34] 英語
Porno Holocaust 1981 ルイジアナ州立大学のダニー・シプカ助教授の本で[185] ポルノホロコーストとエロティックナイト・オブ・ザ・リビングデッド両方のネガティブレビューを行い、演技、ゴア、セックスシーンを「ハードコアセックスとエクストリームの融合暴力は邪魔である」と批判。 イタリア語
Caligula 2 - The Untold Story 1982 ジョー・ダマト監督のこの映画のノーカットのヨーロッパ版には筋金入りのシーンが含まれている[186] イタリア語
Scandale 1982 ジョージ・ミハルカによるこの映画には、ソフトコアとハードコアの両方のセックスシーンが含まれている[187] フランス語
Apocalipsis Sexual 1982 Carlos Auredの映画は、ソフトコア(スペイン語DVD)とハードコア(イタリアVHS)の両方のバージョンで存在.[188] スペイン語
Aphrodite 1982 ロバート・フェスト監督の最後の長編映画であるソフトコア映画。膣に親指を部分的に挿入する場面が含まれてい.[189] フランス語
Satan's Baby Doll (La bimba di Satana) 1982 マリオ・ビアンキによるこの映画のハードコア版は、フェラチオと性交のシーンを特徴としている イタリア語
Il nano erotico 1982 アルベルト・カバロンが監督した映画には、2つのバージョンがある。Esseretenuto – Being Captured というタイトルのソフトコアバージョンと、Baby Sitter [ Petites fessesjuvéniles(pour membres bienfaiteurs)としてフランスでリリースされたハードコアバージョン] がある[190] イタリア語
My Nights with Messalina 1982 元々の名称Bacanales Romanas監督のスペインのコメディ映画、ハイメJ.プイグ[191] そのノーカット版ではクリップフェラ及び挿入のシーンなどハードコア含む[192] スペイン語
Luz del Fuego 1982 デビッド・ネベス監督のこのブラジル映画は物議を醸したがブラジルのベデット・ ルス・デル・フエゴについてのリベラルでロマンチックな物語[193] 映画には、主演女優が陰茎を擦るシーンが含まれている[194] ポルトガル語
Perdida em Sodoma 1982 このブラジル映画は通常、ソドムのロストガールとして翻訳され、ニルトン・ナシメント[195]による脚本、監督で、フェラチオと挿入のハードコアシーンがいくつか含まれている.[196] ポルトガル語
Killing of the Flesh (Delitto carnale) 1983 チェザーレ・カネバリ監督のこのジャッロ映画は、ソフトコア版(現代のスリラーとして)とハードコア版の両方でリリースされている[197][198] イタリア語
Taking Tiger Mountain 1983 ビル・パクストンを主役とするトム・ハッカビーとケント・スミスの映画には、ハードコアなフェラチオ撮影を含むいくつかのグラフィックシーンが含まれている[199] 英語
Emmanuelle 4 1984 フランシス・レロアとアイリス・レタンスが監督したこの映画には、少なくとも2つのバージョンがある。カナダのVHSには、オーラルセックスと性交を含む3つのハードコアシーンが含まれている.[200] フランス語
Lillian, the Perverted Virgin [Lilian (la virgen pervertida)] 1984 ジェス・フランコによるいくつかのハードコアシーケンスを含む映画。入手可能な情報源によると、ソフトコアとして撮影されていたため、既存のセックスシーンを拡張するために挿入物として後で追加された.[201][202]この映画は1984年にスペインで劇場公開され、スペインのキオスクDVDで入手できる スペイン語
The Alcove 1985 ジョー・ダマトの映画には、実際のセックスシーンが含まれている.[203] イタリア語
James Joyce's Women 1985 マイケル・ピアス監督のこの映画は、ジェームズ・ジョイスユリシーズに基づいており、主演女優のフィオヌラ・フラナガンによるカメラ・マスターベーションを約20分間本物を見せている.[204] 英語
Devil in the Flesh 1986 フェラチオの短いシーンが特徴で、その間、男性は女性にレーニンが1917年にサンクトペテルブルクに戻ったことを伝える話.[205][206] イタリア語
Le Diable au corpsIl Diavolo in corpo) 1986 フェデリコ・ピッツアリスマルーシュカ・デートメルスによってフェラが行われる [207] [208] [209] フランス語, 英語
Emmanuelle 5 1987 ワレリアン・ボロズウィック監督のこの映画には、少なくとも3つのバージョンがある。ハードコア版はVHSでのみフランスでリリースされ、性交、オーラルセックス、マスターベーション、排尿のシーンが含まれている.[210] フランス語, 英語
Emmanuelle 6 1988 フランスでVHSのハードコア編集がリリースされ、このバージョンは米国のDVDバージョンよりも約10分長くなっている.[211] フランス語
Hotel St. Pauli 1988 スベンド・ワムによるこの映画は、シミュレートされていないオーラルセックスを行っている.[212] ノルウェー語, スウェーデン語
Kindergarten 1989 ホルヘ・ポラコ監督のこのアルゼンチン映画は、未成年者が関与するヌードコンテンツと、短期間のハードコア撮影のために(アルゼンチンで)20年間上映禁止された.[213] スペイン語
Kinski Paganini 1989 クラウス・キンスキーの監督デビュー作。あるレビュアーによると:「[...]それは本当に非常に奇妙で、瞬間的には残忍であるほとんど実験的な映画で、ソフトコアとハードコアのシーンがたくさんある[...]」としている[214] イタリア語
トパーズ (:en:Tokyo Decadence and Topāzu) 1992 日本での売春についての村上龍によるこの映画には本番行為はないが、バイブレーターとストラップオンの明示的な使用、および排尿シーンを含む、性的に露骨なグラフィックのシーンが含まれています。「村上は、人々の性欲をくすぐるためにこの映画を作らなかった。彼はセックスを通して起こりうる潜在的なさを引き出したかった」[215] 日本語, 英語
The Soft Kill 1994 エリ・コーヘン (映画監督)が監督したこの映画のDVDバージョンは、挿入があるのを特徴としている.[216] 英語
La Vie de Jésus (英語 title: The Life of Jesus) 1997 ブルーノ・デュモン監督作。シミュレートされていない挿入が含まれている[217]が吹き替えで、2人の俳優は、クレジットされている。「性行為の動物性を強調するために、デュモンは挿入の極端なクローズアップを含めた。」[218] フランス語
Idioterne (英語 title: The Idiots) 1998 ラース・フォン・トリアーのこの映画は、非常に短い挿入とグループセックスを特徴としている.[219]。デンマーク映画で、知的障害者を演じることで社会を挑発するグループを描いている。グループセックスシーンでの挿入(ただし、映画の出演俳優を除く)が含まれている。「セックスシーンをリアルに撮影する」シーンは実際の俳優が行っているほか、1シーンだけポルノ業界の俳優が代役を務めている。 デンマーク語
L'Ennui 1998 セドリック・カーンのこの映画、シミュレートされていないセックスシーンが含まれている.[220] フランス語
Fiona 1998 アモス・コレク監督のこの映画は、簡単なオーラルセックスシーンが特徴.[221] 英語
Jezus is een Palestijn (英語タイトル: Jesus is a Palestinian) 1999 挿入シーンを含むオランダ映画.[222] オランダ語
シャボン玉エレジー SHABONDAMA ELEGY 1999 ロッテルダム国際映画祭ワールドプレミア上映、ベルリン映画祭マーケット上映された オランダ語

