ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ〜血まみれの天使〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ
〜血まみれの天使〜
Thriller - en grym film
監督 ボー・アルネ・ヴィベニウス
(別名アレックス・フリードリンスキー)
脚本 ボー・アルネ・ヴィベニウス
製作 ボー・アルネ・ヴィベニウス
出演者 クリスチーナ・リンドバーグ
ハインツ・ホッフ
ソルヴェイ・アンデーション
音楽 ラルフ・ランドステン
撮影 アンドリュー・ベリス
編集 ブライアン・ヴィークストレム
配給 スウェーデンの旗 BAVフィルム
公開 スウェーデンの旗 1974年10月30日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 107分(カンヌ国際映画祭・ノーカット版)
82分(米公開版)
製作国 スウェーデンの旗 スウェーデン
言語 スウェーデン語
テンプレートを表示

ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ〜血まみれの天使〜』(スウェーデン語原題: Thriller - en grym film, 英題: Thriller – A Cruel Picture /They Call Her One Eye)は、1973年に製作されたスウェーデンの映画。日本では劇場未公開。R-18指定作品。

概要[編集]

ボー・アルネ・ヴィベニウスは、それまでに作った映画の損失を取り戻すために本作を制作、監督した。当時、スウェーデンではハードコア・ポルノが許されており、その製作が流行であったため、本作にもハードコアシーンが何ヶ所かカットインされた。アクションシーンでは実弾も使用されたため、当時スターであったクリスチーナ・リンドバーグには高額の生命保険がかけられた[1]。眼球にメスを刺すシーンでは、実際の死体を使用したのではないかとの噂が立った。カンヌ国際映画祭ではノーカット版が上映されたが、本国スウェーデンではノーカット版は上映禁止となり編集版が公開された。本作はカルト映画のひとつとなり、影響を受けたクエンティン・タランティーノは、後にキル・ビルにおいて、片目の女殺し屋エル・ドライバーというキャラクターを登場させている[1]

あらすじ[編集]

マデリーン(クリスチーナ・リンドバーグ)は、スウェーデンの片田舎の農家で両親と暮らしていた。マデリーンは幼い頃、性的暴行を受け、以来口がきけなくなっていた。ある日、その治療のために町に行こうとするが、バスに乗り遅れ、通りかかったトニー(ハインツ・ホッフ)の車に乗る。トニーは娼婦の元締めで、マデリーンをヘロイン漬けにし、客を取らせる。マデリーンは客を傷つけ、トニーは罰としてマデリーンの左目をメスでえぐる。そしてマデリーンの両親にひどい内容の偽った手紙を出し、両親は失望のあまり自殺してしまう。マデリーンはワン・アイと呼ばれ、隻眼の娼婦として慰み者になりながらも少しずつ金を貯め、それを使って車の運転、射撃、格闘術をそれぞれのプロから学び復讐に備える。密売人から車と銃を手に入れ、ついにトニーの手下や自分を買った客たちを殺しはじめる。駆けつけた警官さえも倒しパトカーを奪い、マデリーンの復讐は続く。その知らせを受けたトニーはマデリーンを追い決闘となるが、マデリーンが仕掛けた爆薬に倒れる。マデリーンはトニーを生き埋めにし、首に縄をかけ馬に引かせて惨殺し去ってゆく。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Swedish Sensationsfilms、ダニエル・エケロス、2011、ISBN 978-0-9796163-6-5

外部リンク[編集]