ブリンクス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリンクス
The Brink's Job
監督 ウィリアム・フリードキン
脚本 ワロン・グリーン
原作 ノエル・ベーン
製作 ラルフ・セルペ
製作総指揮 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 ピーター・フォーク
ピーター・ボイル
アレン・ゴーウィッツ
ジーナ・ローランズ
ウォーレン・オーツ
ポール・ソルヴィノ
音楽 リチャード・ロドニー・ベネット
撮影 ノーマン・レイ
製作会社 ディノ・デ・ラウレンティス・プロ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年12月8日
日本の旗 1979年2月24日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $7,909,950[2]
テンプレートを表示

ブリンクス』(原題:The Brink's Job)は、1978年制作のアメリカ合衆国の映画

1950年ボストンで実際に起きたアメリカ一警備が厳重といわれたブリンクス金融警備会社からの現金強奪事件をコメディ・タッチで描いた作品。ウィリアム・フリードキン監督。

あらすじ[編集]

1938年、ボストン。トニー・ピノは義弟のヴィニー、仲間のサンディ、ガスと共にいつも工場などからの現金強奪の相談をしていた。そしてある夜、彼らはソーセージ工場を襲撃するが、非常ベルでかけつけた警察に全員逮捕される。

第二次世界大戦が終わる直前頃に出所したトニーは久々に家に帰ってくるが、妻のメアリーから経営する食堂が倒産寸前で金が必要であることを知り、再び現金強奪を計画する。

ある日、トニーはトラックが次々に現金袋を運び込んでいる集金所を見つけるが、それはアメリカ一警備が厳重といわれているブリンクス金融警備会社のものだった。

トニーは密かに集金所の人の動きなどを観察し続けるうちに、そこに押し入ることを決意、1950年1月17日、トニーはこれまでの仲間に新しく加わったジャズ、スペッキー、ジョーと共に集金所に押し入り、270万ドルもの現金の強奪に成功するのだが…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
フジテレビ テレビ朝日
トニー・ピノ ピーター・フォーク 小池朝雄 名古屋章
ジョー ピーター・ボイル 細井重之 中庸助
ヴィニー・コスタ アレン・ゴーウィッツ 谷啓 神山卓三
メアリー・ピノ ジーナ・ローランズ 此島愛子
スペッキー・オキーフ ウォーレン・オーツ 内海賢二 坂口芳貞
ジャズ・マフィー ポール・ソルヴィノ 細井重之
サンディ ジェラード・マーフィー 仲木隆司
ガス ケヴィン・オコナー 徳丸完
ジョン・エドガー・フーヴァー シェルドン・レナード 藤本譲

脚注[編集]

外部リンク[編集]