日本語

La donna lupo 1999 ロレダナ・カンナタ [223]フェラチオを実現(完全ではない)。 フランス語
ロマンスX 1999 キャサリン・ブレイラット監督、男性と女性のオナニー、フェラチオ、射精、サドマゾヒズムの束縛を特徴としている[224]キャロライン・デューシーは口でサガモア・ステベナンのオーラルセックス、またはその裏(完全なフェラチオではない)を行っている。一方、ロッコ・シフレディへは手で勃起させるが、ロッコ・シフレディのキャロライン・デュセイへの挿入について、特にキャサリン・ブレイラット監督とキャロライン・デュセイによって否定されたが[225]、ロッコ・シフレディは確認[226] 。 しかし、主演女優が関与する行為のシミュレーションについては確信が持てないがポルノ俳優によってシミュレーションされていない性行為(挿入、射精)が行われ、その様子は映画のシーンではっきりと見える[227] フランス語
ポーラX 1999 キャロリーヌ・デュセイも出演。ギヨーム・デパルデュー(ピエール)とカテリーナ・ゴルベワ(イザベル)の間で行われた性行為シーン[228]をシミュレートせずしたことで、世界的に悪名を馳せた[229][230][231] フランス語
The Man-Eater (La donna lupo) 1999 アウレリオ・グリマルディの映画には、シミュレートされていないフェラチオのシーンが含まれている.[232] イタリア語
Guardami 1999 第56回ベニス国際映画祭にてプレミア上映したイタリア映画で、監督はデヴィデ・フェラーリオ。エリザベッタ・キャバロッティのフェラチオなど、シミュレートされていないセックスシーンが含まれている.[233][234]。ポルノ映画界の日常を描いているほかキャバロッティ演じるストリップシーンで股を開いて局部をみせている。 イタリア語
Vampire Strangler 1999 William Hellfireの映画は、シミュレーションされていないフェラチオやその他の筋金入りのシーンを示している.[235][236][237] 英語
Baise-moi 2000 映画にはいくつかの実際のセックスシーン[238]、フェラと射精だけでなく、シミュレートされていない挿入のショットが12か所含まれている[239]カレン・ランコムラファエラ・アンダーソン 間でシミュレートに関わる多くのシーンがなされるが、カレンらは'Lancaume Raphaëllaという'ポルノでもそれぞれ出演。この映画はいくつかの国で一時的に(たとえばオーストラリアで) [240] 上映禁止またはポルノ映画として分類される。 フランス語
In extremis (film, 2000) 2000 セバスチャン・ロックがエロティックなクラブに入るシーンを見ながらフェラが行われます[241] フランス語
O Fantasma 2000 ジョアン・ペドロ・ロドリゲス -セルジオ( リカルド・メネセス )とスーパーモデルの間の公衆トイレでのクローズアップフェラシーン。 フランス語
Sade (film, 2000) 2000 ダニエル・オートゥイユは、ポルノ女優によって倍増されたキャラクターイジルド・ル・ベスコの膣に指を挿入する:
Scrapbook 2000 エリック・スタンツェによるこの映画には、非挿入的な性行為(ハードコアのフェラチオと女優に放尿する俳優)が含まれている.[242] 英語
インティマシー/親密 2001 ケリー・フォックス出演のイギリス映画。第51回ベルリン国際映画祭で金熊賞、女優賞を受賞。マーク・ライランス [243] ,  [244]へフェラチオをしている.[245](完全ではない)。コンドーム装着のシーンなども。 英語
Le Pornographe (英語 title: The Pornographer) 2001 ベルトラン・ボネロによるこの映画は、浸透を含む多くのハードコアセックスシーンを示している[246]。(ジャン=ピエール・レオを含むいくつかのシーンにポルノ俳優が関与。挿入および射精を別のディレクターがポルノ映画のシーンとして撮影) [247] フランス語
ルシアとSEXLucía y el sexo、英語 title: Sex and Lucia) 2001 フリオ・メデムによるこの映画には、映画のキャラクターの1人が作ったポルノ映画からの挿入とフェラチオ、および別の映画のキャラクターによって勃起したペニスとクンニリングスの手動刺激など、いくつかの実際のセックスシーンが含まれています.[248] スペイン語, 英語
Hundstage (英語 title: Dog Days) 2001 ウルリヒ・ザイドル監督による最初の架空の長編映画には、筋金入りの乱交シーンが含まれている.[249] ドイツ語
The Center of the World 2001 ウェイン・ワンの映画には、ストリッパーがロリポップを彼女の膣に挿入する非シミュレーションのシーンが含まれている(ポルノ女優のアリシャ・クラスが演じる).[250] 英語
Lazaro's Girlfriend (La novia de Lázaro) 2002 フェルナンド・メリネロによるこの映画は、主演女優のクラウディア・ロハスが、恋人役のロベルト・ゴビンの陰茎を咥えるシーンがあるが本当のフェラチオをしている.[251] スペイン語
Le loup de la côte Ouest (英語 title: The Wolf of the West Coast) 2002 ジェームズ・フォークナーとアンナ・ムーグラリスのヒューゴ・サンティアゴの映画は、シミュレートされていないセックスシーンを特集している.[252] フランス語, 英語
Blissfully Yours (S̄ud s̄aǹeh̄ā) 2002 Apichatpong Weerasethakul監督のこの映画には、勃起に対する陰茎の手動刺激のシミュレートされていないシーンが含まれています.[253] タイ語
ひめごと (映画)Choses secrètes、英語 title: Secret Things) 2002 ジーン・クロード・ブリソーの女性キャラクターとハードコア乱交シーンによって公開自慰を含む多くの明示的なセックスシーンを示す女性のセクシュアリティについての映画。三部作第一弾の映画.[254] フランス語
ケン・パーク (KEN PARK 2002 ラリー・クラーク監督のこの映画は、男性のオナニーや射精シーンなど、シミュレートされたセックスシーンとシミュレートされていないセックスシーンの両方を導入している[255]。女優のティファニーリムジンは、2人の俳優と性的に露骨なシーンを演じている他いくつかのシミュレートされていないシーンが表示されます[256] 英語
ブラウン・バニー 2003 ヴィンセント・ギャロによるこの映画は、フェラチオのシーンを導入.[257]クロエ・セヴィニーは明らかに射精まで[258] [259] (元カレである)ギャロにフェラチオをっている。カンヌで公開されたが賛否両論を巻き起こし、映画評論家からは「史上最悪の映画」と酷評された。カンヌで映画のプレミアを見て(スキャンダルを引き起こした)クレア・デニス監督は、このシーンに現れる陰茎が人工装具であると数人に話した。 映画「 Trouble Every Day」でギャロを監督したデニスによると、ギャロが彼の映画の小道具の1つを盗んだという[260] 。 映画が公開されるとすぐに、評論家のエマニュエル・ブルドーは、雑誌 レ・カイエ・デュ・シネマへ映画への疑問を語っている。 英語
Private (Fallo!) 2003 ティント・ブラスが監督した映画は、2つのDVDバージョンでリリース。非シミュレーションのオーラルセックスシーンを含むDirector's Cut(イタリア語)と、非シミュレーションシーンを省略した代替Producers Cutバージョン(英語)がある[261] イタリア語、フランス語、英語、スペイン語
Rossa Venezia 2003 アンドレアス・ベスマンのこの映画は、多くのハードコアセックスシーン、主にレズビアンを特集している.[262] ドイツ語
The Principles of Lust 2003 「X指定の乱交シーン」を持つペニー・ウールコックのイギリス映​​画.[263] 英語
Anatomie de l'enfer (英語 title: Anatomy of Hell) 2004 オーストラリアの分類審査委員会によってキャサリン・ブレイラット監督によると「実際のセックス、高レベルのセックスシーン、高レベルのテーマ」が取り上げられている.[264]ロッコ・シフレディアミラ・カサール演じるキャラクター間のマスクされていない挿入がみられるが、キャサリン・ブレイラット監督がインタビューで確認したように、計画をシミュレートせずに倍増させたのはアミラ・カザールではない[265]。 映画のオープニングシーケンスは男性間のフェラチオが映されているが、行為が実際になされたかどうかを確認することは困難。 フランス語
ANTARES (邦題:3つの不倫) 2004 オーストリア映画で、監督はゴッツ・スピルマンとゲッツ・シュピールマンによる。トロント、ロカルノ、バンクーバーの各国際映画祭に出品。オーラルと挿入にも果敢に挑戦している ドイツ語、フランス語
9 Songs ナイン・ソングス 2004 射精を示すシーンを含む、キーラン・オブライエンマルゴ・スティリー間で複数の非シミュレーションシーン[266] 。挿入、フェラチオ、クンニリングス、射精など、いくつかのシミュレートされていないセックスシーンを導入.[238] 英語
Story of the Eye 2004 ジョルジュ・バタイユの小説である眼の話に基づく。この映画の監督アンドリュー・リパスキー・マケルヒニーは、多くのハードコアセックスシーンが含まれているとしている.[267] 英語
Kärlekens språk 2000 2004 Anders Lennbergが監督したスウェーデンの(架空の)性教育映画は、いくつかの本物のセックスシーンを示しています。劇場公開が制限され、学校で公開され、DVDバージョンもある[268] スウェーデン語
Stupid Boy (Garçon stupide) 2004 ライオネル・バイエルの映画テーマには「強いリアルセックス」が含まれている.[269] フランス、ドイツ、スペインを含む少なくとも3か国で劇場公開されている

.[270]

