L.A.大捜査線/狼たちの街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
L.A.大捜査線/狼たちの街
To Live and Die in L.A.
監督 ウィリアム・フリードキン
脚本 ウィリアム・フリードキン
ジェラルド・ペティーヴィッチ
原作 ジェラルド・ペティーヴィッチ
『L.A.大捜査線』
製作 アーヴィング・H・レヴィン
製作総指揮 サミュエル・シュルマン
出演者 ウィリアム・L・ピーターセン
ウィレム・デフォー
音楽 ワン・チャン
撮影 ロビー・ミューラー
編集 スコット・スミス
製作会社 ユナイテッド・アーティスツ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 ユナイテッド・アーティスツ=UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年4月27日
日本の旗 1986年11月8日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$17,307,019[1]
テンプレートを表示

L.A.大捜査線/狼たちの街』(エル・エーだいそうさせん/おおかみたちのまち 原題: To Live and Die in L.A.)は、1985年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画ウィリアム・フリードキン監督。

あらすじ[編集]

シークレット・サービスのリチャード・チャンスは、7年も組んできた相棒のジミー・ハートから加齢を理由とした引退の意思を告げられる。しかし退職を2日後に控えた日、ジミーは以前から追い続けていた通貨偽造団の倉庫に単独で潜入し、ボスのエリック・マスターズに殺されてしまった。

復讐を誓ったチャンスは新たな相棒ジョン・ヴコヴィッチと共に捜査を再開、偽札の運び屋を手始めに、エリックの弁護士を辿って彼の行方を追う。やがて、チャンスのなりふり構わぬ強引な捜査は、FBIも巻き込んだ末にようやくエリックの居場所を突き止めるが…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TBS
リチャード・チャンス ウィリアム・L・ピーターセン 石丸博也
エリック・マスターズ ウィレム・デフォー 千田光男
ジョン・ヴコヴィッチ ジョン・パンコウ 小室正幸
ルース・レーニエ ダーラン・フリューゲル 榊原良子
ボブ・グリムス ディーン・ストックウェル 納谷六朗
ビアンカ・トーレス デブラ・フューアー 高島雅羅
カール・コーディ ジョン・タトゥーロ 曽我部和恭
トーマス・ベイトマン ロバート・ダウニー 増岡弘
ジミー・ハート マイケル・グリーン
その他 糸博
筈見純
稲葉実
田原アルノ
大塚明夫
秋元羊介
津田英三
辻親八
小関一
さとうあい
安永沙都子
初回放送 1990年5月30日
水曜ロードショー

脚注[編集]

  1. ^ To Live and Die in L.A. (1985)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年12月16日閲覧。

外部リンク[編集]