コンテンツにスキップ

クルージング (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クルージング
Cruising
監督 ウィリアム・フリードキン
脚本 ウィリアム・フリードキン
原作 ジェラルド・ウォーカー英語版
クルージング英語版
製作 ジェリー・ワイントローブ
出演者 アル・パチーノ
ポール・ソルヴィノ
カレン・アレン
ジェームズ・レマー
パワーズ・ブース
音楽 ジャック・ニッチェ
主題歌 ウィリー・デヴィル英語版
「イッツ・ソー・イージー」
撮影 ジェームズ・A・コントナー英語版
編集 バド・S・スミス英語版
製作会社 ロリマー/ワイントローブ・プロ[1]
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 東映洋画
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年2月8日
日本の旗 1981年1月24日[1]
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $19,798,718[3]
世界の旗 $19,814,523[3]
テンプレートを表示

クルージング』(Cruising)は、1980年アメリカ合衆国サスペンス映画。監督はウィリアム・フリードキン、出演はアル・パチーノポール・ソルヴィノなど。原作はジェラルド・ウォーカー英語版の1970年の同名小説英語版。 タイトルである「クルージング」は、本来の意味ではなく、ゲイ用語男を漁る行為を指す。

ゲイホモ・セクシャル)の男が被害者の連続殺人事件の捜査のため、ゲイの社会、それも黒レザー系のSMゲイたちの中に囮として潜入していった1人の刑事が、ゲイの世界に触れ、葛藤しながら自らの有り様を葛藤していく様をアル・パチーノが演じている。舞台となったニューヨークのゲイ・エリアとして知られるクリストファー・ストリート のゲイ風俗もふんだんに描かれた。

主題歌はウィリー・デヴィル英語版の「イッツ・ソー・イージー(It's So Easy)」。

ストーリー

[編集]

キャスト

[編集]

※括弧内は日本語吹替(ソフト未収録)

作品の評価

[編集]

映画批評家によるレビュー

[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「『クルージング』は映画製作の技術とアル・パチーノの献身的な演技のおかげで自信を持って滑空しているが、この話題性のあるスリラーはテーマを敏感に捉えたり、その残虐性を正当化したりするのに苦労している。」であり、54件の評論のうち高評価は50%にあたる27件で、平均点は10点満点中6.2点となっている[4]Metacriticによれば、18件の評論のうち、高評価は6件、賛否混在は3件、低評価は9件で、平均点は100点満点中43点となっている[5]

受賞歴

[編集]
部門 候補者 結果
ゴールデンラズベリー賞 最低作品賞 ノミネート
最低監督賞 ウィリアム・フリードキン ノミネート
最低脚本賞 ウィリアム・フリードキン ノミネート

出典

[編集]
  1. ^ a b クルージング - KINENOTE
  2. ^ Cruising - IMDb(英語)
  3. ^ a b Cruising” (英語). Box Office Mojo. IMDb. 2021年4月4日閲覧。
  4. ^ Cruising (1980)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年4月4日閲覧。
  5. ^ Cruising Reviews” (英語). Metacritic. 2021年4月4日閲覧。

外部リンク

[編集]