フランス語
All About Anna(オール・アバウト・アンナ) 2005 ジェシカ・ニルソン監督の映画で、アイリーン・デイリーとグレイ・ベイの両方が演じる性交と男性俳優、マーク・スティーブンス役のアイリーン・デイリーが射精ありのフェラチオ、グレイ・ベイ演じたオビディがクンニリングをフィーチャー.[271]。デンマーク映画で、「女性が見ても楽しめるポルノ映画」という意図で撮られた一般映画作品。 デンマーク語
8mm 2 2005 J.S・Cardoneが監督した映画で、完全なヌード、グループセックス、女性オナニー、口内刺激、本物のポルノフレーム、レズビアンクンニリングスなど、さまざまなエロシーンが登場.[272] 英語
Batalla en el cielo 2005 カルロス・レイガダス作。フェラとアナポラ・ムシュカディズが関与した可能性のある挿入および映画の二次俳優間の他でマスクされていないシーンを導入[273] スペイン語
Kissing on the Mouth 2005 ジョー・スワンバーグの映画で、射精を伴うオナニーの実際のシーンが含まれている.[274] 英語
天邊一朵雲 (英語 title: The Wayward Cloud) 2005 ツァイ・ミンリャン監督のこの映画は、フェラチオと挿入シーンを特徴としてい.[275][276] マンダリン
Princesas 2005 フェルナンド・レオン・デ・アラノアによるこの映画には、明示的なフェラチオのシーンが含まれている.[277] スペイン語
Lie with Me(寂しい時は抱きしめて 2005 クレメント・ヴィルゴの同じタイトルの小説に基づいた映画で、ローレン・リー・スミスが主演で、本物のセックスでシーンを演じている。「ミディアムからハードコアのセックス」が含まれている[278]。インディーズ映画として制作された。トロント国際映画祭で上映されたが批評家からは評価されなかった。 英語,スペイン語
Destricted 2006 この映画は、「芸術とポルノが交わる微妙な境界線を探る」ことを依頼されたアーティストと独立系の映画製作者によって作られた7つの短編映画の編集。「強烈な、本当のセックスが含まれています」.[279]。画面上のポルノとセクシュアリティを反映した集合映画で、各セグメントに明示的なシーンを含めるという共通の目標がある。 そのため、この映画には、特にラリー・クラークガスパー・ノエが作成したセグメントに、いくつかのシミュレートされていない行為が含まれている[280] 英語
ショートバス 2006 ジョン・キャメロン・ミッチェル監督作。数人の俳優たちは、セルフブロージョブシーンを含む、シミュレートされていないシーケンス[281] 明示的なマスターベーション、実際の性行為行う一人尺八、性交、フェラチオを含む.[238][282]。コメディ作品として制作された。映画そのものとしての評価も高く、セックスシーンが本物というこのジャンルの中では比較的よく知られている映画。 英語
Taxidermia 2006 パールフィ・ジョルジが監督したこの映画には、短いが本物の性行為(男性のオナニーと膣への挿入)の2つのシーケンスが含まれている.[283] 英語,
Les Anges Exterminateurs 2006 女性のセクシュアリティを探求するジャンクロード・ブリソー映画第2弾。シミュレートされていない女性のオナニーを導入.[284] フランス語
Auftauchen (Also known as Amour fou) 2006 フェリシタス・コーンの長編映画デビュー作は、いくつかの本物のセックスシーンを示してい.[285] ドイツ語
Ex Drummer 2007 コーエン・モルティエ監督のフラマン映画。「強烈なリアルセックス」が含まれている.[286] ベルギーとオランダで劇場公開され.[287] オランダ語
It Is Fine! Everything Is Fine. 2007 デビッド・ブラザーズとクリスピン・グローバーが監督したこの映画には、実際の挿入行為が含まれている.[288] 英語
ラスト、コーション 2007 アン・リー監督作。ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。タン・ウェイ主演。トニー・レオンは劇中3度にわたる過激な性描写が本番だと噂されていることについては否定している[289]。多くの性的シーンが含まれており、監督のほのめかしによれば、部分的に工夫されている[290] 。 いずれにせよ、シーンは米国の認証機関がcontenu à caractère sexuel expliciteとし、NC-17 [291]を分類するよう促している。 北京官話広東語上海語英語日本語
The Story of Richard O. (L'histoire de Richard O.) 2007 ダミアン・オドゥルによるこの映画は、いくつかのシミュレートされていないセックスシーンを示している.[292] フランス語,
Import/Export 2007 ウルリヒ・ザイドルによる2つ目の長編映画で、デジタル挿入やオーラルセックスなど、シミュレートされていないセックスの画像が含まれている.[293] ドイツ語, , ロシア語, 英語
Serbis (英語 title: Service) 2008 フィリピン映画で、ブリランテ・メンドーサが監督、明示的なフェラチオを示しているなど性的に過激なシーン、オーラルセックスや性器露出など多い[294]。第61回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され作品内容自体もそれなりに高い評価を受けている。非シミュレートされたフェラは、フィルムに背景として機能し、ポルノ映画館で撮影されている[295] [296] フィリピン、タガログ語
WATER IN MILK EXISTS 2008 上映時間23分のアメリカの短編映画で、監督はアメリカンアート界の巨匠と呼ばれるローレンス・ウィナーで、映画をプロデュースしたのは平川典俊。映画が始まってすぐ男女の結合シーンがアップで映されるのをはじめ、ほとんどが露出シーン。本作品の出演者全員がいわゆるプロの俳優ではなく、アート関係者など素人で占める 英語
Tropical Manila 2008 サン・ウーリー監督のこの映画には、本物のフェラチオを含むいくつかの露骨な性行為が含まれている.[297] フィリピン、朝鮮語
Otto; or Up with Dead People 2008 ブルース・ラブルースの映画でドイツ・カナダ合作。ドイツ・ベルリンのゾンビを題材にした作品で、キャラクターの一人が作るポルノに関するドキュメンタリーの中に多くシーンが含まれ、明らかに演技ではない「強烈リアルセックス」が含まれている.[298] 英語, ドイツ語
À l'aventure 2008 ジャン=クロード・ブリソーによる女性のセクシュアリティに関する映画第3弾、本物の女性のオナニーやオーガズムを含む多くの露骨なセックスシーンが含まれている.[299][300] フランス語
Amateur Porn Star Killer 2 2008 シェーン・ライアンによるこの映画には、挿入とオーラルセックスの明示的なシーンが含まれている。三部作の第二作.[301] 英語
Gutterballs 2008 ライアン・ニコルソン監督のカナダ映画で、少なくとも2つのバージョンがあります。オリジナルの男性および女性生殖器の明示的なショットの特色版、及びいわゆるピンEtration版では膣をレイプ中(ゴム)陰茎によって貫通されたショットを含む添加ショートH / Cショットと、元のバージョンと基本的に同じシーンがある。したがって、Pin-Etration Editionは元のバージョンよりも20秒長くなり、Adults Onlyというアドバイスもある.[302] 英語
House of Flesh Mannequins 2009 ドミツィアーノクリストファロ監督の映画には、本物のセックスシーンと、国際的なポルノスターや極端なボディーアートパフォーマーがそれぞれ演じる(少なくとも一部の)本物の拷問シーンの両方が含まれています[303] 。US DVDリリースはDirector's Cut(警告付き)[304][305] 英語
アンチクライスト 2009 デンマーク、ドイツほか合作。ラース・フォン・トリアーのこの映画は、映画の冒頭でマスクされていない挿入が含まれている[306] ほか、膣の性交のシーンを特徴としており、視覚的に暴力的な性的イメージも含まれているがフィルムの製作にはボディダブルが使用されたという[307]。女性器を切除する場面が描かれるなどの激しい暴力シーンのため議論を巻き起こした。カンヌ国際映画で女優賞を獲得する一方、最低賞も贈られるなど、評価も二分。 英語
The Band 2009 アンナ・ブラウンフィールド監督のこの映画は、オーストラリア映画で、実際のフェラや局部がもろ見えする騎乗位ファックシーンなどの過激なシーンが展開。無性のセックスについての数々のシーケンスを特徴としている[308] 英語
エンター・ザ・ボイド 2009 ガスパル・ノエ監督のこの映画には、ハードコアセックスの長いシーケンス.[309]膣への挿入を示している[310] 英語, 日本語他
Dogtooth(籠の中の乙女 2009 ヨルゴス・ランティモスによる映画。「近親相姦を含む独裁的な父親によってひきおこされた孤立から生じる異常で機能不全のライフスタイルを確立するために、短いが本物のセックスが使用されます。」[311] ギリシャ語
Engel mit schmutzigen Flügeln ( Angels with Dirty Wings) 2009 ローランド・レーバーのこの映画では、女優のアンジェ・メンニングがカメラの前で実際のセックスをしている.[312] ドイツ語
Now & Later 2009 フランスの監督フィリップ・ディアスによるアメリカの独立した映画。複数のシミュレートされたセックスシーンと、共演者ジェームズ・ウォーサムとシャリ・ソラニス間のシミュレートされていない挿入とオーラルセックスシーンが組み合わされている[313][314] 英語
Bedways(ベッドウェイズ) 2010 ロルフ・ピーターカールによるこの映画は、2つのマスターベーションシーンを含む本物のセックスシーンを示している.[315]。ドイツ映画で、ベルリン国際映画祭やモスクワ国際映画祭にも正式出品されたが劇場での一般公開にも至らなかった。セックスに対する疑問を投げかけるドキュメンタリー形式になっているが、評価としては賛否が分かれている。 ドイツ語
Rio Sex Comedy 2010 ジョナサン・ノシターの映画には、女優のイレーヌ・ジェイコブを含む、シミュレーションされていないセックスシーンが1つ含まれている.[316] 英語, フランス語
The Bunny Game 2010 アダム・レマイアーが監督したこの映画には、長いシミュレーションのないフェラチオが含まれている.[317] 英語
Año bisiesto (英語 title: Leap Year) 2010 マイケル・ロウ映画作、シミュレートされていないセックスシーンを特集している.[318] スペイン語
Gandu 2010 カーシク・ムヘルジー監督のインド映画で、実際のセックスシーンが含まれている.[319] ベンガル語
LelleBelle 2010 ミシャ・カンプによるこの映画には、シミュレートされていない挿入のイメージが含まれている.[320][321] オランダ語
Q (英語 title: Desire、伯:Desejo Ardente Pelicula 邦題:青い体験 誘惑の少女セシル) 2011 ローラン・ブーニクが監督した2011年のフランス映画.[322]。この映画の場面場面で導入される、セックス挿入時や手コキ手マンやマスターベーションのシーンを明示的に示しているが、俳優によるシミュレートはなされていない。俳優を探したいくつかの明示的なシーン[323]デボラ・レヴィジョニー・アマロ間でシミュレートされていないフェラ、デボラ・レヴィによるジョニー・アマロへの手コキや男優のゴワン・ディディがデボラ・レヴィとエレーヌ・ジマーに、局部を咥えてもらっている。このほかエレーヌ・ジマーによるマスクされていないオナニーのシーン、パトリック・ハウティエによるデボラ・レヴィへのクンニリングスも、シミュレートしていない。 フランス語
愛很爛 (英語 title: Love Actually... Sucks!) 2011 Scud監督の香港映画はフェラチオが特徴[324] マンダリン, 広東語, 英語
Caged 2011 ステファン・ブレニンクマイジャーが監督した2011年のオランダ映画には、いくつかの露骨なハードコアセックスシーンが含まれている.[325] オランダ語
Léa 2011 ブルーノ・ローランド監督のこの映画には、シミュレートされていないクンニリグスのシーンが含まれている.[326] フランス語
KLIP(英:Clip 2012 セルビア映画で原作はマジャ・ミロスよるデビュー作 hypersexualizedのティーンエイジャーについて、で、2つのシミュレートされていないフェラシーンがある。マジャ・ミロスは、若いキャストは関与せず、ボディダブルであるという。実際、エンドクレジットで「未成年者は露骨なセックスやヌードのシーンには関与していません」としている.[327] 。彼氏役ドールの陰茎が明らかに偽物である。補綴物と視覚効果は他のシーンにも使用された.[328] セルビア語
Starlet(チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密 2012 ショーン・S・ベイカーによるこの映画には、挿入のシーンが含まれている.[329] 英語
Paradise: Faith 2012 ウルリヒ・ザイドルが監督した2012年のオーストリア映画で、Paradise三部作の第2作。マスターベーションやフェラチオの短いシーンを含む「強いリアルセックス」が含まれている.[330] ドイツ語
Hotel Desire 2012 40分の中のドイツ映画で、女優セルゲイ・モヤサラリサ・ボルムと俳優クレメンス・シックとの間の非シミュレートされた性交含む。後者は指をパートナーの陰唇の間で(貫通せずに)通過させ、クンニリングス。この映画には、 クレーメンス・シック サラリサ・ヴォルム オナニーシーンを経て、クローズアップでコンドーム着用。 シーンはシミュレートされていない性交で終了する[331] ドイツ語
They Call It Summer (E la chiamano estate) 2012 パオロ・フランキの映画には、イザベラ・フェラーリが関与する、シミュレートされていないセックスが含まれている.[332] イタリア語
I Want Your Love 2012 トラビス。マシューが監督した2012年の長編映画で、男性間の「強烈リアルセックス」が含まれている.[333] 英語
Sexual Chronicles of a French Family(邦題:告白 ファミリーレポート、Chroniques sexuelles d'une famille d'aujourd'hui) 2012 パスカル・アーノルドとジャン=マルク・バール監督作によるコメディ映画で、Sensualバージョン(ソフトコア)とSexualバージョン(ハードコア)の2つのバージョンがある.[334]ハードコアバージョンでは冒頭のタイトルシーンを経てすぐ大画面のスクリーン一杯に女性器がいきなり大写しになる。主人公の童貞少年がもろみせでオナニーに耽るシーンをはじめ、本番シーンが惜しげもなく描写されている。マスクされていないセックスのシーン導入は、両親、3人の子供(18〜22歳)および祖父の性生活を明らかにするため[335] フランス語
ニンフォマニアック 2013 ラース・フォン・トリアー監督の鬱三部作の最終作品として、約5時間半もの長編映画。ベルリン映画祭に出展されている。2部構成のドラマ。セックスのシミュレーションのシーンを作成するため、フォン・トリーアはデジタル合成を使用して、ポルノ映画の俳優の性器を映画の俳優の身体に重ね合わせた[336]カンヌ映画祭でプロデューサーのルイーズ・ヴェスは次のように説明。「セックスをするふりをした俳優を撮影し、実際にセックスをした人の体を二重にした。星になり、腰の下の(原型)はダブルになります。」さらにゲインズブールとマーティンは、撮影中に人工膣が使用されたことを明らかにした。まず俳優たちがセックスシーンを演じ、ボディダブルたちが本当にセックスしてその演技を再現する。そしてボディダブルたちの性器の映像が、俳優たちのものとして差し替えられた。つまり普通の映画と同じということ。またセットには人工女性器が用意されていたとされる。 英語
Pornopung 2013 ヨハン・カオス監督の2013年のノルウェー映画で、露骨なフェラチオのシーンが描かれている.[337] ノルウェー語
Stranger by the Lake (The Unknown Lake、邦題:湖の見知らぬ男 2013 監督アラン・ギロディ、出会い系サイトで映画チームが見つけたライナーで作られた、射精を含む男性間のフェラチオ[338] など。ボデイダブルを使用して撮影された本番行為のシーンが含まれている.[339] フランス語
Wetlands 2013 デヴィッド・ヴェンドの映画には、ほうれん草のピザで4人の男性がオナニーと射精をする実際のシーンが含まれているが、シーンを撮影するためにポルノ俳優が雇われる.[340] ドイツ語
Pasolini 2014 ピアパオロ・パソリーニの生涯の最後の日についてのアベル・フェラーラの映画で、延長されたシミュレートされていないフェラチオシーケンスを示している.[341] 英語, イタリア語, フランス語
Diet of Sex 2014 Borja Brun監督作のスペイン映画で、本国ではR18指定。2013年にPollyGrind映画祭に正式出品され、賞も取っている。全編にわたる局部やフェラ、挿入結合などをアップで撮影。シミュレートされていないセックスシーンを特集している.[342][343]。フェラチオ、クンニリングス、 ラケル・マルティネスとマーク・ロドリゲスの間のマスクされていない貫通がみられる スペイン語
Angry Painter (Sungnan Hwaga) 2015 キュ・ファンチョンの映画で、「X指定」の性的コンテンツが含まれている

ムン・ジョンウォンとロシアの女優ナタリア・ブリーニアの間のシミュレートされていない性交シーンを含む.[344]

