ランページ/裁かれた狂気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランページ/裁かれた狂気
Rampage
監督 ウィリアム・フリードキン
脚本 ウィリアム・フリードキン
原作 ウィリアム・P・ウッド
製作 デヴィッド・サルヴェン
出演者 マイケル・ビーン
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ロバート・D・イェーマン
編集 ジア・ハギンズ
製作会社 デ・ラウレンティス・エンタテイメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年10月30日
日本の旗 1989年12月23日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $796,368[2]
テンプレートを表示

ランページ/裁かれた狂気』(ランページ/さばかれたきょうき、原題:Rampage)は、1987年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画ウィリアム・フリードキン監督。

あらすじ[編集]

若手検事のトニー・フレイザーは、チャールズ・リースが起こした連続猟奇殺人事件の裁判を担当することになり、上司からリースを死刑に持ち込むように命じられる。トニーは実は死刑反対主義者だったが、上司の命令ゆえ、裁判でリースの死刑を主張、精神異常を主張する弁護人と精神科医と真っ向から対立する。

裁判が進むうち、トニーはリースによって妻子を殺された被害者の姿をまのあたりにし、リースを死刑にしたいと思うようになっていく。だがある日、リースが法廷から護送される途中に逃走、さらにまた殺人を犯してしまう。

キャスト[編集]

備考[編集]

  • 本作に登場する連続猟奇殺人犯チャールズ・リースは、実在した連続猟奇殺人犯リチャード・チェイスがモデルになっている[3]
  • 本作は1987年に制作されたが、同年のボストン映画祭で上映された後、お蔵入りとなり、アメリカで公開されたのは1992年になってからであった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]