朝鮮語
Love 2015 フランス・ベルギー合作。ギャスパー・ノエ監督が、情熱的な愛を大胆な性描写を交えて描いている。シーン冒頭にカール・グルスマンの局部をしごきしながら、自らも丸出しで手マンをなされるアオミ・ムヨックの姿やクララ・クリスティンへの挿入、女性2人と男性1人の3人でのセックスなど非日常的なシーンが展開する。カンヌ映画祭で公開され、当然のことながら物議を醸した。なお、このフィルムでギャスパー・ノエは性行為の場面を3-Dでのリリースであるとして注目された.[345]。シミュレートされていないセックスシーンの「繰り返し」と「シナリオにおける重要性」のため、この映画はフランスで少なくとも18年間上映禁じられている[346] 英語、フランス語
Much Loved (Zin Li Fik) 2015 ナビル・アヨシュによるマラケシュの売春に関するこの映画の拡張版には、Loubna Abidarによるシミュレートされていないフェラチオが含まれている。このシーンは、カンヌで上映された映画の最終カットから削除された可能性が最も高い。なぜなら、ハリウッドレポーターの映画のレビューによると、キャストのアヨシュは「身体の部分を明らかにするのにgeneでみえない」。[347] アラビア語, フランス語
Drakkar 2015 フランス映画でロッテルダム国際映画祭正式出品作品。監督:Maud Alpiで、フェラシーンなどがある。 フランス語
Paris 05:59: Théo & Hugo 2016 この映画は、パリのセックスクラブでの18分間のシミュレートされていないゲイの乱交シーンで始まる.[348][349] フランス語
We Are the Flesh (Tenemos la carne) 2016 エミリアーノ・ロシャ・ミンター監督のメキシコ映画で、クライマックスまでとらえたオナニーのシーンを含む、シミュレートされていないセックスシーンが含まれている.[350] スペイン語
Needle Boy 2016 アレクサンダー・バク・サグモ監督の映画で、シミュレートされていないセックスシーンを特集している.[351][352] デンマーク語
The Untamed 2016 メキシコ・デンマーク・仏・独・ノルウェー・スイスの合作。監督はアマト・エスカランテで出演はシモーネ・ブッチョ。本番行為の描写ではないがペニスそっくりな触手が、作品の前半にシモーネ・ブッチョ演ずる全裸のヴェロニカのお股を攻め立てたり、後半でルース・ラモス演じるアレハンドラに絡みつき、挿入しまくる描写が展開する。 スペイン語、デンマーク語他
FADO 2016 ドイツ・ポルトガル合作で、監督はヨーナス・ロスレンデル。主演女優のルイーゼ・ヘイヤーが本当にフェラに及ぶが、かなりのアップで撮影されているので本人である確証は得られないかもしれない。 ドイツ語、ポルトガル語
Love Machine (Mashina Lyubvi) 2016 モスクワ国際映画祭にも出品された作品。主演の二人であるパーヴェル・ルミノフ監督とナタリヤ・アニシモワが恋人同士。ロシア映画史上類を見ないという過激な演出となっている。

このパベル・ルミノフの性的に露骨な映画には、オーラルセックスを含む多少議論の余地のある(実際の意図に関して)性的表現が含まれている.[353][354][355]

ロシア語
The Night (La noche) 2016 エドガルド・カストロの映画で、シミュレートされていない性行為の長いシーケンスを取り上げている.[356] スペイン語
Ana, mon amour 2017 CălinPeter Netzer監督の映画には、シミュレーションを行わないセックスシーンが含まれている.[357] ルーマニア語, ロシア語
A Thought of Ecstasy 2017 ロルフ・ピーターカールの映画。これには完全に正面からのヌード、勃起したペニス、露出した膣、およびシミュレートされていないセックスシーンの画像が含まれている.[358] ドイツ語
Der Geschmack von Leben 2017 ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭出品作品で監督はローランド・レーバー。脚本はミラ・ギトナーと 演者のアンチェ・メンニング。有名女優のアンチェ・メンニングが無毛の局部を堂々ぴろげる姿の他、劇中で相手俳優のをがっつりと咥えた挙句に、精液まですすり尽くすシーンが描かれているが、有名な話でメンニング自身露出狂という性癖を抱えており、裸同然の姿をたびたび晒して罰金刑を受けたこともある ドイツ語
Picture of Beauty 2017 マキシム・フォードの映画で、シミュレートされていないセックスシーンが含まれている.[359] 英語
Marfa Girl 2 2018 ラリー・クラークの2012年の映画「マーファガール」の続編。この映画には、俳優以外の演者による本物のセックスシーンが含まれている.[360] 英語
Mektoub, My Love: Intermezzo 2019 アブデラティフ・ケシシュ監督作、シミュレーションされていないクンニリングスの13分間のシーンを特集している.[361]。俳優ロミオ・ラクールの行為オフィーリ・アバウへのクンニリングス[362]が非シミュレート[363] フランス語

アダルトビデオ[編集]

日本において1981年に登場したアダルトビデオでは最初期から本番行為を含む作品も存在するが、演技であったものも少なくない。特に「ランク」の高い女優にとってはそれが当たり前であったという[364]。日本のアダルトビデオでは最終的に必ずモザイク処理が行われるため、撮り方次第でいかにも実際に本番行為を行っているかのように見せることができるためである。また人気AV女優が男性誌のインタビューで堂々と「フェラチオでしゃぶっているものはガムテープで作ったオブジェクト」「撮影現場では前張りを付けている」「本番はやりません」などと述べた例などもあった[365]

しかしその後著名なAV監督である村西とおるの作品が人気となり、アダルトビデオ業界で本番行為が市民権を得る[366]。そしてビデ倫の衰退と、モザイク処理の強度が弱まった1993年以降のインディーズビデオ/セルビデオの隆盛、いわゆる「シースルービデオ」「薄消しビデオ」の登場により[367]、疑似本番行為で誤魔化すことが非常に行い難くなった[368]。こういった経緯によりアダルトビデオでは疑似本番は縮小され、まさしくの本番行為が多くみられる様になっていった。

風俗店[編集]

日本には売春防止法が存在するため、箱ヘルデリヘルホテヘルイメクラ、また性感エステなどでの本番行為は厳禁となる。そのため、女性従業員と男性客が秘密裏に金銭の授受を行い、本番をしてしまった場合は売春防止法違反となり、店舗は営業停止せざるを得なくなる。

ソープにおいては本番行為を黙認されているが、銭湯に通う男性と女性従業員が、両者の同意(個人の自由意思)による「営業外行為」という体裁を取っている。

本番強要[編集]

本番行為を禁止している風俗店で、風俗に通う客が風俗嬢に身体的また精神的脅迫等をして本番行為を迫ること。俗に「本強」とも言う。そのようなことを行なった場合は通常であれば、強姦の容疑者として警察に引き渡すものだが、店が被害者である女性の身を案じて、また容疑者が仕事上の立場や家庭環境など今後の人生を懸念して、高額の慰謝料を支払うことで示談にする場合も多い。その後は出禁とされるのが通例である。

出典/脚注[編集]

  1. ^ a b 藤木 2009, p. 69.
  2. ^ 藤木 2009, p. 91.
  3. ^ http://movies.yahoo.co.jp > 映画トップ > 作品
  4. ^ Dirks. “History of Sex in Cinema: The Greatest and Most Influential Sexual Films and Scenes”. Filmsite.org. American Movie Classic Company. 2010年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月4日閲覧。
  5. ^ Corliss, Richard (2005年3月29日). “That Old Feeling: When Porno Was Chic”. TIME. オリジナルの2016年2月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160224174609/http://content.time.com/time/arts/article/0,8599,1043267,00.html 2009年12月4日閲覧。 
  6. ^ Hohendal, Kristin (2001年7月1日). “Film Goes All the Way (In the Name of Art)”. New York Times. オリジナルの2010年12月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101209083623/http://www.nytimes.com/2001/07/01/movies/film-film-goes-all-the-way-in-the-name-of-art.html?pagewanted=1 2009年11月29日閲覧。 
  7. ^ Gerrard, Nicci (1999年10月3日). “Coming soon to a cinema near you”. Thihe Observer (London). オリジナルの2014年3月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140312000944/http://www.theguardian.com/film/1999/oct/03/1 2009年12月4日閲覧. "Catherine Breillat's controversial French film, Romance, has just been given an 18 certificate by the British Board of Film Classification. It will be granted the respectability of mainstream cinemas round the country. It has been passed because it is 'philosophical', not pornographic. It is about sexual relationships, not an aid to sexual gratification." 
  8. ^ Jensen, Michael (November 2006). “Legitimizing Illegitimacy: Identity Spaces and Markets for Illegitamate Products”. Organizations & Markets Workshop (Chicago Booth). http://www.chicagobooth.edu/research/workshops/orgs-markets/docs/jensen-legitimacy.pdf 2009年12月4日閲覧。. 
  9. ^ “Explicit Euro-sex test for British censors”. The Guardian (London). (1999年2月22日). オリジナルの2014年2月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140204045908/http://www.theguardian.com/film/1999/feb/22/news 2009年12月4日閲覧。 
  10. ^ Wilmington, Michael (2001年8月27日). “Graphic Sex Scenes on Film Causing Little Fuss--for Now”. Los Angeles Times. オリジナルの2011年9月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110904151852/http://articles.latimes.com/2001/aug/27/entertainment/ca-38822 2009年12月4日閲覧。 
  11. ^ Dalton, Stephen (2006年10月7日). “Sealed with a Glasgow kiss”. The Times (London). http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/film/london_film_festival/article651832.ece 2010年1月10日閲覧。 
  12. ^ Barlow, Helen (2015年12月9日). “Director Gaspar Noé explains why real sex scenes were filmed for Love movie”. Irish Examiner. オリジナルの2018年7月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180731123354/https://www.irishexaminer.com/lifestyle/artsfilmtv/director-gaspar-noe-explains-why-real-sex-scenes-were-filmed-for-love-movie-370409.html 2018年7月31日閲覧。 
  13. ^ Logan. “Unsimulated Sex: An Interview With James Franco and Travis Matthews”. Huffington Post. The Blog. 2017年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月31日閲覧。
  14. ^ 'Enter the Void' Director Gaspar Noé Uncensored”. Black Book. 2018年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月31日閲覧。
  15. ^ Alice in Wonderland (1976/I) Archived 9 April 2010 at the Wayback Machine..
  16. ^ Peary, Danny (1988). Cult Movies 3. New York: Simon & Schuster Inc. pp. 52–56. ISBN 0-671-64810-1. 
  17. ^ What Blockbuster Didn't Bust Blockbuster's inconsistent ratings policy -- The video rental store cracks down on X and NC-17 rated films, but ignores racier unrated fare like Wild Orchid Archived 8 January 2010 at the Wayback Machine., Ty Burr, Entertainment Weekly, 29 March 1991.
  18. ^ « Entretien : John B. Root (3e partie) » sur x-intime.com. Consulté le 4 décembre 2014.
  19. ^ Voir par exemple le dossier « Les nouvelles frontières du X » dans la revue Première.
  20. ^ A Film Review by James Berardinelli.
  21. ^ Par « ouvrage de référence », il faut entendre un essai critique sérieux et non un livre qui ne sourcerait pas ses affirmations.
  22. ^ a b c d e f g h Ebbe Villadsen: デンマーク語 Erotic Film Classics (2005).
  23. ^ Selon imdb, il s'agit du premier film grand public à inclure une pénétration non simulée
  24. ^ Canby, Vincent (1969年7月22日). “Movie Review - Blue Movie (1968) Screen: Andy Warhol's 'Blue Movie'”. New York Times. https://www.nytimes.com/movie/review?res=9507E5D91738E63ABC4A51DFB1668382679EDE 2015年12月29日閲覧。 
  25. ^ Canby, Vincent (1969年8月10日). “Warhol's Red Hot and 'Blue' Movie. D1. Print. (behind paywall)”. New York Times. https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9807E4D91739EF3BBC4852DFBE668382679EDE 2015年12月29日閲覧。 
  26. ^ a b Comenas, Gary (2005年). “Blue Movie (1968)”. WarholStars.org. 2015年12月29日閲覧。
  27. ^ Comenas, Gary (1969年). “21 July 1969: Andy Warhol's Blue Movie Opens”. WarholStars.org. 2016年1月20日閲覧。
  28. ^ Haggerty, George E. (2015). A Companion to Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender, and Queer Studies. p. 339. https://books.google.com/books?id=eUf3CQAAQBAJ&pg=PA339&lpg=PA339&dq=Variety+June+18,+1969+%22Blue+Movie%22&source=bl&ots=fce9PuITMk&sig=YSS9R0fpvprgjHJMeFvp8VxiLoU&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwinxffWnbnKAhWIrD4KHZIRAUcQ6AEIHDAA#v=onepage&q=Variety%20June%2018%2C%201969%20%22Blue%20Movie%22&f=false 2016年1月20日閲覧。. 
  29. ^ Thrower, Stephen; Grainger, Julian (2015). Murderous Passions: The Delirious Cinema of Jesús Franco. Strange Attractor Press. ISBN 1907222316. 
  30. ^ 99 Women. www.anotherworldent.com (in デンマーク語)
  31. ^ Lucas, Tim. Blood and Black Lace DVD, Image Entertainment, 2005. ASIN: B000BB1926
  32. ^ Curti, Roberto (2017). The Life and Works of a Born Filmmaker. McFarland & Company. p. 244. ISBN 1476669708. 
  33. ^ Sex and the City: A Situationist Reading of Jens Jorgen Thorsen’s Film Adaptation of Henry Miller’s Quiet Days in Clichy (PDF - no.30.) journals.openedition.org
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Sheridan, Simon (2011). Keeping the British End Up: Four Decades of Saucy Cinema. Titan Books Ltd. ISBN 0857682792. 
  35. ^ Lentz III, Harris M. (2014). Obituaries in the Performing Arts, 2013. McFarland & Company. p. 314. ISBN 0786476656. 
  36. ^ Bacchanale. Archived 12 March 2017 at the Wayback Machine. The Worldwide Celluloid Massacre
  37. ^ Lentz III, Harris M. (2016). Obituaries in the Performing Arts, 2015. McFarland & Company. p. 274. ISBN 0786476672. 
  38. ^ Andrew Hershberger. Cry Uncle!. Archived 19 September 2015 at the Wayback Machine. efilmcritic.com. 25 February 2001.
  39. ^ Curti, Roberto (2013). イタリア語 Crime Filmography, 1968–1980. McFarland & Company. p. 295. ISBN 0786469765. 
  40. ^ Lizard in a Woman's Skin. action-cut.com (フランス語)
  41. ^ Le Venin de la Peur. Archived 2 March 2017 at the Wayback Machine. ohmygore.com (フランス語)
  42. ^ Luminous Procuress. Archived 12 March 2017 at the Wayback Machine. The Worldwide Celluloid Massacre
  43. ^ Luminous Procuress 2. www.chicagoreader.com
  44. ^ Secret Rites. Archived 2 April 2017 at the Wayback Machine. cinemawasteland.com
  45. ^ (英語) Le film fut d'abord classé X selon le site Blockbuster. Voir aussi Notcoming.com
  46. ^ A Clockwork Blue. dvdcompare.net
  47. ^ Jekyll and Hyde Portfolio / A Clockwork Blue (Limited Edition BluRay / DVD Combo). 10kbullets.com
  48. ^ 1997: Why PINK FLAMINGOS was banned. Archived 7 June 2015 at the Wayback Machine. Censorship in Australia.
  49. ^ Terza ipotesi su un caso di perfetta strategia criminale. Archived 2 February 2017 at the Wayback Machine. ilmiovizioeunastanzachiusa.wordpress.com (イタリア語)
  50. ^ Il crudele western di Corbucci e la pericolosa indagine di Lou Castel in dvd. www.taxidrivers.it
  51. ^ RENATO POLSELLI INTERVIEW AND FILMOGRAPHY - by Jason J. Slater. www.tapatalk.com
  52. ^ Curti, Roberto (2013). イタリア語 Crime Filmography, 1968–1980. United States: McFarland & Company. p. 50. ISBN 9780786469765. 
  53. ^ Red Headed Corpse (xxx version). zddvm.com
  54. ^ Das Grauen kommt Nachts erstmals auf DVD. www.schnittberichte.com
  55. ^ Delirio caldo (uncut). zddvm.com
  56. ^ Christina, The Devil Nun. Archived 28 September 2017 at the Wayback Machine. zddvm.com
  57. ^ Christina, The Devil Nun aka: Loves of a Nympho. Archived 28 September 2017 at the Wayback Machine. NUNSPLOITATION FILMS
  58. ^ Rediscovering Brunello Rondi. offscreen.com
  59. ^ Thriller: A Cruel Picture - Comparison: Vengeance Edition/Limited Edition. www.movie-censorship.com
  60. ^ RENATO POLSELLI INTERVIEW AND FILMOGRAPHY - by Jason J. Slater. www.tapatalk.com
  61. ^ Stuart Willis. A Scream In The Streets. Sex Gore Mutants.
  62. ^ Ebert, Roger (1973年6月13日). “The Devil In Miss Jones - Film Review”. RogerEbert.com. 2015年2月7日閲覧。
  63. ^ Fleshpot on 42nd Street AKA The Girls of 42nd Street AKA Erotic Diary of a Happy Hooker (1973). www.dvdcompare.net
  64. ^ Other Side of the Mirror (The) AKA Al otro lado del espejo AKA La Miroir obscène AKA Lo specchio del piacere (1973). www.dvdcompare.net
  65. ^ JOURNAL INTIME D'UNE NYMPHOMANE. www.devildead.com (in フランス語)
  66. ^ A Virgin Among the Living Dead. Archived 2 December 2016 at the Wayback Machine. moria.co.nz
  67. ^ Sinful Dwarf (The) AKA Dværgen AKA Teenage Bride (Blu-ray). Archived 20 December 2016 at the Wayback Machine. dvdcompare.net
  68. ^ Comparison: R-Rated/Unrated. Archived 9 January 2017 at the Wayback Machine. movie-censorship.com
  69. ^ Anita. Archived 2 April 2014 at the Wayback Machine. scoopy.com
  70. ^ Björklund, Elisabet (2016). スウェーデン語 Cinema and the Sexual Revolution. United States: McFarland & Company. p. 222. ISBN 978-1-4766-6544-3. http://www.mcfarlandbooks.com/book-2.php?id=978-1-4766-6544-3 2017年3月11日閲覧。. 
  71. ^ Voir par exemple le dossier « Les nouvelles frontières du X » dans la revue Première.
  72. ^ DVD REVIEW: EMMANUELLE. Archived 23 July 2018 at the Wayback Machine. chud.com
  73. ^ Alberto Cavallone: Story of an Eye. Archived 30 January 2018 at the Wayback Machine. esotikafilm.com
  74. ^ Gallagher, Steve (Summer 1997), “The Libertine”, Filmmaker Magazine, http://filmmakermagazine.com/archives/issues/summer1997/metzger.php 2015年5月24日閲覧。 
  75. ^ a b Bentley, Toni (2014年6月). “The Legend of Henry Paris”. Playboy. 2016年1月26日閲覧。
  76. ^ a b Bentley, Toni (2014年6月). “The Legend of Henry Paris (PDF)”. ToniBentley.com. 2016年1月26日閲覧。
  77. ^ Penitencier de femmes perverses. www.cinefiches.com
  78. ^ Rediscovering Brunello Rondi. offscreen.com
  79. ^ Movie Rip-Offs: A User’s Guide – Détournement and Dub Parodies: Les Filles de Kamare (The Girls of Kamare). Physical Impossibility.
  80. ^ La bonzesse. archive.wikiwix.com (in フランス語)
  81. ^ Brendan Babish. Sweet Movie. Archived 31 August 2014 at the Wayback Machine. DVDVerdict. 2 July 2007.
  82. ^ Flossie. Archived 26 December 2016 at the Wayback Machine. Adams Underground>
  83. ^ Endnotes no. 26. Archived 21 July 2016 at the Wayback Machine. Senses of Cinema
  84. ^ a b Immoral Tales (Contes immoraux). Archived 8 August 2016 at the Wayback Machine. The Digital Fix
  85. ^ Lorna The Exorcist AKA Les Possédées du Diable. www.dvdcompare.net
  86. ^ LORNA, THE EXORCIST. www.tcm.com
  87. ^ Countess Perverse AKA Le comtesse perverse AKA The Perverse Countess. Archived 7 June 2017 at the Wayback Machine. dvdcompare.net
  88. ^ Carnal Revenge (1974). hwww.flickchart.com
  89. ^ OBSESSIONS CHARNELLES - 1974. www.cinefiches.com
  90. ^ Il pavone nero. Archived 18 February 2018 at the Wayback Machine. filmtv.it
  91. ^ Il Pavone nero (hardcore version). Archived 18 February 2018 at the Wayback Machine. zddvm.com
  92. ^ Curti, Roberto (2017). イタリア語 Gothic Horror Films, 1970-1979. McFarland & Company. ISBN 978-0-7864-7667-1. 
  93. ^ Atanasov, Dr. Svet (2011年6月11日). “The Image Blu-ray Review”. www.blu-ray.com. 2013年7月17日閲覧。
  94. ^ Numéro deux (No. 2). www.dvdtalk.com
  95. ^ Jean-Luc Godard-Number Two. thelastexit.net
  96. ^ The Teenage Prostitution Racket. www.dvdcompare.net
  97. ^ “‘Tis a Pity She’s a Whore…”. www.zekefilm.org
  98. ^ The Teenage Prostitution Racket (1975) Blu-ray Review: Don't Try This at Home, Kids. cinemasentries.com
  99. ^ Black Emanuelle (1975).”. 2017年10月5日閲覧。
  100. ^ Black Emanuelle/Review - The Grindhouse Cinema Database”. www.grindhousedatabase.com. 2017年10月5日閲覧。
  101. ^ Emanuelle e Francoise le sorelline Review (1976)”. www.thespinningimage.co.uk. 2017年10月5日閲覧。
  102. ^ Emanuelle e Francoise: Le Sorelline (1976) - Aristide Massaccesi - Synopsis, Characteristics, Moods, Themes and Related - AllMovie”. AllMovie. 2017年10月5日閲覧。
  103. ^ Max Pécas - Max attacks!. www.lesinrocks.com
  104. ^ Cuginetta inglese, La (Soft + XXX) (Ed. Limitata E Numerata). www.bloodbuster.com
  105. ^ Hot Nights of Linda (The) AKA Les nuits brûlantes de Linda AKA But Who Raped Linda? (Blu-ray). Archived 18 October 2015 at the Wayback Machine. dvdcompare.net
  106. ^ Comparison: US DVD/German Laser Paradise DVD. Archived 24 November 2016 at the Wayback Machine. movie-censorship.com
  107. ^ Comparison: Softcore Version/Hardcore Version. Archived 24 November 2016 at the Wayback Machine. movie-censorship.com
  108. ^ Le sexy goditrici. www.kultvideo.com
  109. ^ Exorcism AKA L'Éventreur de Notre-Dame AKA Demoniac AKA The Ripper of Notre Dame. Archived 4 April 2016 at the Wayback Machine. dvdcompare.net
  110. ^ JUSTINE & JULIETTE. Archived 1 January 2016 at the Wayback Machine. dvddrive-in.com
  111. ^ Curti, Roberto (2017). イタリア語 Gothic Horror Films, 1970-1979. United States: McFarland & Company. p. 156. ISBN 978-1476664699. https://www.amazon.com/イタリア語-Gothic-Horror-Films-1970-1979/dp/1476664692 2018年8月2日閲覧。. 
  112. ^ Lips of Blood. Archived 17 March 2017 at the Wayback Machine. Midnight Only
  113. ^ Rêves pornos. archive.wikiwix.com
  114. ^ Wham Bam Thank You Spaceman. Archived 15 August 2017 at the Wayback Machine. Horror Cult Films
  115. ^ Breaking Point. Archived 18 August 2017 at the Wayback Machine. Iken Eiga [Zé do Clermont] (フランス語)
  116. ^ Rolls-Royce Baby. Archived 31 May 2017 at the Wayback Machine. Girls, Guns and Ghouls
  117. ^ A Fellatio Scene from the Film. Archived 1 August 2017 at the Wayback Machine. i.imgur.com
  118. ^ Slavoj Zizek (2004). Organs without bodies: Deleuze and consequences. Routledge. p. 173. ISBN 0-415-96921-2. 
  119. ^ PUSSY TALK (La sexe qui parle). devildead.com
  120. ^ Le Sexe qui parle (1975) - DVD (Version soft). www.dvdfr.com
  121. ^ Barbed Wire Dolls AKA Frauengefängnis AKA Caged Women AKA Women's Penitentiary IV. Archived 1 December 2016 at the Wayback Machine. dvdcompare.net
  122. ^ Wurm, Gerald. “Black Emanuelle (Comparison: BBFC 18 DVD - イタリア語 DVD) - Movie-Censorship.com”. www.movie-censorship.com. 2017年10月5日閲覧。
  123. ^ LUXURE DVD. www.twistedanger.com
  124. ^ Sweet Taste of Honey.www.trashpalace.com
  125. ^ Mathijs, Ernest; Mendik, Xavier (2007). The Cult Film Reader. Open University Press. ISBN 978-0335219230. https://books.google.com/books?id=dWX4AAAAQBAJ&printsec=frontcover&dq=978-0335219230+%22The+Cult+Film+Reader%22&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwj-6efqoebeAhUN1lkKHVltCnkQ6AEIMDAB#v=onepage&q=978-0335219230%20%22The%20Cult%20Film%20Reader%22&f=false. 
  126. ^ Ebert, Roger (1976年11月24日). “Alice in Wonderland:An X-Rated Musical Fantasy”. RogerEbert.com. 2016年2月26日閲覧。
  127. ^ Kehr, Dave (2009年4月24日). “Nagisa Oshima's Realm of Restraint and Precision”. New York Times. https://www.nytimes.com/2009/04/26/movies/homevideo/26kehr.html 2009年11月28日閲覧。 
  128. ^ Ford, Luke (1999). A History of X: 100 Years of Sex in Film. Prometheus Books. pp. 94–95. ISBN 1573926787. https://books.google.com/books?id=OzQdMS2ldIwC&pg=PA94&dq=%22Through+the+Looking+Glass%22+Middleton&hl=en&sa=X&ei=TQqkUoTsJoeOkAeS2IDgCA&ved=0CC4Q6AEwAA#v=onepage&q=%22Through%20the%20Looking%20Glass%22%20Middleton&f=false.  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  129. ^ A REAL YOUNG GIRL. Archived 7 August 2016 at the Wayback Machine. filmjournal.com
  130. ^ Review: ‘A Real Young Lady’. Archived 8 October 2016 at the Wayback Machine. Variety.com
  131. ^ A Real Young Girl (1976, Fr.) (aka Une Vraie Jeune Fille). Archived 25 January 2010 at WebCite History of Sex in Cinema
  132. ^ ‘Die Marquise von Sade’ Blu-ray Review (Ascot Elite). Archived 3 January 2017 at the Wayback Machine. nerdly.co.uk
  133. ^ Girls in the Night Traffic AKA Mädchen im Nachtverkehr AKA Wilde Lust (Blu-ray) (1976). www.dvdcompare.net
  134. ^ Calde labbra. Archived 4 March 2017 at the Wayback Machine. italo-cinema.de (German)
  135. ^ Comparison: Softcore/Hardcore. Archived 4 March 2017 at the Wayback Machine. movie-censorship.com
  136. ^ In 80 Betten um die Welt, a.k.a. Mondo Erotico (German Blu-Ray Review). diaboliquemagazine.com
  137. ^ ‘Mondo Erotico’ Blu-ray Review (Ascot Elite). www.nerdly.co.uk
  138. ^ Tom Newth. The Imaginary Documentaries of Montreal Filmmakers Frank Vitale, Allan Moyle, and Stephen Lack. Archived 6 April 2016 at the Wayback Machine. popOptiq. 20 February 2015
  139. ^ Shining sex (La fille au sexe brillant). www.sueursfroides.fr
  140. ^ Shining Sex. www.trashpalace.com
  141. ^ Cabaret des filles perverses (Le) / Blue Rita. www.ecranlarge.com
  142. ^ Das Frauenhaus (a.k.a. Blue Rita – German Blu-Ray Review). diaboliquemagazine.com
  143. ^ Das Frauenhaus. www.italo-cinema.de
  144. ^ Wurm, Gerald. “Emanuelle in America (Comparison: Softcore Version - Hardcore Version) - Movie-Censorship.com”. www.movie-censorship.com. 2017年10月5日閲覧。
  145. ^ Emanuelle Around the World: XXX European Cut (1977).”. 2017年10月5日閲覧。
  146. ^ Wurm, Gerald. “Sister Emanuelle (Comparison: US DVD - デンマーク語 DVD) - Movie-Censorship.com”. www.movie-censorship.com. 2017年10月5日閲覧。
  147. ^ Nazi Love Camp 27 AKA La svastica nel ventre. www.dvdcompare.net
  148. ^ The Mark. csfd.cz (in Czech)
  149. ^ The Mark. latenightmoviecrypt.wordpress.com
  150. ^ The Ceremony. Archived 17 May 2017 at the Wayback Machine. Movie House Commentary
  151. ^ Monsieur Sades. Archived 3 March 2016 at the Wayback Machine. nanarland.com
  152. ^ Monsieur Sade : la chronique de Nanarland”. Nanarland. 2010年6月4日閲覧。
  153. ^ Le calde notti di Caligola. Archived 2 September 2017 at the Wayback Machine. Maniaco Deprebis
  154. ^ Review: Behind Convent Walls (1978) DVD Release from Cult Epics (2010)”. Cult Following. 2018年12月14日閲覧。
  155. ^ Comparison: US DVD/Extended Version. Archived 10 November 2016 at the Wayback Machine. movie-censorship.com
  156. ^ Sister of Ursula. Archived 29 August 2017 at the Wayback Machine. Mondo Esoterica
  157. ^ Sister of Ursula (The) AKA La Sorella di Ursula. Archived 10 July 2017 at the Wayback Machine. dvdcompare.net
  158. ^ The Coming of Sin. Archived 2 November 2016 at the Wayback Machine. mondo-digital.com
  159. ^ Il porno shop della settima strada. allthatdigital.it (イタリア語)
  160. ^ Une encyclopédie du nu au cinéma, p. 404 (voir bibliographie).
  161. ^ Walerian Borowczyk's Heroines of Desire. Archived 21 July 2016 at the Wayback Machine. Senses of Cinema
  162. ^ Caligula: A Film Review by David Carter Archived 9 December 2006 at the Wayback Machine..
  163. ^ Stuart Galbraith IV. Reviews: Images in a Convent. Archived 12 August 2014 at the Wayback Machine. Media Blasters. 14 June 2005
  164. ^ Giallo a Venezia - XXX Version. Archived 3 March 2017 at the Wayback Machine. dvdcompare.net
  165. ^ GIALLO IN VENICE (1979) Blu-ray. www.dvddrive-in.com
  166. ^ Film Review: Malabimba. Archived 16 March 2017 at the Wayback Machine. horrornews.net
  167. ^ Bare Behind Bars (1980). Archived 27 February 2016 at the Wayback Machine. Girls, Guns and Ghouls
  168. ^ Comparison: Unrated/Hardcore Version. Archived 11 November 2016 at the Wayback Machine. movie-censorship.com
  169. ^ Curti, Roberto (2019). イタリア語 Gothic Horror Films, 1980-1989. McFarland & Company. ISBN 1476672431. 
  170. ^ Curti, Roberto (2019). イタリア語 Gothic Horror Films, 1980-1989. McFarland & Company. ISBN 1476672431. 
  171. ^ Erotic Nights of the Living Dead. Archived 29 May 2016 at the Wayback Machine. 10kbullets
  172. ^ Comparison: Original Version/Hardcore Version Archived 4 July 2016 at the Wayback Machine. Movie - Censorship.com
  173. ^ Sesso nero AKA Orgasmo Nero III AKA Black Sex AKA Exotic Malice. Archived 6 October 2017 at the Wayback Machine. dvdcompare.net
  174. ^ Curti, Roberto (2015). イタリア語 Gothic Horror Films, 1957-1969. ISBN 978-0786494378. https://www.amazon.com/イタリア語-Gothic-Horror-Films-1957-1969/dp/0786494379 2018年7月8日閲覧。. 
  175. ^ Allmer, Patricia; Brick, Emily; Huxley, David (2012). European Nightmares: Horror Cinema in Europe since 1945. Columbia University Press. ISBN 978-0-231-16206-7. 
  176. ^ Stine Aaron, Scott (2003). The Gorehound's Guide to Splatter Films of the 1980s. McFarland & Company. ISBN 0-7864-1532-0. 
  177. ^ OSCENITA (1979). asiancult.com
  178. ^ Hard Sensation. italo-cinema.de (German)
  179. ^ Comparison: Softcore Version/Hardcore Version. Archived 3 July 2016 at the Wayback Machine. Movie - Censorship.com
  180. ^ Orgasmo Nero. Archived 2 August 2016 at the Wayback Machine. Film Critics United
  181. ^ PORNO KILLERS. asiancult.com
  182. ^ Tiff’s Flesh + Blood: The Films of Paul Verhoeven Review: Spetters (1980). OLLIE ENGLAND Archived 14 March 2014 at the Wayback Machine.. 12 February 2014
  183. ^ Peter Bradshaw. Taxi zum Klo – review. Archived 4 March 2016 at the Wayback Machine. The Guardian. 21 April 2011
  184. ^ The Fruits of Passion. Archived 18 July 2016 at the Wayback Machine. The Digital Fix
  185. ^ Shipka, Danny (2011). Perverse Titillation: The Exploitation Cinema of Italy, Spain and France, 1960-1980. United States: McFarland & Company. p. 133. ISBN 0786448881. https://www.amazon.ca/Perverse-Titillation-Exploitation-Cinema-19601980/dp/0786448881 2017年1月10日閲覧。. 
  186. ^ Stine Aaron, Scott (2003). The Gorehound's Guide to Splatter Films of the 1980s. United States: McFarland & Company. p. 62. ISBN 978-0786415328. https://www.amazon.com/Gorehounds-Guide-Splatter-Films-1980s/dp/0786415320/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1533244184&sr=8-1&keywords=The+Gorehound%27s+Guide+to+Splatter+Films+of+the+1980s 2018年8月2日閲覧。. 
  187. ^ Ralph Elawani. Scandale. Archived 11 June 2015 at the Wayback Machine. Canuxploitation.
  188. ^ Comparison: Softcore Version/Hardcore Version. Archived 12 November 2016 at the Wayback Machine. movie-censorship.com
  189. ^ Tuna. “Aphrodite”. www.scoopy.com. 2018年12月13日閲覧。
  190. ^ Curti, Roberto (2018). Mavericks of イタリア語 Cinema: Eight Unorthodox Filmmakers, 1940s–2000s. United States: McFarland & Company. p. 57. ISBN 978-1476672427. https://www.amazon.com/Mavericks-イタリア語-Cinema-Unorthodox-1940s-2000s/dp/1476672423 2018年8月2日閲覧。. 
  191. ^ BACANALES ROMANAS. Archived 5 August 2017 at the Wayback Machine. bfi.org.uk
  192. ^ A Clip. Archived 4 August 2017 at the Wayback Machine. ancensored.com
  193. ^ Luz del Fuego-The Movie. Archived 4 March 2016 at the Wayback Machine. (Portuguese)
  194. ^ Sexual Scene from the Film. Archived 21 September 2017 at the Wayback Machine. i.imgur.com
  195. ^ PERDIDA EM SODOMA. Archived 9 August 2017 at the Wayback Machine. Cinemateca Brasileira (Portuguese)
  196. ^ A Fellatio scene from the film at 28:48. youtube.com (age restricted)
  197. ^ Killing of the Flesh. Archived 5 March 2017 at the Wayback Machine. filmtipps.at
  198. ^ THE PERVERSE, DERANGED AND LOST MOVIES OF ALBERTO CAVALLONE (PART 2). filmthreat.com
  199. ^ Taking Tiger Mountain. Archived 12 March 2017 at the Wayback Machine. The Worldwide Celluloid Massacre
  200. ^ Wurm, Gerald. “Emmanuelle 4 (Comparison: Original Version - Canadian VHS) - Movie-Censorship.com”. www.movie-censorship.com. 2017年10月5日閲覧。
  201. ^ Lilian. 10kbullets.com
  202. ^ Lilian (la virgen pervertida) (Jess Franco, 1984). kinodetour.wordpress.com
  203. ^ The Alcove (1985). Archived 7 September 2014 at the Wayback Machine. Severin Films
  204. ^ James Joyce's Women (1985). Archived 3 February 2015 at the Wayback Machine. Movie House Commentary.
  205. ^ Canby, Vincent (1987年5月29日). “Devil in the Flesh (1986)”. New York Times. https://movies.nytimes.com/movie/review?res=9B0DE3DA143FF93AA15756C0A961948260 2009年11月28日閲覧。 
  206. ^ Hume, Christopher (1986年8月13日). “Sex act offends censor festival film ordered cut”. Toronto Star. https://pqasb.pqarchiver.com/thestar/access/475352111.html?dids=475352111:475352111&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&type=current&date=Aug+13%2C+1986&author=Christopher+Hume+Toronto+Star&pub=Toronto+Star&desc=Sex+act+offends+censor+festival+film+ordered+cut&pqatl=google 2009年11月29日閲覧。 
  207. ^ Voir par exemple le dossier « Les nouvelles frontières du X » dans la revue Première.
  208. ^ Une encyclopédie du nu au cinéma, p. 404 (voir bibliographie).
  209. ^ Films à scandale !, p. 101 (voir bibliographie).
  210. ^ Wurm, Gerald. “Emmanuelle 5 (Comparison: Original European Version - フランス語 VHS Version) - Movie-Censorship.com”. www.movie-censorship.com. 2017年10月5日閲覧。
  211. ^ Wurm, Gerald. “Emmanuelle 6 (Comparison: US DVD - フランス語 VHS) - Movie-Censorship.com”. www.movie-censorship.com. 2017年10月5日閲覧。
  212. ^ Hotel St. Pauli” (2013年3月27日). 2017年10月5日閲覧。
  213. ^ Kindergarten. Archived 19 August 2017 at the Wayback Machine. Boyhood (with pictures)
  214. ^ ‘Kinski Paganini: originalna verzija’ (1989). Archived 6 October 2016 at the Wayback Machine. Žuti titl. (Croatian)
  215. ^ James Berardinelli. Tokyo Decadence. ReelViews. 8/6/93.
  216. ^ Greg Wroblewski. The Soft Kill. Archived 1 April 2014 at the Wayback Machine. Movie House Commentary.
  217. ^ Voir par exemple le dossier « Les nouvelles frontières du X » dans la revue Première.
  218. ^ Erickson, Steve (2000年11月29日). “Mysteries of Love”. Minneapolis City Pages. http://www.citypages.com/2000-11-29/movies/mysteries-of-love/ 2009年12月4日閲覧。 
  219. ^ “Group sex film passed by censor”. https://www.independent.co.uk/news/group-sex-film-passed-by-censor-1071335.html 2017年9月17日閲覧。 
  220. ^ L'Ennui. Archived 1 August 2018 at the Wayback Machine. www.tiff.net
  221. ^ Naughty Netflix: Fiona. Archived 31 March 2014 at the Wayback Machine. 17 November 2009
  222. ^ Lodewijk Crijns. Spirituele extase door middel van piercing. Archived 24 March 2015 at the Wayback Machine. De Filmkrant. February 1999 (Dutch)
  223. ^ (イタリア語) Marco Giusti, Dizionario dei film italiani stracult, Sperling & Kupfer Editori, 2000, p. 231.
  224. ^ Adair, Gilbert (1999年9月28日). “Welcome to planet porn”. Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/media/welcome-to-planet-porn-738876.html 2009年11月29日閲覧。 
  225. ^ Nouvelobs.com
  226. ^ Nouvelobs.com
  227. ^ Voir par exemple le dossier « Le sexe à l'écran, des mots aux images », dans la revue Synopsis
  228. ^ Première, n°281, été 2000, p. 42
  229. ^ Simpson, Clare (2015年2月25日). “10 Mainstream Films With Unsimulated Sex Acts - Pola X”. WhatCulture.com. 2015年7月6日閲覧。
  230. ^ Ebert, Roger (2000年10月6日). “Film Review - Pola X”. RogerEbert.com. 2015年7月6日閲覧。
  231. ^ Pola X”. Cannes Film Festival (1999年). 2015年7月6日閲覧。
  232. ^ LA DONNA LUPO. www.mymovies.it (in イタリア語)
  233. ^ Morante: sesso sul set? No Gerini: "Qui troppo moralismo". www.ilgiornale.it (in イタリア語)
  234. ^ Che schifezza i corpi addosso. ricerca.repubblica.it (in イタリア語)
  235. ^ Vampire Strangler. www.scoopy.com
  236. ^ Vampire Strangler (1999). www.dantenet.com
  237. ^ Vampire Strangler 2-DVD Collector's Edition. www.dvdtalk.com
  238. ^ a b c Tim Adams (2006年11月26日). “Everybody's doing it...”. The Guardian (London: Guardian News and Media Limited). http://film.guardian.co.uk/features/featurepages/0,,1957071,00.html 2007年1月15日閲覧。 
  239. ^ Première, no 281, été 2000, p. 70
  240. ^ Voir par exemple le dossier « Le sexe à l'écran, des mots aux images », dans la revue Synopsis
  241. ^ Première, no 278, avril-mai 2000, p. 84
  242. ^ Scrapbook (2000)-with pictures. www.filmsite.org.
  243. ^ Voir par exemple le dossier « Les nouvelles frontières du X » dans la revue Première.
  244. ^ Voir par exemple le dossier « Le sexe à l'écran, des mots aux images », dans la revue Synopsis
  245. ^ Dangerous liaisons” (2001年6月22日). 2017年10月5日閲覧。
  246. ^ Scott Weinberg. The Pornographer. Archived 13 March 2016 at the Wayback Machine. 14 June 2005
  247. ^ « Bertrand Bonello raconte l'action en justice contre Le Pornographe », Les Inrockuptibles, 6 novembre 2001
  248. ^ Sex and Lucia - Comparison: R-rated/Unrated version. Archived 4 August 2014 at the Wayback Machine..
  249. ^ Film of the Month: Dog Days. Archived 3 August 2012 at the Wayback Machine..
  250. ^ Esquire Cuts Sex Scene from Center of the World. www.citybeat.com
  251. ^ La novia de Lázaro. www.cinestrenos.com (in Spanish)
  252. ^ Wolf of the West Coast. Archived 27 August 2014 at the Wayback Machine. Women in Prison Films. 13 February 2013
  253. ^ Testing the Waters. www.nysun.com
  254. ^ Charles Taylor. "Secret Things". Archived 2 November 2014 at the Wayback Machine. Salon.com. 20 February 2004.
  255. ^ "A naked star is born" Archived 12 February 2013 at the Wayback Machine., George Gurley, Observer, New-York, NY, USA. (accessed 11.06.2016)
  256. ^ Voir par exemple le dossier « Les nouvelles frontières du X » dans la revue Première.
  257. ^ Gilbey, Ryan (2008年2月16日). “Chloë's world”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2008/feb/16/fashion 2010年5月27日閲覧。 
  258. ^ Voir par exemple le dossier « Les nouvelles frontières du X » dans la revue Première.
  259. ^

    Chloë Sevigny pratique une fellation non simulée à l'écran

    (Mathieu Carratier, « Vincent Gallo, lui et lui-même », in Première, no 325, mars 2004, p. 28)
  260. ^ Cette anecdote est mentionnée dans le documentaire Bienvenue à Cannes, de Richard Schickel, ainsi que par Dave Kehr sur cette page.
  261. ^ PRIVATE. www.mondo-digital.com
  262. ^ Andreas Bethmann. Archived 22 October 2014 at the Wayback Machine. The Worldwide Celluloid Massacre
  263. ^ David Stanners. The Principles Of Lust. Archived 3 September 2014 at the Wayback Machine. EyeForFilm.co.uk. 11 March 2004
  264. ^ Maddox, Garry (2004年7月8日). “Censors refuse to ban film depicting real sex”. Sydney Morning Herald. http://www.smh.com.au/articles/2004/07/07/1089000230140.html 2009年11月28日閲覧。 
  265. ^ Voir entrevue avec C. Breillat à la sortie du film (Entretien réalisé pour l'émission de cinéma Désaxés, diffusée sur Radio libertaire le 1er février 2004)
  266. ^ Paragraphe Casting sur Allociné
  267. ^ Dave Kehr. Exploring the Temptation to Look (and to Look Away). Archived 28 May 2015 at the Wayback Machine. New York Times. 22 September 2004
  268. ^ Att ta varumärkesfetischen för långt. www.stockholmsfria.se (in スウェーデン語)
  269. ^ GARCON STUPIDE - STUPID BOY. Archived 27 July 2018 at the Wayback Machine. bbfc.co.uk
  270. ^ Release Info.”. 2018年7月29日閲覧。
  271. ^ History of Sex in Cinema: The Greatest and Most Influential Sexual Films and Scenes (Illustrated) 2005, Part 1”. 2015年8月15日閲覧。
  272. ^ 8mm 2 Comparison: Rated and Unrated (Movie-Censorship.com)”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  273. ^ Paragraphe Retour sur une scène-choc sur Allociné
  274. ^ Don R. Lewis. Kissing on the Mouth. Archived 19 August 2014 at the Wayback Machine. 14 September 2006
  275. ^ Nathan Lee. Watermelon-Eating Contest!. Archived 21 August 2014 at the Wayback Machine. The Village Voice. 13 February 2007
  276. ^ Sarah Cronin. Tsai Ming-Liang. Archived 21 August 2014 at the Wayback Machine. Electric Sheep Magazine. 1 November 2007
  277. ^ Keith Phipps. Princesas. Archived 23 September 2015 at the Wayback Machine. The Onion A.V. Club. 23 August 2006
  278. ^ Leslie Felperin. Review: ‘Lie with Me’. Archived 29 May 2016 at the Wayback Machine. Variety. 12 October 2005.
  279. ^ Hard-core sex film to be premiered as art at Tate Modern. Archived 27 July 2018 at the Wayback Machine. telegraph.co.uk
  280. ^ Voir par exemple le dossier « Les nouvelles frontières du X » dans la revue Première.
  281. ^ Voir par exemple le dossier « Les nouvelles frontières du X » dans la revue Première.
  282. ^ Brian D. Johnson (2 June 2006). “Sook-Yin Lee shocker in Cannes | Macleans.ca - Culture - Lifestyle”. Macleans.ca. 30 May 2012時点によるアーカイブ。. エラー: |archivedate=を指定した場合、|archiveurl=の指定が必要です。. http://www.macleans.ca/culture/lifestyle/article.jsp?content=20060605_128191_128191 2012年3月13日閲覧。. 
  283. ^ Taxidermia (2006)-insight. www.bbfc.co.uk
  284. ^ A.O.Scott. A Cerebral Skin Flick. Archived 6 November 2014 at Archive.is New York Times. 7 March 2007
  285. ^ Joachim Kurz. Auftauchen. Archived 12 November 2014 at the Wayback Machine. kino-zeit.de. 11 September 2008 (German)
  286. ^ EX DRUMMER. bbfc.co.uk
  287. ^ Release Info.”. 2018年7月28日閲覧。
  288. ^ Peter Sciretta. Sundance: It is Fine! EVERYTHING IS FINE. Movie Review. Archived 13 September 2014 at the Wayback Machine. /Film. 25 January 2007
  289. ^ 「本番説」を否定!映画「ラスト、コーション」の過激シーンで、トニー・レオン―香港
  290. ^ Voir par exemple le compte-rendu du festival de Venise par Le Point (9 septembre 2007).
  291. ^ Gregg Goldstein (2007年8月24日). “Focus won't sweat NC-17 for 'Lust'” (英語). hollywoodreporter.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。.
  292. ^ L’histoire de Richard O. – (France – 1h15) de Damien Odoul. www.journalventilo.fr (in Franch)
  293. ^ IMPORT EXPORT. www.bbfc.co.uk
  294. ^ Jay Weissberg. Review: ‘Service’. Archived 22 August 2014 at the Wayback Machine. Variety.com. 18 May 2008
  295. ^ Olivier De Bruyn (2008年5月18日). “Le rouleau compresseur Indiana Jones… et ceux qu'il a épargnés”. rue89.com. 2011年3月23日閲覧。
  296. ^ Marc Petit (2008年11月10日). “Chronique d'une famille ordinaire”. cinema.fluctuat.net. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  297. ^ Tropical Manila SD-2008. International Film Festival Rotterdam.
  298. ^ OTTO; OR, UP WITH DEAD PEOPLE (2008). Archived 27 July 2018 at the Wayback Machine. bbfc.co.uk
  299. ^ À l'Aventure. DVD Times. 8 July 2009.
  300. ^ Gary Tooze. À l'Aventure. Archived 21 May 2014 at the Wayback Machine. DVDBeaver.
  301. ^ Jay S. Jacobs. Amateur Porn Star Killer 2. Archived 1 May 2015 at the Wayback Machine. PopEntertainment.com. 6 June 2008
  302. ^ Gutterballs - Comparation: Original Version/Pin-Etration Edition. www.movie-censorship.com
  303. ^ Film Review: House of the Flesh Mannequins (2009). horrornews.net
  304. ^ House of Flesh Mannequins (2009). www.dvdcompare.net
  305. ^ Domiziano Cristopharo - "House of Flesh Mannequins" [DVD Review]. puregrainaudio.com
  306. ^ Pascal Gavillet (2009年5月19日). “Chahut et scandale autour d’"Antichrist"”. La Tribune de Genève. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  307. ^ RT Interview: Lars von Trier on Antichrist” (2009年7月22日). 2010年7月21日閲覧。
  308. ^ Tyler Foster. The Band. 16 February 2010
  309. ^ Enter The Void. www.dvdtalk.com
  310. ^ M. TSAI. Enter the Void. Memoirs of a Gaijin
  311. ^ Dogtooth-insight. Archived 21 January 2015 at the Wayback Machine. The British Board of Film Classification.
  312. ^ "Sex erzählt Geschichte". www.nw.de
  313. ^ [1] Archived 2 October 2015 at the Wayback Machine. Philadelphia City Paper. 19 May 2011.
  314. ^ (英語) Press Notes Final. http://www.cinemalibrestudio.com/NowNLater/Press_Notes_Final.pdf 2011年11月16日閲覧。. 
  315. ^ "Bedways" - Go, Libido, go!. www.spiegel.de (in German)
  316. ^ Rio Sex Comedy. variety.com
  317. ^ ‘The Bunny Game’ Doesn’t Play Nice. bloody-disgusting.com
  318. ^ Caterina Benincasa. Late review - London Film Fest 2010 Day 5 - Leap Year / Ano Bisiesto. Archived 3 August 2015 at the Wayback Machine. Bina007 Movies. 26 November 2010
  319. ^ Mike S. Ryan. GANDU. Archived 14 October 2014 at the Wayback Machine. Hammer to nail. 30 January 2011
  320. ^ Monica Meijer. Lellebelle. Archived 25 September 2015 at the Wayback Machine. Cinemagazine. 21 January 2011 (Dutch)
  321. ^ LelleBelle”. 2017年10月5日閲覧。
  322. ^ Libiot, Eric (9 September 2011). “Q: Un film sur le désir et l'amour, mais raté.” (フランス語). L'Express. 13 September 2013時点によるアーカイブ。. エラー: |archivedate=を指定した場合、|archiveurl=の指定が必要です。. http://www.lexpress.fr/culture/cinema/q_1029694.html 2013年5月31日閲覧。. 
  323. ^ Secrets de tournage à propos du film Q”. allocine.fr (2009年). 2011年9月24日閲覧。
  324. ^ Raymond Ko. Love Actually... Sucks! – Scud’s latest film censored. Archived 24 September 2015 at the Wayback Machine. 25 Jul 2011.
  325. ^ Recensie: Caged (Stephan Brenninkmeijer, 2011). Archived 16 October 2014 at the Wayback Machine. De Nachtvlinders. 3 September 2011 (Dutch)
  326. ^ Léa. Archived 2 November 2014 at the Wayback Machine. FilmBizarro.com.
  327. ^ Clip”. Screen Daily. 2018年9月15日閲覧。
  328. ^ Maja Milos”. ScreenDaily. 2013年12月27日閲覧。
  329. ^ Don Simpson. Starlet | Review. Archived 21 August 2014 at the Wayback Machine. Smells Like Screen Spirit. 12 March 2012
  330. ^ PARADIES GLAUBE - PARADISE FAITH. Archived 1 August 2018 at the Wayback Machine. bbfc.co.uk
  331. ^ Journal 20 minutes : « Vraies scènes de sexe dans un film allemand »”. Journal 20 minutes (2011年12月9日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  332. ^ La Ferrari scandalizza il Festival. www.ilsecoloxix.it (in イタリア語)
  333. ^ I WANT YOUR LOVE. Archived 30 July 2018 at the Wayback Machine. bbfc.co.uk
  334. ^ CHRONIQUES SEXUELLES D'UNE FAMILLE D'AUJOURD'HUI. www.allocine.fr (in フランス語)
  335. ^ Premières images du film de Jean Marc Barr où le sexe n'est pas simulé - Regardez”. jeanmarcmorandini.com (2011年12月5日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  336. ^ Hardcore sex in 'Nymphomaniac' puts porn actor genitals on cast's bodies”. Wired UK (2013年5月22日). 2013年7月28日閲覧。
  337. ^ Stig-Lennart Sørensen. Filmanmeldelse: «Pornopung». Archived 28 July 2013 at the Wayback Machine. Videomagasinet. (Norwegian)
  338. ^ Romain Blondeau (2013年7月30日). ““Doublure bite”, prothèses en latex ou silicone… : histoire de faux culs”. lesinrocks.com. 2014年7月22日閲覧。.
  339. ^ Osenlund, R. Kurt (2014年1月24日). “Interview: Alain Guiraudie”. Slant Magazine. 2015年1月14日閲覧。
  340. ^ Jada Yuan. Wetlands Is Sundance’s Crassest, Most Outrageous Movie. Archived 9 October 2015 at the Wayback Machine. 23 January 2014
  341. ^ Abel Ferrara’s Pasolini. paracinema.net
  342. ^ Crítica de la película “Diet of sex” (2014), de Borja Brun. www.nosolocine.net (in Spanish)
  343. ^ Entrevista a Borja Brun, director de la película “Diet of sex”. www.nosolocine.net (in Spanish)
  344. ^ BiFan 2015 Review: ANGRY PAINTER Presents Artsy Revenge Erotica. screenanarchy.com
  345. ^ Giovanni Marchini Camia. Love. Archived 22 May 2015 at the Wayback Machine. Cannes 2015 Review. 21 May 2015
  346. ^ L’interdiction du film « Love » aux moins de 18 ans confirmée par le Conseil d’Etat” (フランス語). Le Monde (2015年). 2015年9月30日閲覧。.
  347. ^ "All this for a film you haven't seen": Reflections on Much Loved [(PDF) p.23. digitalcommons.bard.edu
  348. ^ Boyer, Thomas (2016年5月16日). “F*cking Deep: Explicit Sex and Queer Cinema”. Inside Out. http://insideout.ca/torontofestival/connect/festival-blog/fcking-deep-explicit-sex-and-queer-cinema 2016年7月18日閲覧。 
  349. ^ Weissberg, Jay (2016年2月19日). “Berlin Film Review: ‘Paris 05:59’”. Variety. https://variety.com/2016/film/festivals/paris-0559-review-berlin-film-festival-1201710854/ 2016年7月18日閲覧。 
  350. ^ THE NEAR-BRILLIANT ANTI-ART DEPRAVITY OF WE ARE THE FLESH. www.audienceseverywhere.net
  351. ^ ’Needle Boy’: Skolemassakre og eksplicit sex i dansk talents særsyn af en film. soundvenue.com (in デンマーク語)
  352. ^ Little Wing Film Festival: Needle Boy. www.unrestrictedview.co.uk
  353. ^ Pavel Ruminov: Love Machine (Mashina liubvi, 2016). www.kinokultura.com
  354. ^ Mashina Lyubvi (2016). www.moviemeter.nl (in Dutch)
  355. ^ Love Machine. www.bmoviesheroes.com (in イタリア語)
  356. ^ The End of Youth: BAFICI 2016. sensesofcinema.com
  357. ^ Ana, mon amour. criticalia.com (in Spanish)
  358. ^ Tallinn Film Review: ‘A Thought of Ecstasy’. variety.com
  359. ^ ‘Picture of Beauty’ Review. www.nerdly.co.uk
  360. ^ Film Review: Larry Clark’s ‘Marfa Girl 2’. variety.com
  361. ^ Behind the 3-Hour Movie That Scandalized Cannes with Unsimulated Cunnilingus. www.vulture.com
  362. ^ Techno, alcool et cunnilingus... le film de Kechiche fait scandale à Cannes” (フランス語). leparisien.fr (2019-05-24CEST15:32:03+02:00). 2019年5月27日閲覧。
  363. ^ Abdellatif Kechiche et la scène de sexe "non simulée" : Cannes s'enflamme” (フランス語). www.purepeople.com. 2019年5月27日閲覧。
  364. ^ 藤木 2009, p. 110.
  365. ^ 藤木 2009, p. 114.
  366. ^ 藤木 2009, pp. 125-134.
  367. ^ 藤木 2009, p. 210.
  368. ^ 藤木 2009, p. 211.

記事とフォルダー[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]